転職エージェントってたくさんありますよね。

どこも求人はたくさんありそうですし、サポートも充実していそうです。

しかし、エージェントにはそれぞれ特徴や得意分野があります。

自分に合わないエージェントを選んでしまうと大切な転職活動が長引いたり失敗してしまうかもしれません。

私も以前働いていたエージェントで、とても優秀な方なのにこちらの取り扱っている分野と異なる方だったので満足に求人を紹介できずお役に立てなかった経験があります。

その方にはその方の経験や希望に合った別のエージェントの利用をおすすめしたのですが、どのエージェントでも正直に教えてくれるとは限りません。

求人を紹介しますね、と言いながらその後まったく連絡がないなんてこともあります。

これでは時間が無駄になってしまいます。

スムーズな転職活動のためにぜひ以下の内容を参考にしてあなたに合った転職エージェントを見つけてくださいね。

転職エージェントとはどんなもの?

転職エージェントとは、専任の担当者があなたに合った求人を紹介してくれるサービスです。

自分の経験やスキルでどんな求人に応募できるのか転職のプロがアドバイスをしてくれるということが大きなメリットです。

その他、転職サイトではあなたが自分で求人を探し、興味を持った求人に自分で応募し、企業とやりとりをしながら選考を進めていきますが、転職エージェントではあなたと企業はやりとりをしません。

転職エージェントがあなたに代わって企業の求人に応募手続きをし、合否の結果を受け取り、日程調整を行います。

在職中の転職活動だとなかなか応募先の企業の営業時間中に連絡をとるのが難しいですが、そこを代わりにエージェントがやってくれるため手間が少なく忙しい方でも転職活動がしやすいようになっています。

応募書類の添削や面接対策など、転職が成功するために全面的にサポートをしてくれますよ。

転職エージェントを選ぶ際の5個のポイント。こんなエージェントを選ぶべし。

では、さっそく転職エージェントを選ぶ際のポイントを説明していきます。

転職エージェントの特徴を知る

転職エージェントを検索してみたことはありますか?

たくさんあってどれがいいかわからなくなってしまった方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントごとに特徴や得意分野があります。

求人数が多く、年齢層やポジションを幅広く扱っている大手の転職エージェントや、特定の年齢層に特化している転職エージェント、特定の業界やハイクラスの求人に特化している転職エージェントなど様々あります。

幅広く扱っているのであればとりあえず大手でいいかなと思われるかもしれません。

間違いではありませんが、大手は幅広い分、専門職やハイクラスなど対象が絞られているような求人はそこまで多く扱っていません。

転職したい業界や職種が定まっているようであればそれに特化したエージェントにも登録した方がいいでしょう。

特化型のエージェントであれば担当者の知識も深く、担当者自身がその業界・職種の出身であることも多いのであなたの経験やスキルを理解しどのように活躍できるか的確にアドバイスできます。

特に現在の年収が高く、ハイクラスの求人を探している方などは対象の求人を扱っているエージェントは限られますのできっちり選ばないと期待外れになってしまいます。

ホームページを見てもわからない!実際に担当者に会ってみましょう

ホームページを見てもいいことしか書いてありませんよね。

自分の求めるような求人が実際にあるかどうかや思うようなサポートが受けられるかはイメージしにくいと思います。

転職エージェントの特色である「非公開求人」は非公開なので当然エージェントのホームページにも掲載されておらず、登録した方にのみ紹介される求人なので、登録してみないとわからない部分の方が多いと思います。

まずはいくつか登録して担当者と面談してみましょう。

転職エージェントには複数登録しましょう

たくさんある転職エージェント。

自分の年齢やポジションの求人がありそうなエージェントを探すと複数見つかると思います。

さて、どれにしよう…と悩まなくても大丈夫です。

すべて登録してしまいましょう!

5社や6社登録するのは大変だと思いますので2~3社程度でもかまいません。

登録は無料ですし、登録したら必ず使わなければならないということもありませんので気軽に登録してください。

複数登録する理由はひとつ。

自分に合うかどうかを判断するためです。

いくつか登録し、面談をすると担当者によって紹介する求人が違ったり、アドバイスが異なることに気づきます。

担当者の方針や性格、エージェントの社風による違いもありますし、思っていたほど自分の求める求人の取り扱いがない場合もあります。

いくつか登録し、自分に合った求人を紹介してくれるエージェントや相性のいい担当者のいるエージェントを選びましょう。

実際にどう選ぶ?自分が使いやすいところです。

年齢層と経験、転職したい業界について聞けばだいたいこの転職エージェントがいいのでは?

