営業というとどういうイメージがありますか?

「自宅に押しかけてインタホーン押しては断られての繰り返し」「ゴリゴリの押し売り営業とノルマが達成できないとオフィスで上司に怒鳴られる営業」など、昔ながらのドラマであるようなマイナスな印象を持っている人もいます。

ただ、それは間違ったイメージで、現代の営業は違います

昔と比べると消費者はインターネットを通じて様々な情報を得るようになりました。

お客様によっては営業担当よりサービスや商品に詳しかったりします。

そこにゴリゴリの押し売りをしても商品やサービスは売れません。

今、営業に求められているのは「お客様の話をしっかり聞いて自社の商品やサービスに付加価値をつけて提供する」、もしくは「お客様に買ってもらったり、利用してもらった際に付加価値を感じてもらえるようなサービスを提供する」ことです。

ずっとセールストークをしているわけでもなく、積極的に売っていくスタイルとは違う営業方法もあります。

また営業は、給料とは別に成功報酬が支給されるケースがあり、頑張れば頑張っただけ還元されます。

そのため、営業を希望する人も少なくはありません。

ただ、営業職へ応募する際、転職する際にどういった人が営業に向いているかどうか営業の仕事を通じて得た能力やスキルは、他にも活かせるのかどうか気になるかと思います。

今回は、営業が向いている人の10個の特徴とその力を活かせる稼げる業種とは?について紹介します。

自分に「営業の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

営業とはどんな仕事?

営業とは、商品やサービスをお客様へご案内するとともに必要に応じてお客様の問題点や悩みを聞き、改善点の提案などを行うのが仕事です。

つまり、必ずしも何かを売るわけではなく、お客様にバリューを提供することが営業の仕事になります。

営業の大まかな仕事内容

営業の仕事といっても業種によって異なります。

まず基本となる営業活動が以下の5項目です。

  • お客様のところへ訪問
  • 電話にてアポイントや提案などの感想を伺う
  • 見積もりや書類作成
  • 社内ミーティングやカンファレンスに参加
  • お客様に商品やサービスを提案するにあたり、社内他部署との調整

個人営業の場合は、集金や未納金催促をしたり、お客様の接待をしたりすることもあります。

法人営業も業種によっては、今まではお客様を頻繁に接待してきましたが、最近はコンプライアンスの観点から、ルールが厳しくなってきてるので以前に比べて減りました。

営業の詳しい仕事内容については、こちらを参考に

営業が向いている人の10個の特徴とは?

営業の仕事をしたい、営業の仕事に転職したいと思ったらやっぱりどういう人が向いているか知りたいところです。

営業にはもちろん向いているタイプ、向いていないタイプはあります。

ここでは向いている人の特徴を10個にまとめてみました。

コミュニケーションスキルが高い人

コミュニケーションは営業をする上で大切なスキルです。

そのため、コミュニケーションスキルが高い人は営業に向いています。

ただ、コミュニケーションスキルが高い=ゴリゴリ押し売るというわけではありません。

お客様の話をしっかりと聞いて会話のキャッチボールができることを意味します。

マメな人

営業の仕事は、様々なことをマメにチェックする必要があります。

例えば、商品やサービスを提供したお客様にその後の状態や調子を伺うことで得られる貴重な意見を集めたり、こまめに連絡することでお客様の信頼を勝ち取ることができます。

何事にもマメな人は営業に向いていると言えます。

じっくりとお客様と向き合える人

営業の仕事では、常に製品やサービスが売れるとは限りません。

個人営業の場合、例えば保険や不動産の商品は購入までに時間がかかりますし、お客様は何度も検討を重ねるケースがあります。

時間がかかる分、お客様の悩みや問題点にじっくりと向き合わなくてはいけません。

すぐに買わないからといって無下にしてしまうとお客様から口コミで悪評が出回ったり、そもそもお客様自体の信頼を失ってしまったりするため、見込みのお客様も獲得できなくなってしまいます。

法人営業の場合も企業だからといって個人営業より商談が早くまとまるわけではありません。

お客様によっては社内の稟議や承認に時間を必要とする会社もあります。

そのため、時間をかけてじっくり向き合う必要があります。

忍耐強く何事にも向き合うことができる人は営業に向いています。

色んな人に出会いたい人

営業は日々色々な人に出会うチャンスが溢れている仕事です。

そのため、人に会うのが好きな人、あらゆる人に出会いたい人は、営業に向いています。

会社の一担当者から中小企業の社長や役員の方々、場合によってはメディアに取り上げられているような有名な社長や会長などに出会う機会があるのも営業職の醍醐味です。

そのような方々に繋がりたいと考えていたり、単に人と出会って色々な話を聞いたり意見交換したりするのが好きな人は、営業職に向いています。

好奇心が旺盛な人

好奇心が旺盛な人は、営業に向いています。

営業は日々様々な変化があり、刺激的な仕事といえます。

常に想定通りや計画通りに仕事が進むこともなく臨機応変な対応が求められます。

計画通りにいかないことや想定通りにいかないこと、日々の様々な変化に対して好奇心が旺盛な人も理由や原因を追求したくなる傾向にあるため、営業に向いています。

チャレンジ精神がある人

チャレンジ精神がある人は営業や社内のプロモーションにも積極的に取り組める人が多く、営業に向いています。

営業の仕事は、常にチャレンジしていかなければなりません。

「一つの契約が終われば満足」では、次の契約が取れない、もしくは次の仕事に繋がっていきません。

仕事や自分自身へのチャレンジが常に必要となりますので、営業をする上でチャレンジ精神があることは大切な要素です。

目標を上手に設定できる人

営業の仕事は、比較的自由度の高い仕事です。

外回りといってもお客様のところへ行く移動の時間や打ち合わせの合間合間で余った時間をどう費やすのかについて強制がありません。

もちろん、遊ぶわけにはいきませんので仕事をする必要あります。

営業の仕事には必ず売り上げ目標ゴールが会社から渡され、達成する使命を与えられます。

目標設定を上手にしてモチベーションを保ちつつ仕事をしないといけないため、目標を上手に設定できる人、管理できる人は営業の仕事に向いています。

コツコツと努力できる人

営業活動において、答えはありません。

何が正解で何が間違っているかは誰も教えてくれません。

そのため、どうやってお客様に満足してもらうか、どうしたらお客様の悩みを解決できるか常に考えなくてはいけません。

しかも、全てのお客様が全て同じ方法で問題解決したり、同じ方法を使ったからといって商品やサービスを買ってくれるとは限りません。

1つ1つ手探りで考えて実行していかなければいけないため、コツコツと努力できる人は営業に向いています。

体力がある人

外回りの営業だと特に1日に何回かお客様のところへ訪問します。

走って訪問するわけでもないですし、移動中常にバタバタしているわけではないですが、やはり移動してお客様にお会いして話を聞き、会話したりプレゼンをしたりしてからまた次のお客様のところへ行って…と朝から夕方までスケジュールをこなすと結構大変です。

そのため、体力がある人は営業に向いています。

フットワークが軽い人

営業は常に様々なイベントがあり、様々な出来事があります。

腰が重いと競合他社に優位に立たれたり、お客様の信頼や機嫌を損ねてしまいます。

そのため、フットワークが軽く柔軟に臨機応変に対応できる人は、営業に向いています。

自分に「営業の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

営業が向いていない人の10個の特徴とは?

