様々な事情で保護者との生活ができない子供が過ごす児童養護施設(養護施設)についての記事一覧です。仕事内容から、これから児童養護施設で働きたい人向けの就職情報などを紹介しています。

なんと言っても子供たちのためになる仕事、社会性のあるこの仕事を検討してみてはいかがでしょうか?



児童養護施設に関するコラム

児童養護施設の仕事内容19個の業務。経験者が教えます!

保護者と死別してしまった子ども等は、社会によって守り育てられる必要があります。これを「社会的養護」と呼びます。児童養護施設は、そのような子どもたちが入所し生活する場です。そこで働く職員のことを、一般的に児童養護施設職員と呼びます。実際には、保育士や児童指導員などの職員をまとめて呼称していることが多いです。児童養護施設の職員は、日々どのような仕事をこなしているのでしょうか。仕事内容について詳しく解説します。児童養護施設の仕事は大きく7個の役割に分けられる子どもの養育に関わる仕事家庭の保護者と同じように、子どもたちの安全で健康的な生活を支えます。児童養護施設に入所している子どもたちも、昼間は幼稚園

児童養護施設で働くにはどうしたらいい?資格や勉強しておくべきこと、仕事の探し方などを経験者が解説します!

ニュースなどで耳にすることがある「児童養護施設」。日常生活においては、あまり関わる機会がない施設ですよね。どのような職種の方が働いているのか、どうしたら就職することができるのか、詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。ここでは、社会的ニーズの高い児童養護施設の職員について詳しく解説します。そもそも、児童養護施設とは?児童養護施設とは、なんらかの事情で保護者のもとで生活できない子どもたちが生活をする福祉施設です。何らかの事情とは、例えば保護者の死別や長期入院、逮捕などによる不在、虐待、経済的困窮などです。保護者とは両親に限らないため、両親と死別しても祖父母や親族などが養育できる場合には、児