と複数提案できるのですが、実際にあなたがその中のどのエージェントが合うかはあなたにしかわかりません。

面談に行ってみて求人の紹介を受けて自分で実感してみてください。

2~3社面談に行ってみて、いいなと思うエージェントひとつに絞って転職活動を進めてもいいですし、そのまま2~3社を使って転職活動をしても問題ありません。

紹介される求人は良くても担当者と相性が合わないようであれば担当者を変えてもらうこともできます。

自分に合う担当者がいるエージェントを選ぶ

その転職エージェントの社風や担当者の方針にもよりますが、残念ながら一方的に意見を言ってくる担当者もいます。

あなたのスキルだとこの求人にしか応募できません、この求人に応募しないなら他に紹介できる求人はありませんと強く言ってくる担当者もいます。

他の業界・業種に転職したいと言っても、あまり理由も説明せずにできないと言われてしまうこともあります。

転職エージェントは成功報酬制で、入社が決まると応募先の企業から報酬をもらえる仕組みとなっているので転職に難航しそうなことや、時間がかかるようなことを嫌う社風や担当者もいます。

ガツガツとしているので相性が合えば早く転職が決まるのでいいのですが、しっかり相談にのってもらえるような丁寧なサポートを期待している方には向きません。

担当者を変えてもらうか、他のエージェントにも話を聞きに行ってみましょう。

サポートが手厚く、時間をかけてでもいい転職ができるように親身になってくれるエージェントや担当者は他にもいます。

転職エージェント選びで失敗しないための選ぶまでの手順とは?

転職エージェントを選ぶ際のポイントを説明してきましたが、選ぶためには準備が必要です。

どんな手順で登録し、転職活動を始めていくのかご紹介します。

1.どんな転職をしたいのか、十分に自己分析する

まず必要なのは自己分析です。

具体的には「転職理由」と「転職してどうなりたいのか」「転職先に期待すること」を考えておくようにしてください。

なぜ転職したいのか?

なぜ今の会社を辞めたいと思っているのか?

を考えておけば、転職したいと思った理由や問題が解決できる転職先を見つけやすくなります。

どのような転職をしたいのかまでイメージできればなお良いです。

2.自分のしたい転職にあったエージェントを探す

1で考えた結果、例えば転職したい先が専門職だったり特定の業界であればその職種や業界に強い転職エージェントを探すことになりますし、地元に帰りたいと考えるようであればその地域に強い転職エージェントを探すことになります。

特に転職先のイメージがわかず、とりあえず自分の経験やスキルで応募できる求人にどんなものがあるか知りたいと思う方は求人数の多い大手の転職エージェントに登録するといいでしょう。

3.複数のエージェントに登録する

ここではひとつに限らず、複数の転職エージェントに登録してください。

利用は無料ですし、登録後は必ずしも利用しなければならないわけではありませんのでここは気軽に登録してみてください。

4.担当者に会い、求人の紹介を受ける

エージェントによって紹介する求人が違うことに気づくと思います。

担当者にも色んなタイプがいますので、この人は合うけどもこの人は合わないな…とわかってくると思います。

5.自分に合ったエージェント、担当者で集中して転職活動を行う

複数の転職エージェントで面談を受けて、どのエージェントがよさそうかだいたいわかってきた頃だと思います。

どれもよさそうだなと思った方は使いやすさや応募したい求人があるところで進めていくといいです。

実際に転職活動を進めていくにあたって使うエージェントは1~2社くらいがいいと思います。

4~5社でそれぞれ求人の応募をしてしまうとだんだん何をどこで応募してどう進んでいるのか混乱してきます。

紹介される求人の数も扱いきれないほど多くなるのでひとつひとつの求人の確認が甘くなり、誤って別々の転職エージェントから同じ求人に応募してしまうかもしれません。

担当者は自社で応募した分は把握していても他社でどんな求人に応募したかまでは把握できませんので、自己管理が必要です。

応募数が多く、たくさん面接を詰めてしまうとそれぞれの企業の面接対策ができなくなるため通過率が下がってしまうかもしれません。

できれば多くても3社程度までで抑えておき、他のエージェントも合わせて使っていることを担当者に伝えておくといいと思います。

転職を考えている方へ・・。元転職エージェントからの4個のアドバイス

転職で失敗はあってはいけません。

転職エージェントで働いていたときにずっと考えていたことです。

この失敗とは、転職できないということではなく、転職した先で何かしらミスマッチなどの問題があり再度転職を考えざるを得なくなることです。

転職は幸せになるために、将来の目標のためにするものです。

「世間的にいい会社に転職する」のではなく、「あなたにとっていい会社」に転職してください。

そのためにいくつかアドバイスをお伝えします。

転職エージェントはあくまでサポート役!内定を取るのはあなたの力です。

転職エージェントは転職するために全力であなたをサポートします。

ただ、いくら担当者が頑張ってもあなたの代わりに面接に行くことはできません。

実際に面接を受けるのはあなたで、内定を勝ち取るのもあなたの力です。

担当者は業界・職種・受ける企業の情報を提供してくれ、面接の対策を行ってくれます。

その企業ごとの面接の傾向も教えてくれるでしょう。

ただその情報を受け取るだけではなく、応募した企業のことは自分でも必ず調べてください。

ホームページを見たり、扱っている商品やサービスを確認してください。

面接で思わぬ質問が来たときにも動揺せずに対応できるようになりますよ。

担当者に流されず、自分の意見を大切にしてください。

内定が出た際、自分では志望度が高くなかったりその会社や待遇に対して疑問を感じてすぐに入社を決断できないこともあります。

このとき、もしかしたら担当者から入社を強く勧められるかもしれません。

エージェントは内定が出ると応募先の企業から入社の確約をとってきてほしいと急かされます。

入社が決まれば報酬が発生しますのでできるだけ入社してほしいと考えます。

担当者によっては、これ以上の企業から内定が出ることはない、ここに決めないと転職はもう難しいかもしれないと不安をあおるようなことを言われる可能性があります。

揺らがずに自分でしっかり考えてください。

気になることがあれば担当者経由で企業に確認してもらえるよう依頼してください。

この会社で頑張っていくんだ、と確信が持てた時点で入社の意思を伝えるようにしてくださいね。

もちろん親身になって一緒に考えてくれる担当者の方が多いです。

そんなこともある、と思っておいてください。

中途採用はとにかくスピードがはやいです。迷っているなら始める前に相談を。

中途採用は応募~内定まではやければ1~2週間程度です。

始まってしまうとあっという間です。

とりあえず応募してみようと思うかもしれませんが、応募して順調に通過してしまえば数週間後には内定です。

転職自体を迷っていたり、自分がどういった転職をしたいかまだ定まらないようであれば応募する前に十分担当者に相談するようにしましょう。

自分の市場価値を客観的に教えてくれるのが転職エージェントです。

会社にいるとその会社内だけの評価になりますので、自分の市場価値を気にすることはほとんどないと思います。

転職エージェントでは転職市場での価値を客観的に判断してくれます。

思ったより良かったり、もしかしたら悪いかもしれません。

思ってもない経験が市場で評価されることに驚くかもしれません。

自分だけではわからない転職市場での価値を知るだけでも転職エージェントは使う意味があります。

まとめ

ここまで転職エージェントの選び方と選ぶ際のポイントを説明してきました。

一言でいえば、自分のしたい転職に沿った強みを持ったエージェントを選ぶことと複数のエージェントから使いやすいものを選ぶという2点です。

その他の細々としたものは使っていけばだんだんとわかってくる部分だと思います。

まずはいくつか登録してみてくださいね。

転職エージェントがあなたの転職をより良いものにしてくれますよ。


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。「どんな仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動

転職エージェントとはどんな仕事?その仕事内容や転職業界においての役割、なり方など詳しく解説します!

現役キャリアコンサルタントが語る「転職エージェントとは?どんな仕事?」ここでは具体的な仕事内容から、転職エージェントの業界における役割、転職エージェントへの就職方法、就職するうえでの注意点をエピソードをまじえながら、お伝えしていきます。私の体験もいろいろ書かせていただいているので、より具体的な仕事のイメージがつきやすい内容になっていますので、是非ご一読ください!「転職エージェント」が自分に向いているか診断するにはこちら →転職エージェントとはどんな仕事?転職エージェントとは「企業と転職者の仲介役」をするお仕事です。転職を希望している人と、中途で人材を採用したいと考えている企業のマッチングを行い

