アパレル業界に勤めたいという人の中で、子供服に携わる仕事をしたいと思う人も多いでしょう。

子供服の販売業務は人気も高く、業務内容も楽しい気分になる事の多い仕事でもあり、大人でも夢の持てる機会がある職種の一つです。

そんな人気の高い子供服の販売ですが、どのような業務内容なのでしょうか。

目に見える仕事内容のほかにも数多くある仕事内容をここではご紹介していきたいと思います。

また、この仕事に興味がある人はどのようなことが求められるのかについてもご紹介していきますのでぜひ、参考にしてみてください。

子供服販売とはどんな仕事?

子供服の販売とはどのような仕事なのでしょうか。

子供服の仕事は、店舗で取り扱っている商品を来店するお客さんに接客対応して工夫しながら購入してもらう手助けをする業務になります。

販売業務にも各種工夫しなければならない仕事が多々あります。

子供服の取り扱う商品は季節、時期によって商品の内容が変わってきます。

工夫することによっていかに購入してもらえるかも販売する業務に求められることになるのです。

シーズンによって商品の売り出し方も変わってきます。

定期的に情報共有して店舗管理するのも求められる内容の一つです。

子供服販売の大まかな仕事内容

 子供服の販売業務とはどのような仕事があるかを簡単にご紹介していきます。

まず、皆さんが一番思いつくのが「接客業」になります。

来店するお客に対して商品を勧める接客や、レジにて会計の対応をします。

接客以外には、営業時間内の店舗で「品出し」「陳列棚の整理整頓」を行います。

来店しているお客が少ないときや、手が空いた時に陳列棚の整理をします。

アパレル業界では来店するお客は必ず陳列される商品に手を伸ばします。

定期的に崩れた商品を整頓するのも仕事です。

子供服の販売業務は主に店舗内の接客業務が表で見えがちですが、店舗内の業務のほかにも商品の在庫管理や新商品の入れ替え、発注なども担当します。

アパレル業界では「買い付け」をして仕入れる商品を選びます。

これらの業務も担当することがあります。

勤続年数が長くなると、こうした店舗経営に直接携わる業務も担当することがあります。

子供服の販売が向いている人の5個の特徴とは?

