転職エージェントとは一体どんなことをする職業なのか気になっている方は必見です。

ここでは、現役キャリアコンサルタントが語る、具体的な転職エージェントの仕事内容から、業界における役割、転職エージェントへの就職方法や注意点をお伝えしていきます。

私の体験もいろいろ書かせていただいているので、より具体的な転職エージェントの仕事のイメージがつきやすい内容になっています!

是非最後までご一読ください!

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職エージェントとはどんな仕事?

転職エージェントとは「企業と転職者の仲介役」をするお仕事です。

転職を希望している人と、中途で人材を採用したいと考えている企業のマッチングを行います。

転職エージェントの仕事内容とは?

それでは具体的にどういった仕事をしているかというと、一般的にリクルート、パーソルキャリアと言われる総合人材エージェントでは、転職者の担当をするキャリアコンサルタントと企業担当をする営業担当がいます。

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントと企業担当が同じの両面のエージェントもあります。

企業担当は、人を採用したい!という企業に訪問し求人の詳細をヒアリングし、求人に合った人材を自社のデータベースから紹介、採用決定までのサポートを行います。

キャリアコサルタントは、転職したい!

という人にお会いしキャリアカウンセリングを行い、希望に沿った求人の紹介、入社決定までのサポートを行います。

今回は、キャリアコンサルタントの仕事にフォーカスをして説明していきます。

キャリアコンサルタントの仕事は、転職者の面談~入社決定までをサポートすることが仕事になります。

それでは、具体的な仕事の流れを説明します。

適性診断や面談

転職希望の人が自社の転職エージェントサービスに登録されたら、転職者との面談を実施します。

エージェントによってはオリジナルの適正診断を持っていることもあり、面談前に転職者の方に適正診断を受けていただくケースもございます。

適正診断では、転職者の性格や仕事の進め方が分かるようになっています。

適正診断結果をもとに当日面談を実施します。

面談の方法は、エージェントの会社で直接お会いする場合と電話での面談をする場合があります。

所要時間は大体1時間程度で、1対1での面談となります。

面談の中では、主に以下の項目についてヒアリングを行います。

  • 転職を考えた背景、理由
  • 希望の業界、仕事内容
  • 今までの職務経歴、実績
  • 現年収、希望年収
  • 現在の転職状況
  • その他希望条件(働き方、福利厚生等)
  • 入社時期

キャリアコンサルタントによって面談でどの部分を重点的にヒアリングするかは異なります。

私は、転職者の方が若手(20代半)の場合、就活の時の軸や今回の転職理由の深堀をすることが多いです。

若い方の場合キャリアチェンジを希望する方が多く、営業から編集職に行きたいとか社内SEからゲーム業界のプランナーに行きたい等、失礼ですがちょっと夢見がちな方も多いです。

しかし、20代の2社目の経験はその方の将来にとって非常に重要なので、ただ希望を聞くだけではなく、就活の際どんなことを希望していたのか、今の仕事にはどんなやりがいを感じていて何が嫌なのか、30代や40代になったらどんな生活をしたいのかをヒアリングするように心がけています。

