接客の仕事は身近にあり、求人広告やネットで検索すると多くの求人募集を見つけることができます。

大手飲食店だけでなく個人経営のお店や飲食関連だけでなく、アパレル、スーパー、スマホショップなど色々なところで接客の仕事があります。

接客の仕事をしてみたいなと思っても、なかなかどんな仕事を選んでよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

実際に接客の仕事をしてみたいと思った時に求人募集で注目すべきポイント、求人内容の特徴など気になるポイントがいくつかあるかと思います。

今回は、そういった接客求人でよくある募集内容やおすすめの求人ポイント、よくある疑問などについてお話ししていきます。

接客求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

接客の仕事をするにあたり、仕事内容がどういったものがあるか知りたいところです。

大まかな仕事内容は、接客することですが、他にも店内の清掃、レジ打ちなどがあります。

接客求人にはどんな種類があるの?

接客の仕事をしてみたいと思ったらまずはチェックすべきは接客求人でどんなものが募集として出ているかです。

接客というと飲食店が多いイメージですが、実は、スマホショップ、パチンコ、受付など色々な仕事で接客という仕事が存在しています。

どの分野の接客がしたいか考えておく必要はあります。

接客求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

ショッピングモールなどのディベロッパータイプ

ディベロッパーとは、土地や建物を借り上げたり、買取して管理し、ショッピングモールなどの施設を設立し核となる店舗を運営している事業形態パターンです。

商店街などのテナントタイプ

商店街などのそれぞれのスーパーや薬局などはテナントタイプに分類されます。

それぞれが独立した店舗として運営しています。

接客求人の募集でよくある職種

飲食関連

接客求人で多いのはやはり飲食関連といえます。

カフェ、レストラン、居酒屋など飲食関連から色々と募集しています。

スマホショップ

店頭販売といえば、スマホショップも接客求人を募集しています。

アルバイトだけでなく派遣社員としても募集しているケースがあります。

小売業

スーパーやドラッグストアなども接客の求人を出しています。

飲食関連やスマホショップとは違い、レジを打つことがメインになりますが、場合によっては商品の陳列や棚卸などもあります。

接客求人でよくある募集内容とは?

接客求人でよくある募集は、飲食関連、小売業、スマホショップがあります。

他にも接客という点でいうと歯科や会社受付、パチンコのホールスタッフや化粧品販売などもあります。

あと、正社員、アルバイトや派遣スタッフと募集形態が分かれています。

給与相場

アルバイト:時給800円〜1,000円

派遣: 時給900円〜1,500円

正社員:月給18万〜25万円

職種にもよりますがおおよその平均はこのようになります。

相場の条件が変わるとすると都市部と郊外であったり、従事する職種によっては、時給が低かったり、高かったりします。

勤務時間や休日、残業

アルバイトの場合はシフトによりますが、学生だと1日約3-4時間ほどの勤務、パートや派遣だと約6-8時間の勤務、正社員は8時間が基本勤務時間になります。

残業については、基本的にアルバイトや派遣社員はないのですが、クリスマスや年末年始、大型連休など人手が不足する場合、残業の発生するケースがあります。

正社員の場合、会社によっては残業20時間分までもしくはみなし労働として規定時間までは残業手当を予め支給額に組み込んでいたりします。

福利厚生

福利厚生は、社会保険、厚生年金、雇用保険や交通費支給などがあります。

フルタイムで働いているアルバイトやパート、派遣社員には保険各種は適用されます。

会社によっては、社員寮、社内トレーニング、家賃補助制度があります。

正社員の場合は、有給休暇がありますが、アルバイトやパートにはありません。

最近は少なくなりましたが、まだ社員旅行を提供しているところもありますがこれも正社員のみの場合がほとんどです。

勤務場所

基本的には店舗勤務です。

正社員の場合は、近隣店舗へヘルプで借り出されたり、異動したり、支店や本社で会議に参加したりします。

アルバイトやパート、派遣社員の場合は、店舗勤務がメインになります。

求められる人物像

接客において求められる人物像は、コミュニケーションスキルが高い人、明るい人、気配りのできる人などは重宝されます。

最近は、外国語が話せる人、販売士などの資格を有している人、接客の仕事の経験者なども重宝されます。

必要なスキルや資格、経験

接客の仕事に従事するにあたり、必要なスキルや資格はありません。

そのため未経験者でも比較的従事しやすい職種になります。

ただ、あったらいいスキルとしては、観光地では外国人客が多いため、英語や外国語のスキルがあれば重宝されます。

他には、飲食関連ですと調理師や調理に関する知識、フードコーディネーターなどの資格があれば重宝されます。

ドラッグストアーやスーパー、化粧品の販売などだと販売士の資格や知識が必要に思えるかもしれませんが、これもあくまでもあれば重宝されますがないならなくても不採用の理由にはなりません。

接客のおすすめ求人のポイント

ここまで接客のメリットやよくある募集内容についてお話ししました。

次は実際に募集内容をみてどういうポイントがおすすめなのかどうか気になるところではないでしょうか?

ここでは接客求人のおすすめポイントについて紹介します。

未経験者歓迎

接客のおすすめとしては未経験者でも従事できるところです。

あれば役に立つ資格や知識はありますが、接客の仕事に従事するにあたり絶対に持っていないといけない資格やスキルはありません。

そのため、未経験者でも応募して働くことができます。

都市部が狙い目

アルバイトやパートは比較的、住んでいる場所から近いところを選ぶ傾向にあります。

小さい子供のいるパートさんの場合は難しいですがアルバイトや派遣社員の場合、郊外よりは都市部の方が時給は高いため、学校の帰り道、家から通勤可能な近場エリアに都市部があればおすすめです。

大手チェーン店は狙い目

未経験者だと応募する際に働く時に何も知らないから不安になります。

大手チェーン店だと基本的なマニュアルが用意されていて、接客用語についての座学や商品についてのレクチャーをしています。

実際にお店に出る前にこういったトレーニングを受けてOJTに入るため、未経験者で接客バイトに興味があるけどどこがいいかわからない場合、まずは大手チェーン店から始めてみるのも一つのおすすめポイントです。

観光地の店舗

接客バイトを通じてコミュニケーションスキルを高めて将来に活かしていきたい人は、観光地の店舗がおすすめです。

それは、外国語を使う機会が多いことです。

学生なら第二言語や英語を学習していますがなかなか使う機会に恵まれません。

しかし、昨今のインバウンド客の増加に伴い、観光地では英語や英語以外の外国語を使う機会があります。

外国語を使ってみたい人、習得したい人には一石二鳥の職場と言えるのでおすすめです。

接客求人についてよくある疑問

接客の仕事に興味を持ったけど、応募前に知りたいことって色々とあると思います。

ここでは、接客の求人に応募する前によくある疑問をまとめてみました。

応募前に参考にしてみて下さい。

面接でよく聞かれる質問は?

求人に応募するにあたって一番気になるところですし、接客の仕事に就くための第一歩とも言える面接で何を聞かれるか知りたいところです。

必ずしも聞かれるとは限りませんが、比較的よく聞かれる質問はアルバイトやパートの場合、「あなたの長所と短所は何ですか?」や「就業経験はありますか?」「この店舗を応募した理由は何ですか?」があります。

正社員の場合は、もう少し難易度の高い質問が用意されているケースがあります。

例えば、「入社後の目標はありますか?」、「5年後どうなっていたいですか?」、「学生時代に大変だったことはありますか?」「部活動での成功体験と失敗体験を教えて下さい。」などがあります。

残業はありますか?

残業は、アルバイトやパート、派遣社員だとほとんどないです。

ただし、ピークシーズンであるクリスマス、年末年始や大型連休時は、人手不足が発生しやすいですし、人が足りてても忙しくて手が回らないため、アルバイトやパート、派遣社員であっても残業をお願いされるケースがあります。

ただし、正社員ほどの強制力はないのであくまでもお願いベースになります。

正社員は逆に店舗の忙しさやアルバイトやパート、派遣社員のシフトの入り具合で少ないところに入らなければならないため、残業が発生するケースがあります。

特にピークシーズンは多い傾向にあります。

店舗の人間関係はどんなものですか?

店舗の人間関係は働く前に知りたいものです。

接客の仕事に関してはほとんどが体育会系のような雰囲気で仕事するケースがあります。

そのため、上下関係が厳しかったり、逆に上下関係が厳しいと上が下の世話をしっかりする制度があるので教育がしっかりしていることが多いです。

接客の仕事で社内が体育会系なのは、スポーツと同じくピーク時にいかに効率よく店舗に来店してくれるお客様の回転率を上げるかが課題になるため、中心となる人物がいることで円滑に回るケースがあります。

必要な資格やスキルはありますか?

接客の仕事をする時には、飲食店だと調理師やフードコーディネーターなどの資格が必要ではないか、ドラッグストアですと販売士の資格が必要かもしれないと思うことがあるかもしれませんが、実際はこれという資格を必要としているわけではありません。

もちろんあれば役に立ちますが、ないからといってダメというわけではありません。

つまり、未経験者であっても気軽に応募することができる職種の一つです。

シフトはどうなってますか?

実際に接客の仕事をするにあたり、アルバイトやパートですとシフトがどれだけ入れるのか?やシフトの融通が効くのかどうかは気になるところです。

ほとんどのお店は、シフトの自由度があります。

なぜなら、決まった期間でシフトの入れる入れないの希望を提出してそれを元にアルバイトやパート、派遣社員のシフトを作っていきます。

たくさん入りたい人は、希望シフトとして多くの希望を出せばそれだけシフトに入れる可能性は高くなりますし、土日祝にシフト入れる人は重宝されます。

バイト同士で仲良くなりますか?

店舗の人間関係についてと似たような質問になりますが、バイト同士仲良いかどうか、バイト同士で仲良くなれるかどうかは気になるポイントだと思います。

接客のバイト先はだいたいどこもバイト同士は仲良くなる傾向にあります。

それはよくコミュニケーションを取るためです。

もちろん合う合わないもありますが、お客様だけでなく、店のバイトスタッフの色々な人と知り合えるので仲良くなってプライベートで遊びに行ったり、仕事の後に飲みに行ったりは割とあります。

口下手ですが接客の仕事はできますか?

口下手だと向いていない人物としてのイメージを持たれがちですが、正直接客の仕事だからよく話さないといけないわけではありません。

口下手であってもお客様の話をしっかりと聞ける人であれば、決してコミュニケーション能力は低くないので接客の仕事をすることができます。

ただし、口下手=寡黙である場合は、あまり向いていると言えませんがこれも正直本人の意識次第で変えることが出来る部分ですので、口下手が100%ダメではないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

接客のバイトに興味を持ってもらえましたでしょうか?

接客の求人は身近にあふれていますし、誰もがバイトをするとなると応募したり、経験したりする仕事ではないかと思います。

そして、接客のバイトは意外と得るものが多いです。

コミュニケーションスキルや気配りなどは社会人になっても活かせますし、どこかの会社に入っても独立しても役立ちます。

外国語を使う機会があるなら将来のキャリアアップに確実に活きてきます。

この機会にバイト何かしたいと考えてる人、接客バイトをしてみたいと考えている人はぜひチャレンジしてみてください。

接客の正社員求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


接客求人についてもっと深堀りした情報を見る

英語接客求人にはどんな仕事がある?よくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

皆さん、英語に対してどういったイメージを持っていますか?話せない、難しいなどといったマイナスのイメージを持つ方が多いと思います。しかし、最近では英語に対して話してみたい、かっこいいといったプラスのイメージを持った人もまた多くいます。最近の日本では観光だけでなく、留学やビジネスなどでは多くの外国人の方が日本を訪れています。また日本に住み働く外国人の方がや日本人の方と結婚し、日本に住む外国人の方も多く増えてきました。街に出ると1日に1人は外国人の方を目にするのではないでしょうか?日本でも最近では外国人や英語といった言葉が昔に比べると少し身近に感じるのではないかと思います。そして今回はそんな英語を使