では、子供服の販売の仕事に向いている人とはどのような特徴があげられるのでしょうか。

アパレル系の販売業務の中でも子供服に特化した販売業務では、人格的に様々な適性のある特徴がみられます。

子供服に特化しただけではなく、販売員としての向いている特徴についてもご紹介できればと思います。

ここでご紹介した特徴に一つでも当てはまれば販売員に向いていると考えても良いでしょう。

また、当てはまらなくても自分を見つめなおす良い機会になります。

ぜひ、参考にしてみてください。

子供が好きな人

子供服の販売員で特化した特徴といえばまさに「子供が好きな人」になります。

子供服の販売業務では、来店するお客さんは「子供の商品」を求めに来る人ばかりです。

普段使いの物からプレゼントまで様々な用途を求めに来ます。

そんなお客さんの中には子供もいます。

子供が好きな人は、販売業務でも様々なメリットがあるのです。

例えば、お客さんの中でも子供を連れて歩く方がいたりするときには販売員として子供と接することも多いでしょう。

子供が好きな人は子供にどのように声掛けをするかを瞬時に演出することができます。

販売員として子供とうまく接することもお客さんへの安心感と信頼感を築くチャンスでもあるのです。

また、衣類を提供する店舗としては、子供の採寸についてを大人に相談されることも良くある話です。

その際に大人だけではなくタイミングをつかんで子供の要望にもしっかりと応えることができる販売員ですと商品を購入してもらえるきっかけにつながることもあります。

さらに、子供の商品を取り扱う店舗の従業員は「子供が好きな人が多い」という認識を持たれることが多いようです。

想像以上の対応、もてなしをすることで販売員としても働いている場所のイメージも良い印象を持たれやすいことでしょう。

笑顔が多い人

接客業に一番大切なことは、来店するお客さんに良い印象を持ってもらうことです。

接客の際に笑顔で対応することも重要な接客術の一つになります。

そのことから、普段笑顔を作る事が多い人は販売業務に向いているともいえます。

接客時に笑顔で対応することは必要なことで、普段から笑顔の多い人は仕事中でも自然と笑顔を作る事ができます。

自然な笑顔で接客をすることによってお客さんが受ける印象もぐっと良くなります。

自然につく武器は販売業務で強い武器になるでしょう。

人と接するのが好きな人

販売業務では接客業がメインとなります。

つまり人と接する機会が多いということになります。

初対面の方、リピーターの方など、来店するお客さんは様々ですが、お客さんと接する機会を「好きなこと」と捉える人は販売員に向いています。

特に子供服の接客業には強い武器になります。

人と接することが好きな人でかつ、子供と接することが好きな人であれば接し方も上手にすることが可能です。

好きなことを業務として強みに持つことは非常に良い武器になります。

整理整頓ができる人

アパレル業界では、棚に設置されている商品を綺麗に陳列することを求められます。

来店するお客さんが「綺麗な」店舗や商品を求めてくるのは当たり前の話です。

販売員は接客以外にも品出しや商品の整理をします。

常に店舗においてある商品を綺麗な状態にするのも業務のうちなのです。

そのことから、普段から整理整頓ができる人には向いているといえます。

店舗内の崩れている商品や衛生環境をしっかりと見る目を養っているともいえます。

業務において整理整頓ができる人は、販売業務では有効に活用できるスキルになってくるのです。

子供がいる人

育児を経験している人は子供服の販売業務に適しているといえるでしょう。

お客さんの求めている商品を自分の経験から紹介したり勧めたりすることができるからです。

子供服を求めているお客さんの中には、子供の成長に合った服がどのサイズかわからないこともあります。

育児を経験した人の中で、年齢に合わせて服のサイズを買ったら大きかったり小さかったりと、サイズがピンとこないなんてことも経験した方は多いと思います。

子供服の販売員は、商品を勧める際にも子供の成長過程に合わせて進めることもします。

育児を経験している人が販売員としてお客さんと接するときには、育児仲間としての目線で相談しやすい従業員の一人となるでしょう。

お客さんにとっても安心できる従業員としてリピーターが増えるきっかけにもなります。

子供服販売が向いていない人の4個の特徴とは?

では逆に、子供服販売に向いていない人の特徴とはどのような特徴があげられるのでしょうか。

ここでは上記でご紹介した理由と相反する特徴についてをご紹介していきます。

しかし、ここで一つでも当てはまったからといって重く受け止める必要はありません。

仕事ができないということではなく、自分がどのような人間かを見極めるきっかけにもなることで応募する際にある程度の覚悟を持つことができます。

一つのきっかけとして参考にしていただき、今後の求人探しに生かしてください。

面倒くさがりの人

まず、どの仕事でもいえますが面倒くさがりの人は仕事をする上で難しいでしょう。

どんなことでも中途半端に物事をこなそうとする人は、子供服販売以前に仕事ができません。

しかし、面倒くさがり人という性格こそ矯正のしやすい特徴の一つでもあります。

「普段から面倒くさがってしまう」と思ってしまっても、これからの性格で少しずつ面倒くさいと思うことを矯正していくことで面倒くさがりの性格が治っておきます。

笑わない人

子供服販売だけではなく、販売員としての一番重要視しなければならない不適応な特徴は「笑わない人」でしょう。

接客業において笑わない人は接客で致命的な欠陥をもたらします。

想像していただくとわかりますが、来店する店舗で「笑顔で挨拶する店員」と「無表情で挨拶する店員」とでは、どちらの従業員に声がかけやすいでしょうか。

もちろん愛想のよい笑顔で挨拶する店員ではないかと思います。

笑顔は人の「印象操作」ができる技法のひとつです。

普段から笑わない人には接客業は不向きと考えても良いでしょう。

場の空気を読めない人

また、場の空気が読めない人は子供服の販売業務には向いていません。

販売業務は常に来店するお客さんの状況や動作を見て確認することでどのような接客や声掛けをするかを考えながら業務をすることが大切です。

場の空気が読めない人は、そのようなタイミングを逃したり、声掛けのタイミングを失敗しやすい傾向にあります。

こうした方の特徴としては「人を観察する力」がないことにあります。

場の空気が読めないという人は、日々人を観察してその時の状況に合わせてどのような行動を起こすことがベストなのかを勉強することが大切なのです。

子供が苦手な人

子供服の販売で致命的ともいえる特徴こそ「子供が苦手な人」です。

いくら人と接することが得意であっても、子供服の販売業務において子供が苦手な人は難しいといえます。

子供は無垢な存在で、大人の感情を表情からすぐに読み取ります。

子供によく見られる特徴としては「子供が寄り付く大人」「寄り付かない大人」が見られることです。

つまり、子供は言葉を交わさなくても「自分が寄り添っていい相手」を見極める力があるのです。

大人の本心を必死で隠していても、子供にはすぐにばれてしまうと思ってください。

ではこの特徴をどう克服するのかというと、苦手意識を克服するしか方法がありません。

実際に応募して働き始めて子供と触れ合って慣らしていくか、子供と触れ合うきっかけを見つけて自分の特徴を克服するかにあります。

この特徴も簡単には克服できないものの一つです。

長い目を持って特徴と向き合うことをお勧めします。

子供服販売のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

では、今までの自分の職歴が子供服販売にどう活かしていくことができるのかをご存知でしょうか?

