保護者と生活することができない18歳までの子どもが入所する、児童養護施設。

よく漫画やドラマの舞台になりますが、その実態について詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。

児童養護施設で働くにはどうしたらいいのか、施設ではどのような仕事があるのか、詳しく解説していきたいと思います。

「児童養護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

児童養護施設の仕事は大きく分けて2種類ある

子どもの生活に直接関わるお仕事

子どもの生活支援や生活指導を行う仕事があります。

専門用語では、直接処遇職員と呼びます。

職種としては、保育士や児童指導員という立場になります。

仕事の内容は多岐にわたっており、一般家庭の家事や育児の延長上にあるような生活支援から、子どもの通っている学校との連携、施設の清掃や安全管理、施設職員間の連携、児童相談所との連携など、様々です。

24時間体制で、施設に入所している子どもたちと関わり、時には両親のように、時には先生のように、時にはお兄さんお姉さんのように、子どもたちを支え導いていく仕事です。

専門的立場から子どもを支えるお仕事

上記の保育士や児童指導員以外に、専門職として児童養護施設で勤務するというパターンもあります。

こちらは、間接処遇職員と呼びます。

まずは、子どもたちや職員に栄養バランスの整った給食を提供する、管理栄養士や調理員です。

栄養士や調理員として採用になった場合には、子どもたちの生活支援(寝かしつけたり洗濯をしたり勉強を教えたり・・・)をすることはありません。

施設によっては調理員が配置されておらず、施設職員が保健所の許可を受けて調理を担当している場合もあります。

その場合も、献立を考えるのは管理栄養士の仕事です。

続いて、子どもたちの心理的な発達を支える心理職も、児童養護施設には配置されています。

臨床心理士や認定心理士といった資格を持っている人物です。

非常勤で決まった曜日に勤務する場合もありますし、常勤として毎日特定の施設に勤務する場合もあります。

常勤で勤務する心理職の中には、直接処遇職員のような子どもの生活支援を任せられている者もいます。

心理職に生活支援をさせることについては賛否両論あり、専門性が担保されなくなってしまう、カウンセリングの時間が限られてしまうといった問題があると言われています。

他にも、施設長などの管理職や事務員、用務員などもは間接処遇職員にあたりますが、ここでは割愛します。

「児童養護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

児童養護施設の仕事にはどんなものがある?