接客販売求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

接客販売は人気があり、色んな業種で仕事をされている方もたくさんいます。一番求人広告で記載をされているのは、接客販売が多いですね。食品販売、アパレル関係、その他雑貨などの販売もあります。自分にあった接客販売は何か?接客販売について詳しくお伝えしていきましょう。接客販売のおおまかな仕事内容接客販売とは何か?その名前の通りお客さんに接客をしながら商品を販売するものですね。分かりやすい例としてはアパレルショップと言った方が良いかもしれません。アパレルショップって自分で選ぶだけではなく、店員からこれが良いですよとおすすめしてもらった経験ってないですか?それと同じことを自分がしていく形になります。接客以外

接客パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?正社員とパートをやってみて、パートが良かった3個の理由も紹介!

パートを探しているときによく見かける接客パートは、様々な種類があるため、どの求人に応募をしようかと悩んでしまいがちです。そんな人のために、接客パートの求人内容について詳しく紹介します。さらに、接客パートの中でも特におすすめの求人や正社員との働き方の違い、接客パートの良さなど、知っておきたい情報も満載です。接客パートはどんな仕事?接客パートは、主にお客様と接することが多い仕事です。例えば、コンビニやスーパー、飲食店、アパレル、ホテルのフロント、テーマパークなどで、お客様に商品やサービスを提供することが仕事となります。常に笑顔でお客様の対応をすることが一番大切です。接客パートの大まかな仕事内容接客

接客の正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

接客の仕事はお客様と接する機会が多く、やりがいも大きいことが魅力です。カフェの店員やブランドショップ、アパレルショップの販売スタッフなど、接客業はおしゃれなイメージの職業でもあります。ここでは、そんな接客業の正社員求人について、募集内容やおすすめのポイントなど詳しくまとめました。さらに、接客の仕事内容や働き先はどんなところがあるかなども合わせてご紹介します。正社員で働きたいと考えている人は、応募するときの参考にしてみてください。接客のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容直接お客様の対応をして、商品の販売や提供をすることが主な仕事となります。例えば、レストランやカフェのなどのホールスタッフは、お

接客バイト求人でよくある募集職種や募集内容とおすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

接客バイトは、色々な職種で求められています。例えば、カフェやバーなどの飲食、スマホや携帯販売などの携帯ショップ、他にも家電量販店、ディスカウントショップなど様々な業界があります。接客バイトというと基本的にはお客様と接してお客様にサービスや商品の提供、レジ打ちなどがあります。今回は、接客バイト求人について詳しく解説します。接客バイトはどんな仕事?接客バイトは、業態によって若干異なりますが基本的には消費者、つまりお客様にサービスや商品を提供する窓口です。カフェならお客様を席に案内したり、注文をとったり、料理を提供したり、レジを打ったりしますし、スマホなどの販売だとお客様に商品の詳細を説明したり、サ

接客が向いている人の10個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

接客はお客様と接する仕事です。飲食店だけでなく家電量販店やスマホショップなどなど、生活の様々な面で接する機会のある仕事といえます。接客というくくりにしてみるなら、電車の販売員や実演販売なども接客の仕事といえますし、フライトアテンダントや船のスタッフも接客の仕事といえます。接客の仕事は、募集もどこかで常にあり、チャレンジしてみようと考える人も多いと思います。また、身近な職種ということもあり、ほとんど誰もがアルバイトで一度は経験したことがあるかと思います。ただ、その接客の仕事の経験やスキルが、実は就職や転職の時に活かせることはあまり考慮されていません。今回は、接客に向いている人がどんな人なのかにつ

接客の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや販売関連の職種について解説します

接客の仕事をしてみたいなと思ったものの、「接客って私に向いているの?」と不安になった経験がある方もいるのではないでしょうか。そんな方のためにこの記事では、接客の種類と向いているタイプを解説していきます。接客の仕事はどんな人に向いている?接客の仕事を続けるには、自分に合った職種を選ぶことが大切です。ここでは接客の仕事内容と種類をみていきましょう。接客の仕事内容「接客業」とはお客さまと接する仕事をいいます。衣類や雑貨、化粧品、家具などの物品から、レストランやカフェの飲食店も接客業と呼ばれます。特別な資格がなくても就ける仕事のため、誰にでもできると思われがちな一面も。しかし専門知識や礼儀作法、言葉遣


接客求人に関するコラム

派遣で接客の仕事をするまでの流れとは?経験者が派遣会社の選び方・登録方法・派遣先での働き方まで解説!

