新規営業という言葉を聞くと、難しい仕事なんじゃないかって身構えてしまいますよね。

営業に携わっていた事がある方なら、経験やノウハウを活かした方法で契約を結ぶ事が出来るでしょう。

ここでは営業をした事がない方や、新規営業に対する考え方をより深く理解して頂く為に、向き不向きやスキルについて少しでも不安を払拭出来る様に紹介していきます。

「新規営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

営業とはどんな仕事?

会社を成長させる為に、自分の勤めている会社の扱っている商品やサービス・技術を相手先に売り込む仕事です。

新規営業の大まかな仕事内容

会社が調査して顧客になりうる顧客リストを基に営業をかけ、自身の勤めている会社の商品やサービスを理解し、相手が納得のいくような説明と利益を提示する事です。

新規営業が向いている人の8個の特徴とは?

熱心にアピールできる人

熱心にアピールするには、自社で扱っている商品やサービスをしっかりと理解し、営業に行く先の業種や仕事の内容に沿うような提案をする事が必要になります。

表面だけを理解しているだけでは、相手方に突っ込まれた時に切り返す事が出来ず契約には繋がりません。

しかし、提案する内容を深く理解し、相手方に対して複数の回答と選択肢を準備しておく事で、納得してもらう為のハードルを低くし契約を結ぶ事も出来るでしょう。

愛嬌がある人

女性なら笑顔だったり、接し方だったりと愛嬌も立派な武器にはなりますが、男性としてはなかなか難しい所です。

愛嬌というよりは誠意を示したり、聞き上手になる事が大切です。

一方的に自分の話を永遠と話し続けるのではなく、相手方がどのようなものを求めていてどのような結果を欲しているのかを聞き出す事が重要です。

ターゲットを選定するのが上手い人

自社で扱っている商品やサービスを熟知する事で営業をかける先を絞る事が出来ます。

お互いに必要としている事が共通していれば、話もスムーズに進み、契約も順調に結べるでしょう。

しかし、共通しているからこそ相手方にも知識があり、鋭い突っ込みを受ける事もあります。

営業先の情報をしっかりと把握する事もターゲット選定には役立つでしょう。

かゆいところに手が届く営業ができる人

営業をすると言っても、何の考えも持たずに会社の言う通りの資料を元に行なったとしても成果を上げる事は難しいでしょう。

営業業務を重ねる事で技術や話術のスキルは向上していきます。

一番に考えなければならないのは自社と相手先に利益を出させる事です。

その為には、相手が行いたいと思っている考えや事業についてどれだけの後押しや支援を行えるかが大事になってきます。

その支援が相手の最もして欲しい事であるなら信頼を得る事が出来、契約の締結へとこぎつけるでしょう。

気持ちの切り替えが上手い人

どれだけ多くの営業を行なっても、全部が全部契約に繋がるわけではありません。

アポイントを取らない飛び込み営業では門前払いに遭ったり、アポを取って相手方の担当者さんに会えても興味が無かったり、プレゼン力が足りなかったりするとそこで流れが止まってしまいます。

