求人サイトや求人雑誌でよく見かける携帯販売の仕事。

給料が割高なイメージですが、年収やボーナス、携帯販売会社の職種など、実際のところどうなの?という疑問にお答えします。

携帯販売の給料の相場はどのくらい?

携帯販売の会社では、社員のほとんどがドコモやau、ソフトバンクなどキャリアショップで働いています。

まずはキャリアショップのスタッフの給料の相場をご紹介します。

正社員の場合

大卒の場合、基本給は18万円くらいからのスタートになります。

都心部では20万円くらいからのスタートですが、忙しさが地方のショップとは比べ物にならないので妥当でしょう。

高卒や短大卒の場合は1~2万円低い基本給からのスタートとなります。

また、正社員に関わらず、全てのスタッフに必ず残業があるので、残業代がしっかりつきます。

基本給は低めですが残業代が多く出るので、手取りは大手企業と変わらないほどもらえることもあります。

派遣社員の場合

時給は1,200円くらいからと高時給です。

パート・アルバイト

時給は1,100円くらいからと、こちらも高時給です。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

携帯販売会社は代理店営業なので、その代理店会社によって異なりますが、賞与や各種手当などは手厚い会社が多いです。

賞与は大体年2回支給されます。

各キャリアに資格制度があり、資格保持者には賞与に追加で、資格給も支給されます。

上位の資格保持者では、毎月5~6万円程度の資格給がついている場合があります。

昇給

年1回昇給のタイミングがあります。

各店舗の店長がスタッフの日頃の働きを判断し、昇給すると月3,000円ほど上がることが多いです。

昇格する場合は基本給が数万円アップします。

各種手当

資格手当、残業手当、役職手当、出張手当、結婚祝い、出産祝いなどがあります。

携帯販売の会社は待遇が手厚いことが多いです。

給与が高い人は何が違うの?

同じ会社に勤めていても、基本給が高い人や手当が高い人など、給与の差が出ることがあります。

携帯販売会社ではどのような人が給与が多くもらえるのか、説明します。

スキル

販売スキルや応対スキル、スタッフ間のコミュニケーションスキルなどが挙げられます。

携帯販売の仕事は、常にお客様と接している接客業です。

老若男女問わずどんなお客様でも、どんな困難な内容でも解決できるスキルを必要とします。

また、ただ言われたことをするだけでは店舗経営が成り立ちませんので、店舗がおススメしたい商品をお客様に紹介し、販売につなげることも必要です。

コミュニケーションスキルは接客業の基礎でもありますが、開店から閉店まで10名ほどのスタッフが、密にコミュニケーションを取りながら働いているので、皆が気持ちよく働ける店舗にするには必須のスキルです。

