近年、携帯電話の飛躍的な進歩により携帯電話会社への転職を考えられている方も多いと思います。

未経験だけど大丈夫かな?

携帯電話の料金プランは難しそうだけど覚えられるかな?

クレームが多いって聞くけど本当?

などなど、興味はあるけどなかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。

携帯電話販売転職に失敗したくないと思われている方や、携帯電話会社への就職を失敗させたくないと思われている方に向けて転職に役立つ知識や成功させる為のコツなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

こちらの記事では携帯電話販売員としての成功のコツに加えて接客業界に使える事にも触れています。

携帯電話販売のお仕事は接客業界以外からも注目されている職種となっている事も踏まえてこの記事を見ていただければと考えております。

また、接客未経験の方や今までの経験を携帯電話会社の就職で活かしたい方必見です!

「携帯電話販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

携帯電話販売の転職で注意したほうが良い3個のこと

身だしなみに注意しよう

まずどの企業へ面接を行くにしても必ず整える身だしなみです。

スーツはもちろんのこと、靴やネクタイに気を遣うのは大前提ですが近年の携帯電話会社ではサービスの質の向上を主とした動きがあります。

そこでスーツや靴以外で一番、注目される個所は【髪型】【顔の血色】【手や指のしぐさ】。

スーツや靴に気を付けている方も多いとは思いますが、携帯電話会社の転職で一番気を付けなければいけない事はこの3つです。

入社したら髪の色などは規定がでてきますが、面接時には黒髪か黒に近い茶が好ましいと言われています。

髪の長さも目が見えるように整え、耳をだし女性の場合は後ろで一つ結びがいいでしょう。

顔の血色に関しても普段の健康への気遣いとして重視される場合が多いといえます。

その日の体調によって変わってくると思いますが、面接日に家を出る前や面接地付近のトイレなどで、顔全体のマッサージをして血行を良くして面接へ臨むことが好ましいですね。

女性の場合も派手すぎないチークなどで顔の血色を調整しておくと面接に有利です。

最後に手や指のしぐさですが、これも見ている面接官は見ています。

面接中ももちろんですが、面接会場から案内される時や挨拶している時などにチラッと見えたりします。

指を忙しく動かしていたり、何かを触っていたりすると接客中にお客様への配慮が欠けているとみなされる場合もあります。

すべてが面接官に与える要素ではありませんが、就職時や転職時には自身の経験やスキルなども重視されますがこういった基礎の部分から整えることが好ましいです。

特に携帯電話の販売は老若男女さまざまなお客様がご来店される場所です。

お客様に不快感を与えないためにも知識、スキル以上に上記の身だしなみが重要視されてきます。

声の出し方や声のトーン、喋り方に気を付けよう

声というものは接客をお仕事にされている方の一番の武器となるでしょう。

声は住人十色、同じ声の人はいないとされています。

聞きやすい声質の方、聞きにくい声質の方、トーンが高い方、低い方、様々な声の方がいらっしゃいますが、聞きにくい声質の方が不利というわけではありません。

声質は声帯という部分を使い声を出していきますが、声質に深くかかわってくるもの『発音』です。

発声と発音をよくするにはこの声帯を鍛えたり、頬の筋肉を柔らかくしたり、舌の運動をする事で聞き取りにくいといわれる方も聞き取りやすい声質になることができます。

面接官は声や発音、喋り方を見ているといって過言ではないでしょう。

喋り方や発音を整える事も意識してみましょう。

接客経験があってもその経験を活かす事を考えずに一から学ぶつもりで応募しよう

接客業にもさまざまな業種があります。

そのひとつひとつにマニュアルが存在し、そのマニュアルを通してお客様へ接客を行うのですが今までの接客経験は大いに役に立つスキルであることに間違いはありません。

ですが携帯電話販売の場合、勝手が違ったり独自の接客知識を出すことで周りのスタッフへも危害が発生することがあります。

接客業を行っていたという経験を元に携帯電話会社の接客スキルを一から勉強したいという意思が成功に繋がる秘訣かもしれません。

携帯電話販売転職するに当たっての必要な心構え

その企業やショップでの勤務で何を目的として働くかを考えよう。

転職や就職に関して、すべてにおいて同様のことがいえますが携帯電話の応募に関してはそのショップや企業に就業し何をしてどのような存在になりたいか?

という事を面接でもよく聞かれます。

『携帯電話が好きだから、接客のスキルを身に着けたいから』

それは志望動機としては問題のない理由ではありますが、その先のビジョンを明確にしておけば面接での受け答えも楽になるでしょう。

携帯電話のショップに関してスキルアップは安易に行えてもキャリアアップは一筋縄ではいかないことが多いとされています。

そんな中で、自分が明確にショップや企業へ貢献できることを把握しておくことが面接突破の糸口になるでしょう。

販売職は決して楽ではないことを再確認しよう

接客を経験されている方も多いとは思いますが、携帯電話販売のお仕事に関してはさまざまなお客様からの問い合わせが日々やってきます。

中には高圧的になる方も少なくないですし、その場の窓口で解決できないような内容も少なくありません。

ちょっとした案内違いが多大なクレームとして変貌する事もあります。

飲食店などでのクレームの場合、料金の割引や粗品を渡して鎮静化を図るケースもありますが、携帯電話の場合そうはいきません。

携帯電話の料金を独断で割引をする事などできるわけもありませんし、機種の端末料金に関しても独断で値引くこともできません。

お客様のクレームを鎮静化させる手札が少ない事もありますし、ご納得されないお客様が長時間滞在されたり他社へ乗り換えられたりと怖いと感じてしまう事も十分にありえます。

全員がそうではもちろんありませんが、そういったお客様もいるという事を念頭に心構えを改める事も必要だと感じます。

「携帯電話販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職を成功させるためには何をすれば良い?成功させるために大切な3個のこと

未経験からの応募で転職に有利なスキルや転職を成功させる要素はは沢山あります。

その中で、これは押さえておきたいスキルや要素を何点かご紹介したいと思います。

また転職を成功させる為にどう動けばいいのかなど詳しくご紹介したいと思います。

PC操作

現代で生活する中で一度は触れる機会があったと思います。

PC操作やハードに対して熟知している方もいらっしゃるでしょう。

その中で携帯電話販売に必要になってくるPCスキルをご紹介します。

タイピング

これは早ければいいというわけではなく、誤字脱字がないように正確にタイプする事が重要視されます。

エクセル・パワーポイント

エクセルは商品在庫やそれ以外の時にも使われます。

マクロや表計算の導入知識などはなくても、数値の入力やマス操作など基本的な事を覚えておけば、必ず役に立ちます。

パワーポイントに関しては研修などに使う資料作成で使ったり、店舗の装飾としてポップを作るときに役立ちます。

ポップの作り方なども少し覚えておけば、面接の時にも有利になるかと思います。

それでもPC操作が苦手と思う方もいらっしゃると思います。

ですが安心してください。

PC操作に関しては入社後に必要なスキルだけ教えてくれる研修などもあります。

PC操作を毛嫌いするのではなく若干の知識を持っておくだけで大丈夫だと思います。

人と話す能力

冒頭でも記載したように、喋り方や声のトーンなども十分必要な要素ではありますが一番は相手との意思疎通がきちんとできているかという面だと思います。

相手の目を見て話し、相手が何を言っているのかをきちんと理解しはっきり答えられる事が必要です。

お話が苦手な方も中にはいらっしゃると思いますが、どんな相手の話でもきちんと聞いて会話を成立させる事を意識する事が成功の秘訣ともいえるでしょう。

清潔感を日ごろから意識しておく

どの職場でも同じような事を言われると思いますが、携帯電話販売員には清潔感は絶対的に必要です。

髪型や服装に気を付ける事も重要ですし、顔の血色を整える為に生活リズムを見直す事もひとつでしょう。

こういった細かな事柄が携帯電話販売員としての自覚を底上げする事になりますので、意識してみてはいかがでしょうか?

携帯電話販売の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

携帯電話販売員として年収を上げる事とキャリアアップをする事は同じ事だと思います。

ではどのようにすれば年収を上げる事が可能なのかを見てみましょう。

社内資格の取得

これは携帯電話販売員としての資格という物が各キャリアに存在します。

その資格を持っていれば、より高度な知識を持つスタッフとして社内でも認められお客様からも信頼を置かれる立場になります。

また、資格にはランクがありランクを上げる事で資格手当が給料に反映されます。

より高度な資格を取得した方が毎月の給料の底上げになり、年収アップに繋がります。

社内や店舗での組織内の意識改革

これはとても難しい事ではあるのですが、社内の人間関係や売り上げに対する意識をスタッフ全員で変えていく事を指します。

この意識改革を行うには自身のキャリアも若干必要になってきますが、意識改革を成し遂げ認められる事で給料は大幅にアップします。

もちろん、大幅にアップする事と同時に自身のキャリアも一歩前へ進みます。

その為には社内や上司からの信頼を勝ち取る事が必要不可欠だと思います。

以上が年収を上げキャリアアップを図る方法となります。

これ以外にも勤続年数に応じて年収は上がっていく企業もありますが、販売員として自分で何かを成し遂げた方が自身の成長に繋がる事になるといえるでしょう。

「携帯電話販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあった携帯電話販売の求人の選び方や注意点

上記では転職に役立つ情報や成功の秘訣などについてお話しました。

こちらでは求人情報の注意点や選び方などについてご説明したいと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

携帯電話販売の企業はほとんどが代理店での運営となっています。

正社員として雇用されても携帯電話の販売ではない部署に配属になる可能性もあります。

携帯電話販売のお仕事にこだわり求人を応募するのであれば、まずは契約社員からの応募がいいでしょう。

契約社員として、実績を積み正社員として雇用されれば、携帯電話販売の部署にそのまま配属になる可能性も高いですし、違うキャリアを目指す事も可能です。

【選び方②】職種から探す

携帯電話販売業界では複数の職種があります。

携帯電話販売スタッフ、問い合わせセンターのオペレーター、代理店とキャリアを結ぶラウンダー、代理店での店舗運営部。

こちら以外にもさまざまな職種があり、すべてが携帯電話販売において欠かせない職種となっています。

まずは携帯電話販売スタッフとして実績を積み上げて別の部署へ転属する事も可能です。

間違いなく言える事はどの職種に関しても販売スタッフを経験しておいた方が社内の仕組みや業界について強みになります。

なぜなら、お客様と対面して直接お話ができるのは販売スタッフだからです。

販売スタッフを経験する事で別の職種を目指してみてはいかがでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

正社員の基本給と契約社員の基本給はさほど変わりありません。

ですが、正社員になれば年2回の賞与があったり、福利厚生が手厚くなる事があります。

携帯電話販売員を検討されている方にはぜひ契約社員として知識を学び、正社員へキャリアアップしていただきたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

近年の携帯電話の機種代金は決して安くはない金額となっています。

もちろん、割引サービスなどを使えば毎月お安く使用ができます。

その接客や販売をするにあたってはやはり携帯電話の知識、料金システムなどを把握し、お客様からの満足を得なければなりません。

現在の携帯電話機種は各社同じ機種が販売されているケースが多くなっています。

だからこそ、販売員ひとりひとりの接客応対が重要視されています。

携帯電話販売員として転職を考えられている方はぜひ、販売のスキルと接客のスキルを上げこれからの携帯電話業界を盛り上げていただければ幸いです。