転職とっても異業務であれば未経験からのスタートになります。

ここでは各職種に合わせて子供服の販売業務にどう活かせるスキルがあるのかをご紹介できればと思います。

販売業

子供服以外の商品を取り扱う販売業に勤めていれば、今までの接客スキルは十分に活かせる武器となります。

取り扱う所品が違うという考えを持ち、今までの販売スキルを活かすことが可能です。

同じ販売業務での転職ということから、採用時には経験として優遇されやすい職種の一つにもなります。

取り扱う商品の情報を仕入れること以外はマニュアルに沿って経験を活かすことができるので転職にはもってこいの職歴ではないかと思います。

保育士・幼稚園教諭

子供服販売業務をする際には子供についての知識や情報を知っておく必要があります。

そのことから保育士や幼稚園教諭の職歴がある人は子供服の販売業務に向いているともいえます。

接客時には子供の成長過程の相談なども適切に対応することができます。

子供の知識や情報は保育士や幼稚園教諭を経験した人にとっては情報量の引き出しが多いでしょう。

そのことからお客さんお悩みを解消してくれるきっかけを作る事ができます。

ファミリー向けアミューズメント施設スタッフ

接客の方法としては、ファミリー向けのアミューズメント施設の職種経験がある人には子供服の販売業務は向いている経験ともいえます。

ファミリー向けのアミューズメント施設では、常に子供目線で話すことも多いことから「子供と同じ目線で」「子供が心地よく話を聞くことができる声掛け」なども仕事で身に着けているスキルとして備わっている傾向があります。

そのため子供服の販売業務で子供の心を使うきっかけを作ることができる経験としては大いに活かすことができるでしょう。

各種イベントの企画・運営スタッフ

また、イベントなどの企画・運営スタッフの経験者も子供服の販売業務に向いています。

勤続年数が少しずつ長くなると、各種販売のイベントなどの企画を担当したり、商品の仕入れも担当する機会があります。

イベントの運営経験がある人は、こうした企画業務を経験を活かしてより良い企画にすることも可能です。

販売業務は未経験でも、運営経験があることによって様々な業務を担当することもあります。

経験から任せてもらえる仕事もあるので活かせる経験の一つともいえるでしょう。

これから子供服販売の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

それでは、これから求人募集をするにあたって子供服の仕事を始めるためにはどのようなことをするのが望ましいのでしょうか。

様々な観点から就業までに必要なルーツをご紹介していきます。

子供服販売の仕事で就職するために

子供服販売の仕事に就くために準備しておくことは特にありません。

しかし、どの仕事でもそうですが、一番大切なのは「どのような心構えで仕事をこなしていくか」のビジョンを持つことに限ります。

これから長く仕事をするために、上記でもご紹介したとおり子供服の販売業務には様々な注意しなければならないことがあります。

心構えの持ち方がわからないという人は、ここでご紹介したことを念頭に入れておいておくだけでも就業した際に何も知らないよりは少し安心して業務に向き合うことができるでしょう。

資格は必要?

資格などは特に必要ありません。

子供服販売業務だけでなく、販売業務全般の求人でもよく見られる通り「未経験可」と書かれている求人が多いことから未経験からスタートしやすい業界でもあるのです。

就業の際にもこの資格がないと働けないということはありませんが、求人情報の中には優遇される資格なども表記されていることがあります。

おすすめは自分が気になった求人の条件を見て、資格取得を目指したり、働きながら取得できないかを相談することにあります。

必要なスキルや経験は?

経験としては上記でご紹介した職種経験がおすすめできます。

未経験からのスタートも可能ですし、優遇される職種経験もあります。

特に優遇されるのは販売系の業務の職種経験です。

子供服販売の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

では最後に、子供服販売の仕事をするにあたり覚えなければならないことをご紹介していきます。

内定前に覚えておくことも良いですし、初めから知っている情報もあると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

子供服のサイズと年齢

子供服販売の業務で最も必要な知識といえば子供服のサイズと年齢です。

サイズは年齢に合わせた一般的な平均数値があります。

子供と大人とではサイズが大きく違うこと(大人の場合はS、M、Lなどの表記だが、子供は乳幼児から未就学前までのサイズが幅広い)をしっかりと覚えておく必要があります。

子供のサイズの幅が広いこと、またサイズによって年齢の適性があることもしっかりと念頭に入れておくことが大切です。

さらに子供は成長スピードも速く、購入するシーズンに合わせて大きめの服を買ったりちょうどよいサイズを買ったりするなどの購入時のタイミングもあります。

ここは働きながら覚えることが多いとおもう知識の一つなので、まずはどのようなサイズがあるのかを覚えておくことから始めましょう。

子供の対応の仕方

また、接客時に販売員としてどのような対応をすることが望ましいのかも求められます。

普段から子供と接する機会の多い人であれば、接客時の対応は体で覚えているようなものですが、接する機会がほとんどない人ですと、業務牛に身体で覚えることになります。

季節や節目に合わせた服の選ぶ知識

また、季節・節目に合わせてどのような商品を求められるかについても覚えておく必要があります。

この知識はその時の流行も併せて覚えておかなければならないことになるので、通年で全く同じという情報ではありません。

常に新鮮な情報を取り入れることが最も大切な情報源の一つでもあるでしょう。

まとめ

ここまで子供服の販売業務についてをご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

ぜひ、今後の求人探しに活用していただけると幸いです。