生活支援や生活指導

主に、保育士や児童指導員が行います。

児童養護施設には、保育士と児童指導員の両方が配置されていることが多いです。

職務内容に大きな差はないのですが、担当する子どもの年齢が分かれていることが多く、保育士は乳幼児、児童指導員は学童以上を担当します。

生活支援や生活指導というと固いイメージですが、一般家庭で保護者が子どもにしている育児や家事に該当するものと言い換えることができます。

食事を食べさせたり、服を着替えさせたり、学校に行く支度をしたり、お風呂に入れたり、寝かしつけをしたりといったことを、子どもの年齢や発達に応じて施していきます。

児童養護施設に入所している子どもたちは、いずれ社会に帰っていきます。

そのため、色々な手助けをしながらも、自分のことは自分でできるようにすることが目標です。

通っている学校との連携

主に、児童指導員の仕事です。

施設に入所している子どもたちも、昼間は学校に通っています。

幼児は地域の幼稚園に通うこともあります。

子どもたちが通っている学校との連携は不可欠です。

学校の先生とは、子どもが入学する前から、その子についての情報共有を行っています。

また、学校で施設の子どもが徒党を組んで悪さをしてしまったり、逆にいじめやからかいの対象になってしまったりとトラブルを抱えることは珍しいことではありません。

学校の先生とは連携を密にして、問題が大きくなってしまわないように対処するようにしています。

学習指導

主に、児童指導員の仕事です。

宿題をさせるということも大切な業務の一つです。

施設に入所している子どもたちは、発達障害を抱えている、集中して物事に取り組むことが難しいという子も少なくありません。

学校の授業だけでは、学習内容をマスターできないことがよくあるのです。

そこで、学校から帰ってくると、すぐに施設では宿題タイムを設けています。

手の空いている職員がついて、子どもたちの宿題の指導をまとめて行います。

勉強ができる、学習習慣があるということは、将来の職業選択にも大きく影響しますので、こちらも力がはいります。

児童指導員になる方法の一つとして、教員免許を保有していることが挙げられます。

教員経験者や教育学部出身の施設職員は、学習指導が得意です。

進路指導

養護施設で生活する子どもが、施設を退所するには3つのパターンがあります。

一つ目は、家庭環境が整い親元に帰る場合です。

二つ目は、別の受け入れ先が決まる場合です。

例えば、里親が見つかったため、里親家庭での養育に切り替わることがあります。

また、非行傾向の強い子に関してはより厳しい「児童自立支援施設」に移されることもあります。

そして三つ目は、社会に出て自立するために、施設を退所するパターンです。

児童養護施設の受け入れは18歳までですが、中卒で働いて収入がある場合には、退所しなくてはなりません。(しかし実際には低賃金で、独り立ちするのはとても厳しい場合がほとんどですが)

児童養護施設では、子どもたちの将来を考えながら、早い段階から進路指導を行うことになります。

義務教育が終わったらどうするのか、高校に進学する場合にはどこに行けば将来の選択肢が広がるか、将来就きたい職業があるのか、といったことをよく話し合います。

最近では、ほとんどの子どもが高校に進学します。

普通科に行く子もいますが、高卒での就職を有利にするために、工業科や商業科、看護科などを選択する子どもが多いです。

専門職との連携

前述の通り、児童養護施設には心理職が配置されています。

全ての子どもがカウンセリングやプレイセラピーなどを受けることは、時間的に不可能です。

そのため、普段から子どもと関わっている児童指導員や保育士が、問題を抱えている子どもをピックアップして、心理職にあらかじめ相談を通しておくことがあります。

また、養護施設での勤務は心身ともにハードですので、職員自身のメンタルヘルスも大切です。

心理職の先生は、子どもたちだけでなく職員や保護者の相談を受けることもあります。

施設の安全・衛生管理

施設を安全に、そして衛生的に運営するためには、適切な管理が必要です。

児童養護施設は、規模によって大舎制・中舎制・小舎制・グループホームの4つに分けられます。

大舎制の施設は、学校や病院のような堅牢なつくりをしています。

小舎制やグループホームの場合は、一見すると普通の民家と大差ないように見える施設もあります。

規模が大きくなるほど、管理の手も必要になり大変になると聞きます。

飲料水の点検や、お風呂の水の点検、寝具のダニ数などは、定期的に保健所の点検を受けています。

日常的には、職員で分担をして清掃や洗濯を丁寧に行っています。

子どもにも清掃分担が割り当てられていますが、やはりすべてを子どもたちの手だけで行うのは難しいのです。

畑や庭のある施設もあります。

その場合には、植物の管理なども職員の仕事になります。

施設の衛生管理のために、用務員(技能員)を雇用している施設もあります。

施設職員としての業務

施設の規模によっては、総勢50名以上の職員が働いているところもあります。

勤務はシフト制なので、全員が一堂に会することは難しいのですが、毎日打ち合わせや申し送り、引き継ぎノートの作成などが行われています。

また、職員会議や、問題行動を起こしている子どもに関するケース会議なども定期的に実施されています。

カウンセリングやプレイセラピーなど

心理職が行います。

児童養護施設には、近年虐待を受けて入所する子どもたちが増加しています。

保護者と適切な愛着関係を築けていない子どもたちは、周囲の大人を試すようにわざと悪いことをしたり、必要以上にべたべた甘えてしまったり、激しい暴言を吐いたりと、人間関係を構築するのが不得手です。