今すぐ仕事を始めたい、サービス業であってもきちんと労働時間が守られた働き方をしたい、限られた時間や期間内でもしっかりと稼ぎたい!という方におすすめなのが派遣従業員として働く接客業です。接客経験さえあれば特別なスキルは必要とせず派遣先に登録さえすればすぐにでも働き始めることができる職種で、アルバイト・パートよりも時給は高めの派遣接客業。期間を決めて働きたい方やサービス業の重労働に疲れてしまった方、社会復帰したい主婦の方などにとてもおすすめの働き方です。今回は派遣と接客業、2つの視点からご紹介していきましょう。人材派遣とは?まず、よく耳にし知っているようで知らない「派遣」と言う働き方についてご紹介

接客業の仕事内容12個の業務。接客のおすすめの仕事を紹介します!

接客業といっても、仕事内容は様々です。漠然と『接客業で働きたい』と考える方は多いでしょうし、私もその1人です。そこで、接客業で働きたい方に接客業とはどんな仕事があるのかお話していきます。接客業の仕事は大きく4個の役割に分けられる販売接客業と言ってまず出てくるのが販売で、お客様に自社の商品を販売し利益を得ます。一番オーソドックスな販売は、お客様が商品をレジで会計するものです。例えば、雑貨屋・服屋・靴屋・本屋・コンビニ等です。なんとなく想像つきましたか?そして次は携帯ショップ。携帯電話は契約が必要となあり、商品だけでは無く契約内容のご説明までする必要があります。更には様々なサービスの提案をしたりノ

接客業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある7個の原因と対策。

接客業は、どんなときでも常に笑顔を絶やさず丁寧に仕事をしなければいけないため、精神的にストレスを感じやすい職種でもあります。「疲れたな」「辛いな」と思いながら仕事をしていると、いつしか辞めたいという気持ちになってしまうことも。今まさに接客業を辞めたいと感じている人のために、なぜそう感じてしまうのかという原因とその対策を詳しくご紹介します。本当に接客を辞めてしまっていいのか、この機会にしっかり考えてみてくださいね。接客業を辞めたいと感じてしまう7個の原因と対策とは?「辞めたい」といっても、接客という仕事自体なのかそれとも職場内でのことなのか原因は人によって様々です。ここからは、接客業をしている人

接客業の仕事種類9選。この中から自分にあった接客の仕事を見つけましょう!

接客業は身近な仕事であり、誰もが一度は経験したことのある職種でもあります。未経験でも挑戦しやすく、専門的な技術や資格が必要ないためチャレンジしてみたいという人も多いはず。しかし、そんな接客業をなんとなくのイメージだけで選んでしまうと、ミスマッチが起こることもあります。こんなはずじゃなかったと後から後悔しないためにも、今回ご紹介する接客業に仕事種類とその内容についてしっかりチェックをして、自分に合う接客業を見つけてみましょう。接客はどんな仕事?接客業とはお客様の対応をして商品やサービスを提供する仕事です。お店や施設に来たお客様を笑顔で迎えて、快適に買い物をしてもらったり、サービスを受けてもらった

接客が苦手な人の原因とそれを乗り越えるための方法とは?私はこれで乗り切った!

接客と聞くと、人と関わる機会が多いから大変そうというイメージがありますよね?人と接する仕事は苦手と感じている人は多いのではないでしょうか。会話やコミュニケーションをすることが苦手という人のために、その原因をと克服する具体的な方法をご紹介します。苦手なことを少しでもポジティブにとらえて、接客の苦手意識を減らしていきましょう。接客はどんな仕事?接客は、お客様の対応をして商品やサービスを提供する仕事です。直接会話やコミュニケーションを取って働くため、丁寧さや臨機応変な対応などが求められます。接客の仕事をしているのは、スーパーやコンビニ、飲食店、アパレルショップ、病院の受付など普段から利用しているよう