接客はお客様と接する仕事です。

飲食店だけでなく家電量販店やスマホショップなどなど、生活の様々な面で接する機会のある仕事といえます。

接客というくくりにしてみるなら、電車の販売員や実演販売なども接客の仕事といえますし、フライトアテンダントや船のスタッフも接客の仕事といえます。

接客の仕事は、募集もどこかで常にあり、チャレンジしてみようと考える人も多いと思います。

また、身近な職種ということもあり、ほとんど誰もがアルバイトで一度は経験したことがあるかと思います。

ただ、その接客の仕事の経験やスキルが、実は就職や転職の時に活かせることはあまり考慮されていません。

今回は、接客に向いている人がどんな人なのかについて紹介したいと思います。

また、接客の仕事を介して得れたスキルや経験は、転職の際に他の分野で活かせることについてもふれたいと思います。

転職やバイト探しの参考にしてみてください。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客とはどんな仕事?

接客とは、シンプルに言えばお客様に接客する事です。

ただ、シンプルですが簡単ではありません。

接客という仕事は意外と奥が深いです。

商品を製造するわけでなく、対人として接するのでマニュアル通りにならない事が多く、場面に応じて臨機応変な対応が求められます。

具体的に接客の仕事としては、いくつか例を挙げていきます。

飲食店の場合(イートインの場合)

  • 1.お客様を店内の席へ案内
  • 2.オーダーを取る
  • 3.商品の提供
  • 4.レジ

セルフサービスのお店の場合

  • 1.お客様のオーダーを取る
  • 2.レジ
  • 3.商品の提供

家電量販店の場合

  • 1.お客様にお声がけ
  • 2.お客様の悩みや要望をヒアリング
  • 3.お客様にあった商品の提案や探している商品のご案内
  • 4.レジへ案内
  • 5.レジ

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客の大まかな仕事内容

接客の大まかな仕事内容は、お客様に商品を提供したり、レジを打ったり、お客様を席まで案内する事です。

ただ、先にもお話しした通り、単純な作業に見えますが意外と柔軟性が必要であったり、コミュニケーションスキルが高い事が望ましかったりします。

接客が向いている人の10個の特徴とは?

接客をしている人はどんなタイプの人なのか、またどういったタイプの人が向いているか知りたいところです。

接客の仕事をするにあたり自分がどういうタイプなのか向いてるのかを知れたらいいですよね。

ここでは、10個の接客が向いている人のタイプを紹介します。

ただし、あくまでも参考にして下さい。

必ずしもこうでなければならないわけではありません。

未経験で始める場合、必ずこの要件を満たしているかどうかわからないことが多いです。

こういうタイプの人は採用されやすい、接客に向いているんだなという程度に参考にしてもらえたら嬉しいです。

人と接することが好きな人

接客はやはり対人になります。

そのため人と接することが当然多いので人と接することが苦な人には向いてません。

人と接すること人と話すことが好きな人には向いています。

人を喜ばせるのが好きな人

普段、友達などにサプライズしたりお世話をしたり、みんなのまとめ役をして周りを喜ばせるのが好きな人は、接客に向いています。

それは接客時にお客様への細かな気配りができる傾向にあり、お客様をどう喜ばせるか考えて行動する傾向にあるため、人を喜ばせるのが好きな人は接客に向いています。

コミュニケーションスキル高い人

普段から友達や家族とかとコミュニケーションを積極的にとったり、周りの雰囲気や状況をよく理解して発言したりする人、コミュニケーションスキルの高い人は、接客に向いています。

それは接客時にお客様の状況をよく聞き出し把握する傾向があるためです。

コミュニケーションスキルが高い人は、接客時も積極的にコミュニケーションを取れますし、コミュニケーションをとる事に対して臆することがないので接客に向いています。

色々な人に出会いたい人

接客の醍醐味ややりがいの一つでもありますが、接客をするということは人と出会うことです。

接客を通じて色々な人に出会います。

そのため、色々な人に出会いたい人、色々な人に出会うことが好きな人は、接客に向いていると言えます。

好奇心が強い人

好奇心が強い人は、接客バイトに向いています。

色々な人と出会ったり、職場によってはイベントなどがあり、いつも通りだとかマニュアル通りに事が進まないのも接客バイトで経験します。

人を相手にして仕事をするので当然ですので好奇心が強い人ほど刺激的なことにも強いので接客の仕事に向いていると言えます。

マメな人

接客の仕事は、マメにお客様の状況をチェックしておく必要があります。

飲食店だと何か必要なのか、水は足りてるかやアパレルだと何を探しているのかなど、店員のサポートが必要としているかどうかをチェックしておかなければなりません。

また、マメに声かけしたりすることでお客様に喜ばれたりしますのでマメな人は、接客に向いています。

気配りができる人

気配りができる人も接客の仕事に向いています。

相手がどんなことをしてほしいか察したり、お客様がみやすいように陳列し直したり、並んでいる人にメニューなどを持って行ったりすると喜ばれます。

目標を持って取り組める人

どの仕事にも共通していることですが、目標を持って取り組める人は接客の仕事を続けていくことができます。

目標を持って接客の仕事に取り組んでいる人はやはりモチベーションを保つことが上手ですし、今の自分自身とよく向き合って今だけでなく将来に向けて仕事をこなしていくため、接客の仕事においても目標を持って仕事に取り組める人は向いています。

柔軟性がある人

接客の仕事は常にマニュアル通りには行きません。

その都度その都度柔軟な対応が求められます。

時にはマニュアルにないことを求められますがそれも柔軟に対応する必要があります。

落ち着いて臨機応変にその場の状況を見極めれる人は、重宝されますし、リーダー役としてかわれるケースもあります。

チャレンジ精神がある人

接客は、日々変化します。

色々なお客様がいて意外と色々な出来事に出くわします。

その都度、士気を下げてたり、落ち込んでいたら何も変わりません。

常にチャレンジし続ける精神を持ち続けられる人は、接客に向いているといえます。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客が向いていない人の5個の特徴とは?

先ほど接客に向いている人について話ししましたが、逆に接客に向いていない人はどんな人がいるのか気になると思います。

ここでは接客に向いていない人の特徴を紹介します。

体力に自信のない人

接客の仕事は大体立ち仕事が多く、体力を必要としています。

そのため、体力に自身がないとなかなか仕事をすることが難しいため、体力に自身がない場合、接客の仕事に向いているとは言い辛いです。

マニュアル対応しかしない人

接客は、マニュアル通りにことが進みません。

それは人を相手にしているからです。

お客様は常に人であってロボットとかではありません。

そのため、接客マニュアルやマニュアルを遵守することは大切ですが、全てがマニュアルに記載されているわけではなく柔軟に対応することも大切です。

そのため、マニュアルのことしかできない人、マニュアル対応しかしたくない人は、接客の仕事に向いているとは言えません。

言い訳する人

全ての言い訳が悪いというわけではありませんが、常に変化している接客の現場においてこうならないからもういいとか、都合が悪いからやらないというのはご法度です。

言い訳をして向上心をなくすことは接客の仕事に向いているとは言えません。

不潔な人、身だしなみに注意を払えない人

身だしなみは接客においてとても大切な要素です。

身だしなみに注意が払えない人、意識しない人は接客に向いていません。

身だしなみがよくなかったり、不潔な人はお客様に不快感を与えることになり、お店の信用を落としてしまいかねません。

笑顔を作れない人、作ろうとしない人

笑顔が作れない人、作ろうとしない人は接客に向いているとは言えません。

満面の笑みを浮かべる必要はありませんが、最低限の笑顔を持って接客することは大切です。

意識して笑顔を作ろうとしない人は接客の仕事には向いていません。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客のスキルを伸ばすには?

先ほどはどういった人が向いているのかについて書きました。

当てはまっていたらぜひ接客の仕事にチャレンジして欲しいです。

ただ、中にはどれも当てはまってないもしくは当てはまってるかどうかわからない、他には自信がないなんて思った人もいるかもしれません。

それでも接客の仕事をしてみたいと思っている人に接客のスキルを伸ばす方法、コツを紹介します。

笑顔の練習

接客の仕事に従事するにあたり、笑顔を作ることは大切です。

笑顔の接客をしてもらえると自分がお客様の立場にたって考えると悪い気はしません。

では、笑顔の練習はどうやってしたらいいでしょうか?

笑顔の練習は、朝、歯を磨く時や身だしなみを整える時に鏡に向かって練習するだけです。

どういう笑顔を作っていいかわからない人は、お箸などを口に押し込み、口角を上げるように意識してみて下さい。

そうすれば笑顔を作ることができます。

接客のロールプレイング

初めて接客をする人、接客の仕事になかなか馴染めない人は、ロールプレイングをこなしましょう。

職場のスタッフに頼めればいいのですが、最初はなかなか難しいかもしれません。

一人でもできるロールプレイングとしては、スマホの録音機能を使い、お客様のセリフを想定して吹き込み、再生してそのセリフに対して自ら接客をしてみるのがおすすめです。

他には家族や友達などに手伝ってもらえるなら手伝ってもらってもらいましょう。

接客用語やセリフをあらかじめ書いてみる

ロールプレイングができたらいいのですが、それでも最初は何を話していいかわからないという人もいるかもしれません。

その場合、基本的な接客の流れを紙に書き話してみましょう。

実際の接客の仕事ではそっくりそのまま使うことは難しいですが、何度かセリフを覚えて慣れてくると接客も自然とこなすことができます。

言葉遣いに注意を払う

言葉遣いに注意を払うということは、普段の言葉遣いもそうですが、実際に自分が使っている日本語があってるかどうかを意識的にチェックすることが大切です。

よくある間違った接客用語に「1,000円から頂戴します。」や「こちらでよろしかったでしょうか?」などがあります。

何気に使ってしまいますが間違っている場合があるので、ふとした時に自分が使った言葉があってるかどうか定期的にチェックしてみて下さい。

身だしなみを意識する

接客の仕事をする上では身だしなみや清潔感は大切なことです。

お店では入店前に身だしなみをチェックするところもありますし、ほとんどのチェーン店は制服の着方、制服の汚れでチェックするポイントを紹介しています。

普段の身だしなみに注意を払って意識することで仕事の際の身だしなみにも自然と意識が向きます。

訓練という意味では普段から身だしなみを意識することが大切です。

日常生活で受けた接客を参考にする

普段の生活で自身がお客様として接客を受けることがあると思います。

その際に受けた接客でよかったこと、改善したほうがいいところなどを参考にして自身の改善点、ステップアップにつなげましょう。

意外と自分ではない他の人がやっているところをみると気づくことが多いのですが、自分が仕事をしていると意外と気づかないことが多いです。

そのため、日々の生活でも参考にできるところはどんどん参考にしていきましょう。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客の仕事を通じて得られるスキルやメリットとは?

接客の仕事したらどんなメリットやどんなスキルを得れるか、これから接客の仕事を考えている人には気になるポイントかと思います。

特別な資格もスキルも必要ないなら何が身につくのか、どういうメリットがあって将来に活かせるのかもう少し詳しく話していきます。

コミュニケーションスキルが上がる

もちろんですが、コミュニケーションスキルが上がります。

常に誰かとコミュニケーションをとる環境下にありますのでコミュニケーションスキルは必然的に上がります。

ただし、コミュニケーションスキル=話が上手になる、おしゃべりになるというわけではありません。

言葉のキャッチボールがしっかりでき、相手の言いたいことをきちんと聞いて理解するスキルが身につくということです。

臨機応変な対応が身につく

その場その場で柔軟な対応を求められる接客の仕事は、臨機応変に対応するスキルが身につきます。

臨機応変に対応するスキルが身につくと営業職やホテルスタッフなどの仕事にそのスキルを活かすことができます。

身だしなみや清潔感に注意を払う

接客の仕事は、常にお客様と対峙して行う仕事です。

そのため、身だしなみが良くなかったり清潔感がないとお客様の信頼を損ねたりしかねません。

接客の仕事をするにあたりほぼ全てのお店で身だしなみについて規定を設けていたり、チェック項目があります。

お店のフロントラインに立つ接客の身だしなみや清潔感があればお客様の信頼を得る一つの要因になります。

また、大手チェーンはマニュアル化して身だしなみのチェック項目を設け、入店前にはアルバイトもしくは社員でお互いにチェックし合う制度を設けているところもあります。

馴染みのない人には意外かもしれませんが、接客の仕事は、コミュニケーションスキルと同じで身だしなみや清潔感も大切になります。

そのため、日頃から身だしなみや清潔感に注意を払うようになるため、正社員として働き出したり、転職した際に役立つスキルと言えます。

商品の知識がつく

商品知識は接客の用語や身だしなみ同様、自然と身につきます。

商品知識が身につくと自信を持ってお客様に説明できますし、商品について深く知れば知るほどコミュニケーションのネタになります。

また、しっかりとした商品知識を持つことでアルバイトであっても新人教育を担うことができたり、正社員に昇格する際の昇進試験などに役立ちます。

同業での転職の際にも即戦力として採用してもらえるので役立つスキルと言えます。

言葉遣いに注意を払える

接客をするにあたり言葉遣いはとても大切な要素です。

そのため、言葉遣いには注意を払うようになります。

敬語や間違った用語を使わないように注意を払うことは、将来的に採用試験や転職の際のインタビューにもつながるため、役に立つスキルといえます。

アイコンタクトで話すことができる

接客する上で基本となりますがアイコンタクトをすることは大切です。

日々の接客をこなしていくと身につくスキルですが、当たり前であってなかなか習得が難しいです。

しかし、アイコンタクトで話をすることができるようになれば、接客のシーンでもお客様の表情がよくわかり仕事がしやすくなるだけでなく、仕事仲間との意思疎通の場でもアイコンタクトをしてコミュニケーションをすることで仕事が円滑になります。

また、将来的に転職や他の仕事へ移った際もアイコンタクトをして話すことで、しっかりとしたコミュニケーションが取れるので後々にも役立つスキルといえます。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

接客の仕事を経験した上で転職やバイトを考えた時に活かせる接客のスキルが活かせる分野、職種にどんなものがあるか気になります。

実は、接客の仕事で得たスキルはほとんどの職種に共通するスキルがあるため、色々なフィールドに役立ちます。

転職やバイトで新たに接客を通じて身につけたスキルを次の仕事に活かせる職種を紹介していきます。

営業職

接客のスキルが活かせる代表格とも言えるのが営業職です。

接客と違うところは営業職の場合、自らお客様に電話をしたり、メールをしたり、場合によっては訪問したりするところが違います。

接客の仕事はほとんどが来店したお客様を接客するところなので異なりますが、基本となるお客様と接して商品を提供したり、サービスを提供したりすることは共通しているので接客のスキルは活かすことができます。

受付・事務

接客のスキルを活かすのに向いている職種として受付・事務があります。

接客と同じく来社したお客様をもてなすので共通点が多く、接客のスキルを活かせやすく、接客の仕事から転職して比較的馴染みやすい職種といえます。

他にも接客の仕事に通ずるコミュニケーションスキルや気配りは、受付や事務の仕事に大いに役立ちます。

カスタマーサポートセンター

接客のスキルを活かすならカスタマーサポートセンターもあります。

接客の仕事とは違い、ほとんどが電話での対応になるため、直接お客様の顔を見たり、お客様と会ったりする機会は少ないですが、接客のスキルとして身につけたコミュニケーションスキルは活かすことができます。

ホテルスタッフ

ホテルスタッフの仕事は、接客の仕事を介して習得したスキルが活かせます。

ホテルスタッフの仕事は、お客様とのコミュニケーションをとって接客するシーンも多いため、接客の仕事介して得たスキルを余すことなく活かせる職種といえます。

写真スタジオスタッフ

接客の仕事のスキルを活かすのに写真スタジオスタッフも最適といえます。

接客する場面もありますし、お客様の写真を撮るに際して要望を聞いたりコミュニケーションを頻繁にとるため、接客の仕事で得たスキルを活かせる職種です。

ショールームアテンダント

自動車やモデルルームなどでお客様をもてなしているのがショールームアテンダントです。

正式にはショールームアテンダントという職種名はありませんが、接客のスキルを活かすのに向いている仕事ではあります。

展示されている自動車について説明したり、お客様の要望を聞いたり、モデルルームなどでは実際にお客様の要望だけでなく、お客様と一緒に構想を練っていきますので接客のスキルは活きます。

フライトアテンダント

接客のバイトを経験した人の多くは意外とフライトアテンダントとしてスキルを活かしていることが多いです。

飛行機内でお客様をもてなすのは接客の仕事と共通しているため、コミュニケーションスキルは活きます。

また、お客様をおもてなすので人と接することが好きな人や喜ばせることが好きな人で接客の仕事に従事していた人の多くは、このフライトアテンダントを目指したりしますので接客のスキルは無駄になりません。

看護師

看護師の資格が必要とはなりますが、看護師も接客の仕事を介して得たスキルが役立つ職種といえます。

日々色々な患者に出会いますし、入院している患者とのコミュニケーション、来院した患者とのコミュニケーションなど色々な人とコミュニケーションをとりますので接客のスキルは大いに役立ちます。

介護関連

介護関連も職種によっては資格が必要となりますが、介護関連も接客のスキルが役立つ職種です。

介護関連も接客と同じく常に人を相手にしてお世話をします。

ただ闇雲にやるだけでは意味がありません。

その都度、年配の方や障害を持った方々とコミュニケーションをとって介護をしなければなりません。

そのため、接客で身につけたコミュニケーションスキルが役立つのともてなす精神は確実に活かせます。

これから接客の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

接客の仕事を始めるのに多くの人が疑問に思うことは、どういうスキルが必要なのか?であったり、口下手だから向いていないのかも?などがあるかと思います。

接客の仕事は、確かにコミュニケーションスキルが高い人ほど向いていますし、採用する側もコミュニケーションスキルが高い人を歓迎する傾向にはあります。

ただ、口下手だから上手にしゃべることができないので接客に向いていないかというとそうではなく、いかに向上心を持って接客の仕事をしていくか接客の仕事に取り組んでいけるかをアピールすることが大切です。

つまり、接客の仕事に特別な資格があるわけではなく、誰でも応募できるので自身のチャレンジ精神と好奇心があれば、口下手であっても接客の仕事をすることができますし、実際に仕事を始めてから改善していくこともあります。

実際に接客のバイトで口下手で特別な資格を有していない人が、接客の仕事を介してコミュニケーションスキルを高めて営業職に就いたり、フライトアテンダントになったりするケースはたくさんあります。

向いている向いていないもありますが、接客の仕事にチャレンジしてみたいという気持ちがあるなら、これから接客の仕事をはじめるにはチャレンジ精神を持つことが大切といえます。

接客の仕事で就職するために

接客の仕事をやりたいと思ったらやることは、実は特にありません。

何か特別なスキルが必要なわけでもありませんし、事前に本などを読んで学習する必要もありません。

強いていうなら接客の仕事をしたい、就職したい、もしくは就職が決まった時にやっておくと役立つのは実際に接客を受けてみることです。

良かったポイント、足りないと感じたポイントをメモしたり、直接メモするのは気がひける人は、スマホのメモ機能に打ち込んでおくと後々役立ってきます。

資格は必要?

結論から言うとあれば重宝される資格もありますが、必ずしも資格が必要というわけではありません。

そのため、未経験者でも比較的始めやすい職種です。

もちろん資格があることで時給アップやシフトの融通がさらに効くとかはあります。

もし、予め資格を取得したいという場合は、販売士や接客に関する資格などに挑戦してみてもいいかもしれません。

他には、例えば飲食店やマッサージ店などで将来的に独立をしたいと考えている場合、「防火管理責任者」という資格は取っておいて損はありません。

働く先で何か有利になるとか時給がアップするというわけではありませんし、独立した店舗で必ず必要かというとそういうわけでもありません。

ただ、不特定多数の人が出入りする場所で店舗を構える場合、ショッピングモールや商店街のテナントとしてお店を出店する場合には必要となる資格ですので、取得できるなら将来を見据えて取得しておくのはいいと思います。

必要なスキルや経験は?

必要なスキルや経験も資格同様、あれば重宝されますが、必ずしも持っていないといけないわけではありません。

未経験から始めて経験を積んでスキルを磨くことは十分可能です。

もしあれば重宝される経験は、接客経験、営業経験、実演販売経験などです。

スキルとしては、コミュニケーションスキルや商品に関しての知識があれば重宝されます。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験を接客の仕事に活かせる職種

先に接客の仕事を経験した上で転職等を別業種へした場合、どういった仕事で接客の仕事を介して習得したスキルや経験活かせるかを紹介しました。

ここでは逆にどういった仕事を経験してそこで得たスキルを接客の仕事に活かすことができるか紹介します。

電車内販売

電車内販売員の経験がある場合、販売員として得たスキルは、接客の仕事に活かすことができます。

車内販売も接客の仕事になりますのでその経験を活かして飲食店やスーパー、ドラッグストアに転職してもスキルや経験は即戦力として重宝してもらえます。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターを経験して接客の仕事をする場合、こちらも即戦力として期待してもらえます。

ツアーコンダクターの仕事の中にはお客様を引率して観光地を回ります。

そのため、常にお客様への気配り、コミュニケーションやリーダーシップを必要としており、これらの能力やスキルは接客の仕事に通じます。

ツアーコンダクターの求人募集を探す時は、こちらの記事を参考に!

実演販売

実演販売で培ったトーク力や提案力は、接客の仕事に大いに役立ちます。

実際に作業しながらトークをしてお客様の興味をひくと仕事なので、実演販売を経験して得たスキルは、飲食店や家電量販店などの接客に活かすことができます。

営業職

接客の経験は営業職に活きますが、逆に営業職の経験は接客の仕事に活かせます。

コミュニケーションスキルやマメさ、身だしなみや清潔感など共通する部分も多く、即戦力として活躍できます。

営業職と接客の仕事の違いは、お客様が買う意思を持って来るか来ないかなので、営業を経験した後の接客の仕事は比較的やりやすく馴染みやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

接客の仕事は思っていた以上に面白いものであることがわかって頂いたと思います。

正社員じゃなくてもアルバイトやパートで経験を積んでステップアップもいいですし、将来の独立に役立てることもできます。

もちろんそのまま正社員として働き続けるのも面白いと思います。

未経験でも比較的始めやすい仕事かつ時給も悪いわけではありません。

何か仕事やバイトを始めたいけど何から始めていいかわからないなんて人は、まず接客の仕事をしてみてはいかがでしょうか?

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際に接客バイトの求人募集を探す時は、こちらの記事を参考に!

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

接客求人

接客求人についてもっと深堀りした情報を見る

英語接客求人にはどんな仕事がある?よくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

皆さん、英語に対してどういったイメージを持っていますか?話せない、難しいなどといったマイナスのイメージを持つ方が多いと思います。しかし、最近では英語に対して話してみたい、かっこいいといったプラスのイメージを持った人もまた多くいます。最近の日本では観光だけでなく、留学やビジネスなどでは多くの外国人の方が日本を訪れています。また日本に住み働く外国人の方がや日本人の方と結婚し、日本に住む外国人の方も多く増えてきました。街に出ると1日に1人は外国人の方を目にするのではないでしょうか?日本でも最近では外国人や英語といった言葉が昔に比べると少し身近に感じるのではないかと思います。そして今回はそんな英語を使

接客販売求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

接客販売は人気があり、色んな業種で仕事をされている方もたくさんいます。一番求人広告で記載をされているのは、接客販売が多いですね。食品販売、アパレル関係、その他雑貨などの販売もあります。自分にあった接客販売は何か?接客販売について詳しくお伝えしていきましょう。接客販売のおおまかな仕事内容接客販売とは何か?その名前の通りお客さんに接客をしながら商品を販売するものですね。分かりやすい例としてはアパレルショップと言った方が良いかもしれません。アパレルショップって自分で選ぶだけではなく、店員からこれが良いですよとおすすめしてもらった経験ってないですか?それと同じことを自分がしていく形になります。接客以外

接客パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?正社員とパートをやってみて、パートが良かった3個の理由も紹介!

パートを探しているときによく見かける接客パートは、様々な種類があるため、どの求人に応募をしようかと悩んでしまいがちです。そんな人のために、接客パートの求人内容について詳しく紹介します。さらに、接客パートの中でも特におすすめの求人や正社員との働き方の違い、接客パートの良さなど、知っておきたい情報も満載です。接客パートはどんな仕事?接客パートは、主にお客様と接することが多い仕事です。例えば、コンビニやスーパー、飲食店、アパレル、ホテルのフロント、テーマパークなどで、お客様に商品やサービスを提供することが仕事となります。常に笑顔でお客様の対応をすることが一番大切です。接客パートの大まかな仕事内容接客

接客の正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

接客の仕事はお客様と接する機会が多く、やりがいも大きいことが魅力です。カフェの店員やブランドショップ、アパレルショップの販売スタッフなど、接客業はおしゃれなイメージの職業でもあります。ここでは、そんな接客業の正社員求人について、募集内容やおすすめのポイントなど詳しくまとめました。さらに、接客の仕事内容や働き先はどんなところがあるかなども合わせてご紹介します。正社員で働きたいと考えている人は、応募するときの参考にしてみてください。接客のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容直接お客様の対応をして、商品の販売や提供をすることが主な仕事となります。例えば、レストランやカフェのなどのホールスタッフは、お

接客バイト求人でよくある募集職種や募集内容とおすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

接客バイトは、色々な職種で求められています。例えば、カフェやバーなどの飲食、スマホや携帯販売などの携帯ショップ、他にも家電量販店、ディスカウントショップなど様々な業界があります。接客バイトというと基本的にはお客様と接してお客様にサービスや商品の提供、レジ打ちなどがあります。今回は、接客バイト求人について詳しく解説します。接客バイトはどんな仕事?接客バイトは、業態によって若干異なりますが基本的には消費者、つまりお客様にサービスや商品を提供する窓口です。カフェならお客様を席に案内したり、注文をとったり、料理を提供したり、レジを打ったりしますし、スマホなどの販売だとお客様に商品の詳細を説明したり、サ

接客の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや販売関連の職種について解説します

接客の仕事をしてみたいなと思ったものの、「接客って私に向いているの?」と不安になった経験がある方もいるのではないでしょうか。そんな方のためにこの記事では、接客の種類と向いているタイプを解説していきます。接客の仕事はどんな人に向いている?接客の仕事を続けるには、自分に合った職種を選ぶことが大切です。ここでは接客の仕事内容と種類をみていきましょう。接客の仕事内容「接客業」とはお客さまと接する仕事をいいます。衣類や雑貨、化粧品、家具などの物品から、レストランやカフェの飲食店も接客業と呼ばれます。特別な資格がなくても就ける仕事のため、誰にでもできると思われがちな一面も。しかし専門知識や礼儀作法、言葉遣