一方で30代以上の方には、今までの仕事の実績、次の会社でどんなキャリアを積みたいのかということを訊くことが多いです。

一般的には30代以上になると今までの仕事を活かした転職になるので具体的な仕事内容や次の会社でどんなキャリアをしたいと考えているかをヒアリングします。

求人紹介

面談の中で転職理由、希望条件、職歴が確認できましたら希望にマッチする求人をいくつか面談時に紹介をします。

求人紹介をするときは、ただ希望に沿った求人案内だけではなく、その方が気づかない適正を考慮した求人紹介を行うことが重要です。

面談後に紹介しきれなかった求人をメールもしくはマイページ上にアップします。

※マイページとは…大手転職エージェントでは、転職者一人一人にオンライン上からアクセスできるマイページがあります。

マイページで、転職者は求人の確認や応募手続きができます。

履歴書や職務経歴書の添削

企業に応募するためには、応募書類(履歴書、職務経歴書)が必要になります。

一般的には、面談前に履歴書と職務経歴の作成依頼を転職者の方に行います。

面談までに書類作成を行っている方には、面談時には主に職務経歴書の添削を行います。

職務経歴書には、職歴、実績、資格、自己PRが記載されているか確認を行います。

面談前に作成できなかった場合は面談後に作成を行っていただき、後日添削を行います。

実は転職者は職務経歴書、履歴書の書き方を最も悩まれている方が多く、ここは意外とキャリアコンサルタントの腕の見せどころでもあります。

実際に担当した40代で大手企業に勤められていて語学堪能で優秀な方も職務経歴書の書き方、アピールポイントが分からないと相談されたことがあります。

転職活動はそう何回もするものではないので、どの方も意外と職務経歴書の書き方に悩まれるのです。

職務経歴書の添削を行うと転職者からの信頼に繋がりやすいため、是非ここは力を入れていただきたいポイントです。

面接対策

実際に転職者の方が企業に応募をし書類が通過すると、面接のステップに進みます。

面接前には面接対策を行います。

面接対策の内容としては、以下のようなポイントを模擬面接という形で行います。

  • 自己紹介
  • 転職理由
  • 志望動機
  • キャリアプラン
  • 成功体験、強み、弱み

一般的な対策を行い、その他それぞれの企業の面接のポイントをお伝えします。

例えば、面接官の特徴、好まれる面接での受け答え等について事前に説明を行います。

余談ですが、面接対策は重要なサポートの一つであり、実施するかしないかで面接の通過率は変わります。

転職者の方の対策をすると、転職理由として長時間残業で辛い等結構本音の転職理由をお伝えされる方が多いです。

ただ転職理由はネガティブではなくポジティブなものを伝える必要があるので、自身の発言がどういう風に企業にとらえられるか、日々転職者の方にアドバイスしています。

年収交渉

もし転職者の方がより高い年収を希望された場合は、企業に年収交渉を行うこともあります。

ただこの年収交渉をする場合に気を付けたいのは、転職者が年収○○以上であれば入社するといった場合のみ企業に交渉するという点です。

企業側が年収交渉に応じたのに入社しないということが起こると企業からのエージェントへの信頼が損なわれるので、年収交渉は慎重に行う必要があります。

転職者の方も「できればより高い年収で転職したい」という方が多いので、年収交渉は行うケースも多いです。

転職者も自分からは企業に伝えられないので、「○○さん、来期昇格するので、できれば年収○○以上ほしいです。企業に伝えてください」という相談は結構あります。

しかし転職するなら年収上げたいという気持ちもすごく分かるので、相談を受けた場合はなるべく年収を上げられるように努めています!

クロージング

急に営業感が出てきましたが、クロージングはキャリアコンサルタントの仕事の重要な一つですし、私としてはここに一番やりがいを感じます。

現在、過去最高に求人倍率も高いため、多くの転職者の方は2社くらいから内定を頂くケースが多いです。

そのため、最終的にどちらの企業を選ぶべきか、キャリアコンサルタントのサポートが必要になってきます。

意思決定のサポートをするために、転職者の転職軸の整理、今後の業界の成長性を踏まえどちらの転職先を選んだほうが良いのか、キャリアコンサルタントとしてアドバイスを行います。

実際に大手企業B社、中小企業A社の内定をもらった30代の男性の方がいらっしゃいました。

大手企業の方が安定してるし良いのでは?

と思う方が多いと思いますが、実際そうではないケースがあります。

30代の方ですと、今後のキャリアを考えたときに管理職の経験を早く積むことができる会社に転職したほうが良いです。

大手企業で例え内定をもらって入社したとしても、大手企業にはそもそも新卒入社で入った同じ世代のライバルが多数在籍しています。

そのため、入社した後管理職への道が遠いこともあります。

キャリアコンサルタントして、どちらの会社でどういった評価で内定が出たのか企業に確認します。

メンバークラスで出たのか、役職一歩手前の評価だったのか、確認を行います。

私が担当した方の場合はA社では役職一歩手前の評価でオファーを出されていたため、私はA社に転職することをおすすめしました。

理由は、その方の場合前職では管理職の経験がなかったのですが、人生長い目で見たときに30代で管理職を経験することはその方のキャリアにとって非常に重要になってきます。

そのため30代であれば、ただ大手という理由だけではなく自身が早期にキャリアアップできるという視点でキャリア選択をしたほうが良い、更に今後定年を迎える年齢が70歳くらいまで上がると予想される中で、次の会社が自分の仕事人生最後の会社ではない可能性が高いことを踏まえると、今後30代から40代でどういった経験が積めるのかが重要であるというお話を、その方にお伝えしました。

結果的に、その方はA社への入社が決まりました。

このように、ただ転職者の方の行きたい会社に行かせるのではなく、エージェントにいるからこそ知っているキャリアの選択のあり方や今後のマーケットについてお話させていただき、本当にその方の人生にとってどちらが良いのか真剣に考えサポートしていくことが、キャリアコンサルタントの役割だと私自身考えています。

自分のアドバイスがその方の意思決定に影響を与え無事転職先が決まるとやりがいを感じます。

もちろん転職者の方からもお言葉を頂けることもありますし、その時は達成感と喜び、どちらも感じることができます。

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職業界においての役割は?

転職エージェントの転職業界における役割は、「優秀な人材を採用したいという企業」と「転職したい人」の架け橋になることです。

終身雇用制度が崩壊しつつある日本では人材の流動化が叫ばれていますし、社会的な貢献度も高い仕事だと考えています。

企業と転職希望者の架け橋

企業にとって、自社のビジネスをスケールするために人材を採用することは必要不可欠です。

では、何故企業は人材を採用するために転職エージェントを利用するのでしょうか。

企業がリクナビ、マイナビといった転職サイトではなくエージェントを利用する理由として以下のようなことが挙げられます。

  • 採用コストがかからない
  • 転職者をクロージングするための情報提供をしてもらえる
  • 自社の求人を転職者に紹介してもらえる

転職サイトを活用しての採用は、企業が応募者の管理や選考をしなければいけないし、転職者と日程調整のやりとりも直接する必要があり意外と面倒です。

また転職者の転職状況も分からないこともあり、内定後にクロージングしにくいこともあります。

そのため、エージェントを利用することでよりコストをかけず採用活動をすることができます。

また基本的にはその企業に興味を持った人しか企業に応募することはないですが、エージェントに転職者へ自社の求人を紹介してもらうことで今までの採用活動では出会えなかった人材の採用をすることができます。