他にも携帯販売の仕事はやることがたくさんあるので、全てをこなせるようになるには時間がかかります。

役職

携帯販売店では店長、副店長、チーフ、スタッフの構成で成り立っています。

役職手当が付くのはチーフ以降になります。

チーフとは、スタッフと店長・副店長の懸け橋になる役職で、スタッフの中でのリーダー的存在です。

チーフ手当は月1,000円~3,000円ほど、店長・副店長は月5,000円~10,000円ほどの役職手当がつきます。

勤続年数

携帯販売の仕事は年功序列ではありませんので、勤続年数によって給与がどんどん上がっていくわけではありません。

あくまで実力主義なので、勤続年数が短くても役職が上がったり、給与が上がる人もいます。

しかしキャリアによっては、勤続10年を記念して表彰などがあるところもあります。

地域

都心部では給与が高く、地方では都心部に比べて1~2万円低くなります。

携帯会社の様々な職種とよくある給与形態

携帯販売の会社では、働く社員のうちほとんどが携帯販売店に勤務していますが、他の社員はどのような仕事をしているのでしょうか。

本社に駐在している社員の職種や給与形態をまとめます。

企画

企画部の仕事は、キャリアから指示のあった営業目標を各店舗に振り分けたり、販売をしやすくするためにイベントを企画します。

店舗について詳しくないとできない仕事なので、もともと携帯販売店で働いていたスタッフが企画部に入り、スタッフの気持ちを考えて企画を進めます。

エリアマネージャーや各店舗の店長とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきます。

給与形態

月18万円~。

携帯販売店のスタッフと基本給は変わりませんが、スタッフ時代に昇給していればその給与がもらえます。

店長などから企画部に移る場合は、基本給がさらに高くなっています。

基本給次第にはなりますが、携帯販売店と比べると資格給や役職手当がつかないことや、残業が少なくなるため、手取りは減る傾向にあります。

法人営業

本社や大型の店舗に駐在し、法人に向けて営業をします。

営業職なので、電話や訪問での新規開拓や、既存のお客様へのヒアリング・ご提案・アフターフォローなど、携帯販売店とは違い外回りが多くなります。

数百台単位の新規契約や機種変更、プラン変更など大規模な仕事もあり、責任重大な仕事です。

法人相手なので携帯販売店とは違い、土日休み、年末年始休み、GW休みなどがあります。

給与形態

月20万円~。

法人営業は新入社員から入る部署というよりは、携帯販売店である程度経験を積んだスタッフが、異動により法人営業を担当することが多いです。

量販店勤務

大型の量販店に入っている携帯販売店での勤務の社員は、路面店などの携帯販売店とは仕事内容が少し異なります。

携帯販売店ではプラン相談や修理対応など、お客様へのアフターサービスに重きを置いているのに比べ、量販店では機種変更や新規受付など、とにかく機種を売ることがメインになります。

機種変更後の初期設定やデータコピーは携帯販売店にお願いし、修理対応などは取り扱っていません。

そのため、知識は携帯販売店よりは少なくて済みますが、呼び込みや他社比較など販売のためのスキルが必要になります。

携帯販売店よりさらに、土日の休みが取りづらくなります。

給与形態

月18万円~。

基本給は携帯販売店と変わりありません。

しかし、営業時間が携帯販売店より長くなることから残業が多く、残業代が多くもらえます。

エリアマネージャー

店長の次、または同等の役職がエリアマネージャーです。

エリアマネージャーは地域に1人配属され、5店舗前後の売上管理や人材管理を行います。

店舗の売り上げが悪いと本社とキャリアから指導を受ける、非常に責任重大な役職です。

携帯販売店に比べると資格手当が付かなくなるデメリットがありますが、店長レベルのスキルがある人材しかなれないので、基本給自体が高くなっています。

給与形態

月25万円~。

管理部

携帯販売店のシステムを管理する部署です。

レジのシステム確認や売上管理を確認し、日々ズレや不正がないかを確認しています。

また、携帯販売店では個人情報の取り扱いや情報漏洩に関してかなり厳しい指導を行っており、定期的に店舗に確認に行きます。

こちらもエリアマネージャー同様、ある程度の役職者しかなれないため、基本給自体が高くなっています。

給与形態

月25万円~。

雇用形態ごとにどんな違いが出てくるの?

