接客はお客様と接する仕事です。

飲食店だけでなく家電量販店やスマホショップなど、生活の様々な面で接する機会のある仕事と言えます。

接客という括りにするなら、百貨店の販売員や実演販売なども接客の仕事と言えますし、キャビンアテンダントや船のスタッフも接客の仕事と言えます。

接客の仕事は募集も常にあり、チャレンジしてみようと考える人も多いと思います。

また身近な職種ということもあり、ほとんど誰もがアルバイトで一度は経験したことがあるかと思います。

ただ、その接客の仕事の経験やスキルが実は就職や転職の時に活かせるということはまだあまり考慮されていません。

今回は、接客に向いている人がどういった人なのかについてご紹介したいと思います。

また接客の仕事を通じて得られたスキルや経験は、転職の際に他の分野で活かせることについても触れたいと思います。

転職やアルバイトを探す際の参考にしてみて下さい。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客とはどんな仕事?

接客とは、シンプルに言えばお客様に接客をすることです。

シンプルに見えますが簡単ではありません。

接客という仕事は意外と奥が深いのです。

商品を製造するわけではなく、対人と接するのでマニュアル通りにならないことが多く、場面に応じて臨機応変な対応が求められます。

具体的に接客の仕事として、いくつか例を挙げていきます。

飲食店の場合の接客(イートインの場合)

  • 1.お客様を店内の席へ案内
  • 2.オーダーを取る
  • 3.商品の提供
  • 4.レジ

セルフサービスのお店の場合の接客

  • 1.お客様のオーダーを取る
  • 2.レジ
  • 3.商品の提供

家電量販店の場合の接客

  • 1.お客様にお声がけ
  • 2.お客様の悩みや要望をヒアリング
  • 3.お客様に合った商品の提案や探している商品のご案内
  • 4.レジへ案内
  • 5.レジ

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その他詳しい仕事内容については、以下の記事をご覧下さい。

接客が向いている人の10個の特徴とは?

接客をしている人はどんなタイプの人なのか、またどういったタイプの人が向いているか知りたいという方も多いと思います。

接客の仕事をするにあたり、自分がどういうタイプなのか知ることができたら良いですよね。

ここでは、10個の接客が向いている人のタイプを紹介します。

但し、必ずしもこうでなければならないというわけではありません。

未経験で始める場合は、これらの特徴を満たしているかどうか分からない場合が多いです。

こういうタイプの人は採用されやすい、接客に向いているのだなという程度に参考にしていただけたら嬉しいです。

人と接することが好きな人

接客は当然のことながら人と接することが多いため、人と接することが苦な人には向いていません。

人と接すること、話すことが好きな人に向いています。

人を喜ばせるのが好きな人

普段友達などにサプライズをしたり、お世話をしたり、みんなのまとめ役をして周りを喜ばせるのが好きな人は接客に向いています。

それは接客時にお客様への細かな気配りができる傾向にあり、お客様をどう喜ばせるか考えて行動する傾向にあるからです。

人を喜ばせるのが好きと思う人は接客に向いているでしょう。

コミュニケーションスキルの高い人

普段から友達や家族とコミュニケーションを積極的に取ったり、周りの雰囲気や状況をよく理解して発言をする人、コミュニケーションスキルの高い人は接客に向いています。

そういった方は接客時にお客様の状況をよく聞き出し把握する傾向があるからです。

コミュニケーションスキルの高い人は接客時も積極的にコミュニケーションを取れますし、コミュニケーションを取ることに対して臆することがないので接客に向いています。

様々な人に出会いたい人

接客の醍醐味ややり甲斐の一つでもありますが、接客をするということは人と出会うことです。

接客を通じて様々な人に出会います。

そのため、様々な人に出会いたい人、出会うことが好きな人は接客に向いていると言えます。

好奇心が強い人

好奇心が強い人は、接客バイトに向いています。

様々な人と出会ったり、職場によってはイベントなどがあり、マニュアル通りに事が進まないのも接客バイトで経験します。

人を相手にして仕事をするので、好奇心が強い人ほど刺激的なことに強く、接客の仕事に向いていると言えます。

マメな人

接客の仕事はマメにお客様の状況をチェックしておく必要があります。

飲食店だと何か必要なのか、水は足りているか、アパレルだとお客様は何を探しているのか、店員のサポートが必要としているかどうかをチェックしておかなければなりません。

また、マメに声かけしたりすることでお客様に喜ばれますので、マメな人は接客に向いています。

気配りができる人

気配りができる人も接客の仕事に向いています。

相手がどんなことをしてほしいかを察したり、お客様が見やすいように陳列し直したり、並んでいる人にメニューを持って行ったりすると喜ばれます。

目標を持って取り組める人

どの仕事にも共通していることですが、目標を持って取り組める人は接客の仕事を続けていくことができます。

目標を持って接客の仕事に取り組んでいる人はやはりモチベーションを保つことが上手ですし、今の自分自身とよく向き合って今だけでなく将来に向けて仕事をこなしていくので、接客の仕事においても目標を持って仕事に取り組める人は向いています。

柔軟性がある人

接客の仕事は常にマニュアル通りにはいきません。

その都度その都度柔軟な対応が求められます。

時にはマニュアルにないことを求められますが、そういうことに対しても柔軟に対応する必要があります。

落ち着いて臨機応変にその場の状況を見極められる人は重宝されますし、リーダー役として買われるケースもあります。

チャレンジ精神がある人

接客は、日々変化します。

様々なお客様がいて、あらゆる出来事に出くわします。

その都度士気を下げていたり落ち込んでいたら何も変わりません。

常にチャレンジし続ける精神を持ち続けられる人は、接客に向いていると言えます。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客が向いていない人の5個の特徴とは?

先ほど接客に向いている人の特徴についてお話しましたが、逆に接客に向いていない人はどんな人なのか気になると思います。

ここでは、接客に向いていない人の特徴をご紹介します。

体力に自信がない人

接客の仕事は立ち仕事が多く、体力を必要としています。

体力に自信がないと仕事をすることが難しいため、体力に自信がない場合は接客の仕事に向いているとは言い難いです。

マニュアル通りの対応しかしない人

接客は、マニュアル通りに事が進みません。

それは人を相手にしているからです。

お客様は常に人であって、ロボットではありません。

マニュアルを遵守することは大切ですが、全てがマニュアルに記載されているわけではないため、柔軟に対応することが大切です。

マニュアル通りのことしかできない人、マニュアル対応しかしたくないという人は接客の仕事に向いているとは言えません。

言い訳をする人

全ての言い訳が悪いというわけではありませんが、常に変化している接客の現場においてこうならないからもう良いとか、都合が悪いからやらないというのはご法度です。

言い訳をして向上心をなくすことは、接客の仕事に向いているとは言えません。

不潔な人、身だしなみに注意を払えない人

身だしなみは接客においてとても大切な要素です。

身だしなみに注意が払えない人、意識しない人は接客に向いていません。

身だしなみが良くなかったり不潔な人はお客様に不快感を与えることになり、お店の信用を落としてしまい兼ねません。

笑顔を作れない人、作ろうとしない人

笑顔が作れない人、作ろうとしない人は接客に向いているとは言えません。

満面の笑みを浮かべる必要はありませんが、最低限の笑顔を持って接客することは大切です。

意識して笑顔を作ろうとしない人は接客の仕事には向いていません。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客のスキルを伸ばすには?

ここまで、どういう人が接客に向いているのか、また向いていないのかについてお伝えしてきました。

向いている特徴に当てはまっていたら、ぜひ接客の仕事にチャレンジしてみてほしいです。

ただ中にはどれも当てはまってない、もしくは当てはまってるかどうか分からない、自信がないなんて思った方もいるかもしれません。

それでも接客の仕事をしてみたいと思っている方に、接客のスキルを伸ばす方法、コツをご紹介します。

笑顔の練習

接客の仕事に従事するにあたり、笑顔を作ることは大切です。

笑顔の接客をすると、自分がお客様の立場に立って考えると悪い気はしませんよね。

では、笑顔の練習はどうやったら良いのでしょうか?

笑顔の練習は、毎朝歯を磨く時や身だしなみを整える時に鏡に向かって練習するだけで良いのです。

どういう笑顔を作って良いか分からない人は、口角を上げるように意識してみて下さい。

そうすれば笑顔を作ることができます。

接客のロールプレイング

初めて接客をする人、接客の仕事になかなか馴染めない人は、ロールプレイングをこなしましょう。

職場のスタッフに頼むことができれば良いのですが、最初はなかなか難しいかもしれません。

一人でもできるロールプレイングとしては、スマホの録音機能を使いお客様のセリフを想定して吹き込み、再生してそのセリフに対して自ら接客をしてみるのがおすすめです。

他には、家族や友達などに手伝ってもらえるならお願いしてみましょう。

接客用語やセリフを予め書いてみる

ロールプレイングができたら良いのですが、それでも最初は何を話して良いか分からないという人もいるかもしれません。

その場合、基本的な接客の流れを紙に書き話してみましょう。

実際の接客の仕事ではそっくりそのまま使うことは難しいですが、セリフを覚えて慣れてくると接客も自然とこなすことができます。

言葉遣いに注意を払う

言葉遣いに注意を払うということは、普段の言葉遣いもそうですが実際に自分が使っている日本語が合っているかどうかを意識的にチェックすることが大切です。

よくある間違った接客用語に「1,000円から頂戴します。」や「こちらでよろしかったでしょうか?」などがあります。

何気なく使ってしまいますが間違っている場合があるので、ふとした時に自分が使った言葉が合っているかどうか定期的にチェックしてみて下さい。

身だしなみを意識する

接客の仕事をする上では、身だしなみや清潔感は大切なことです。

お店では入店前に身だしなみをチェックするところもありますし、ほとんどのチェーン店は制服の着方、制服の汚れをチェックするポイントを紹介しています。

普段の身だしなみに注意を払って意識することで、仕事の際にも自然と意識が向きます。

訓練という意味で、普段から身だしなみを意識することが大切です。

日常生活で受けた接客を参考にする

普段の生活で自身がお客様として接客を受けることがあると思います。

その際に受けた接客で良かったこと、改善したほうが良いと思うところなどを参考にして、自身の改善点やステップアップに繋げましょう。

自分ではない他の人がやっているところを見ると気づくことが多いのですが、自分が仕事をしていると意外と気づかないことが多いです。

そのため、日々の生活でも参考にできるところは参考にしていきましょう。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客の仕事を通じて得られるスキルやメリットとは?

接客の仕事したらどんなメリットやスキルを得られるか、これから接客の仕事を考えている人は気になるポイントかと思います。

特別な資格もスキルも必要ないので、何が身につくのか、どういうメリットがあって将来に活かせるかについてもう少し詳しくお話していきます。

コミュニケーションスキルが上がる

これは当然ですが、コミュニケーションスキルが上がります。

常に誰かとコミュニケーションを取る環境下にありますので、コミュニケーションスキルは必然的に上がります。

ただしコミュニケーションスキル=話が上手になる、おしゃべりになるというわけではありません。

言葉のキャッチボールがしっかりでき、相手の言いたいことをきちんと聞いて理解するスキルが身につくということです。

臨機応変な対応が身につく

その場その場で柔軟な対応を求められる接客の仕事は、臨機応変に対応するスキルが身につきます。

臨機応変に対応するスキルが身につくと、営業職やホテルスタッフなどの仕事にそのスキルを活かすことができます。

身だしなみや清潔感に注意を払う

接客の仕事は、常にお客様と対面して行う仕事です。

そのため、身だしなみが良くなかったり清潔感がないと、お客様の信頼を損ね兼ねません。

接客の仕事をするにあたり、ほぼ全てのお店で身だしなみについて規定を設けていたりチェック項目があります。

お店のフロントラインに立つ接客の身だしなみや清潔感があればお客様の信頼を得る一つの要因になります。

また大手チェーンではマニュアル化して身だしなみのチェック項目を設け、入店前にはアルバイトもしくは社員でお互いにチェックし合う制度を設けている所もあります。

馴染みのない人には意外かもしれませんが、接客の仕事はコミュニケーションスキルと同じで身だしなみや清潔感も大切になります。

日頃から身だしなみや清潔感に注意を払うようになるため、正社員として働き出したり転職した際に役立つスキルと言えます。

商品の知識がつく

商品知識は接客の用語や身だしなみ同様、自然と身につきます。

商品知識が身につくと自信を持ってお客様に説明できますし、商品について深く知れば知るほどコミュニケーションのネタになります。

またしっかりとした商品知識を持つことで、アルバイトであっても新人教育を担うことができたり正社員に昇格する際の昇進試験などに役立ちます。

同業での転職の際にも即戦力として採用してもらえるので、役立つスキルと言えます。

言葉遣いに注意を払える

接客をするにあたり、言葉遣いはとても大切な要素です。

そのため、言葉遣いには注意を払うようになります。

敬語や間違った用語を使わないように注意を払うことは将来的に採用試験や転職の際のインタビューにも繋がるため、役に立つスキルと言えます。

アイコンタクトで話すことができる

接客する上で基本となりますが、アイコンタクトをすることは大切です。

日々の接客をこなしていくと身につくスキルですが、当たり前であってなかなか習得が難しいです。

しかしアイコンタクトで話をすることができるようになれば、接客のシーンでもお客様の表情がよく分かり仕事がしやすくなるだけでなく、仕事仲間との意思疎通の場でもアイコンタクトをしてコミュニケーションをすることで仕事が円滑になります。

また、将来的に転職や他の仕事へ移った際もアイコンタクトをして話すことでしっかりとしたコミュニケーションが取れるので後々にも役立つスキルと言えます。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

接客の仕事を経験した上で転職やバイトを考えた時に活かせる接客のスキルが活かせる分野や職種にどんなものがあるか気になる方もいらっしゃると思います。

実は接客の仕事で得たスキルはほとんどの職種に共通するスキルがあるため、様々なフィールドに役立ちます。

転職やバイトで接客を通じて新たに身につけたスキルを活かせる職種を紹介していきます。

営業職

接客のスキルが活かせる代表格とも言えるのが営業職です。

接客と違うところは、営業職の場合自らお客様に電話をしたりメールをしたり、場合によっては訪問したりする点です。

接客の仕事はほとんどが来店したお客様に接客をするので多少異なりますが、基本となるお客様と接して商品を提供したりサービスを提供したりすることは共通しているので、接客のスキルは活かすことができます。

受付・事務

接客のスキルを活かすのに向いている職種として、受付・事務があります。

接客と同じく来社したお客様をもてなすので共通点が多く、接客のスキルを活かしやすく、接客の仕事から転職して比較的馴染みやすい職種と言えます。

他にも接客の仕事に通じるコミュニケーションスキルや気配りは、受付や事務の仕事に大いに役立ちます。

カスタマーサポートセンター

接客のスキルを活かすなら、カスタマーサポートセンターもあります。

接客の仕事とは違いほとんどが電話での対応になるため、直接お客様の顔を見たりお客様と会ったりする機会は少ないですが、接客のスキルとして身につけたコミュニケーションスキルは活かすことができます。

ホテルスタッフ

ホテルスタッフの仕事は、接客の仕事を介して習得したスキルが活かせます。

ホテルスタッフの仕事はお客様とのコミュニケーションをとって接客するシーンも多いため、接客の仕事を介して得たスキルを余すことなく活かせる職種と言えます。

写真スタジオスタッフ

接客の仕事のスキルを活かすのに、写真スタジオスタッフも最適と言えます。

接客する場面もありますし、お客様の写真を撮る際に要望を聞いたりコミュニケーションを頻繁に取るため、接客の仕事で得たスキルを活かせる職種です。

ショールームアテンダント

自動車やモデルルームなどでお客様をもてなしているのが、ショールームアテンダントです。

正式にはショールームアテンダントという職種名はありませんが、接客のスキルを活かすのに向いている仕事ではあります。

展示されている自動車について説明したり、お客様の要望を聞いたり、モデルルームなどでは実際にお客様の要望だけでなくお客様と一緒に構想を練っていきますので、接客のスキルは活きます。

フライトアテンダント

接客のバイトを経験した人の中には、フライトアテンダントとしてスキルを活かしている人も少なくありません。

飛行機内でお客様をもてなすのは接客の仕事と共通しているため、コミュニケーションスキルは活きます。

看護師

看護師の資格が必要にはなりますが、看護師も接客の仕事を介して得たスキルが役立つ職種と言えます。

日々様々な患者に出会いますし、入院している患者、来院した患者とのコミュニケーションなどあらゆる場面でコミュニケーションを取りますので、接客のスキルは大いに役立ちます。

介護関連

介護関連も職種によっては資格が必要となりますが、介護関連も接客のスキルが役立つ職種です。

介護関連も接客と同じく常に人を相手にしてお世話をします。

ただ闇雲にやるだけでは意味がありません。

その都度、年配の方や障害を持った方々とコミュニケーションを取って介護をしなければなりません。

そのため、接客で身につけたコミュニケーションスキルが役立つのと、もてなす精神は確実に活かせます。

これから接客の仕事を始めるには、どうしたら良い?

接客の仕事を始めるのに多くの人が疑問に思うことは、どういうスキルが必要なのか?であったり、口下手だから向いていないのかも?などがあるかと思います。

接客の仕事は確かにコミュニケーションスキルが高い人ほど向いていますし、採用する側もコミュニケーションスキルが高い人を歓迎する傾向にはあります。

ただ、口下手で上手に喋ることができないので接客に向いていないかというとそうではなく、いかに向上心を持って接客の仕事をしていくか、取り組んでいけるかをアピールすることが大切です。

接客の仕事には特別な資格があるわけではなく誰でも応募できるので、自身のチャレンジ精神と好奇心があれば口下手であっても接客の仕事をすることができますし、実際に仕事を始めてから改善していくこともあります。

実際に、接客のバイトで口下手で特別な資格を有していない人が接客の仕事を介してコミュニケーションスキルを高めて営業職に就いたり、フライトアテンダントになったりするケースは沢山あります。

向いている向いていないもありますが、接客の仕事にチャレンジしてみたいという気持ちがあるなら、これから接客の仕事を始めるには何よりもチャレンジ精神を持つことが大切と言えます。

接客の仕事で就職するために

接客の仕事をやりたいと思ったらやることは、実は特にありません。

何か特別なスキルが必要なわけでもありませんし、事前に本などを読んで学習する必要もありません。

強いて言うなら接客の仕事をしたい、就職したい、もしくは就職が決まった時にやっておくと役立つのは実際に接客を受けてみることです。

良かったポイントや足りないと感じたポイントをメモしたり、直接メモするのは気が引ける人はスマホのメモ機能に打ち込んでおくと後々役立ってきます。

資格は必要?

結論から言うと、あれば重宝される資格もありますが、必ずしも資格が必要というわけではありません。

そのため未経験者でも比較的始めやすい職種です。

もちろん、資格があることで時給アップやシフトの融通が更に利くなどはあります。

もし予め資格を取得したいという場合は、販売士や接客に関する資格などに挑戦してみても良いかもしれません。

他にも、例えば飲食店やマッサージ店などで将来的に独立をしたいと考えている場合「防火管理責任者」という資格は取っておいて損はありません。

働く先で何か有利になるとか時給がアップするというわけではありませんし、独立した店舗で必ず必要かというとそういうわけでもありません。

ただ不特定多数の人が出入りする場所で店舗を構える場合、ショッピングモールや商店街のテナントとしてお店を出店する場合には必要となる資格ですので、取得できるなら将来を見据えて取得しておくのは良いと思います。

必要なスキルや経験は?

必要なスキルや経験も資格同様あれば重宝されますが、必ずしも持っていないといけないわけではありません。

未経験から始めて経験を積んでスキルを磨くことは充分に可能です。

あれば重宝される経験は、接客経験、営業経験、実演販売経験などです。

スキルとしては、コミュニケーションスキルや商品に関しての知識があれば重宝されます。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験を接客の仕事に活かせる職種

先に接客の仕事を経験した上で転職等を別業種へした場合、どういった仕事で接客の仕事を介して習得したスキルや経験活かせるかを紹介しました。

ここでは逆に、どのような仕事を経験してそこで得たスキルを接客の仕事に活かすことができるかをご紹介します。

電車内販売

電車内販売員の経験がある場合、販売員として得たスキルは接客の仕事に活かすことができます。

車内販売も接客の仕事になりますので、その経験を活かして飲食店やスーパー、ドラッグストアに転職しても、そのスキルや経験は即戦力として重宝してもらえます。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターを経験して接客の仕事をする場合、こちらも即戦力として期待してもらえます。

ツアーコンダクターの仕事はお客様を引率して観光地を回ります。

そのため常にお客様への気配り、コミュニケーションやリーダーシップを必要としており、これらの能力やスキルは接客の仕事に通じます。

ツアーコンダクターの求人募集を探す時は、こちらの記事を参考に!

実演販売

実演販売で培ったトーク力や提案力は、接客の仕事に大いに役立ちます。

実際に作業しながらトークをしてお客様の興味を引く仕事なので、実演販売を経験して得たスキルは飲食店や家電量販店などの接客に活かすことができます。

営業職

接客の経験は営業職に活きますが、逆に営業職の経験も接客の仕事に活かせます。

コミュニケーションスキルやマメさ、身だしなみや清潔感など共通する部分も多く、即戦力として活躍できます。

営業職と接客の仕事の違いは、お客様が買う意思を持って来るか来ないかなので、営業を経験した後の接客の仕事は比較的やりやすく馴染みやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

接客の仕事は思っていた以上に面白いものであることが分かって頂けたかと思います。

正社員ではなくアルバイトやパートで経験を積んでステップアップも良いですし、将来の独立に役立てることもできます。

もちろんそのまま正社員として働き続けるのも面白いと思います。

未経験でも比較的始めやすい仕事で、時給も悪いわけではありません。

何か仕事やバイトを始めたいけど何から始めて良いか分からないという人は、まずは接客の仕事を始めてみてはいかがでしょうか?

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際に接客バイトの求人募集を探す時は、こちらの記事を参考に!



関連キーワード

接客求人

接客求人についてもっと深堀りした情報を見る

英語接客求人にはどんな仕事がある?どのくらい話せたらいい?募集内容などご紹介!

皆さん、英語に対してどういったイメージを持っていますか?話せない、難しいなどといったマイナスのイメージを持つ方が多いと思います。しかし、最近では英語に対して話してみたい、かっこいいといったプラスのイメージを持った人もまた多くいます。最近の日本では観光だけでなく、留学やビジネスなどでは多くの外国人の方が日本を訪れています。また日本に住み働く外国人の方がや日本人の方と結婚し、日本に住む外国人の方も多く増えてきました。街に出ると1日に1人は外国人の方を目にするのではないでしょうか?日本でも最近では外国人や英語といった言葉が昔に比べると少し身近に感じるのではないかと思います。そして今回はそんな英語を使

派遣で接客の仕事をするには?派遣会社の選び方から仕事開始までの流れをご紹介します!

「今すぐ仕事を始めたい」「サービス業であってもきちんと労働時間が守られた働き方をしたい」「限られた時間や期間内でもしっかりと稼ぎたい!」という方におすすめなのが派遣従業員として働く接客業です。接客経験さえあれば特別なスキルは必要とせず、派遣先に登録さえすればすぐにでも働き始めることができる職種で、アルバイト・パートよりも時給は高めです。期間を決めて働きたい方やサービス業の重労働に疲れてしまった方、社会復帰したい主婦の方などにとてもおすすめの働き方です。今回は派遣と接客業、二つの視点からご紹介していきましょう。人材派遣とは?まず、知っているようで知らない「派遣」と言う働き方についてご紹介していき

接客業の仕事内容12個の業務。接客のおすすめの仕事を紹介します!

何気なく「接客業で働きたい」と考える方は多いと思います。そこで今回は、接客業とはどのような種類があるのか、おすすめな接客業務はどんなものかなどについてご紹介します。また、接客業のメリットややりがいについても解説するので、この記事で接客業について少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。接客業の主な4つの仕事販売接客業と聞いてまず最初に思いつくのが販売ではないでしょうか。販売の仕事は、お客様に自社の商品を販売し利益を得ることです。一番オーソドックスな販売はお客様が商品をレジで会計するものです。例えば、雑貨屋・服屋・靴屋・本屋・コンビニ等です。 年齢層は、職場にもよりますが高校生から年配の方までと

接客パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?正社員とパートをやってみて、パートが良かった3個の理由も紹介!

パートを探している時によく見かける接客パートには様々な種類があるため、どの求人に応募しようかと悩んでしまうことがあると思います。そんな人のために、今回は接客パートの求人内容について詳しく紹介していきます。また、接客パートの中でも特におすすめの求人や正社員との働き方の違い、接客パートの良さなど、ぜひ参考にしてみて下さい。接客パートでよくある募集内容とは?接客の中でもよく求人募集で見かけるのは、販売や飲食のパートです。時給や出勤日数など、具体的な募集内容は知っておきたいですよね。ここでは、販売や飲食のパートではどんな求人募集の傾向が多いのかまとめてみました。販売や飲食の接客パートの時給相場販売や飲

接客業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある7個の原因と対策。

接客業は、どんな時でも常に笑顔を絶やさず丁寧に仕事をしなければいけないため、精神的にストレスを感じやすい職種かもしれません。「疲れたな」「辛いな」と思いながら仕事をしていると、いつしか辞めたいという気持ちになってしまうこともあるかと思います。今まさに「接客業を辞めたい」と感じている人のために、なぜそう感じてしまうのかという原因とその対策を詳しくご紹介します。本当に接客を辞めてしまって良いのか、この機会にしっかり考えてみて下さい。接客業を辞めたいと感じてしまう7個の原因と対策とは?「辞めたい」と言っても、それは接客という仕事自体なのか、それとも職場内でのことなのか原因は人によって様々です。ここか

接客業の仕事種類9選。この中から自分にあった接客の仕事を見つけましょう!

接客業は身近な仕事であり、誰もが一度は経験したことのある職種でもあります。未経験でも挑戦しやすく、専門的な技術や資格が必要ないためチャレンジしてみたいという人も多いはず。しかし、そんな接客業をなんとなくのイメージだけで選んでしまうと、ミスマッチが起こることもあります。こんなはずじゃなかったと後から後悔しないためにも、今回ご紹介する接客業に仕事種類とその内容についてしっかりチェックをして、自分に合う接客業を見つけてみましょう。接客はどんな仕事?接客業とはお客様の対応をして商品やサービスを提供する仕事です。お店や施設に来たお客様を笑顔で迎えて、快適に買い物をしてもらったり、サービスを受けてもらった

接客が苦手な人の原因とそれを乗り越えるための方法とは?私はこれで乗り切った!

接客と聞くと、人と関わる機会が多いから大変そうというイメージがありますよね。人と接する仕事は苦手と感じている方も多いのではないでしょうか。会話やコミュニケーションを取ることが苦手という方のために、今回は原因と克服できるような具体的な方法を紹介します。苦手なことを少しでもポジティブに捉えて、接客の苦手意識を減らしていきましょう。接客はどんな仕事?接客は、お客様の対応をして商品やサービスを提供する仕事です。直接会話やコミュニケーションを取って働くため、丁寧さや臨機応変な対応などが求められます。接客の仕事は、スーパーやコンビニ、飲食店、アパレルショップ、病院の受付など普段から皆さんが利用しているよう

バイトなら接客がおすすめな7個の理由とおすすめの接客の仕事10選

アルバイトの求人を見ると、よく見かける接客の仕事。お客様相手の仕事のため、他のアルバイトと比べて大変そう、忙しそうというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。しかし実際は、働くメリットや大きなやりがいがある魅力的な仕事です。今回はそんな接客のアルバイトについて、おすすめのポイントや接客の中でも特におすすめの仕事をご紹介します。これからアルバイトを探している人や接客のアルバイトに興味のある人は必見です。接客とはどんな仕事?接客の仕事は、お客様とコミュニケーションを取りながら商品やサービスを提供をすることです。例えば、お店で買い物をした時のレジのやり取りや飲食店で料理を頼むときの注文な

接客の正社員求人の募集内容や働き先の種類

接客の仕事はお客様と接する機会が多く、やりがいも大きいことが魅力です。カフェの店員やブランドショップ、アパレルショップの販売スタッフなど、接客業はお洒落なイメージの職業でもあります。ここではそんな接客業の正社員求人について、募集内容やおすすめのポイントなどについて詳しくまとめました。更に、接客の仕事内容、働き先はどんなところがあるかなどについても併せてご紹介します。正社員で働きたいと考えている人は、応募する際の参考にしてみて下さい。接客の主な仕事内容接客の仕事は直接お客様の対応をして商品の販売、提供をすることが主な仕事となります。例えばレストランやカフェのホールスタッフは、お客様の注文を受けて