販売系のアルバイトを経験してみたい人は多くいらっしゃると思います。

販売バイトといってもジャンルは幅広く、様々な働き方が存在しています。

その販売アルバイトの中で、今回ご紹介させていただくのが「子供服」に特化した販売バイトです。

子供服を取り扱う店舗でのアルバイトは人気も高く、求人募集も倍率が高い職種の一つになります。

ここでは、そんな子供服の販売バイトについてを詳しくご紹介できればと思います。

「働いてみたいけどどんな仕事なのかな?」と、思う方にはぜひ、参考にしていただけるような情報を提供できればと思います。

子供服販売はどんな仕事?

では、子供服での販売の仕事とはどのような仕事なのでしょうか。

子供服の販売の仕事は大まかにいうと「接客」がメインとなります。

来店されるお客さんにおすすめの服をご紹介したり、四季に合わせてどのような服を着たら良いか、今の流行はどのような商品なのかも接客時に情報提供します。

接客だけではなく、商品の陳列や品出しも担当します。

補充をしたり陳列棚を整理したりします。

服を扱う店舗ということもあり、来店するお客さんは商品を手に取る機会も多く所品の陳列が乱れることもよく見られる光景です。

接客をしながら商品の状態を管理することも販売員の仕事なのです。

バイトの大まかな仕事内容

販売員として働く上で、アルバイトという立場ではどのような仕事を任されるのかをご紹介します。

アルバイトとしては、社員の補助業務がほとんどでもあります。

アルバイトとして販売員の業務は営業中の接客業務をしたり、商品の品出し、整列をします。

アルバイト業務としては補助業務がほとんどですが、勤続年数が長いとアルバイトリーダーを任されたりすることもあります。

役職が付くと、アルバイトのシフト管理をしたり、商品の発注を担当することもあります。

子供服販売のおすすめ求人の特徴とは?

では、子供服の販売業務の求人募集の特徴とはどのような点が良くみられるでしょうか。

子供服の求人でおすすめできるポイントをご紹介していきます。

ぜひ、求人選びの参考にしていただけたらと思います。

自分の好きなブランドで働くのがおすすめ

販売員として、お客さんの接客時にどのような商品が良いかを進めることも仕事です。

そのため、取り扱う商品の種類などの情報を知っておくことが大切なこととなります。

販売員の求人を探す際に、自分が好きなブランドでの募集があれば、入社してから販売員としてのスキルを活かすことが可能なのです。

そのことから、自分が好きなブランドで求人選びをすることが得策ともいえます。

百貨店の落ち着いた雰囲気で働くのがおすすめ

百貨店などの販売員は、百貨店内の専門店勤務のほかにも百貨店全体の販売員として働くこともあります。

百貨店という大規模な店舗内での販売員勤務は繁忙期でも慌ただしいことも少ないことが特徴で、従業員も多くいます。

落ち着いた場所で仕事をしたいという方にはお勧めです。

お客さんが多い複合商業施設は接客力が身につく

最近では、各種専門店が併設された複合商業施設が多くみられます。

一つの場所で複数の専門店を抱える場所での販売員勤務は、様々な場所での勤務も可能です。

そのことから、様々な商品に触れる機会があること、各種専門店のスキルを学ぶことができます。

働きながらたくさんの経験を積み上げたいという方には複合商業施設での販売員がおすすめです。

子供服販売のバイトはこんな人に向いている!