ここまでの話をみて営業の仕事に興味を持った人がいると思います。

 では、営業の仕事に「向いている人」とは逆に、「向いていない人」はどのような特徴があるのでしょうか。

10個挙げてみます。

不誠実な人

営業をする上でお客様と信頼を築く要素の一つは「誠実であること」です。

特に個人営業は、誠実さが非常に大切な要素になります。

誠実さに欠けていたり不誠実であることは、お客様の信頼を失ったり、クレームになったりすることが多く、営業に向いていません。

体力がない人

朝から夜まで外回りの営業の場合は、お客様からお客様へと場所を移動し、電話をしたり、資料を作成したりとやることが結構多いため、体力がない人には営業の仕事は厳しいかもしれません。

常に走ってたり、常にずっと電話しているわけではありませんが、話をするのも話を聞くのも一日続くとそこそこ体力が必要になります。

体力がないため、バテてしまったり、話の途中でつまらなさそうな顔や疲れた顔をしてしまうとお客様を不快にしてしまいます。

体力がない人は、営業に向いているとは言い難いです。

話をするのが苦な人

営業の仕事は常に話をしているわけではなく、当然お客様の声をしっかり聞くことも大切です。

しかし、だからと言って何も話さないわけではありません。

ある程度商品やサービスの説明、お客様の悩みや問題に対しての解決策の提案などは話をしなくてはいけません。

したがって話をするのが苦な人には営業の仕事は向いていません。

一攫千金だけを狙いたい人

営業職は他の業種と比べてノルマを達成した際の特別報酬やインセンティブを用意している会社が多く存在します。

そのため、お金を稼ぎたい人は営業の仕事を好んでする傾向にあります。

だからと言って営業の仕事していきなり稼げるか、いきなり大きな商談の話ができるかというとそうではありません。

小さいことから積み重ねなければいけないことやじっくり時間をかけて進める案件もあったりします。

常に一攫千金だけを狙えるわけではないので一攫千金だけを狙いたい人、狙っている人には営業の仕事は向いていません。

目標設定ができない人

営業の仕事において目標を設定することは自身のモチベーションや将来キャリアプラン、仕事の進捗のマイルストーンを確認する上で大切なことです。

また、ノルマはあるものの一人一人に対して細々と指示をしてくれる上司はなかなかいません。

そのため、自身で目標を設定して遂行していかなければ仕事が進まない、仕事が楽しくない、モチベーションが上がらないなどということになります。

目標設定ができない人は、営業の仕事に向いているとはいえません。

フットワークの重い人

営業の仕事は、フットワークが大切です。

お客様のニーズに応じてすぐ対応しなければいけないことや予定を変更して急いでやらなければいけないこと、急にお客様のところへ訪問しないといけないことなど常に何らか変更が余儀なくされます。

そのため、フットワークが重い人は営業の仕事をこなすことが難しく、向いているとは言えません。

コミュニケーションスキルが低い人

コミュニケーションスキルは営業の仕事をする上で大切なスキルの一つです。

コミュニケーションがしっかりとれないとお客様の問題点や悩み、ニーズや要望がうまく理解できません。

そのため、コミュニケーションスキルが低い人には営業の仕事は難しいと言えます。

プライドが高い人

プライドが高い人は営業職には向いていません。

営業の仕事は、対お客様だけでなく社内にも無理をお願いすることがあります。

その際、周りにお願いしたり頭を下げたりしないといけないのですが、プライドが高く人に何かお願いすることができない人は営業としては適していないと言えます。

メンタルが弱い人

メンタルが弱い人も営業職向きではありません。

日々色々と環境が変わったり状況が変わったり、時にはクレームや上司からのプレッシャーなど様々な場面で上手くメンタルをコントロールしないといけません。

プロフェッショナルとしてイライラしたままお客様のところへはいけませんし、クレームで怒られたからといって仕事を投げ出してしまうわけにもいきません。

メンタルが弱いと辛い仕事になりかねないので営業職には向いているとは言い難いです。

短気な人

短気な人は営業職に適していないことが多いです。

営業の仕事をしていると度々理不尽な場面に出くわすことがあります。

もしくは、対お客様ではなく社内の調整が遅れたり、社内で何か変更などがあった場合、すぐにどうこうできるとは限りません。

そのため、都度イライラしたり周りにヤケを起こしたりする短気な人は営業職向きとは言い難いです。

自分に「営業の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

営業のスキルを活かし、稼げる職種・仕事にはどんなものがある?

営業の仕事で外回りとして色々な職種の会社や人々に出会うと、営業職以外のことにチャレンジしたくなることもあります。

営業職で得たスキルや知識を活かせる場所は意外と色々なところにあります。

ここでは、営業のスキル、経験や知識を活かせる職種を紹介します。

実演販売

大型ショッピング施設やショッピングモールで実演販売をしているところを見かけることがあるかと思いますが、「実演販売」は営業職のスキルを活かせる職種の一つです。

いかに通行人の興味を引くか、いかに通行人に買ってもらうか、また買った人はなぜ買ったのかなどを分析したりロジカルに考えるのは、営業職で身につけたスキルが役に立ちます。

ルート営業

営業職とほぼ同じですが、ルート営業は決まった取引先に定期的に訪問してお客様の要望や意見などを聞いたり、新商品の提案や売れ行きの悪い商品の改善案などをしたりする仕事です。

営業職と違い新規開拓はないですが、決まったお客様でも営業活動をすることになりますので、ルート営業は営業職のスキルや知識、経験がしっかり反映される職種と言えます。

実際にルート営業の求人募集を探す時は、こちらの記事を参考に!

カスタマーサポートセンター

カスタマーサポートセンターは、営業職で培った電話の仕方や言葉遣い、ヒアリング力が活かせる仕事です。

カスタマーサポートセンターはほぼ100%電話でお客様の対応をします。

そのため、こちらから積極的に何かを勧めたり、売り込んだりすることはありません。

しかし、カスタマーサポートセンターへ電話をしてくるお客様は何か商品やサービスについて聞きたい、知りたい、クレームをつけるなど様々なニーズを持っています。

そういったニーズに柔軟に対応しないといけない仕事です。

これらの対応は営業活動に通じていますので営業職の経験やスキルが活かせます。

飲食店店員

飲食店店員も営業職の経験が活かせます。

接客という面ではお客様と向き合って話をするので、営業職で培ったスキルは活かすことができます。

営業職と違い、新規顧客開拓ではなく実際に購入する意思を持って来店されるお客様ばかりなので、営業職に比べて受け身で対応できるため、営業職から飲食店などの接客の仕事へ転職する人も少なくありません。

もちろん、接客のスキルは営業職に通じる経験なので逆の接客の仕事から営業職への転職もあります。

トラックドライバー

意外かもしれませんが、トラックドライバーは営業職の経験が活かせる仕事です。

営業職でも外回りは車を運転することがありますし、トラックドライバーも長距離ドライバーではなく宅配ドライバーとかですと配達ついでに新たなサービスのご案内や商品のご案内をするケースもあります。

そのため営業職での経験が活きる仕事です。

教師

教師の仕事も意外と営業職の経験が活かせる仕事です。

色々な人に出会って色々な仕事を経験でき色々なマーケットを知るため、そこで得た知識や経験は生徒にとって貴重だったりします。

また、営業職の場合、お客様の話をじっくり聞いて解決策や改善案の提案をしたりします。

これは学生に対しても同じで、営業職の経験は学生の声をしっかり聞けることにも繋がります。

調達・バイヤー

法人営業職を経験していた方には特に転職しやすい職種と言えます。

それは、法人営業の人はほとんど、この調達やバイヤーの方々へ商品やサービスの提案をしに行くからです。

実際に売り込んでいた立場から今度は買う側に回るため、仕事も馴染みやすく、営業職を経験していた際の相手の考えや行動を観察してきているだけに仕事も覚えやすいです。

実際に営業職から調達やバイヤーに転職する人も少なくありません。

マーケティング

市場調査をするマーケティングの仕事も営業職に通じるものがあるため、営業職の経験や知識が活きます。

営業職をしていても市場の動向や競合他社の情報など新しいものやトレンドには敏感にアンテナをはります。

マーケティングと近いことをこなしてきているだけにマーケティングの仕事へ営業職から転職する人も少なくありません。

転職とまではいかなくても社内公募制を導入している会社では、営業職からマーケティングへの転部を受け入れているところもあります。

もちろん逆も同じでマーケティングから営業部へ転部したり、転職したりするケースも少なくありません。

広報

広報の仕事は営業職にかなり類似しています。

会社の新商品やサービスのプロモーションをメディアや一般に紹介したり、会社の問題が発生した際に矢面に立って状況説明したりする仕事であるため、営業のスキルや経験・知識は確実に活かせる仕事です。

商品開発・システム開発

商品開発やシステム開発は特殊な知識を必要とするケースもありますが、営業職のスキルが活かせる仕事でもあります。

商品開発やシステム開発をする際、消費者の声は大切な要素になります。

営業職の経験があれば、消費者の声やニーズをしっかりキャッチすることができ、商品開発やシステム開発に反映することができます。

 

これから営業の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

営業の仕事をしたいと考えている場合、どこで営業の仕事を探したらいいのかどういう媒体があるか、転職の場合はどういう経験をアピールできるか、新卒の場合は学生時代のどういったところをアピールしたら良いのか、といったところが気になると思います。

ここでは、営業の仕事をするために必要なことや資格、経験などについて紹介します。

具体的な営業の仕事内容をイメージするために、セミナーに参加してみる

営業経験がない人は、具体的にどういった業務内容があって、「何が大変か、何が楽しいのか」も実感が湧かないと思います。

そんな時におすすめなのが、「営業のセミナー」に行ってみることです。

営業セミナーの多くは、現在でも営業職に就いている人にむけて開催されていますが、でもだからこそ、営業の現場感を一番感じやすい方法です。

無料セミナーも多々あるので、気になる人は以下の一覧から覗いて見てはいかがでしょうか?

> 営業のセミナー一覧はこちらから【無料アリ】→

営業の仕事で就職するために

営業の仕事をしたいと思った場合、募集業種は多岐に渡ります。

まず、個人営業なのか法人営業なのかです。

個人営業とは、個人で営業するのではく、保険や金融商品、不動産などの対個人のお客様を主にターゲットとして営業活動する営業職のことです。

それに対して法人営業は、対会社で営業活動をします。

営業職の仕事を探すには、ネット、広告やハローワークなど色々な場所に営業の募集が掲載されています。

まずはどの分野の営業に就きたいかを考えて探してみてください。

例えば、法人営業がやりたいと思ったら、法人営業を募集している会社を探せばいいのですが、業界は多岐に渡りますし、経験やスキルを活かせるところと活かせないところが当然あります。

そのため、電機メーカーの法人営業がやりたいとか食品関連の法人営業がやりたいなど、ある程度分野を絞って探すことをおすすめします。

雇用形態を確認する

営業職は正社員での募集しているか契約社員で実績に応じて正社員に登用されるかといったケースがほとんどです。

ただ最近の傾向として、業務委託や業務請負という雇用形態を採用している会社も少なくありません。

雇用形態が業務委託や業務請負の場合、一般的にはフリーランスになります。

フリーランスだと自由なイメージがありますし、仕事も毎日ではなく依頼ベースでの仕事になるため時間調整がしやすいかもしれません。

しかし、業務委託や業務請負で注意すべきことは福利厚生を会社は負担してくれないことです。

社員ではなく委託になるため、会社としては負担義務はありません。

同様に残業代や休日出勤手当など正社員として働く場合に、ほぼデフォルトで付いてくるものは無いと思っておいた方がいいです。

また、社員の場合は、解雇するにあたりある程度の期間を持って通告しないといけませんが、業務委託や業務請負は契約を打ち切ることで仕事が終わりますので、業務委託や業務請負で働こうと考えいてる人は注意が必要です。

給与についてチェックする

営業の仕事をするなら、成果報酬やインセンティブ制度があるところの方がモチベーションが上がりますし、チャレンジ精神がある人はやる気が起きる要因にもなるかと思います。

そのため募集内容の給与の欄にインセンティブや特別報酬、成果報酬などの文言があるかどうかチェックしましょう。

また、歩合制を採用している会社もあります。

歩合制は大きく稼ぎたい人にはとても魅力的な制度です。

ただし注意が必要なのは、歩合制の場合、基本給がかなり少なく成功報酬やインセンティブが高いケースがあるため、安定した収入が望めないことが多い点です。

そのため、歩合制の営業職に応募する際は注意が必要です。

就業時間についてはどうなっているの?

就業時間がどうなっているのかも気になるところです。

外回りの営業で直行直帰を容認している会社だと、いつ出勤していつ退社するか、どの様に判別しているか気になります。

営業職のいいところでもありますが就業時間は基本的にフレックス制度を導入し、みなし労働にしている会社が多いです。

そのため、9時までに満員電車に揺られて出勤しなくてはいけないとか朝の渋滞に巻き込まれてイライラしながら出勤することがないので、自由度が高い就業時間となっています。

残業についてはどうなっている?

営業職はほとんどの場合、みなし労働で働くため、残業代が出ません。

そのため、直行直帰を容認している会社や在宅勤務を許可している会社も増えました。

残業代がつかないため、当然残業代も、はじめからある程度給与に含まれて支給されます。

残業代が出ると思っていた方は要注意ですし、求人内容を見ても残業代支給の文字はないので予め注意して下さい。

研修制度について確認する

未経験で営業職にチャレンジしたい人は、求人内容に研修制度ありかどうかの記載がありますのでチェックすることをおすすめします。

研修制度ありやOJTがあれば実際に外回りをする前にトレーニングが用意されています。

ただ注意して欲しいのは、OJTだけですと、実際に誰か先輩や上司に付いていって仕事を覚えるパターンになるため、未経験者には少し敷居が高いかもしれません。

したがって、研修制度の有無はチェックすべき項目です。

副業については?

これは余談になってしまいますが最近会社によっては、営業職に副業を認めている会社が増えてきました。

オフィスに行かず家と訪問先を行ったり来たりするので時間が比較的自由に使える営業職のため、もっともっと稼ぎたい人、営業もしたいけど他の仕事もしたい人には朗報と言えます。

募集内容に記載しているケースは稀です。

たまに募集内容で兼業を承認するかのような募集内容を見ますが多くの場合、雇用形態が正社員ではないことがありますので注意して下さい。

資格は必要?

営業の仕事をするのにあたり特別な資格は必要ありません。

知識としてあれば役立つ資格はあります。

漢字検定、TOEICやビジネス検定など営業活動をする上で他の人と差をつけるためにとか将来のキャリアアップに役立ってくる資格もありますが、営業の仕事に就く前に取る必要はなく、仕事を始めてから取得しても問題ないですし、取得しなくても問題ありません。

必要なスキルや経験は?

営業職に従事するにあたり、必要なスキルや経験は特に必要ありません。

未経験者でも門戸を開けている会社が多いです。

ただ、あれば後々役に立つものとしては、入社前の基本給の査定にプラスに働くのは、営業経験はもちろん接客の経験やルート営業の経験などです。

スキルは、先の営業に向いている人で述べた10個のスキルがあれば採用されやすくはなります。

ただし、必ずしも持っていないと駄目かというとそうではないです。

まとめ

営業は難しいとか営業の仕事を就職や転職の選択肢から外していた人に少しは興味を持ってもらえたかと思います。

営業の仕事は未経験者でもチャレンジすることができます。

他の仕事に比べると成功報酬やインセンティブなど臨時収入が期待できたり、色々な人や会社に出会えて知らなかったことを勉強できたりするので非常に面白い仕事です。

営業職にこれからチャレンジしたい人はもちろん営業職を選択肢から外してた人もこの記事を参考にし、チャレンジしてみてください。

自分に「営業の仕事」が向いているか、診断するにはこちら →



関連キーワード

営業求人

営業求人についてもっと深堀りした情報を見る

営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズ11選

外回りの多い営業マンは、会社の顔として取引先やお客様の元へ伺う事がメインのお仕事なので身だしなみには気を配っておく必要がありますね。更に、移動が多く時間の管理もしっかりしないと大事な取引も万全の準備で臨めなくなります。出来る営業マンほど、色々なグッズを使って時間効率や清潔感をキープしているようです。時間を有効に使う事で、無駄な残業が減りプライベートも充実と、良い事ずくめですね。今回は、忙しい営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズを11選ご紹介していこうと思います。営業マンにおすすめな身だしなみや仕事がはかどるグッズ11選スティック電動歯ブラシ外出先で食事をした後に欠かせない口腔ケ

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

保険営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保険営業と聞くと、どんなイメージを持ちますか?人によっては「なかなか契約がとれなくてきつそう」「なにがなんでも売らなくてはいけない気がして辛そう」というネガティブなイメージを持つでしょう。その反面、「高収入のチャンスがありそう」「女性が活躍できそう」という良いイメージを持つ方もいると思います。これ、全て正解と言えます。保険営業は、売るものが保険という住宅についで高額といわれる商品であるため、売りにくい商品で営業としては大変です。そのため、保険営業の離職率は8割にものぼるといわれています。その反面、未経験でもチャレンジしやすく、高収入の可能性があることもまた事実。保険営業という仕事は、向き、不向

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

ブライダル営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ブライダルにおける営業とは、実際にお客様を接客するウエディングプランナーや集客を行う広報、営業、経営戦略など様々な部署が存在します。会社を運営していく上で非常に重要な役割を持つお仕事となりますが、あまり知られていないお仕事でもありますので、実際の勤務の経験をもとにブライダル営業求人についてご紹介させていただきます。ブライダル営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容ブライダルにおいて営業という役割は、「ウエディングプランナー」と呼ばれるお客様へ自社のサービスを販売するお仕事と、新たなお客様に来館してもらうための集客を大きな目的とした営業のお仕事が存在します。それぞれ集客から契約の獲得までを目的

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くと、かなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようにスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこ良く取引先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンになりたかったですし、仕事ができる商社営業マンになるのは大変だとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は、商社営業の実態を分かってきました。今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社に限らず営業と名のつくものは、常に販

営業経験を活かせる仕事おすすめ7選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

営業の仕事を経験した人、今営業をしていて将来のキャリアアップに活かせないか考えている人は少なくないと思います。営業の仕事ができたら色んな場面に活かせると営業職の人から言われたことがある人もいるかもしれません。ただ、実際に営業経験がどういう仕事に活かせるのか、営業経験を活かして転職ができるのかなど具体的な話を聞いた人は少ないかもしれません。今回は、営業経験を活かしてできる仕事について紹介します。営業職で働いていて転職を考えていたり、営業職を辞めて違う仕事を考えている人など参考にしてもらえたら幸いです。営業経験を活かせる仕事ってどんなもの?まず、営業職として働いて得られるスキルはどういうものかにつ

印刷営業の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

印刷会社にも営業職があるのを、皆さんはご存知でしょうか。ここでは、印刷会社の営業はどんな仕事なのか、印刷営業の仕事はどんな人に向いているのか?向き不向きや、その後のキャリアアップについてなど、印刷営業について、身近なようであまり知られていない印刷業界のことも踏まえながら解説していきたいと思います。印刷営業はどんな仕事?印刷営業の仕事を簡単に説明すると、お客様に印刷物の作成を営業して受注する仕事です。印刷物にも色々な種類があり、その種類によって、営業する相手も変わりますし、仕事の進め方も変わってきます。そして、お客様と打ち合わせをしながら、よりお客様の要望にかなうものを作成していきます。印刷営業

人材営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

「人材営業」と言うとどのような企業をイメージされますか?リクルートやマイナビ、エン・ジャパンにパーソル。派遣だとスタッフサービスやパソナなど、様々な企業が思い浮かぶかもしれません。有名企業も数多くありますが、実際の人材業界での営業職の仕事ってどこまでご存知ですか?今回は、これから人材営業へ転職を考えている方へ、人材営業で転職を成功させるポイントやおすすめの転職先を紹介していきます。人材営業の転職で注意したほうが良い2個のこと仕事のスタイル人材業界で「営業職」と言われると、どんな仕事をイメージされますか?企業のニーズを聞く、求職者のニーズを聞く、求人原稿を作成する…そんな様々な仕事をイメージされ

求人広告営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

求人広告営業での転職を成功させるには、どんな点に気をつければよいのか?そのポイントを解説していきます。求人広告営業の転職で注意したほうが良い3個のこと女性は活躍している職場かどうか実は、求人広告の業界はシビアな営業の現場です。新規営業がほとんどで、昔は、飛び込み営業、今でもテレアポをガンガンやるような業界です。今でこそ業界もだいぶ変わってきましたが、男性が多く働く業界の1つでした。面接を受ける際には、「女性の比率はどれくらいですか」というのは質問をしたほうが良いでしょう。女性が働きやすい職場を実現できている会社は、男性にとっても働きやすい場所である可能性が高いはずです。離職率はどうか前の項目に

ルート営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

ルート営業は、一般の営業とは異なり中々求人に出てくることが少ない職種です。そのため、ルート営業の給与の実情について分からない人も多いでしょう。給与の実態が不明であると、ルート営業の求人に応募するのに足が引けてしまう人もいるかもしれません。ルート営業の求人に応募しようとしている人の不安が払拭されるように、不明な部分が多いルート営業の年収の実情を紐解いていきます。ルート営業の給料の相場はどのくらい?一般の営業の給料が会社によってピンキリであることと同様に、ルート営業も一様ではなく、会社によって給料に差があります。しかし、ルート営業の求人を調査することで、ルート営業の給料相場を割り出すことができます

法人営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

法人営業の仕事をすると、年収はどれくらいなのか?おおまかな相場観が伝わるように解説をしていきます。法人営業の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合業界によって大きく異なるケースもありますが、概ね280万円~350万円程度でスタートと考えておけば良いと思います。月給20~25万円でボーナスが2ヶ月分出ると想定すると、ちょうど280万円~350万円となります。正社員で転職した場合どういうポジションでの転職なのかによって大きく幅が出てきます。たとえば、担当営業での転職場合は、最初は新卒に毛が生えた程度の年収でスタートする場合もあります。部下を持つような管理職になれば、600万円~800万円

人材紹介営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

この記事では、人材紹介会社における営業職の役割について紹介をしていきます。今回は紹介会社の営業職の中でも、企業から求人案件を獲得してくる、リクルーティングアドバイザー、通称RAについて解説をしていきます。人材紹介営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容求職者に紹介をするために、企業へ営業に行き、人材紹介の求人案件を獲得してくるのが、紹介営業のミッションです。人材紹介の営業は会社でどういう役割を求められる?わかりやすく言うと、売上を作ってくる仕事になります。紹介会社のビジネスモデルについて、説明をしておきます。人材紹介会社は、求人企業に人を紹介することで、成約フィーを受け取るビジネスモデルです

フリーペーパー広告営業求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

あなたは営業のお仕事が好きですか?嫌いですか?または、少し興味がありこのサイトに辿り着きましたか?これから挑戦してみたい!!そう思っている方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです。営業が苦手な方にも少しコツをお教えできるかもしれません。今回は、フリーペーパーの広告営業求人についてお話ししていきます。フリーペーパー広告営業の大まかな仕事内容さて、今回はさまざまな営業の中でも、フリーペーパーの営業についてです。まずは、フリーペーパーについて。よく、新聞に月1回挟まっていたり、お洒落なカフェなどに置いていたり、簡単にいえば地元のお店を紹介したりしている媒体です。本のようになっているのもあれば、広告の

内勤営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

会社で働くとなった時、多くの方が思い浮かべるのが営業職。商品を売り、利益をもたらすこの職種は会社にとってはなくてはならない存在です。そんな営業職ですが、実は①会社の外に出て商品を売り込む外勤営業②会社を訪れた顧客に商品を売り込む内勤営業の2つに分類されることを知っていますか?外を出歩く外勤営業はよく見かけますしイメージも浮かべやすいですが、内勤営業はイメージを浮かべにくい方も多いのではないでしょうか。今回はそんな内勤営業求人の仕事内容、求人のポイント、疑問点を紹介してきます。内勤営業のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容会社を訪れた顧客、会社に問い合わせをされた顧客に対して営業活動を行うのが内

貿易営業の転職を成功させるために!狙い目な会社の4個の特徴と上手に転職するための8個の注意点

学生時代に学んだ英語や多言語を仕事に活かしたいと考えると貿易営業はまず浮かぶ仕事かもしれません。違う仕事に就いたけど貿易の仕事にチャレンジしてみたいとか、今の貿易の仕事より条件のいいところにいきたいと考えている人も少なくはないと思います。今回は、貿易営業の転職を成功させるためのポイントや注意点について紹介します。貿易営業の転職で狙い目な会社の4個の特徴貿易営業へ転職するにあたり気になるのはどういうところをチェックするのか、どういうところが狙い目なのかになると思います。詳しく紹介していきます。資格について言及がある資格取得もしくは資格保持に対して募集内容で触れている会社は、資格を持っていることで

ルート営業正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

もし皆さんが求職者であったら、一般の営業とルート営業の二つの求人が有ったら、どちらに応募をするでしょうか。一般の営業はイメージが湧いたとしても、ルート営業のイメージは湧きにくく、迷ったことがある人もいるでしょう。そんな知られざるルート営業について、ルート営業正社員はどのような仕事内容なのか、おすすめ求人のポイントは何か、などを紹介していきます。ルート営業正社員にはどんな仕事があるの?ルート営業正社員の仕事内容は、一般の営業とは異なる仕事内容となります。一般の営業には無い、ルート営業独自の仕事内容を紹介していきます。既存顧客への新商品、新サービスの営業既存顧客へ新商品、新サービスの営業を行います

営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

営業職というとエネルギッシュにお客様のところへ行ったり、電話で積極的に商品を提案したりとにかく動き回ってゴリゴリ押していくイメージがあるかもしれません。しかし、今の営業職はそう行ったタイプの人ばかりではありません。ただ、営業職に興味があってチャレンジしたい人や営業職を考えている人にとって年収や仕事内容は気になります。今回は、営業正社員の年収や仕事内容について紹介していきます。営業正社員はどんな仕事?営業正社員の仕事はざっくりと言ってしまえば、お客様のところへ行って話を聞いて最適の商品やサービスを提供することです。営業正社員の大まかな仕事内容営業正社員の仕事内容は、外回りつまりお客様のところへ訪

医療機器営業求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

医療業界でMRという仕事があります。これは、Medical Representativesの訳で、日本語の直訳は”医薬情報担当者”です。そうです。簡単に言いますと製薬会社の営業マンのことを言います。よく、医療機器営業とMRの違いが分からないと言われます。大きく違うことは2つあります。1つは、営業しているものが、機器か薬かの違いです。これは誰でも分かります。もう1つは医療機器営業職は、公的な資格がなくても就ける仕事ですが、MRはMR認定資格がないと病院での営業ができない仕事になります。しかし近年、医療機器営業職にも変化が現れています。MRと同じように資格取得者(医療機器情報コミュ二ケータMDIC

営業が大変だと感じる5個の瞬間とは?大変だけど楽しいポイントも紹介します

文系科目を卒業した新卒者を中心に人気がある営業職。会社では花形と呼ばれることもある職種ですが、大変なことも数知れず。今回は営業職の大変だと感じるポイントと楽しいと感じるポイントについてご紹介していきます。営業職を希望している学生さんや未経験だけど挑戦してみたいと転職を意気込んでいる方はぜひ参考にしてください。営業職の基本についておさらいしよう営業先の違いについてB to BやB to Cという言葉を聞いたことはありませんか。簡潔にいうとB to Bは客先が法人でB to Cは客先が一般消費者ということです。例をあげて考えると、メーカーはB to B、保険会社はB to Cのイメージが強いですね

新卒で営業をやるのがおすすめな6個の理由。でも入社後に誰しもがぶつかる壁があった!乗り越え方も紹介

就職を考えている学生の皆さん。就職といっても漠然としていて、自分がどんな仕事に就きたいのか決めかねている人もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな貴方に、この記事では営業職の魅力についてお伝えします。営業といえば、何となく「キツそう」という印象があると思います。正解です。ノルマや上下関係、取引先との付き合いなど、学生の頃に経験したことのない面倒なことが沢山あります。ですが、そもそもキツくない仕事なんて存在するのでしょうか?事務職、企画職、管理職、人事職、どんな仕事にもその仕事なりのキツさがあり、面倒なことがあります。営業職は配属される人材が多く、そのため必然的によく声が通ります。でも、どんな

海外営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

海外を飛び回って仕事をするって聞くとかっこいいとか憧れる人は多いかと思います。学生時代に留学していたり、海外で生活をした経験があったり、外国語を学んでいた人にとっては、経験を活かすもってこいの仕事と言っても過言ではありません。実際に海外営業の仕事に就いている人のほとんどは学生時代や幼少期に海外で過ごした、留学していた人が多いです。しかし、海外営業の仕事をするにあたり、必ずしも海外経験が必要というわけではありません。ただ、海外営業の仕事はどうしても対海外マーケットなので海外に対して免疫のある海外留学していた人や海外生活をしていた人は、アドバンテージがあります。今回は、海外営業の仕事内容や給与事情

内勤営業でやりがいを感じる6個のポイント

営業職は外勤営業と内勤営業の2つに分類されます。内勤営業はいわゆる「スーツで外を歩き回る」一般的な営業のイメージとは違い、会社の内部で来店されたお客様に対して営業活動を行う仕事です。今回はそんな内勤営業のやりがいについて紹介しますので、内勤営業への就職や転職をお考えの方は参考にしてください。内勤営業の仕事でやりがいを感じる6個のポイント内勤営業と外勤営業の違いは、お客様を接客するのが社内か社外かです。社内で接客する内勤営業は、サービスや商品を購入する気でいる意欲の高い顧客に対して、商談を成立させやすいというメリットがあります。反面、ゼロから顧客とのパイプを作り上げていく事は苦手としています。直

熊本の営業求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

営業職といえばノルマや目標に追われているようなネガティブなイメージもありますが、高給取りであったり会社のエース的存在であったりといったポジティブな面もあり、常に人気の職種の一つとなっています。今回は熊本の営業職の求人事情を簡単に解説します。募集内容や人気のエリア・業種などを取り上げ、これから熊本で営業職にチャレンジしてみようと考えている方に有益な情報を紹介していきます。営業はどんな仕事?営業とは個人や会社など取引先から契約をいただく仕事ですが、新規の契約もあれば継続契約もありますし、個人宅に飛び込みで営業を行うスタイルもあれば、会社にアポイントメントを取った上で訪問する営業もあります。会社や業

新聞営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

貴方の家に突然、新聞の営業が来たことはありますか?新聞を読まない人にとっては迷惑だとは思いますが、新聞営業は訪問販売から始まり、今もその名残が根強く残っています。知っているようで知らない新聞営業。実は、新聞営業は学歴も職歴も関係なく、誰にでもお金を稼ぐことができる仕事なのです。そんな新聞営業でよくある募集内容やおすすめの求人ポイント、気になる疑問について全てお答えします!新聞営業のおおまかな仕事内容新聞の営業をすることを、専門用語で「拡張」と言います。新聞の営業をする人は、専門用語で「拡張員」と言います。新聞営業のおおまかな仕事内容は二つあります。一つ目は、現在新聞を読んでいないお客様から新規

広告営業求人でよくある募集内容や働き先や扱う媒体の種類、おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「広告営業」という仕事について、どのようなイメージを持っていますか?テレビCMなどを、大手企業と一緒に作り上げて、ときには有名芸能人と会うこともある。そんな華やかな世界をイメージする人も少なくないのではないでしょうか?また、華やかさゆえに、給与水準が高いと思う人も多くいると思いますが、実際はどのような仕事になるのでしょうか?今回は、「広告営業」求人の仕事について、解説をしていきたいと思います!広告営業のおおまかな仕事内容「広告営業」という仕事がどのような内容の仕事になるのか?ということについてですが、ひと言でいうと「広告主となる企業や個人などを探して、各種メディアなどにおける広告の枠を営業(販

営業辞めたい女性の4個のよくある理由とそれの対策とは?

