アルバイトを始めようと求人広告を探していると、アパレル系の仕事に興味を持つ人も少なくはありません。

販売員としてアルバイトをすることは、良いイメージがわくことでしょう。

その中でも子供服の専門店や販売店でのアルバイト求人に興味を持ちませんか?小さな服のサイズを手に取ってみるだけでも心が癒されます。

そんな商品を取り扱う仕事をやってみたくはありませんか?

そこで子供服バイト求人広告を探す際のポイントと、どのような仕事なのかをご紹介できたらと思います。

ぜひ、今後の参考にしていただけたら幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

子供服販売のバイトをお探しの方へ

子供服のアルバイト求人はほかのアパレル求人と比較すると少ないでしょう。

現代は少子高齢化社会といわれており、子供関連のお店は少なくなっています。

そんな中で時々出る求人広告は貴重なものなのです。

子供服のお店でアルバイトがしたいと強く思う方は、求人広告が出るまで待つかお店に直接電話して求人があるかないかを尋ねてみてもよいでしょう。

子供服販売バイトのお仕事内容

では、子供服のアルバイトは実際にどのような仕事をするのでしょうか。

ご紹介していきます。

接客

子供服関連に関係なくアパレル系でよく見られるのが接客です。

店内の商品を閲覧している来客がいたら声をかけて接客します。

子供服関係のアルバイトであれば、接客者は子どもと親になります。

特に初めて子供の服を購入するという不安そうなご両親がよく来店することもあります。

そういったときに心身に相談に応じるスキルも必要となります。

このような特徴は子供服の接客でしか見られない特殊なケースです。

カウンター業務

レジ打ちも業務内容の一環です。

子供服のお店はギフト商品を購入されるお客も多いので、レジ打ちをして包装したりと忙しいです。

さらに、カウンターで接客をする際にお客が持ってこられた商品のサイズを確認するようにとマニュアルを置いているお店が多いです。

子供の服のサイズが間違っていないかどうかの配慮を求められます。

品出し・整理

営業時間内も営業時間外も商品の状態を整理することを心掛けます。

常にきれいな状態を保つために陳列棚やハンガーラックにかかっている商品の状態を手直ししながら整理していきます。

商品が足りないと補充しなければならないので品出しも行います。

開店・閉店準備

営業時間外に開店・閉店準備をします。

営業時間前後に掃除を行い、開店準備であればその日の営業に支障があるかどうか、閉店準備なら次の日に支障が出ないようになっているかどうかやその日何かあったかなどを確認します。

清掃

上記と同様で清掃を行います。

特に子供が来店する可能性が高い店舗なので、清掃はこまめに行っているところが多いです。

主に接客を担当してるアルバイトが行います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

子供服販売の特徴は?

では、子供服のアルバイトの特徴はどのようなものなのでしょうか。

子供服販売はほかのアパレルと比較してどのような特徴があるのかをご紹介していきます。

サイズ展開が多い

子供服の販売店舗にもよりますが、ほとんどの店が乳幼児から小学生あたりのサイズをトライ使っています。

下が70センチから、上が160センチまで幅広くあります。

特に人気があるブランドやデザイン・素材に関してはサイズ幅が多いだけではなく入荷数も限定されてくるので最も販売されるサイズが売れたりと商品の売れ幅がサイズで偏ってくることもあります。

そういった商品の流動も、子供服ならではの特徴です。

子供の相手をすることもある

時々仕事中に来客した子供の面倒を見ることもあります。

子供服の販売店は子供が来ることが多いので、店員が対応することが良くあります

子供好きの人にはお勧めしたい環境です。

返品交換が多い

また、お客がサイズを回間違えて返品をしたり、交換をお願いされることがあります。

支払方法によっては難しかったり、商品の状態によってはお断りをする店舗もあります。

各子供服販売店によって違いますが、こういったケースはよく見られるのが子供服の販売する店舗の大きな特徴です。

立っている時間が長い

接客がほとんどの仕事なので立ち仕事です。

当然体が疲れてきます。

一日仕事をしていると一日中立ち仕事です。

特に子供服の販売は子供が走ったりしている現場でもあるので店員が走りまわることもあります。

ほかのアパレル系と比べると、体力が倍以上必要になってきます。

商品の整頓が大変

商品が小さいので整理をするのが大変です。

一度陳列してぐちゃぐちゃになってしまった商品を手直ししても、小さいのでうまくまとまりません。

子供服が安く手に入る

アルバイトの特権は社割が利くことです。

働く子供服の店舗によって違いますが、特に小さなお子さんがいらっしゃる方にはお勧めします。

遅い時間はお客さんが少ない

子供服を取り扱う店舗なので、夜は来客数が激減します。

お店によって閉店時間が早いところもあります。

子供服はアパレル系でもこういったところは子供服を取り扱うお店の特徴です。

求人を選ぶときの3個の注意点

では、子供服の求人を見つけたらどのようなところを注意するほうが良いでしょうか・数々のポイントを押さえながらご紹介していきます。

通いやすいお店を選ぼう

まずはどのアルバイトでも言えますが、通勤距離は自分が無理のない範囲で希望が通る場所を選択します。

子供服販売店の求人がなかなか見つからないとはいえ、いざ見つかっても通勤環境に問題があれば、次の機会を見送ったほうが良いでしょう。

好きなブランドの方が接客もしやすい

自分の知識が仕事で活かせるのは非常に良い傾向です。

特に自分が好きなブランドを取り扱っている子供服の販売店で求人広告が見つかったらまずは面接を受けてみましょう。

子供服の販売店はブランドを複数取り扱っている店舗が多いです。

実際に現場に行ってみてどのようなブランドを取り扱っているかどうかを調べてみましょう。

お店や店員さんの雰囲気が合うかどうか

実際に店舗に入ってみて、自分が子供服の販売店の雰囲気に合うかどうかを体感してみるのもよいでしょう。

自分が感じ取った思いや直観が間違いないのです、実際に行ってみてかららでも遅くはありません。

求人広告にもどのような職場かが書かれていると思います。

実際に読んでみて求人と比べてみましょう。

まとめ

アルバイトの求人数は少ないですが、働く環境としては興味がわく非常に魅力的な職場でもあります。

希望がある方はぜひ、チャレンジしてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト