接客の仕事はお客様と接する機会が多く、やりがいも大きいことが魅力です。

カフェの店員やブランドショップ、アパレルショップの販売スタッフなど、接客業はおしゃれなイメージの職業でもあります。

ここでは、そんな接客業の正社員求人について、募集内容やおすすめのポイントなど詳しくまとめました。

さらに、接客の仕事内容や働き先はどんなところがあるかなども合わせてご紹介します。

正社員で働きたいと考えている人は、応募するときの参考にしてみてください。

「接客の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

直接お客様の対応をして、商品の販売や提供をすることが主な仕事となります。

例えば、レストランやカフェのなどのホールスタッフは、お客様の注文を受けて料理をテーブルまで提供することが主な仕事です。

アパレルショップの販売スタッフはお客様に服をおすすめしたり、試着の対応をしたりと服を販売することが仕事となります。

接客の仕事は会社でどういう役割を求められる?

接客の仕事は、商品やサービスの向上に貢献することが役割です。

お客様の一番近くで仕事をしていることから、ニーズを的確に把握し、よりよい商品やサービスを生み出すことが求められます。

その役割を果たすことで会社の成長にもつながるため、重要な役割を担っています。

接客の働き先の種類にはどんなところがあるの?

接客といっても、様々な種類の職種があります。

どんな接客の仕事をしたのか具体的に考えておくことが必要です。

ここからは、接客業はどんな場所で働いていてるのか、仕事内容と合わせていくつかご紹介します。

飲食店

ホールスタッフとしてレストランや居酒屋、カフェなどで働くことができます。

飲食業の接客は、お客様を席まで誘導したり、注文を受けて料理を運んだりといった仕事をします。

楽しんで食事をしてもらえるために、細かい気配りをすることが大切です。

アパレル

大型ショッピングモールやアウトレット、百貨店などにあるアパレルショップで販売スタッフとして働きます。

服のおすすめや試着の誘導などお客様の様子を伺いながら、声をかけて接客することが基本です。

お客様をよく見て、その人に合った接客をする必要があります。

ホテルなどの宿泊施設

ビジネスホテルや旅館といった宿泊施設で働くフロントスタッフも接客の仕事に含まれます。

受付や予約の対応、宿泊施設の説明などをお客様にすることが主な仕事です。

この仕事では丁寧で柔軟な対応ができるかが求められます。

「接客の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客求人でよくある募集内容とは?

接客の正社員求人に応募する前には、しっかり募集内容を確認しておくことが大切です。

しかし、接客の仕事の種類は様々なため、給与や休日日数などはどの程度が適切なのか分からないという人も多いはず。

そこで、接客の求人の募集内容でよくある項目をまとめたので、求人を選ぶときの目安にしてみてください。

給与相場

地域や接客の仕事の種類によりますが、18万~23万円程度の給与が多くみられます。

店長やエリアマネージャーといった責任者へとキャリアアップを目指すことで、給与も上がっていくため向上心をもって取り組むことが重要です。

勤務時間や休日、残業

接客の仕事は、お店の開店や閉店を考慮した勤務時間を掲載している募集内容も少なくありません。

例えば、飲食店や販売店などは10時開店のお店では9時に出勤といった、開店準備や閉店の後片付けが含まれた勤務時間となります。

ただし、ホテルなどの宿泊施設の勤務は、早朝勤務や夜勤などがあるため注意が必要です。

実働勤務は8時間程度で、お客相手の仕事のため多少残業をする場合があります。

そして、休日は変動制の月に8日~10日程度の平日休みが多いです。

福利厚生や待遇

社会保険完備はもちろん、昇給や賞与、交通費支給と一般的な福利厚生や待遇がある会社がほとんどです。

その他には、社員割引や制服貸与といった接客の仕事ならではの待遇や、店舗数が多く、転勤がある会社は引っ越し手当が付くところもあります。

求められる人物像

お客様の対応が主な仕事のため、その人に合わせた柔軟な対応や細かい気配りや配慮ができる人が求められます。

さらに、初対面の人とも笑顔で話せる人や丁寧な言葉遣いができる人も重要視されているポイントのひとつです。

必要なスキルや資格、経験

スキルや資格は特に必要なく、未経験でも始められます。

人柄や話したときの雰囲気などを見て採用する会社も多くあるため、資格やスキルがないからと心配する必要はありません。

また、正社員でなくともアルバイトなどで接客や販売経験がある場合は優遇されることが多いため、大きな強みになります。

接客求人のおすすめ求人のポイント

ここまでは、接客の仕事の種類や募集内容を見ていきました。

では、次に接客の正社員求人の募集内容のなかで、どこに注目してみると良いのかおすすめのポイントをご紹介します。

研修制度がある

接客の仕事は未経験からでも可能で、初めてだと不安になることも多いはず。

さらに、正社員という責任がある立場のため、他のアルバイトやパートの人に迷惑をかけないかと心配になってしまうこともありますよね。

研修制度がある会社だと、しっかりと接客の仕事の基礎やお店のシステムなどが学べるため安心しては働くことができます。

そのため、研修制度有りと募集内容にある接客の求人はおすすめです。

勤務地が選べる

接客業では、店舗の数が多い会社が多くあるため、正社員だと異動や転勤という場合も少なくありません。

そのなかでも、勤務地が選べる接客求人はおすすめです。

自宅からかなり距離のある店舗や県外に配属される可能性が少なくなるため、なるべく自宅から近いところで働きたい人は、確認しておきましょう。

「接客の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客求人についてよくある疑問

最後に、接客の求人に対しての気になる疑問を解説していきます。

迷わずに応募するためにも、疑問点をしっかり確認しておきましょう。

きちんと休みはとれるの?

接客の仕事は忙しいイメージがあり、正社員となると休日出勤があるのではと不安に感じている人も多くいるのではないでしょうか。

実際はアルバイトやパートで働いている人が多く、さらに自分が休みの日は他の正社員も必ず何人か出勤しているため、安心して休みを取ることができます。

職場の雰囲気は?

接客という仕事柄、人と話すことが好きな人が多いため、業務外では和気あいあいとした雰囲気の職場が多いです。

しかし、仕事中は接客のプロフェッショナルとして上司から厳しく指導されることもあります。

それは、あくまでもお客様のためでもあるため、仕事中は気を引き締めて業務を行いましょう。

まとめ

接客の仕事は種類も多く、自分に合った仕事を見つけることも可能です。

快適に接客の仕事をするためにも、しっかり募集内容を確認して応募をしてください。


関連キーワード

接客求人

接客求人についてもっと深堀りした情報を見る

英語接客求人にはどんな仕事がある?よくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

皆さん、英語に対してどういったイメージを持っていますか?話せない、難しいなどといったマイナスのイメージを持つ方が多いと思います。しかし、最近では英語に対して話してみたい、かっこいいといったプラスのイメージを持った人もまた多くいます。最近の日本では観光だけでなく、留学やビジネスなどでは多くの外国人の方が日本を訪れています。また日本に住み働く外国人の方がや日本人の方と結婚し、日本に住む外国人の方も多く増えてきました。街に出ると1日に1人は外国人の方を目にするのではないでしょうか?日本でも最近では外国人や英語といった言葉が昔に比べると少し身近に感じるのではないかと思います。そして今回はそんな英語を使

接客販売求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

接客販売は人気があり、色んな業種で仕事をされている方もたくさんいます。一番求人広告で記載をされているのは、接客販売が多いですね。食品販売、アパレル関係、その他雑貨などの販売もあります。自分にあった接客販売は何か?接客販売について詳しくお伝えしていきましょう。接客販売のおおまかな仕事内容接客販売とは何か?その名前の通りお客さんに接客をしながら商品を販売するものですね。分かりやすい例としてはアパレルショップと言った方が良いかもしれません。アパレルショップって自分で選ぶだけではなく、店員からこれが良いですよとおすすめしてもらった経験ってないですか?それと同じことを自分がしていく形になります。接客以外

接客パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?正社員とパートをやってみて、パートが良かった3個の理由も紹介!

パートを探しているときによく見かける接客パートは、様々な種類があるため、どの求人に応募をしようかと悩んでしまいがちです。そんな人のために、接客パートの求人内容について詳しく紹介します。さらに、接客パートの中でも特におすすめの求人や正社員との働き方の違い、接客パートの良さなど、知っておきたい情報も満載です。接客パートはどんな仕事?接客パートは、主にお客様と接することが多い仕事です。例えば、コンビニやスーパー、飲食店、アパレル、ホテルのフロント、テーマパークなどで、お客様に商品やサービスを提供することが仕事となります。常に笑顔でお客様の対応をすることが一番大切です。接客パートの大まかな仕事内容接客

接客バイト求人でよくある募集職種や募集内容とおすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

接客バイトは、色々な職種で求められています。例えば、カフェやバーなどの飲食、スマホや携帯販売などの携帯ショップ、他にも家電量販店、ディスカウントショップなど様々な業界があります。接客バイトというと基本的にはお客様と接してお客様にサービスや商品の提供、レジ打ちなどがあります。今回は、接客バイト求人について詳しく解説します。接客バイトはどんな仕事?接客バイトは、業態によって若干異なりますが基本的には消費者、つまりお客様にサービスや商品を提供する窓口です。カフェならお客様を席に案内したり、注文をとったり、料理を提供したり、レジを打ったりしますし、スマホなどの販売だとお客様に商品の詳細を説明したり、サ

接客が向いている人の10個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

接客はお客様と接する仕事です。飲食店だけでなく家電量販店やスマホショップなどなど、生活の様々な面で接する機会のある仕事といえます。接客というくくりにしてみるなら、電車の販売員や実演販売なども接客の仕事といえますし、フライトアテンダントや船のスタッフも接客の仕事といえます。接客の仕事は、募集もどこかで常にあり、チャレンジしてみようと考える人も多いと思います。また、身近な職種ということもあり、ほとんど誰もがアルバイトで一度は経験したことがあるかと思います。ただ、その接客の仕事の経験やスキルが、実は就職や転職の時に活かせることはあまり考慮されていません。今回は、接客に向いている人がどんな人なのかにつ

接客の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや販売関連の職種について解説します

接客の仕事をしてみたいなと思ったものの、「接客って私に向いているの?」と不安になった経験がある方もいるのではないでしょうか。そんな方のためにこの記事では、接客の種類と向いているタイプを解説していきます。接客の仕事はどんな人に向いている?接客の仕事を続けるには、自分に合った職種を選ぶことが大切です。ここでは接客の仕事内容と種類をみていきましょう。接客の仕事内容「接客業」とはお客さまと接する仕事をいいます。衣類や雑貨、化粧品、家具などの物品から、レストランやカフェの飲食店も接客業と呼ばれます。特別な資格がなくても就ける仕事のため、誰にでもできると思われがちな一面も。しかし専門知識や礼儀作法、言葉遣