上手くいくより落ち込むことの方が多いのが現実です。

しかし、落ち込んでいるだけでは前には進みません。

断られてもリセットして1件1件全力で熱意を持って取り組む事が重要です。

自分が安らげる場所を見つけ、リラックスして気分転換を図る事も大事です。

目標にひたむきな人

会社から与えられた仕事を漠然とこなしているだけでは何も変わらないでしょう。

1年間での大きな目標を立て、その中でも月間目標や週間目標を設定する事でモチベーションを維持出来ますし、自分を見つめなおす事も出来ます。

失敗を失敗として終わらせる事無く、どこで失敗したのか間違ったのかと言う要因を検証していく事で徐々に間違う範囲を小さくしていく事が大切です。

ミスは誰にでも起きうる事です。

しかし、恐れる事無く目標に向かって進んでいきましょう。

ノルマや同僚の動向に過剰に反応するのではなく、1歩1歩を確実に自分のものにしていく事を意識するのも目標に近づく手段と言えるでしょう。

素直な人

会社での連絡であるにしろ、営業でのプレゼンテーションであるにしろ、虚偽の発言や書面を提示する事があってはなりません。

会社は働いている皆様を信用してお仕事を任せています。

その為、会社に信頼される仕事をする必要があります。

契約を締結させたいと言う一心で虚偽を含むプレゼンを行っていたとしても必ず不正は明らかになります。

会社や相手先はあなたの本当の気持ちを知りたいのです。

包み隠さず話す事で受け入れてくれる所、嫌悪する所と様々な反応はありますが、あなた自身を知ってもらえる事はプラスになります。

はっきりと主張できる人

日本人ってその場の空気を読んだり、相手の顔色を窺って意見を述べる事が得意ですが、それでは御用聞きと変わりがありません。

時には相手の足りない点や弱点を指摘できなければなりません。

相手に遠慮して意見しないという選択をしてしまう事は互いに成長する機会を失う事に繋がります。

間違っている事や現状をより良い物に変える為に意見を述べたり、強い意志で自分を主張できる事は一緒に仕事をする上で心強い味方になってもらえるという印象を与えるので信頼関係を早い段階で構築する事が出来るでしょう。

ですが、熱が入りすぎて違う方向に話が脱線して、空回りで終わってしまう事もあり得ますので注意が必要です。

「新規営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

新規営業が向いていない人の3個の特徴とは?

真面目で落ち込みやすい人

会社の方針通りにやっていれば大丈夫と考えていて、実際、実行に移してみて上手くいかなくて挫折して落ち込む純粋な方は少なからずいます。

相手の意見や上司や周囲の意見を真っ直ぐに受け止め、考えすぎてどうして良いか分からずに、全てを背負い込んで悩んでしまうという負のスパイラルに陥るような方には向いていない仕事です。

打たれ弱い・ストレス耐性の低い人

営業というのは基本的に初対面の人がほとんどなので確実に相手は疑心の目を向けてきます。

当たり前ですが、初対面の人がセールスで自宅訪問してきたら警戒しますよね。

そういう相手に対しては、早く話を切り上げたいので会話を聞き流してやり過ごす方法がありますが、営業という特性上、会社・店舗を訪問しますが仕事が忙しいという理由で門前払いをされる事が多いです。

話を聞いてもらえたしても質問攻めにされたり、あまりにしつこいと暴言を吐かれたりと不快な思いをする事もあります。

そういった事に耐性が無い人にはただきついだけの仕事になります。

コミュニケーション能力が低い人

営業にはコミュニケーションは欠かせません。

社内でも挨拶程度しかしないというのはコミュニケーション能力が低いと見られる事があります。

営業とは相手との信頼を得る事が第一の目的なので話題を膨らませて緊張を解いていかなければなりません。

仕事の話もですが、一番大事なのは仕事以外の話で相手に興味を掻き立てるような会話を組み込める事が出来ると良いでしょう。

その為には情報収集をして話のネタや引き出しを増やしていく事が必要になります。

ですが、苦手なものを無理して克服する必要はありません。

ストレスだけが溜まっていくだけなら向いていないという事なのでしょう。

新規営業であると重宝するスキルは?

ロジカルシンキングスキル

闇雲に自社で扱っている商品や技術を、一方的にマニュアル通りに説明する事で満足していても相手に伝わらなかったら意味がありません。

先ずは営業をかける相手先にどのような提案をするかを考え、その提案が相手先にどのような利益をもたらす事が出来るのか等、理論的に物事を整理していき、提案に優先順位をつけて実行していくスキルの事です。