では、子供服の販売バイトはどのような人が向いているのでしょうか。

ここでは、子供服の販売バイトに適した人柄をご紹介できればと思います。

少しでも当てはまることで、今後の求人探しの自信につながります。

ぜひ、参考にしてみてください。

子供が好きな人

子供服の販売バイトに最も必要なことといれば「子供が好きな」人になります。

子供服を取り扱う場所での勤務となれば、子供が好きな人にとっては接客時に大変有利になる性格の一つにもなるでしょう。

もちろん、子供服での販売バイトの店舗先では子供が大人と来店することは当たり前の話です。

子供が多く来店する中でどのような接客をするかがカギになります。

ここで子供が好きな人は温かい接客を試みることが可能です。

イメージもよく、リピーターも増えるきっかけとなります。

人と接するのが好きな人

子供服の販売バイトに限らず、販売員としてのスキルとして大切ともいえるのが「人と接することが好きな」人になります。

販売員のメインとなる仕事こそ「接客」になります。

人と触れ合うことが得意であったり、初対面の人でも気さくに話しかけることができる人には適しているともいえるでしょう。

子供がいる人

限定された条件ですが、子供服の販売バイトとして「子供がいる」人には向いているといえます。

自分の子供がいる人は、どのような節目で子供服の切り替えを行ったらよいか、サイズはどの程度が適正なのかを自分の経験を用いて接客することができます。

お客さんも同じ子供のいる大人として相談しやすい店員となるので、安心して商品選びのできる手助けができるのです。

他にも向いている人の特徴は、こちらの記事を参考に!

逆に向いていない人は?

では、逆に向いていない人とはどのような人がいるのでしょうか。

上記でご紹介した「向いている人」の項目の逆転した人格の方が子供服の販売バイトには適していないともいえます。

  • 子供が嫌いな人
  • 人と接することが苦手な人
  • 子育ての経験がない人

子育ての経験がないことには、今後の将来的にも据え置く条件としてはあまり重要視しなくても良いでしょう。

しかしほかの2項目の場合ですと販売員として大きな欠点となります。

けれど販売員としての応募を断念することはありません。

ご紹介させていただいた項目すべてが「向いている人」の特徴でもあり、今現在販売員として働いている人すべての人が項目に該当しているわけではないのです。

これらは働きながらでも備わる人格の一つでもあります。

子供が苦手でも、人と接することが不得意であっても仕事を通じて得る環境は十分にあります。

あまり重くとらえず、販売員としての自分の適性を見極めて将来を見据えながら応募することをおすすめします。

子供服販売のバイトでよくある募集内容とは?

では、子供服販売バイトの求人でよく見られる募集内容についてをご紹介していきます。

求人を比較する際に参考にしていただければ幸いです。

時給相場

子供服の販売バイトの時給相場は以下の通りになります。

時給相場:900円~1100円

働く地域によって、ブランドによって時給相場は変動します。

また、アルバイトでも長時間勤務での勤務体系になりますと時給が多少は上がることもあるようです。

シフトの入れ具合

シフトの入れ具合は、週1~5日と幅広く募集があるのが特徴です。

自分が働きたい日数に合わせて求人を選ぶことも可能です。

また、求人募集の中には「勤務日数応相談」と書かれている求人が多いことも特徴の一つです。

自分の融通の利く働き方ができるのも子供服販売バイトの特徴ともいえます。

さらに、土日勤務も積極採用している求人も多いです。

アパレル系の仕事になりますので土日は忙しいことから優遇されるポイントにもなるでしょう。

求められる人物像

上記でもご紹介した通り、販売員としての向いているキーワード「子供が好きな人」「人と接することが好きな人」などが該当します。

求人内容にも求めている人物像としてこれらのキーワードがあげられていることが良くみられます。

必要なスキルや資格、経験

未経験からでもスタートができる業界でもありますが、経験として優遇されるのは販売員としての経験、子育ての経験です。

子供関連の商品を取り扱うことから、これらの経験は採用時に優遇されることがあります。

子供服販売バイトのやりがいは?

子供服販売バイトのやりがいは様々ですが、特によく聞く声としては

  • 「商品のことが良く分かった」
  • 「人に褒められた」
  • 「子供と楽しく話すことができる」

などです。

個々でやりがいなどの意見は違いますが、子供服の販売バイトという環境下ではたくさんの「やりがい」があふれています。

その理由はアパレル業界の中でも「子供関係」の商品を取り扱っていることでもあります。

従業員でも子供関係の仕事をしている人は自分の子供の頃を振り返ることが多いようです。

原点に戻って穏やかな気持ちで仕事に臨むことができるので穏やかな環境で働くことができます。

まとめ

子供服販売バイトについてをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

販売バイトに興味がある人はぜひ、今後の求人選びに参考にしていただければと思います。

ぜひ、頑張ってください!


関連キーワード

子供服バイト求人