月給や年収

携帯販売店で働く社員と本社で働く社員には、基本給の大きな差はありません。

しかし、携帯販売の仕事を経て本社勤務になった社員は、携帯販売店で培ったスキルが認められて基本給が上がっているケースもあります。

携帯販売店と違う点は、本社勤務になると残業が少なくなることと、資格手当がつかなくなることです。

これにより、月収では5万円以上、賞与では半期に30万円以上の差が出ることもあります。

給料以外における良い点と悪い点

給料面において、雇用形態や職種ごとに違いがあることはおわかりいただけたでしょうか。

では次に、給料以外における良い点と悪い点を挙げていきます。

正社員

良い点

正社員の良い点は、有給がある、昇給・昇格がある、役職がつく、賞与がある、安定した雇用、福利厚生が充実している、退職金がもらえるなどが挙げられます。

月に8~10日の休日がある携帯販売の仕事ですが、有給と夏休みなどの福利厚生を合わせて、1週間ほどの長期休みがもらえる会社もあります。

また、昇給・昇格は正社員にしかないメリットです。

責任感はのしかかりますが、どんどん上を目指していきたい人にはやりがいになります。

正社員であれば副店長・店長に昇格したり、本社勤務になれたりと、役職がつくこともメリットのひとつです。

また、賞与は働く糧となり、次の賞与を目指して働く社員も多くいます。

雇用されている安心感と、産休・育休など福利厚生が手厚いことも正社員の利点です。

悪い点

反対に悪い点は、異動がある、実績重視、責任感が問われるなどが挙げられます。

正社員の場合は全国各地にある携帯販売店への異動があります。

地域社員、全国社員によって異動の規模は変わりますが、県内・県外問わず2~3年で異動することが多いです。

また、担当業務をまかせられ責任重大になったり、販売実績が良くないと負い目を感じてしまったりと負担もあります。

派遣社員

良い点

派遣社員の良い点は、自由度が高いこと、派遣会社に相談できることです。

携帯販売店の仕事で一番大切なのはお客様応対で、これについては正社員であっても派遣社員であっても同じように行います。

そのため、残業は正社員と同じくらいありますし、販売実績も必要です。

しかし、もともと面接の際に『勤務時間は〇時~〇時まで』など条件をつけて入社する場合はその限りではありません。

正社員で入社する場合に言いづらいことでも、派遣会社を通すことである程度自由に働くことができる場合もあります。

悪い点

派遣期間に上限がある・契約期間満了の可能性があることです。

あくまで派遣社員なので、上長の判断によっては契約が終了し、また新たな仕事を探さなければならなくなる可能性があります。

この働き方は、こんな人におすすめ!

ここまで、携帯販売会社の給与や職種について紹介してきましたが、最後に携帯販売会社におけるおススメの働き方を紹介していきます。

正社員

前向きでやる気がある人におススメです。

携帯販売の仕事は、陰でブラック企業だと言われるほど過酷です。

大変な分、会社からの手当や待遇は手厚いですが、クレームが多いことや勤務時間が長いこと、残業が多かったり土日の休みが取れなかったりと、マイナスな点も多々あります。

若いうちに携帯販売会社に就職すると、何十年もの間携帯販売店の勤務になるので、40代近くになってくると制服が似合わなくなってきたり、立ち仕事が辛くなってきたりします。

また結婚して子供ができると、産休・育休を取得して時短で復帰できますが、子供や旦那さんと休みが合わないことや、子供の急病時に休まなくてはならず他のスタッフに大きな負担をかけてしまうこともあり、実際に出産後に復帰して何年も働ける人は、育休取得者の半分ほどです。

また、本社に駐在できる人は一握りなので、一生この仕事をするという人は、特に女性の場合は少ないです。

残業代がしっかりつき、資格手当も多くもらえることから、大手企業と同じくらいの年収になることもあり、しっかり稼ぎたい人にはおススメです。

契約社員

契約社員で入社すると、3~5年ほどで正社員に登用できます。

携帯販売会社は万年人材不足なので、未経験でも頑張れば確実に正社員になれます。

資格やスキル、経験はないけど正社員になりたいという人におススメです。

派遣社員

派遣社員を募集している携帯販売店はとても多いので、早めに働きたい人には良い働き口であると言えます。

時給も高く、正社員と同様の仕事内容を求められるので残業も多く、収入は高いです。

派遣の仕事には携帯関連の仕事が多くあるので、一度携帯販売の仕事をしておくことで次の仕事にもつながりやすくなります。

まとめ

ここまで、携帯販売会社の働き方や給与についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

携帯販売店で働く社員たちは、勤務時間が長く覚えることも多岐に渡り大変ですが、その分休みが多かったり給与が高いというメリットがあります。

また、未経験でも歓迎されていつかは正社員になることができるので、正社員を目標にしている人には働きやすい職場です。

ぜひ参考にしてみてください。


関連キーワード

携帯販売求人