スキルを会得するには自社で扱っている商品や技術をしっかりと理解しておく事が重要になります。

コミュニケーションスキル

営業には必須なスキルになります。

相手との信頼関係を築くには会話をしてお互いを知る事が一番の近道です。

仕事に於いてコミュニケーション能力が高い事は良い事ではありますが、最初から能力の高い人はそう多くは居ません。

コミュニケーションは、色々な人たちと会話をしていく事で磨いていく事が出来ます。

話すためのネタは多く持っていても困る事はありません。

ヒアリングスキル

営業の商談の中では一方的に話すのではなく、相手が何を望んでいるのかを理解する為に聞き役に徹する事が重要になります。

自分の主張だけを述べていると相手はイラつきだして敵意を向けてくる事もあります。

じっくり聞く事でヒントになる事柄を会話の中から得られます。

普段から会社内で会話もするとは思いますが、喋らなくても常に聞き耳を立てて聞くという行為に集中してみましょう。

課題発見力

営業は契約が成立しない事の方が多いですが、成立した時の達成感はひとしおです。

契約を結ぶ前に相手の困っている課題をどれだけ発見出来るのかそれに対して解決策を提示する事が重要になります。

長期の関係になると訪問を重ねている内に相手先との会話の中で新しい課題が見つかる事があります。

共に具体策を考え解決する事が大事です。

その為には視野を広く持ち、相手が見えていない視点で観察する事です。

行動力

営業をした事がない方は一度断られたら中々、次の一歩が踏み出しづらくなります。

しかし、ここで戸惑っていては仕事にはなりません。

契約又は話を聞いてもらえるように行動する事が必要になり、前回の失敗を反省しつつ次に挑まなければなりません。

そして、契約を結んで頂いた顧客が、新しい事に挑戦しようと考えている時には先手を打って行動をする事で相手を支えていけるでしょう。

「新規営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

新規営業の仕事経験は、その後どんな業種・仕事に活かせる?

新規営業で培ってきた経験は営業職のある業種であれば、即戦力として活躍が期待できます。

どの業種でも会社を成長させるのに新規営業開拓は必要なので経験のある人材はとても貴重です。

現役で営業回りを続ける事も出来ますし、様々な業種の方にノウハウを享受するマネジメント業としても経験を活かす事が出来るでしょう。

これから新規営業の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

物流等の物に関連する業種よりも、人の生活に直結した業種の方が新規開拓の為の人材を募集しています。

しかし、最初から単独で新規営業活動を任される事は無く経験者同伴かもしくは既に契約を結んでいる企業・店舗にその後の経過や新しい提案を行うルート営業を任され、それから経験を積む事で新規営業活動を任されるようになるでしょう。

新規営業の仕事で就職するための心構えは?

経験者であればスキル・経験を憂慮して即戦力として採用される事はありますが、業種が変わる変わらないに関わらず、経験がある事で横柄にはならずに礼節をわきまえて行動をしなければなりません。

未経験者であれば、スキルよりもやる気を人事担当の方にアピール出来る様にしておきましょう。

採用されるために資格は必要?

資格はあるに越したことはありませんが、面接を受ける企業がどの方面に強みを持つのかの下調べを行い、それに関する資格を取得する為に勉強し努力している事をアピールするのもプラスになります。

採用されるために必要なスキルや経験は?

営業職での採用ということなので、人と会話をしたり接する事に抵抗が無ければ順調に仕事の中で経験を積んでいく事で出来ますが、人見知りであったり、人間関係に煩わしさを抱いているとなると、払拭する為や改善する為にアルバイトを通じて接客や販売の仕事を経験する事で、営業に必要な基本的マナーやスキルを会得しなければなりません。

まとめ

ここまで新規営業に必要なものについて話してきましたがいかがだったでしょうか。

営業をした事がない未経験の方が、新規営業を行うには少なくとも経験者と共に営業を学び、知識を蓄え、話術を磨かなければなりません。

今まで営業職に従事していたのであれば、他の業種でも経験を活かして活躍する事も出来るでしょう。

基本的な準備として自信が働く会社の方針や技術を深く理解し、相手には嚙み砕いて話す事が出来る様に研鑽してください。

商品や技術・サービスを知ってもらうのも大事ですが、自分を売り込むつもりで臨んでみましょう。


関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどういった企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン転職にDODA。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業もたくさんありますが、その実、営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。「人材営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。「求人広告営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやす

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。「ルート営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。「法人営業」が自分に向いているか診断するにはこちら →法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います


営業求人に関するコラム

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に

営業経験を活かせる仕事おすすめ7選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

営業の仕事を経験した人、今営業をしていて将来のキャリアアップに活かせないか考えている人は少なくないと思います。営業の仕事ができたら色んな場面に活かせると営業職の人から言われたことがある人もいるかもしれません。ただ、実際に営業経験がどういう仕事に活かせるのか、営業経験を活かして転職ができるのかなど具体的な話を聞いた人は少ないかもしれません。今回は、営業経験を活かしてできる仕事について紹介します。営業職で働いていて転職を考えていたり、営業職を辞めて違う仕事を考えている人など参考にしてもらえたら幸いです。営業経験を活かせる仕事ってどんなもの?まず、営業職として働いて得られるスキルはどういうものかにつ