企業側にとってのエージェントの役割は上記のようなことですが、転職者にとっての役割は以下のようになります。

  • 客観的なアドバイスをくれる
  • 経験や志向性にあった求人の紹介をしてくれる
  • 日程調整等の手続きの代行をしてくれる

自分の力で転職活動をしてみると、知っている企業のみ応募したり自身の適正に合っていない仕事を選んでしまったりすることがあります。

転職エージェントが入ることで、自分の志向性や経験に合った企業の紹介や客観的なアドバイスをもらうことができます。

つまり転職エージェントの役割とは、企業・転職者双方のコストを削減し、今まで出会うことがなかった企業と人のマッチングを行うことです。

終身雇用制度が崩壊しつつある日本では今後転職者の増加が見込まれますし、マーケットの変化が激しい昨今では企業も新サービスの開発が必要になってくるため、自社の人材ではなく他社から優秀な人材をとってくる必要があります。

そのため転職エージェントは今後の日本社会においても非常に重要役割を担っていくと、日々仕事をしていると感じます。

小さなことですが、私が担当した転職者が大手からベンチャー企業に入社して入社後に活躍されているお話を聞くと、エージェントの重要性を感じますし、やりがいにも繋がります。

また以前企業担当をしていたときは、今後こういった事業を始める予定だからこういった人材の採用をしたいという相談を企業から受けることもあり、そのときは自身の仕事の重要性をとても感じました。

実際に企業が求めていた人材の採用決定までできたときは企業からも感謝されますし、その方が入社された後に実際ビジネスがスケールしている話を聞くと、この仕事をやっていて良かったと感じます。

今後私達のような仲介業はなくなるとも言われていますが、企業も転職者も自力ではできないことが多くありますので私たちのようなエージェントという立場はなくならないと思いますし、今後人が足りなくなる世の中ではエージェントが人を探して企業に紹介するという架け橋的な役割はより求められてくると思います。

転職エージェントのなり方は?

では、実際転職エージェントにどうやって入社するのか説明していきます。

正直転職エージェントを利用して入社する方が、私の会社も一番多いです。

今回は、未経験から転職エージェントに入社したい方に向けてお話します。

転職エージェントに登録する

一番早いのは、転職エージェントに登録してエージェントに入社したいことをキャリアコンサルタントにお伝えすることです。

企業にもよりますが、キャリアコンサルタントは未経験の方でもなれることが少なくありません。

その際に必要なのは、何かしら数字を追った経験です。

後程詳しく記載しますが、キャリアコンサルタントは営業の側面もあるので、何かしら数字目標を達成した経験が必要になってきます。

数字達成経験がある方は、エージェントに登録して転職エージェントの求人案内をしてもらいましょう。

エージェントに登録することのメリットとしては同業界なので情報が豊富であること、また同業界の方から面接対策を実施してもらえるので面接通過率がアップすることです。

しかもエージェントの方を通して日々どういった仕事をしているかも分かりますし、一石二鳥ですね!

キャリアコンサルタントの資格取得

もし数字達成経験がないという方は、キャリアコンサルタントの資格があるのでその資格を取ってみても良いかもしれません。

国会資格である「キャリアコンサルタント」の資格を取り、キャリアコンサルタントになることも可能です。

国家資格である「キャリアコンサルタント」とは、転職者の職業選択、職業生活、職業能力の向上におけるアドバイスを行うことができることです。

この資格を持っていると、キャリアコンサルタントになることに有利になるだけではなく、実際キャリアコンサルタントになった後で転職者の方から信頼されることに繋がります。

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職エージェントに就職するときのポイント

転職エージェントに就職するときに気を付けてほしいポイントとしては「営業職」であるということです。

営業職だと認識せずに入社すると、入社後苦労すると思います。

営業職だということを忘れない

多くの転職エージェントでは、企業担当だけではなくキャリアコンサルタントも数字目標を持っています。

転職エージェントの収益モデルは、転職者が紹介した企業に入社した場合に成功報酬として企業からコンサルティングフィーを貰います。

業界や仕事内容によりますが、一般的には入社決定した方のオファー年収の30%~35%をコンサルティングフィーとして企業から貰います。

ここまできたらお分かりの通り、キャリアコンサルタントが紹介した企業の求人で転職者が入社決定しないと、企業から報酬を貰うことができません。

そのため、キャリアコンサルタントも数字を追うことになります。

追う数字目標については、会社によって決定人数であったり売上金額の場合もあります。

時々私が担当している転職者の方の中にも、キャリアコンサルタントになりたいと相談に来られる方がいます。

その方々の動機理由は、多くが「ありがとう」と言われたい方が多いです。

確かに転職とは人生において非常に重要な転機なので、もちろん転職成功された方からは感謝されます。

私自身もお手伝いした方から「ありがとう」と言われると嬉しいですし、やりがいを感じます。

その一方で、月末は数字に追われていることも事実です。

しかし、企業とは利益を生み出す必要があるので、どんな仕事だったとしても利益を求められます。

この記事読まれた方には、数字を追うことに恐れず、キャリアコンサルタントに是非チャレンジしてほしいです。

数字達成した先に「ありがとう」と言われると更に達成感を得ることができますし、この仕事やっていて良かったと思えます。

余談にはなりますが、会社によっては目標達成するとインセンティブを貰うこともできるので、実績に応じて稼ぎたいという方にもおすすめです!