営業職といえば、特に女性にとってはなりたい人気職No1とは言えない、どちらかというとネガティブな印象を持たれがちな職種です。しかし、具体的には一体何がそんなに嫌で、みなさんは営業を辞めたいと思うのでしょうか?今回は、よくある営業職を辞めたい理由と、そんなときの対応策をご紹介します。営業を辞めたい女性の4個のよくある理由とは?営業をやりたくて営業のお仕事をやっている方、また、本当は営業を志したわけではないのに、営業職に配属された方など、営業をしている女性にはいろいろとご事情があると思います。どんなお仕事でもそうですが、楽しいこともあれば辛いこともありますよね。今回は、特に営業のお仕事が難しい!辛

海外営業の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

国内営業に比べると海外営業は給料がいいのだろうかとか、海外営業は海外出張をしていて世界を飛び回っているので高給取りのイメージがあるかもしれません。海外営業の仕事をしている人の給料事情って気になるところです。海外営業といって業務は色々あって年収も実は異なります。そのため、全員が高給とりという訳でもありません。今回は、海外営業の給料事情について紹介していきます。海外営業をしてみたい人、海外営業に転職を考えている人、海外営業に興味のある人は是非参考にして下さい。海外営業の給料の相場はどのくらい?海外営業の給料は、意外と国内営業とかと変わらずピンキリです。もちろん給料が高い人もいますが、給料が平均な人

企画営業正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

転職を考えている方の中には最近企画営業の求人を多く目にすることから、企画営業の年収や仕事内容、おすすめ求人について知りたいと思っている方も多いと思います。そこで今回は企画営業正社員のよくある募集内容や正社員として求められることについて解説致します。企画営業正社員の仕事内容とは?企画営業とは、メーカーやイベント会社などクライアントからの要望に応じて商品やサービスを企画・提案・制作し販売・提供する仕事で、営業職と企画職の両方を担当する職種のことです。一般的に、その2つの仕事は別々の担当者をアサインすることも多くあります。企画営業は一貫して自分の担当するクライアントの意向を反映させた商品開発やサービ

企画営業の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

最近、企画営業の求人が増えていますが、気になる年収はどのくらいなのでしょうか?この記事では、企画営業の仕事をしている私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します!企画営業の給料の相場はどのくらい?給与の相場は?給与の相場は年収で350万円~700万円程度です。月収としては、未経験であれば20万円程度からのスタートになるケースが多いです。転職の場合は年収350万円前後をベースに、前職の経験なども加味し、400万円程度まで増額されることもあります。給与にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与賞与は多くの場合一般的な企業の場合、他の職種と同程度と考えて良いと思われます。もちろん、その年

営業の人間関係でよくある3個の悩み。皆さんの周りではこんなのありませんか?

営業という仕事は、自分の会社で扱う商品を提供するだけではなく、自分自身を買ってもらう仕事です。人間関係はバランスが重要になり、仲良くなり過ぎると利益が下がってしまうし、お客様のお誘いを無下にすることも出来ません。メーカー様やパートナー会社様とも同じですが、どこかに連係ミスが生じた場合のために、ある程度の距離感でお付き合いをしないと言いたい事が言えなくなってしまいます。そんな誰しもが経験したことがある営業の悩みと解決法を考えていきたいと思います。営業の人間関係のよくある3個の悩みとその解決方法とは?お客様の御用聞き問題営業という仕事をしていく上で、私たちはお客様の新規獲得をしなければなりません。

営業アシスタント求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

営業アシスタントのお仕事に興味を持って、求人募集を見たことはありますか?営業アシスタントの求人は比較的多く見かけるかもしれませんが、実際の業務や募集内容が気になりますよね。今回は営業アシスタントの募集内容や求人のポイントなど、詳しく紹介していきたいと思います。営業アシスタントのおおまかな仕事内容営業アシスタントとは、どのような仕事なのか応募前に知っておきたいですよね。営業アシスタントは、名前のごとく、会社の営業スタッフのアシスタントやサポートを行う業務になります。多くの会社には「売り物」があり、それは商品や商材、技術や人材と幅広いですが、それを販売して会社の売り上げをつくる営業職のサポートをす

飛び込み営業にコツはあるの?経験者の体験談を元にお教えします

営業をしている方、営業をしてみようと思っている方、どちらの方も、営業にコツがあったら知りたいと思いませんか?今回は、飛び込み営業にコツはあるのか?経験者の体験談を元にお教えします。私が経験した飛び込み営業の失敗や成功体験私は、今まで数多くのお客様の所へ飛び込み営業をしてきました。その中には、失敗した事も、成功した事も沢山ありました。幾つか私が経験した事をご紹介したいと思います。飛び込み営業の失敗談扉をノックして開けてみてビックリなんて事は飛び込み営業では、よくある事です。ドキドキしながら、開けたら倉庫だったり、事務所の中が深刻な打ち合わせ中だったり、そんな中でも一番は、開けたらカブトムシの飼育

営業アシスタントの仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

営業アシスタントという職種をご存知でしょうか。もちろん聞いたことがあるという人も多いと思いますが、今回は意外と知らない営業アシスタントの仕事内容について、お伝えしたいと思います。営業アシスタンとはどんな仕事?営業アシスタントと聞くと、営業なの?アシスタントなの?と迷ってしまいそうですが、募集されている営業アシスタントの多くが、営業スタッフのアシスタント業務を行います。言わば、営業スタッフをサポートする「縁の下の力持ち」という言葉がぴったりの職種です。ただし、一言でアシスタントと言っても、会社の重要な売上げを左右する営業スタッフのサポート業務なので、細かい事務作業はもちろんですが、外部の顧客対応

企画営業の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

企画営業は年々需要も増えており、人気が出ている職種です。そんな企画営業への転職を成功させるためにやるべきことや、上手な転職方法を解説します。企画営業で転職する人は多い?そもそも企画営業という職種についてまだ理解している人は少ないように思います。自分がクライアント側で企画営業と仕事をしたことがある人や、たまたま求人を見かけて企画営業という仕事について知ったという人も多く、最初から「企画営業になりたい!」と転職を考える人は少ないようです。しかし、近年では各種メーカーやイベントなどのサービス業を中心に求人が増えており、その言葉を目にしたことがある人も多いはずです。企画営業の転職を成功させるためにやる

企画営業の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

企画営業というとあまり聞き慣れず、仕事内容のイメージがわかない方も多いと思います。自分は企画営業の仕事に向いているのか、どのようなタイプの人に向いているのかなど、企画営業を得意とする人の特徴やキャリアについて解説します。企画営業の仕事はどんな仕事?企画営業の仕事は、企画と営業を両方行うことでより相乗効果を生み出すことが目的です。今まで多かったのは、営業担当が案件を取ってきて、企画がその案件について検討し提案書としてまとめたり商品を作成し、営業担当がその商品を持って営業に行く……というものでしたが、これを1人の人間が行うことで効率も良く、よりニーズに応えやすいというメリットがあります。例えば商品

営業スキルを上げるためにやるべき10個の事やおすすめの方法を経験者が教えます

今回は、営業スキルをアップさせるためには、どんなことを実践すればよいのかを解説していきます。営業スキルを上げるためにやるべき10個のこと商談の内容はすべて記録しておくこれは、スキルアップの方法のなかでもとりわけ重要なタスクになります。私自身、売れていない時代は、商談の記録をろくすっぽとっておらず、いつも場当たり的に、営業をしていました。売れる営業マンは、どの時期にどんな内容でお客さんに電話するか訪問するかをすべて管理しています。これは前回どんな会話をしたのかを記録しているからこそできること。記憶に頼るのは得策ではありません。営業の仕事では、たまに初回の訪問で受注できることもありますが、最初の目

営業向いてない人の5個の特徴と逆に向いてる人の特徴は?営業として成長するか、自分にあった他の仕事を見つけてみましょう

営業職と聞くと会社の花形部署だというイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。求人の募集も多く、文系学部出身の学生の多くは営業職へ配置されることが多く、一見誰でもできて、稼ぎも良いというイメージですが、かなり大変な職種です。今回は、そんな営業職に向いていない方と向いている方の特徴についてお話ししたいと思います。営業の大まかな仕事内容営業職は会社の取引先である顧客との取引窓口をする仕事です。BtoBもBtoCも会社によってはあります。そして営業方法にも種類があり、新規開拓営業とルート営業というのが主な営業方法です。新規開拓営業では、今まで取引をしたことがないお客様との商談になるため、テレフ

新規営業が向いてるのはどんな人?8個の特徴や適正、特にあると重宝するスキルとは?