携帯電話販売の転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

近年、携帯電話の飛躍的な進歩により携帯電話会社への転職を考えられている方も多いと思います。未経験だけど大丈夫かな?携帯電話の料金プランは難しそうだけど覚えられるかな?クレームが多いって聞くけど本当?などなど、興味はあるけどなかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。携帯電話販売転職に失敗したくないと思われている方や、携帯電話会社への就職を失敗させたくないと思われている方に向けて転職に役立つ知識や成功させる為のコツなどを詳しくご紹介していきたいと思います。こちらの記事では携帯電話販売員としての成功のコツに加えて接客業界に使える事にも触れています。携帯電話販売のお仕事は接客業界以外からも注目さ

客室乗務員の転職を成功させるためにやるべき3つのことやリアルな転職事情、上手な転職方法を解説します

転職して客室乗務員になりたい!と思った時、いざ転職活動を始めるには何かから手をつければいいのでしょう。客室乗務員を志望する際の心構えや入社後の様子、転職事情についてお答えします。「客室乗務員」が自分に向いているか診断するにはこちら →客室乗務員の転職事情とは?転職して客室乗務員になる人は実は意外といます。新卒の就職活動の時に客室乗務員試験を受けたけれど不採用だった人が、既卒募集に再チャレンジして見事夢を叶えた人や、一般企業に勤めていたけれど昔の夢を忘れられず一念発起した人など、実際にいろいろな職歴を持っている客室乗務員がいます。国内大手航空会社をはじめ多くの航空会社が、新卒採用とは別に既卒採用

病棟看護師の転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法を解説します

看護師であれば、一度は転職を経験されたという方もいるのではないでしょうか?でも転職は一大イベント!「転職したいけど、何を基準に選んだら良いかわからない!」「転職先で上手くやれるか不安…。」そんな方も多いでしょう。そこで今回は『転職を成功させるためのポイント』を私の経験談を織り交ぜて、ご紹介します。ターゲットは『病棟看護師』!これを読み終わる頃には、あなたの転職への不安が軽減しているかもしれませんよ?病棟看護師のよくある転職理由転職理由は人それぞれです。私は今まで2回の転職を経験してきましたが、理由は『夫の転勤』。しかし他にもこんな理由で転職したいと考えている看護師は多いでしょう。人間関係が上手

栃木での転職で失敗しないために知っておくべき5個のことや人気な職種や業界を教えます!

私自身、今の会社に2年前に転職しました。前職からここへ就職するまでは半年ほど派遣をしながら転職活動をしていました。その際の経験から、栃木での転職について書かせていただきたいと思います。栃木の転職を失敗しないために知っておくべき5個のこと今の仕事を辞めるタイミング栃木に限ったことではないかもしれませんが、同じような業種の仕事で転職を考えている場合、今の仕事のやめ方が悪いと就職活動に影響が出る可能性があります。と、言うのも都会ではないので同市内などですと、結構同じような業種だとそれなりに情報網が繋がっており、情報が伝わりやすいからです。ですので、突発で辞めたり、揉めて辞めたりすると悪い情報が流れる


転職に関するコラム

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転

転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職活動を始める前にやっておきたいこと

終身雇用が一般的だった日本も今では転職をする人が多くなってます。広告やCMでも転職エージェントに関するものがたくさんあります。では実際に転職する人はどんな理由で転職を決意するのでしょうか?この記事では転職のきっかけと転職活動をする前にしておく準備についてご紹介します。転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職のきっかけは人それぞれです。ポジティブな理由で転職する人もいればネガティブな理由で転職する人もいます。特に若い人は転職に抵抗がない人が多く、第二新卒専用の転職エージェントもあります。給料が安い自分の給料に満足している人は多くありません。一昔前であれば終身雇用制度と年功序列制度で長

転職が難しいと感じる6個の原因とその解決策とは?

企業にて仕事をされている方は、転職をされたことがある、転職を検討されたことがあるという方はかなりの比率でいらっしゃるのではないでしょうか?十数年前と比較すると日本でも、転職に対するネガティブな感覚は薄れ、転職することについてはかなり敷居が低くなっていることを感じます。また、現在は空前の人手不足であり、転職し新たな仕事を見つける事自体はそれほど困難ではなくなりました。しかしながら、転職したいと思い転職活動を継続しているが、転職できず、転職が難しいと感じている方も少なくないようです。ここでは転職が難しいと感じる原因とその解決策となるヒントについてかいていきたいと思います。転職が難しいと感じる6個の