子ども同士のトラブルも多いです。

そのため、10年ほど前から児童養護施設に心理職が配置されるようになり、子どもたちの心の成長への支援が期待されています。

献立の作成や給食の提供

栄養士や調理員が行います。

施設では、学校が休みの場合は一日3食を提供しているため、その仕事量は学校給食の比ではありません。

施設によっては毎週金曜日はカレーと献立が固定されている場合もありますが、それでも栄養バランスを考慮して献立をたて、実際に調理するのはとても大変なお仕事です。

施設によっては調理員を雇っていないところもあり、その場合は児童指導員や保育士などが調理も担当します。

調理を担当する者は、定期的に保健所に検便を提出することが義務付けられています。

また、食品衛生に関する研修を受けることもあるようです。

「児童養護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

児童養護施設の仕事はどんな人に向いている?

子どもの養育に熱意のある人

施設に入所している子どもたちは、家庭環境や生育が複雑な場合がほとんどです。

社会福祉や社会的養護に関心が高く、子どもたちのために力になりたいという熱意がある人は、児童養護施設での仕事に向いていると思います。

「子どもが好き」「子どもってかわいい」という動機だけでは、モチベーションを維持することは難しいかもしれません。

心も体も健康な人

施設での勤務、特に直接処遇職員の仕事は、体力的にけっこうハードです。

長時間抱っこをせがまれることもありますし、たくさんの洗濯物を干したり、ベッドメイキングをしたり、子どもたちと全力で遊んだりと、一日の勤務が終わるとへとへとになります。

また、子どもから暴言を吐かれたり、うそをつかれたり、子ども同士のトラブルを仲裁したりと、精神的に疲れてしまうことも多く発生します。

そんな中でも、心と体の調子を整えることができる人が、施設での仕事に向いていると思います。

お休みにの日には趣味で気分転換をして、出勤するときにはリフレッシュできているといいですよね。

子どもの発育や発達に理解がある人

大学や専門学校などで、保育や教育、福祉について学んだ人はもちろんですが、個人的には子育て経験のある人も、施設の職員に向いていると考えています。

直接処遇職員の仕事は、家事や育児に通じるところがありますので、自分自身の経験を生かすことができるのです。

児童養護施設の職員は、比較的20~30代の若手が多いのですが、子育てがひと段落した40代以降の人も活躍しています。

「児童養護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

児童養護施設で仕事をするために活かせる、今までの経験は?

保育士経験

施設では、乳幼児の養育は保育士に任せているところもあります。

求人でも、保育士資格保持者や保育園での勤務経験のある人を特に募集している施設が多く見られます。

教員経験

教員免許保持者も、児童指導員として働くことができます。

特に学童期以上の子どもに対しての、学習指導や進路指導を行う場合に、活躍できそうです。

子育て経験

前述の通り、子育ての経験も活かすことができるでしょう。

施設で働いているママさんたちは、調理や配膳がスピーディだったり、子どもの寝かしつけが上手だったりと、近くで見ていて感心させられることが多いです。

児童養護施設で働くメリットとは?

資格がなくても子どもと関わる仕事ができる

児童指導員になるためには、一定の条件や学歴が必要です。

しかし「資格がなくてもOK」として求人を行っている施設も多くあります。

現場では、大学生などを職員が手薄になる時間帯にアルバイトとして雇っている場合もあります。

子どもと関わる仕事がしたい、でも特に資格はないという方でも、働ける施設はたくさんあるのです。

子どもと濃密に関わることができる

学校や保育園、幼稚園、学童保育など、子どもと関わるお仕事は数多くありますが、24時間ともに過ごせる職種というのは少ないでしょう。

大変なことももちろんありますが、長い時間を家族のようにともに過ごせるというのは、施設職員ならではです。

「児童養護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

社会的ニーズの高い児童養護施設でのお仕事についてまとめました。

あなたの熱意や経験を生かせる職場が見つかるといいですね。

「児童養護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →