接客と聞くと、人と関わる機会が多いから大変そうというイメージがありますよね。

人と接する仕事は苦手と感じている方も多いのではないでしょうか。

会話やコミュニケーションを取ることが苦手という方のために、今回は原因と克服できるような具体的な方法を紹介します。

苦手なことを少しでもポジティブに捉えて接客の苦手意識を減らしていきましょう。

「接客業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客はどんな仕事?

接客は、お客様の対応をして商品やサービスを提供する仕事です。

直接会話やコミュニケーションを取って働くため、丁寧さや臨機応変な対応などが求められます。

接客の仕事は、スーパーやコンビニ、飲食店、アパレルショップ、病院の受付など普段から皆さんが利用しているようなお店がほとんどです。

お店によって仕事の内容は変わりますが、どれもお客様ありきで仕事を行っています。

接客の難しいところは、それぞれのお客様に合わせた対応をすることです。

穏やかな人もいればせっかちな人もいるため、どんな人にも同じ対応をしてしまうとクレームに繋がってしまう可能性があります。

接してみて、どんな対応をするのが良いのかを瞬時に見極めなければなりません。

しかし逆に考えると、お客様に合った接客ができれば大きなやりがいが持てる仕事とも言えます。

「接客業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客が苦手な人の原因と乗り越えるための方法とは?

接客の仕事がどんなものなのかを説明しましたが、接客が苦手な人はどの部分で苦手と感じるのか、原因を知っておく必要があります。

原因を理解をしてその対策を考えて実行することによって、接客への苦手意識が少なくなるはずです。

接客が苦手な原因とその克服方法について解説していくので、この機会に自分を振り返ってみましょう。

失敗することが怖い

「お客様に間違った対応をしてしまったらどうしよう」と、失敗することに対して不安を感じてしまうことが原因の一つです。

失敗しないように慎重な対応を取りすぎてしまうと、気疲れするだけでなく会話や行動も消極的になってしまいます。

会話が続かない、お客様の思っている以上の対応ができないといった結果に繋がってしまうため、苦手と感じてしまいます。

乗り越えるための方法とは?

失敗することをポジティブに捉えることが大切です。

失敗をしないと、自分の何がいけなかったのかということを知ることができません。

あなたと一緒に働いている上司や先輩達も、失敗を繰り返したことで今現在の接客ができるようになっています。

まずは「失敗してもいいんだ」と思うことから始めてみて下さい。

加えて対応時の失敗を少なくするために、接客のロールプレイングでしっかりとシュミレーションをしておくこともおすすめです。

気にしすぎてしまう

人の顔色や行動に敏感に反応しすぎてしまい、接客をすることが難しいと感じてしまいます。

例えばお客様と会話をしている時も、「ちょっとした表情の変化で怒らせてしまったかな」「違う言葉をかけるべきだったかな」などと多々考え込んでしまうところにあります。

接客をする度に気になってしまうため、会話やコミュニケーションを取ることが億劫になり、苦手意識が芽生えてしまう原因となってしまいます。

接客はある程度気を配ることは必要ですが、それ以上に気にしすぎてしまうとストレスを感じてしまうばかりです。

乗り越えるための方法とは?

気にしすぎるのをやめるということは簡単にはできないので、自分が気になったことについて他の人はどう思うのか客観的な意見を取り入れると良いでしょう。

日常生活や仕事をしている時に気になった他人の言動や表情の変化を、友達や同僚、親などの相談しやすい人に「この言動についてどう思う?」と訊いてみて下さい。

もし気にしなくても良いという意見が多いなら、安心できますよね?

「こういう場合は気にしなくても大丈夫なんだ」という確信が持てるため、そのような問答を繰り返すことで、気にしなくても良いパターンを覚えていくことができます。

接客の仕事に興味はあるけれど、自分に向いているか心配な人は、こちらから相談してみると良いでしょう。

自分のペースを乱されたくない

接客はお客様中心の仕事であるため、必ずお客様のペースに合わせなければいけません。

会話もお客様に合わせて話をするため、商品の話をしていたけれどいつのまにか世間話になってしまうなど話が進まないということもよくあります。

またやらなければならない仕事があるけれど思いの外お客様のとの会話が長引いてしまったり、接客中に他のお客様が声をかけてきたりと、自分のペースで接客ができないというところが苦手だなと思ってしまう部分です。

乗り越えるための方法とは?

全て自分のペースというのは難しいので、お客様の会話が長くなってしまうという点では、終わるまで全部聞くという形をやめることが一番の対策です。

いきなり話を切ってしまうことは失礼なので、切りの良いところで切り上げるということを学んでおきましょう。

その場を少し離れる理由を一言言えば、お客様に不快な思いをさせないはずです。

例えば、商品の話をしているのであれば、「パンフレットをお持ちしますね」「在庫を確認して参ります」など、会話に合わせた理由で話を切ることができます。

自信がない

接客をすることに自信がないと、苦手と感じやすいですよね。

「丁寧な言葉遣いが分からない」「お客様への対応の仕方が分からない」など堂々と接客ができないという不安が大きいと、苦手意識も強くなります。

お客様から見ても「頼りないけど大丈夫かな」といった不安な気持ちにさせてしまいます。

乗り越えるための方法とは?

自分の言葉遣いや対応が不安であれば、誰かに教えてもらったり、間違っていないかどうか確認をしてもらいましょう。

言葉遣いであれば、こういう場合の言い回しはどういったら良いのか、この言葉は適切なのかなど訊いてみるのも一つの対策です。

対応が不安ならば、実際の接客対応を先輩に見てもらったり、ロールプレイングやOJTを行って接客の質を上げることを心がけてみて下さい。

確信があるということは自信に繋がるので、不安ならば他の人に見てもらう、聞いてもらうという方法が一番です。

人前で緊張しやすい

緊張しやすいと人前で手や足が震えたり顔が赤くなったりして恥ずかしいと思ってしまいます。

接客は初対面の人に対応をするため、余計に緊張してしまうという人もいるでしょう。

何故緊張してしまうのかというと、お客様がどんな人でどんな反応や会話をするのか全く先が分からないということが理由です。

テスト対策のように事前に準備をして挑むことはできません。

どんな人でも初めてのことに対して全く緊張しないという人はいないはずなので、少しでも和らげる方法を知っておくことが大切です。

乗り越えるための方法とは?

まずは接客をする環境に慣れることから始めましょう。

お客様の対応に加えて慣れていない場所で接客をすると緊張してしまう要素が2つ重なってしまい、余計に緊張してしまいます。

そうならないためにも、お客様の来店がない時に実際にその場に立って接客のシュミレーションをすることがおすすめです。

またお客様と話すこと自体に緊張してしまう場合の対策は、きちんとした会話を意識するのではなく「気軽に世間話をしよう」という意識に変えることがポイントとなります。

きちんと話さなきゃという思いが強いと、緊張も増してしまう可能性があります。

友達や家族などの身近な人に話すというよりも、近所の人など自分と少し距離感のある人と会話をするというイメージで接客を心がけると気持ちが少し楽になりますよ。

完璧主義

全てのことにおいて手を抜かない人は、理想を高く持ちすぎているため接客が苦手と思うことが多いです。

接客には正解がないため、これで大丈夫という基準はありません。

完璧主義の人は正解がないからこそ、どんな人にも喜ばれる素晴らしい接客をしなければいけないと義務のように捉えてしまいます。

この「しなければいけない」ということに意識がありすぎるが故に、少しでもできなければ自分は接客ができない人なんだと極端に思ってしまい、苦手意識を持ってしまいます。

乗り越えるための方法とは?

完璧主義は悪いことではなく、むしろ向上心があって接客には向いている性格でもあります。

したがって、できないことだけに意識を向けるのではなく、できることに目を向けることが重要です。

全部が完璧にできなくても、必ず一つ二つできていることがあります。

できたことをきちんと理解しておくこと、自分は接客ができているのだと少しでも感じることができます。

笑顔が自然と出せない

接客をする上で一番大切な笑顔。

面白いことがあったり友達や家族などと話している時は笑顔になれるけれど、初対面の人に笑顔をすぐ出すことができないという人は多くいます。

引きつったり目が笑っていなかったりと不自然な笑顔しかできず、接客なんて向いていないと思ってしまいます。

乗り越えるための方法とは?

笑顔を出すには、楽しいと思って自然に作るよりも演じることを意識しましょう。

鏡の前で顔のトレーニングをしたり、接客中は口角を上げることを意識すると、徐々に笑顔を出すことができます。

より自然な笑顔にするには、目尻を下げるイメージにすると口角上がってくるのでおすすめです。

焦りやすい

何かトラブルが起きると頭が真っ白になって慌ててしまうという焦りやすい人も、接客が苦手だと感じやすいです。

臨機応変な対応が求められる接客は、時にはお客様からのクレームにも対応しなければなりません。

また忙しいことも多いため、急がないと!という気持ちが焦りに繋がります。

乗り越えるための方法とは?

焦ってしまった時は、まず冷静になれるようなアクションをしてみて下さい。

深呼吸や少しだけ静かな場所に行くなど、一瞬でも心を落ち着かせる時間を確保することがポイントです。

また自分では焦っていて余裕がないという場合は、一緒に働いているスタッフに一言声をかけてもらうようにお願いをしておくのもおすすめです。

「今、焦ってるよ」「焦ってるけど大丈夫?」と、自分が焦っているということを自覚できる言葉を言ってもらいましょう。

気を利かせることができない

お客様により良い接客と思ってもらうためには、お客様がこうしてほしいと思っていることを読み取って行動をすることが求められます。

接客をする上でなかなか難しいこともあり、苦手だなと感じてしまう原因の一つです。

気を利かせることができないのは、お客様の行動を注意深く見ていないことが理由と考えられます。

例えばお客様が商品を手に持ちながら、店内の商品を見ていたとします。

もしそのお客様をよく見ている店員であれば、商品が持ちにくいとゆっくり買い物ができないのではと思い買い物かごを渡す行動を取るはずです。

しっかりお客様を見ているからこそできる行動であり、その気遣いを受けたお客様に気持ち良く買い物をしてもらえます。

気を利かせることができないのは、お客様をしっかり見ていないということに繋がります。

乗り越えるための方法とは?

気を利かせるためには、人間観察をしてみましょう。

来店された時から、そのお客様を気に掛ける意識をしましょう。

あまりにもじっくり見すぎるのはお客様からすると落ち着かないですし、ゆっくり買い物する雰囲気になれないと思われてしまうので要注意です。

あくまでもさりげなく遠くから様子を伺うことを心がけて下さい。

「接客業」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

接客が苦手な原因と乗り越える方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

接客が苦手なのは単純に会話やコミュニケーションを取ることができないといったものではなく、自分の意識や目の向け方が原因であることが多いと思います。

また自分だけの力では難しい場合は、周りの人の意見を聞いてみることも大切です。

全て自己解決しよう思わずに、誰かにちょっとしたフォローをしてもらうことでスムーズに解決できるということもあります。

これから接客の仕事をしたいと考えている人や、今現在接客をしているけれどなんだか苦手かもと思っている人は、ぜひ解説した内容を実践して接客に対しての苦手意識少なくしてみて下さい。

接客業は沢山の人と出会える素敵な仕事なので、楽しみながら仕事ができるようになっていきましょう。

「接客業」が自分に向いているか診断するにはこちら →



関連キーワード

仕事の悩み 接客求人

接客求人についてもっと深堀りした情報を見る

英語接客求人にはどんな仕事がある?どのくらい話せたらいい?募集内容などご紹介!

皆さん、英語に対してどういったイメージを持っていますか?話せない、難しいなどといったマイナスのイメージを持つ方が多いと思います。しかし、最近では英語に対して話してみたい、かっこいいといったプラスのイメージを持った人もまた多くいます。最近の日本では観光だけでなく、留学やビジネスなどでは多くの外国人の方が日本を訪れています。また日本に住み働く外国人の方がや日本人の方と結婚し、日本に住む外国人の方も多く増えてきました。街に出ると1日に1人は外国人の方を目にするのではないでしょうか?日本でも最近では外国人や英語といった言葉が昔に比べると少し身近に感じるのではないかと思います。そして今回はそんな英語を使

派遣で接客の仕事をするには?派遣会社の選び方から仕事開始までの流れをご紹介します!

「今すぐ仕事を始めたい」「サービス業であってもきちんと労働時間が守られた働き方をしたい」「限られた時間や期間内でもしっかりと稼ぎたい!」という方におすすめなのが派遣従業員として働く接客業です。接客経験さえあれば特別なスキルは必要とせず、派遣先に登録さえすればすぐにでも働き始めることができる職種で、アルバイト・パートよりも時給は高めです。期間を決めて働きたい方やサービス業の重労働に疲れてしまった方、社会復帰したい主婦の方などにとてもおすすめの働き方です。今回は派遣と接客業、二つの視点からご紹介していきましょう。人材派遣とは?まず、知っているようで知らない「派遣」と言う働き方についてご紹介していき

接客業の仕事内容12個の業務。接客のおすすめの仕事を紹介します!