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職エージェントの年収は、こちらの記事を参考に!

まとめ

転職エージェントの仕事のイメージは掴めましたでしょうか?

私がこの記事を通して皆様にお伝えしたいこととして、今後の日本の雇用問題に対し転職エージェントは非常に重要な役割を担っている存在であること、また転職者にとっても転職エージェントは大切な相談相手であるということです。

大変なことも多くはありますが、社会的貢献度も高い仕事だと思いますし、個人の人生における重要な意思決定に携われることは非常に魅力的だと感じています。

ここまで読んでいただき、転職エージェントの仕事興味が湧いたと思っていただけたら非常に嬉しいです。

ご興味が湧きましたら是非、転職エージェントのお仕事にご応募してみてください。

「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →



関連キーワード

転職エージェント

転職エージェントについてもっと深堀りした情報を見る

横浜の転職エージェントおすすめ6選。地元密着&大手の横浜支社を紹介

今回ご紹介するのは、横浜市の転職エージェントです。神奈川県の県庁所在地で、六大都市でもある横浜市。幕末に外国貿易のために国際港が開かれて以来、港湾都市として発展してきました。経済面では日本を代表する大手国内企業や、世界的に有名な外資系企業、地元の優良企業などが集結しています。海外を視野に入れたグローバルな企業も多く存在します。今回は横浜の地域に根づいた企業で働きたい方や、横浜からグローバルな企業を狙いたい方に向けて、地元のエージェントや横浜に支店のある大手エージェントをご紹介します。保育業界に特化したものや、海外にネットワークのあるエージェントも掲載しています。横浜を拠点に仕事探しをする際は、

福岡市の地元密着の転職エージェントおすすめ6選

今回は福岡市の「地域密着型エージェント」を6選ご紹介します。福岡市は九州最大の人口を擁する都市で、さらに国家戦略特区にもなっています。大企業や中小企業、老舗企業などさまざまな企業が新規事業やイノベーションに積極的な地域です。「福岡で仕事をしたい」という人にとって、転職エージェントは心強い存在ですよね。特に地元に密着したエージェントなら、地元企業を知り尽くしたプロの意見を聞くことができ、自分に合った優良企業に巡り会える可能性が高まります。福岡市の密着の転職エージェントACR 「ACR」は1967年に創業した福岡市の老舗エージェントです。1970年に九州で初めて人材紹介業をスタートし、福岡に根ざし

札幌市の地元密着型転職エージェント企業5選

今回は札幌を拠点に北海道全体の求人情報に強いエージェントや、医療分野に特化したエージェントなど、札幌市の「地域密着型エージェント」を5選ご紹介します。県庁所在地であり、北海道最大の経済都市でもある札幌市。「札幌で仕事をしたい」「札幌にUターン転職したい」という人は多いかもしれません。そんな時に必要になるのが、地元の求人に強い転職エージェントです。地場企業の情報だけでなく、北海道の気候や風土にも詳しい地元エージェントの存在は心強いですよね。札幌や北海道での転職をお考えの方は、参考にしてみてくださいね。札幌市の密着の転職エージェントジョブキタ紹介(株式会社北海道アルバイト情報社)「ジョブキタ紹介」

神戸市で地域密着型の転職エージェントをご紹介!おすすめのエージェント9選。

今回ご紹介するのは、神戸市での求職に有効な転職エージェントです。大小様々な企業の求人案件を取り扱い、企業と求職者との橋渡しをしてくれる転職エージェント。全国に張られたネットワークを駆使して転職支援してくれる大手のエージェントも良いですが、地元での信頼関係を活かしてそこにしかない隠れた案件を紹介してくれる地域密着型のエージェントも、非常に心強いサポーターです。この記事では、神戸市の「地域密着型転職エージェント」9社を選りすぐってご紹介したいと思います!神戸市の地域密着型転職エージェント、おすすめの9社それでは、早速見ていきましょう。株式会社ウィンウィン「株式会社ウィンウィン」は、神戸市に本社を構

名古屋のおすすめ転職エージェント8選。地元密着型を中心に紹介します。

今回は、名古屋市に焦点をあて、地域密着型の転職エージェントを8社ご紹介します。名古屋市在住で転職を考えている方、名古屋市へのUターン・Iターンを考えている方は是非参考にしてみてください。転職する際の心強い味方となる転職エージェント。「リクルートエージェンシー」「パソナキャリア」などの様に全国展開をしている大手総合転職エージェントももちろんですが、地元に密着した転職エージェントを利用することで、転職の幅はグッと広がります。名古屋市の地域密着型エージェント8選!それでは早速、各社の特徴を踏まえて見ていきましょう。株式会社パーソネル名古屋で20年の実績を持つ「株式会社パーソネル」は、本社のある名古屋

保健師で転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とおすすめのエージェントの選び方

日本は古来「終身雇用制度」が当たり前の国でした。しかし、現在ではその制度が崩壊しつつあり、それに伴って転職をする人の割合も増加しています。それは比較的安定していると言われている保健師であっても同様です。転職の理由は人によって様々ですが、自身のスキルアップのため等のポジティブな理由から、いわゆるブラック企業から逃げ出すためのネガティブな理由もあります。特に後者の理由の場合、転職者は次の職場では絶対に同じ轍を踏みたくないと考え、慎重になっている事でしょう。転職者の強い味方として「転職エージェント」という物がありますが、今回は保健師が転職を考えた時に転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、お

社会福祉士で転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とおすすめのエージェントの選び方

社会福祉士として転職しようと考えている方の中には、初めての転職の際にどのように仕事を見つけたら良いのか迷う方も多いと思います。一般企業と違って求人誌を見ても全然仕事が記載されておらず、困ってしまいますよね。そんな方に朗報です。転職エージェント(人材紹介サービス)を使いこなせば、今の職場で働きながら転職が可能になります。転職エージェントのメリットや使い方、沢山の転職エージェントの中から最適なものを選ぶ際の注意点などについてお伝えしていきます。社会福祉士が転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とは?なぜ社会福祉士は転職エージェントを使うべきなのでしょうか?それには福祉の専門職ならではの

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士を転職エージェントで探そうと思っている方は必見です。歯科衛生士の転職でおすすめな方法とは何だと思いますか?口コミや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。歯科衛生士は転職サイトを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのかをぜひご覧ください。歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントとは何でしょうか?転職エージェントとは人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を手助けしてくれます。料金は

臨床工学技士で転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

臨床工学技士として病院で働いていると、一度は転職したいと思うことがあるでしょう。転職することで臨床工学技士としてのキャリアアップに繋がったり、より良い環境で働くことができます。今回は、転職する方法として一番おすすめな転職エージェントについて紹介します。臨床工学技士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?臨床工学技士は、転職する際にいくつか方法があります。その一つとして、転職エージェントを使うといった方法があります。転職エージェントの役割は、求職者が抱える様々な悩みや問題を解決し、その求職者にとって最適な転職をサポートすることです。では、転職エージェントを使うべき理由を五つ紹介

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職をしようと考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。また、何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように一人で探す方法と、転職エージェントを利用しご自身に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで転職がスムーズに進んだり、真にあなたが求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。もちろん転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方は重要です。また転職エージェント利用にあたり幾つか注意をしたい点もあります。大切

理学療法士が転職エージェントを使って転職活動をすべき4個の理由とおすすめのエージェントの選び方

理学療法士として勤務している中で、「転職したい」と思うことがあるという方は実は想像以上に多くいます。自分の思い描いていた理想のリハビリができないという悩みや、激務だと感じる方、人間関係への悩みから転職を考える方までその理由は様々です。そこで今回は、理学療法士の方が転職を考える際に、転職エージェントを使って転職活動をすべき理由とおすすめのエージェントの選び方についてご紹介していきます。理学療法士が転職エージェントを使って転職活動をすべき4個の理由とは?理学療法士の方が転職をする場合には、転職エージェントを使って転職活動をすることをおすすめします。初めての転職であっても2回目以降の転職であっても、

40代が転職エージェントで転職するのに失敗しないために知っておくべき3個のことや人気な職種や業界を教えます!

40代が転職エージェントを利用して転職する際に失敗しないためには、どんなことをしたら良いのでしょうか?そもそも40代で転職エージェントをご存知の方はあまりいらっしゃらないかと思います。簡単に言えば、あなたの希望に合う仕事を紹介してくれる人です。今回は、そんな頼れる転職エージェントでおすすめな40代に人気な職種、転職で知っておくべき3個のことなど、上手な転職エージェントの活用法をご紹介します。40代が転職エージェントの転職で注意したほうが良い3個のこと転職エージェントは数社登録をする転職エージェントは複数登録をするのが基本です。それには理由があります。転職エージェントと言っても沢山の会社があるの

看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師が転職をしようと思った時の方法として最も多いのは、転職サイトに登録し転職エージェントの担当者から紹介してもらった転職先を検討することではないでしょうか。最近では看護師に特化した専門の転職エージェントの数も増えてきており、どの転職エージェントを選べば良いか迷ってしまうかと思います。そこで今回は、看護師が転職エージェントを選ぶ時の注意点と看護師が転職を成功させるためにやっておきたいことについて、元看護師向け転職エージェントが解説していきます!看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点とは?看護師向け転職エージェントの数はどんどん増えており、インターネットで「看護師 転職」と入力すると出て

営業が転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、利用したほうが良い人とは?

営業が転職をする際に転職エージェントを利用する理由は何だと思いますか?そもそも転職活動に転職エージェントが不可欠なのかというと、絶対に使用しなければならないものではありませんし、なければないで活動は可能です。利用をするべき理由はありませんが、転職エージェントは使い方次第では就職活動がかなり効率化します。ここでは、「実際に営業が転職エージェントを使うメリット」というところに触れていきたいと思います。転職エージェントとは?「転職エージェント」は人材紹介会社のセールスです。わかりやすく言うと、代理店の営業、転職の代理人です。人材ビジネス全般に言えることですが、この業界は他人に働いてもらって(就職活動

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人も多いのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントが沢山ありすぎて分からない!とお困りの方も是非参考にしてみて下さい。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人は沢山ありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つけても、多く

飲食業界の転職エージェントでおすすめな会社7選とその理由・エージェントを使うメリットとは?

飲食業界で転職を考えているあなた、どのような方法で転職活動を始めていますか?最近では転職をする際に求人サイトやハローワーク、転職エージェント等を利用する人が多いですよね。しかし、飲食業界で転職をするなら転職エージェントを利用するのが一番なのです。残念ながら、飲食業界の中には労働時間が不規則だったり、休日があまり取れなかったり、離職率が高かったりと、あまり労働環境の良くない企業もあります。そのような企業を、求人情報や面接で判断するのはとても難しいことです。業界独自の情報や企業情報に詳しい転職エージェントを利用することで、入社してからの「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防ぐことができます。今

転職エージェントを比較する時の5個のポイントとは?仕事探しにおすすめのエージェントはここ!

転職エージェントを探してみたことはありますか?実際探してみたことがあるという方は、沢山あって驚かれたと思います。規模だけでも大手や中堅、一人で運営しているような小規模のエージェントまで幅広く、業界や年齢層など得意分野も様々です。どこが良いのか、またどのようなポイントで比較をしたら良いか分からないことが多いと思います。しかし自分に合った転職エージェントを選択できないと、せっかく登録したのに紹介される求人数が少なかったり充分なサポートを受けられずに転職活動自体が長引いてしまいます。既に退職済みの方の場合、離職期間が長くなれば長くなる程転職が難しくなり、転職活動はそれだけで体力も気力も使います。なる

女性の転職で転職エージェントを使った方が良い3個の理由と、おすすめのエージェントの選び方

今転職を考えている女性のあなた。女性の転職は悩みが多いと思います。「これから結婚を考えているから出産や育児のことを考えるとどんな転職が良いのか分からない…」「子供がいるから残業の少ない仕事をしたいけど、どのような仕事が良いか分からない…」「キャリアをどんどん積みたいけれど、結婚や出産で退職をしてしまうと思われそう…」等。分かります!結婚も出産も育児も悪いことではないのに、転職にとっては悩みの種です。しかし、そんな悩みに寄り添い、解決してくれるものがあります。それが「転職エージェント」です。転職したいけどなかなか踏み切れないあなた。転職活動が上手くいっていないあなた。転職エージェントなら、あなた

外資の転職で、転職エージェントを使った方が良い4個の理由とおすすめのエージェントの選び方

現在日系企業にお勤めの方で、次は外資系企業への転職をお考えの方も多いと思います。ご自身の英語力を活かしたい、年収アップを狙いたい、挑戦したい…外資系企業ならではの文化で働きたい方もいるでしょう。しかし日系企業とは異なる部分が多く、同じような気持ちで転職活動をしても残念ながら良い結果には繋がりません。外資系企業への転職は情報収集がとても大切です。この情報収集を行うために最適なのが転職エージェントです。特に欠かせないのは、転職エージェントが持つ二つの情報「豊富な求人情報」「企業の詳細な情報」です。その他にも、転職エージェントを使うメリットは沢山あります。では早速、外資系企業への転職で転職エージェン

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは、採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力や交渉力を求められることから、ステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると、気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与は貰えるのでしょうか?今回

介護業界で転職エージェントを使って転職したほうが良い5個の理由。向き不向きも解説!

介護業界は長年、激務で給料が少ないと言われており、なかなかその状況は改善しません。しかし、せっかく高齢者の介護に携わりたいという強い希望や志を持って入ったのですから、そうそう簡単に業界を去る選択をしたくないと思っている方が多いのではないでしょうか。そこで今回は介護業界にお勤めで転職を考えている方が、転職エージェントを使って転職したほうが良い理由、更に介護業界での転職エージェントの利用が向いている人・そうではない人についても解説していきます。転職エージェントとはどういうもの?初めて転職を考えている方にとっては「転職エージェント」がどういうものかイメージが湧かない方も多いと思います。「転職エージェ

看護師が転職エージェントを使って転職した方が良い4個の理由。向き不向きも解説!

看護師は転職エージェントを使って転職活動をすべきだと皆さんは知っていましたか?看護師の転職は、一般的な転職よりも売り手市場のため簡単にできると言われています。とはいえ、自分の希望する場所や条件での転職にはコツやポイントを押さえることが重要です。そこで、今回は看護師に転職エージェントがおすすめな転職方法という4個の理由や、転職エージェントを使うのに向いている方・不向きな方について解説していきます!転職エージェントとはどういうもの?転職エージェントとは、転職をしたいと考えている「求職者」の方に対し希望の年収や勤務場所、やりたい仕事などをヒアリングし、転職のアドバイスや条件に合った求人を紹介してくれ

転職エージェントとは?転職する人にとっての10個のメリットと、自分に合ったエージェント・担当者を見つけるための具体的な方法を紹介

今、転職をお考え中のあなた。どのように転職先を探していますか?転職サイトやエージェントのサイトを見たり、ハローワークを見たり、知人からの紹介を受ける方もいるかもしれませんね。なかなか良い求人が見つからず転職に踏み切れていない方も多いのではないでしょうか。では、転職エージェントにはもう登録しましたか?難しそうだから、どんなサービスかよく分からないからと避けている方は勿体ないです。転職をお考えなら、転職エージェントへの登録は必要だと思います。今回は、転職エージェントを使うことで転職する方にどんなメリットがあるかや、自分に合ったエージェントの選び方をご紹介します。こちらを見たら、早速転職エージェント

第二新卒の転職エージェントおすすめ4選。エージェントを使ったほうが良い理由と選び方とは?

第二新卒とは、明確に定義されてはいませんが多くは大学卒業後三年以内の離職者のことを言います。「仕事を三年以内で辞めた…」と言われると印象が悪いような気がしてしますよね。しかし、市場では「第二新卒」は転職に有利になりやすいのです。転職市場では、第二新卒は社会人としての基礎やマナーができていて、且つ若くて伸びしろがあると評価されます。大学を卒業したての新卒を一から育てるよりも効率良く仕事に従事してもらうことができるのは、企業側からしてもメリットです。では、第二新卒で転職を考えたらどうしたら良いのでしょうか。転職サイトを見るのもいいですが、まずは転職エージェントに登録してください!転職エージェントな

転職エージェントとの面談で、考えておくべきゴールと注意点、それまでに準備すべきこととは?よく訊かれる質問も解説します。

今こちらをご覧の方は、これから転職エージェントでの面談を控えている方や、転職エージェントに登録しようか検討中の方だと思います。転職エージェントに登録するとまず最初に行うのが担当者との面談です。何を訊かれるのかな?と少し緊張されている方もいるのではないでしょうか。実はこの面談、あなたの転職にとってとても大切なんです。転職エージェント側からはおそらく「履歴書や職務経歴書を準備しておいて下さい」としか言われていないと思います。しかし、その指示通り書類を準備しただけでは少し危険です。面談ではあなたの転職をサポートするのに必要な情報をヒアリングしますので、「面談で話したこと」があなたの転職を左右するので

転職エージェントの選び方。元エージェントが、注意点と失敗しないための選定手順を紹介!

転職エージェントの企業は多くあります。エージェント会社が抱えている求人は沢山あり、サポートも充実していそうです。しかし、自分に合わないエージェントを選択してしまうと、大切な転職活動が長引いたり失敗してしまうかもしれません。私も以前勤めていたエージェントで、とても優秀な方なのにこちらの取り扱っている分野と異なる方だったので満足に求人を紹介できず、お役に立てなかった経験があります。その方には経験や希望に合った別のエージェントの利用をおすすめしたのですが、どのエージェントでも正直に教えてくれるとは限りません。「求人を紹介します」と言いながらその後全く連絡がないということもあります。これでは時間が無駄

転職エージェントはどこがいい?おすすめ9選をご紹介!探し方・見つけ方も教えます!

誰でも一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか?その時、どのようにして新しい職場を探しましたか?昔であればハローワークを通じて職探しをする人が多かったと思いますが、現在ではインターネットを活用して自分で探すのが一般的になっています。更に、現在の転職活動では「転職エージェント」と呼ばれる転職に関するコンサルタントサービスを利用するケースが多く、転職エージェントをいかに上手く使いこなすのかが転職活動の成否に大きく関わってきています。そこで、今回は転職エージェントを選ぶ上でのポイントなどを解説していきます!転職エージェントおすすめの探し方や人気なエージェントとその理由転職エージェントとは職業

金融の転職で、転職エージェントを使ったほうが良い5個の理由とおすすめのエージェントの選び方

転職エージェントをご存知ですか?広告を見たことはあっても、実際にどんなサービスで、転職サイトとの違いやメリットをあまりよく知らない方も多いと思います。実は、金融業界での転職活動にとても心強いサービスなんです。特に金融業界でキャリアアップを目的とした転職をしたい方には、転職エージェントでなければ目的に合った転職ができないかもしれません。今回は転職活動で転職エージェントを使った方が良い理由とエージェントの選び方を解説します。特にエージェントの選び方を間違ってしまうと、充分にメリットを受けられませんので注意してください!転職エージェントとはどういうもの?転職エージェントとは、転職のプロである専任の担

不動産の転職で、転職エージェントを使ったほうが良い5個の理由とおすすめのエージェントの選び方

不動産で転職エージェントを使って転職活動をしたい方は必見です。不動産業界で転職をお考えのあなた。どうやって転職先を探していますか?転職サイト、ハローワーク、転職エージェント、知人の紹介など色々あると思います。その中でも、不動産は転職エージェントがおすすめです!そもそも転職エージェントがどんなものかや、おすすめの転職エージェントの選び方、注意点などを解説します。転職エージェントとはどういうもの?あなた専任の担当者があなたに合った求人を紹介してくれるサービスです。転職エージェントに登録すると、担当者(キャリアコンサルタント)から面談についての連絡が来ます。面談では、転職エージェントのオフィスにて、

美容師の転職で、転職エージェントを使ったほうが良い5個の理由とおすすめのエージェントの選び方

美容師は憧れの職業と言われ、お客様に喜んでいただける、華やかでおしゃれな素晴らしい職業です。では、実態はいかがでしたか?この記事をご覧いただいている方は現職に何らかの疑問や不満があり、転職をお考えかと思います。自身の望む転職ができるか心配な方も多いのではないでしょうか。美容師の転職においても、実は転職エージェントがおすすめです。今回は、美容師の転職にエージェントを利用する目的と、エージェントの選び方を解説します。転職エージェントとはどういうもの?転職エージェントをご存知でしょうか。一般的に転職を考えた際には転職サイトを見ると思います。実際に「美容師 転職」で検索すると、転職サイトが出てきます。

転職先の選び方4個のポイント。現役人材採用コンサルが解説する、失敗しない求人の探し方・見極め方

年間転職者数は300万人を超え、2人に1人が転職経験があるとされており、社会人の約半数が経験している「転職活動」。転職活動にネガティブなイメージは無くなりましたが、それでも人生を大きく左右する行動であるが故に慎重な方も多いと思います。「今度こそ最後の転職にしたい・・・」と転職活動について考えている方も多くいらっしゃることでしょう。転職を繰り返すことで良い条件の会社を選べなくなることもありますからね。今回はそんな方の為に、現役の人事採用コンサルタントが失敗しない求人の探し方・見極め方を伝授します。まずは、自分にとって何が大事なのかをしっかりと自分を分析することが必要です大手人材会社がキャッチコピ

工場勤務の人が転職エージェントを使って転職活動をすべき3個の理由とおすすめのエージェントの選び方

現在、工場=派遣という図式が定着してしまっていますが、自前での採用だけでは間に合わないので外部に依頼しているわけであって、派遣が必須ではありません。とは言え、世の中の人手不足を一手に引き受けているような業界ですから募集数は多いし、嫌でも目に入りますよね。一方、工場(人材業界では「製造」と言うことが多い)はモノ作りをしていることは大概の方は分かっているかと思いますが、実際はどんなことが行われているのか?となるとイメージは人それぞれだと思います。様々な憶測が飛び交うモノ作り業界。そんな世界を知っていると、転職先としても充分視野に入る人もいるのではないでしょうか。ここではモノ作り業界、いわゆる工場へ

転職エージェントの裏事情とそれでもエージェントを使って転職したほうが良い理由とは?向き不向きのタイプもある!

新入社員で就職以来1社だけに勤務してきた人にとって、初めての転職は未知のことで緊張すると思います。転職経験がある方でも、転職活動は悩みや不安が発生し、自分の力だけで転職を進めるのは困難だと思います。特に転職エージェントの活用については分からないことが多く、転職エージェントについて詳しく知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、転職エージェントの裏事情やその人に合った転職エージェントの活用の仕方について考えてみたいと思います。転職エージェントの裏事情とは個人で転職活動を行うことは大変ですが、転職をサポートしてくれる転職エージェントのサービスを活用すれば効率的な転職活動を行うことが

転職エージェントを使って転職する5個の具体的な流れを解説!

転職エージェントという言葉は聞いたことがあると思いますが、「転職エージェントの具体的な使い方が分からない」と思うことが多いのではないでしょうか。具体的なエージェントの活用方法を知れば、より良い転職先に巡り合えます。このページでは、現役で転職エージェントでコンサルタントをしている私が、エージェントの活用方法についてご紹介します。主に以下について説明させていただきます。転職エージェントを利用する流れ「登録」をするときのポイントコンサルタントとの面談のポイント面接対策について内定時のポイント最後までこの記事を読んでいただきエージェントにご登録いただければ、何も知らないでエージェントを使っている人より

転職エージェントのおすすめ3選と賢いエージェントの選び方

「転職をする」と決めたら、転職する業界や職種をある程度定めて情報収集をするというのが一般的でしょう。しかしネットで「転職」と打つとあらゆる広告が表示され、どこから手をつけたら良いのか困るという方も多いのではないでしょうか。また、転職とはかなりナイーブな内容であるため、周りに相談し難いということもありますよね。そこで便利なものが転職エージェントです。この記事では、そもそも転職エージェントとは何者であるのか、また賢い使い方をするためにはどうしたら良いのかということから、おすすめの転職エージェントについてまとめていきます。転職エージェントってどんなことをしてくれるの?転職エージェントとは、人材紹介事