新規営業という言葉を聞くと、難しい仕事なんじゃないかって身構えてしまいますよね。営業に携わっていた事がある方なら、経験やノウハウを活かした方法で契約を結ぶ事が出来るでしょう。ここでは営業をした事がない方や、新規営業に対する考え方をより深く理解して頂く為に、向き不向きやスキルについて少しでも不安を払拭出来る様に紹介していきます。営業とはどんな仕事?会社を成長させる為に、自分の勤めている会社の扱っている商品やサービス・技術を相手先に売り込む仕事です。新規営業の大まかな仕事内容会社が調査して顧客になりうる顧客リストを基に営業をかけ、自身の勤めている会社の商品やサービスを理解し、相手が納得のいくような

営業辛い…と感じる10個の瞬間とその乗り越え方

営業の仕事って辛い部分が多いですよね。私も経験があるので少しでも皆様のお力になれると嬉しいです。それでは、私の経験も交えながらお話していきたいと思います。営業職のおおまかな仕事内容とは?営業職とは自社で扱っている商品や技術、情報、サービスの購入を相手先に促し、売買契約を結ぶ業務のことを言います。営業の仕事がきついと言われる10個の理由とは?営業職を初めて経験した人の中には、きつくて辛いという想いが強く残る人もいるようです。営業職で入社すると、毎日新規開拓の為の情報収集や、自社の特徴をより理解する為に、外回りのとき以外は遅くまで社に残り勉強するなど、やるべきことが多く、その結果、精神的・肉体的に

旅行代理店営業求人でよくある募集内容や仕事内容・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの人が華やかなイメージを持ち、憧れる人も多い旅行会社への就職。観光業界の中でも特に人気の高い業種ですが、普段どんな仕事してるかってご存知ですか?「好きなことを仕事にしたい」と夢を持って志望される方もいますが、いざ就職してからこんなはずじゃなかったというミスマッチを避ける為、今回は特に旅行代理店の営業求人に焦点を合わせ実際の仕事内容とその魅力をお伝えしていこうと思います。旅行代理店のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容一言で言えばお客様に旅行商品を提供するということですが、直接旅行に関わる仕事としては下記のようなものがあります。①商品の企画②販売(内勤・カウンターセールス)③法人営業(外勤)

人材紹介の営業に向いている人の5個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

人材紹介の営業ってどんな仕事?飛び込み営業やったりするの?皆様の疑問にお答えします!現役で転職エージェントに在籍する筆者が、今回は人材紹介の営業について書かせていただきました。大まかな仕事内容から、人材紹介の営業に向いている人の特徴、その後のキャリア、そこから学んだことや人材紹介の営業のすべてをお伝えします!人材紹介の営業はどんな仕事?人材紹介とは、「優秀な人材を採用したい企業」と「転職をしたい人」の仲介役を行っています。人材紹介の営業は、「優秀な人材を採用したい企業」を担当する仕事をしている人たちを指します。ちなみに、「転職をしたい人」を担当する人たちは、キャリアコンサルタント、もしくはキャ

営業がきつい…と思う人の5個の理由と乗り越え方

会社の「花形」ともされ現場では中心的な存在である「営業職」。しかし高いレベルに設定されることの多いノルマ・目標や、働き方次第では労力の割に稼げないといったネガティブなイメージも根強く、営業職に興味があっても一歩踏み出せないでいたり、もしくは現在営業職として働いていて想像以上のきつさから転職を模索している人もいるでしょう。今回は現在営業職として働いている私自身の経験や職場で同僚や先輩から聞いた話などをもとに、営業の仕事がきついと言われる理由やその乗り越え方をいくつか解説していきます。それでも私が営業職を続けている理由も最後に紹介しておきますのであわせて確認してみてください。営業のおおまかな仕事内

営業の女性が転職するなら!向いている仕事3個の特徴や必要なスキル・適正とは?

皆さんは女性の営業職というと、どのようなイメージを持っているでしょうか。スーツを着てバリバリ働いているキャリアウーマン?しかし、他にも女性が活躍できる営業はたくさんあるのです。今回は、女性の営業という観点から、様々な営業職をご紹介していきたいと思います。営業の女性が向いている仕事3個の特徴とは?営業といっても、広い意味で言えば、接客・販売のような店頭の営業から、保険のような外交員、新規の飛び込み営業や既存のルート営業など、まさに様々な営業形態があります。一言で営業といえば、スーツの男性が汗だくで外を回り、たくさんの方と名刺交換をしているような印象をお持ちの方も多いと思いますが、意外とそうでもな

営業のサボりってどう?癖になるからサボりをすべきじゃない5個の理由

皆さんは営業の仕事と言うとどのようなイメージがあるでしょうか。ノルマとかしんどいとかあまり好印象でない職種に思えます。また公園とかに日中行くと休んでいるサラリーマンや車の中で休んでいるサラリーマンを見かけたこともあると思います。その休んでいるサラリーマンの多くが営業の可能性が強いです。そう営業は他の職種と比較してサボることができやすい仕事でもあります。ここでは営業職ならではのサボりについてお伝えしていきたいと思います。営業の仕事ってサボりやすいの??営業の仕事は就労している企業の商品を別の企業だったり個人に対して売っていく仕事です。これだけ聞くと販売業と似ていると思うかもしれませんがその内情は

営業の給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

営業の給与相場はどのくらいで、どのように決まっていくものなのでしょうか?営業といえば、毎月のノルマが大変で、汗をかきながら努力をしているイメージがあるかもしれません。しかし、広く言えば、接客業やコンサルタントも営業ですし、会社の社長も自社を売り込む営業です。今回は、知っているようで意外と知らない営業の給与相場や、どのように給与アップに取り組むかをご紹介していきます。給料相場についてはもちろん会社によって大きく変わりますが、あくまでここでは一般論についての解説になります。営業の給料の相場はどのくらい?営業のお給料の相場というのはどのくらいなのでしょうか?そもそも、営業と言っても、広い意味でいくと

営業コンサルタントが向いている人の8個の特徴や必要なスキル・適性とは?

