住宅業界は離職率や転職率が高いと言わることも多いですが、そんな住宅業界の中でも特に営業は大変な仕事ではないかと思われているのではないでしょうか。

「家」を扱う仕事なので、それだけ取引金額が大きいのでミスも許されません。

また、「家」という人生にそう何度もない大きな買いものであるだけに、お客様に要求されることも厳しく、大きな責任とプレッシャーがかかります。

この記事では、住宅営業を辞めたいと思った時の対策について紹介していきます。

「住宅営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

住宅営業を辞めたいと感じてしまう4個の原因と対策とは?

住宅営業は、精神的にも身体的にも負担も感じることが多く、それだけ「辞めたい」と思ってしまうことも多いようです。

契約がバンバン取れるような調子がいいときもあれば、ノルマに全然足りないときもあったりと、浮き沈みが激しい仕事なので、それだけ沈んでいるときはつらく感じてしまいます。

具体的にどのようなことが原因で辞めたいと感じ、その時はどのような対策をとればいいのでしょうか。

ノルマがあることがプレッシャーになる

どんな仕事でも、営業職にノルマはつきものです。

住宅の営業の場合は、扱うものが「家」という高額なものなので、「ひと月あたり〇棟」「営業利益○○円」などの巨額な単位のノルマがひとりの営業に課されるのです。

ノルマが達成できないことはほとんどの営業の人は経験しますが、それが数か月続くようなことがあると、月ごとにどんどんプレッシャーを重く感じるような状況になります。

給料が落ちてしまうこともありますが、営業会議で気まずい思いをしたり、案件や契約を取るための行動を求められることが辛くなり、「辞めたい」と感じるようになってしまうのです。

対策1:気にしない、プラス思考

プレッシャーを感じるのは自分の気の持ちよう次第です。

サボっていてノルマが達成できていないなら問題外ですが、やるべきことをしっかりやっているのであれば、そのことに自信を持って「これだけ努力したのだから大丈夫、気にしない」と思うようにすればいいのです。

「達成できなかった」とできなかったことを気にするのではなく、「前回はなかったけど、今回は案件が3つ増えた」など、できたことや少しでも進歩したことを考えてプラス思考するようにしましょう。

対策2:気分転換する

ノルマが達成できない原因と対策を考えることは必要ですが、営業というのは運もあるので、悩んでいても仕方ないこともあります。

空いた時間や休みの日に、仕事のことを考えなくていい時間を作り、気分をリフレッシュしましょう。

楽しいことがあれば、仕事にもまた新しい気持ちで打ち込むことができるかもしれません。

残業や休日出勤が多い

注文住宅の営業は、一般のお客様を相手にすることが多いので、お客様の予定に合わせてアポイントが入ったり、打ち合わせが入ることもあります。

仕事量も多く、残業や休日出勤をしてこなさないと仕事が回らないこともあります。

営業は平日が定休日のことが多いですが、平日は建築の工事現場や銀行などは動いていることが多く、休みの日でも電話が来たり急な打ち合わせが入ることも少なくありません。

また、家族や友人と休みが合わず、なかなか会えなかったり疎遠になってしまい、この仕事が嫌になってしまうこともあります。

対策1:仕事のやり方は自由なのだから効率化する

営業は案件や契約を取れるのであれば、その方法は個人のやりたいようにすることができます。

効率よく新規顧客を獲得する、時間をかけずに効率よく契約までもっていくなど、お客様へのアプローチの仕方も個人のやり方次第です。

仕事量が多いことに関しては、自分の仕事の仕方を工夫して効率を上げることでカバーすることができます。

対策2:他のメンバーに気を使わず、自分の仕事が終わったら帰る強い心も必要

営業は残業をする人が比較的多い職種で、残業が常態化してしまっている職場もあるでしょう。

そんな中、自分だけ先に帰るのは気が引けて、なんとなく残業してしまっているという人もいるでしょう。

でも、売れている営業マンというのは、時間の使い方もうまく、自分のペースを持っていて周りに流されることのない人が多いものです。

急な仕事がない限りは、そんなもったいない時間の使い方をしないで、早く帰って休息したりリフレッシュする時間にあてたほうが、仕事の効率も上がりますよ。

知識が足りない、わからないことが多すぎる

住宅の営業は、それまで特に建築について学んだことがない人であっても、その知識が必要になります。

他にも、税金や銀行ローンなどのお金に関することなど、幅広い知識が必要です。

特に営業未経験者や建築関係の勉強をしてこなかった人は、覚えなければいけないことは膨大な量あります。

特に始めのうちは本を読んだり、ネットで調べたり、仕事以外の時間でもその知識を補う努力は必要でしょう。

対策:覚えるしかない

「無駄な知識」はありません。

一度ここで覚えてしまえば、あとは非常に楽になります。

ここで得た知識は、自分が家を買うときや建てるときにとても役に立ちますよ。

個人成果主義でまわりはライバル

営業はチームを組んでそのチームにもノルマが課されることがありますが、チームのメンバーであっても営業と言う個人の立場ではライバルです。

営業成績が給料や昇進に直結することもあり、周りの営業はみんなライバルなのです。

同じお客様を取り合ってしまうことがあったり、時にはギクシャクしてしまうこともあり、転職者も多く個人主義なので人間関係も希薄で、仕事の相談などもしづらくて悩んでしまうということもあるようです。

対策:公私をわける

仕事ではライバル関係にあっても、仕事外では同僚として切り替えて考えましょう。

人付き合いが苦手な人は、仕事以外のところで無駄な付き合いをしなくていいのだから楽だと考えればいいのです。

逆に人と接することが好きな人は、ライバルである人ほど性格が似ていて一緒にいて楽しかったり、時には仕事でも切磋琢磨していけると考えることもできます。

「住宅営業の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

実際に働いてみないと、その仕事の大変さはわからないかもしれません。

でも、大変な仕事だからこそ、達成感ややりがいを感じることができたり、給料が高かったりなどいいところがあるはずです。

仕事の向き・不向きもありますので、自分の性格や仕事に何を求めるかを考えて、自分に合ったことを仕事にできるといいですね。


関連キーワード

不動産営業求人