営業コンサルタントという仕事は取っつきにくく、それを本職とする事は難しいハードルの高そうなイメージだと思いますが、そもそも営業コンサルタントそのものの資格は明確には定義できません。つまり「自分は営業コンサルタントだ!」と声高々に宣言すれば、その人は営業コンサルタントだという事になります。どうでしょうか?これで一気にハードルが下がったのではないでしょうか?誰でもなれそうで、なれない営業コンサルタントという仕事をわかりやすく解説していきます。営業コンサルタントとはどんな仕事?まず、最初に営業コンサルタントとはどんな職業でしょう?コンサルタントと付く職業には種類が沢山有り、一般的に良く知られているの

海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための4個の注意点

海外営業と聞くと海外を飛び回って外国語を使って海外の人とやりとりしている華やかなイメージ仕事に思えるかもしれません。そのため、転職するという選択肢が内容に思われがちですが、意外と転職する人は少なくありません。海外営業を経験する人は、海外と関わり合いがあることで日本の転職に対してまだまだ存在するマイナスのイメージはあまりなく、自身のキャリアアップやステップアップを目指して積極的に仕事を変えることや何か勉強したり、チャレンジします。今回は、海外営業の内情や転職に関して話します。題して海外営業の転職を有利にするなら!狙うべき仕事の4個の特徴や転職を成功させるための5個の注意点について紹介します。海外

東京の営業求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

全国どこでも、営業職は募集されていますが、内容を見てみると東京や大阪などでだけ募集されているような営業職全国どこでも同じ内容で募集されている営業職の、2種類に分けることができるような気がします。どうせ営業職で働くなら、楽しく明るく、毎日を素敵に過ごしたいと思いませんか?今回は、東京で営業職として働くならぜひ考えてほしい、素敵な営業職をご紹介してみたいと思います。東京の営業求人のおすすめ募集内容の特徴東京にしかない営業職と、東京じゃなくてもある営業職はどのような違いがあるのでしょうか?ご紹介したいと思います。なぜ東京にしかない営業職があるの?東京も東京以外の場所も、たくさんの人が生活していて、様

海外営業の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

戦後経済発展を遂げてきた日本ですが、最近は大きく頭打ちをしてなかなか成長が見込めていません。そのため、10数年前から企業のグローバル化をテーマに国内だけで生産していたものを海外へ委託しコストを抑えて製造率を上げたり、海外の製品を日本へ輸入して販売活路を見出したりと今までにない商品が特に数年前から日本のマーケットを賑わせています。グローバル化に伴い、企業に設置された部署は様々なのですが、フロントラインでイメージされやすいのは海外営業ではないでしょうか。海外営業は、文字通り、海外の取引先やサプライヤーなどと交渉したり、打ち合わせしたり、時には海外へ新規開拓をしたりします。ただ、海外営業と言ってもど

企画営業とはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

企画営業とはどういう仕事なのでしょうか。その役割や具体的な仕事内容、企画営業の良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します。企画営業とはどんな仕事?企画営業というと聞き慣れない方も多いと思いますが、ひとことで言うと「企画と営業を両方行う担当者」です。一般的に企画職と営業職は別の人間が担当することが多く、それぞれの感じ方や立場によりズレが生じてしまうことも多いものです。しかし、企画営業は一人の人間がどちらも行うため、両方の立場を理解しながらお客様であるクライアント企業のニーズにより応えた商品開発やサービス提供が可能となります。企画営業の役割とは?企画を自社のリソースをもとに提案

信販会社の営業とはどういう仕事?やりがい、向いている人や良い面などを経験者が紹介します

コンビニでお茶を買うにも現金だけではなく、電子マネー、ポイント、クレジットカード等様々な代金の支払い方法がある現代社会でクレジットは誰しもが使う身近な存在です。またより高額な買い物になればなるほど、クレジットを使った買い物をする人は増えていきます。そんなクレジットを扱うのが信販会社です。車の営業、製薬会社の営業のように華やかで派手ではありませんが、消費者の商品購入を見えないところで促進している存在です。そんな信販会社の営業の紹介をします。消費者の購買活動を促進させている影の立役者を知ってしまってください。信販会社営業とはどんな仕事?商品の売買方法の中で一番多いのが現金を使った方法ですが、商品の

内勤営業とはどんな仕事?その仕事内容や営業活動や社内においての役割、なり方など詳しく解説します!

会社に利益をもたらす重要な職種である営業職。営業職というと、スーツを毎日外を歩き回っているというイメージを思い浮かべますよね。しかし、実は営業職は外勤営業と内勤営業の二つに分けられます。そして、内勤営業は常日頃イメージされている営業職のイメージとはまったく違う仕事をしているのです。本記事では、そんな内勤営業の仕事内容、就職の仕方、向いている人向いていない人、仕事内容、将来性などを一挙に紹介していきます。内勤営業という仕事に興味のある方はぜひ参考にしてください。内勤営業の仕事とはどんな仕事?内勤営業とは「社内、店内に来られたお客様に向けて商品を販売する」営業職のことです。外勤営業が会社の外をテリ

営業辞めたい人の4個の理由とその乗り越え方。他の仕事から営業に転職した「現役営業マン」が体験を元に解説!

現場での花形業務でありどんな業種・業態の会社でも欠かせない存在である「営業職」。社内における営業職社員のポジションは非常に重要なものであり、外回り営業に奔走する姿にはかっこよさも漂います。今回は私自身の経験から営業職に従事する中で直面しがちないくつかの問題をとりあげ、またそれにどのように対処していったかを紹介していきます。営業の仕事内容とは?営業職の仕事を簡単に説明すると「お客様から契約をいただく」ことといえます。実際は営業の仕事は一言で表すことができないほど非常に細かく分類することができ、顧客の性質による分類、顧客との関係性からの分類、契約形態をもとにした分類などがあります。それぞれの呼称や

人材派遣営業の仕事内容と6つの業務。経験者が教えます!

人材派遣の営業の仕事内容はどうのようなものか、私の人材派遣での営業の経験を踏まえご紹介していきます。私がしていた人材派遣の営業は、建築現場や土木現場などに施工管理や、CADオペレーター、事務などを派遣する会社の営業でした。基本的なことは、他の派遣会社の営業と同じだと思います。ですがあくまでも参考までにしていただければと思います。人材派遣営業の仕事は大きく6つの役割に分けられる人材派遣営業の仕事の役割1:電話営業私が働いていた人材派遣の営業では、自分で営業する会社をネットや電話帳からピックアップし、そこへ電話をしていました。事務の人が出て繋がらない時は、事務の人がいない時間帯を探すために色んな時

営業未経験でも営業の仕事に転職できる?おすすめの業界と注意したほうが良い6個のこと

今の職種から転職を考える方は様々な理由がありどういった仕事に決めてよいものかと悩む事も多くなりますが、営業職を目指そうという方も少なくありません。自分の売り上げなどによっても収入が違ってきますしやりがいなどを感じる方も多いのではないでしょうか?また、話が好きな方なども営業職への転職を一度は考えることが多く、どうせ働くのであれば稼いだ方がいいという理由から営業の世界へ飛び込むという人も増えています。昔から営業にはノルマがきつい・残業だらけなどといった悪いイメージもありますが、労働の環境は大きく変わろうとしています。残業に対しても厳しい監視の目などがありますし昔ほど厳しいノルマというものもなくなり

営業の転職で年収アップ出来るかはここで決まる!元転職エージェントが教える「成功する人・しない人」

営業の転職で年収アップ出来るかはここで決まる企業が営業活動をする最大の目的は「今以上に利益を出すこと」…所謂「数字を上げる」ことが最大のミッションです。当然といえば当然の話ですね。昔は独り勝ちをして渡り歩く一匹狼営業がこのミッションをクリアしていました。でも今は利益を出したからと言って決してよい営業活動とは言われません。コンプライアンス、CSR、ガバナンス等、企業という組織単位が評価されます。個々がどんなに利益を出していても組織が連動していないと社会的評価はありません。組織の中で仕事をする以上、その組織に沿って、その組織の仲間と協同で実績を積み上げることが求められます。チームマネジメントとも言

営業の基本、お客様に好かれる「営業マン7箇条」とは?

突然ですが、この記事を読んでいる方は「営業マンからセールスを受けた」事はありますか?営業マンからセールスを受けるケースは、車や家を買う時・訪問販売などが挙げられますが、その時営業マンに対してどんな印象を持ちましたか?「しっかりオススメしてくれるけど、自分の要望を聞いてくれなかった」「親しみやすい営業マンで親近感が湧いた」「分からない事は全部聞いて答えてくれる仕事熱心な営業マン」など、様々な印象を持ったと思います。言い換えれば、お客様が営業マンに対するイメージもこれだけ存在している事になります。そして、現在この記事を読んでいる方の中には、実際に営業マンとして働いている方・これから営業マンとして働