接客業の仕事内容は様々なものがありますよね。漠然と「接客業で働きたい」と考える方は多いと思います。私もその1人です。そこで今回は、接客業とはいったいどのような種類があるのか、おすすめな接客業務などをご紹介させていただきます。また、接客業のメリットや、やりがいについてもお話しさせていただきますので、この職業に興味を持っていたけたらと思います。接客の仕事内容を詳しく知って、自分に合う業務を見極めてみてはいかがでしょうか?接客業の仕事は大きく4個の役割に分けられる販売接客業と言ってまず出てくるのが販売で、お客様に自社の商品を販売し利益を得ます。一番オーソドックスな販売は、お客様が商品をレジで会計する

接客パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?正社員とパートをやってみて、パートが良かった3個の理由も紹介!

パートを探しているときによく見かける接客パートは、様々な種類があるため、どの求人に応募をしようかと悩んでしまいがちです。そんな人のために、接客パートの求人内容について詳しく紹介します。さらに、接客パートの中でも特におすすめの求人や正社員との働き方の違い、接客パートの良さなど、知っておきたい情報も満載です。接客パートでよくある募集内容とは?接客の中でもよく求人募集で見かけるのは、販売や飲食のパートです。どの程度の時給で働いていたり、出勤日はどのくらいあったりなど、具体的な募集内容は知っておきたいですよね。では、販売や飲食のパートではどんな求人募集の傾向が多いのかまとめてみました。時給相場販売や飲

接客業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある7個の原因と対策。

接客業は、どんなときでも常に笑顔を絶やさず丁寧に仕事をしなければいけないため、精神的にストレスを感じやすい職種でもあります。「疲れたな」「辛いな」と思いながら仕事をしていると、いつしか辞めたいという気持ちになってしまうことも。今まさに接客業を辞めたいと感じている人のために、なぜそう感じてしまうのかという原因とその対策を詳しくご紹介します。本当に接客を辞めてしまっていいのか、この機会にしっかり考えてみてくださいね。接客業を辞めたいと感じてしまう7個の原因と対策とは?「辞めたい」といっても、接客という仕事自体なのかそれとも職場内でのことなのか原因は人によって様々です。ここからは、接客業をしている人

接客業の仕事種類9選。この中から自分にあった接客の仕事を見つけましょう!

接客業は身近な仕事であり、誰もが一度は経験したことのある職種でもあります。未経験でも挑戦しやすく、専門的な技術や資格が必要ないためチャレンジしてみたいという人も多いはず。しかし、そんな接客業をなんとなくのイメージだけで選んでしまうと、ミスマッチが起こることもあります。こんなはずじゃなかったと後から後悔しないためにも、今回ご紹介する接客業に仕事種類とその内容についてしっかりチェックをして、自分に合う接客業を見つけてみましょう。接客はどんな仕事?接客業とはお客様の対応をして商品やサービスを提供する仕事です。お店や施設に来たお客様を笑顔で迎えて、快適に買い物をしてもらったり、サービスを受けてもらった

バイトなら接客がおすすめな7個の理由とおすすめの接客の仕事10選

バイトの求人を見るとよく見かける接客の仕事。お客様相手の仕事のため、他のバイトと比べて大変そう、忙しそうというイメージがある人も多くいるのではないでしょうか。しかし、実際は働くメリットや大きなやりがいが持てる魅力的な仕事のひとつです。今回は、そんな接客バイトのおすすめのポイントや、接客の中でも特におすすめの仕事をご紹介します。これからバイトを探している人や接客のバイトに興味のある人は必見です。接客はどんな仕事?接客の仕事は、お客様と会話やコミュニケーションを取りながら商品やサービスを提供をします。例えば、お店で買い物をしたときのレジのやり取りや、飲食店で料理を頼むときの注文などはすべて接客の仕

接客の正社員求人の募集内容や働き先の種類

接客の仕事はお客様と接する機会が多く、やりがいも大きいことが魅力です。カフェの店員やブランドショップ、アパレルショップの販売スタッフなど、接客業はおしゃれなイメージの職業でもあります。ここでは、そんな接客業の正社員求人について、募集内容やおすすめのポイントなど詳しくまとめました。さらに、接客の仕事内容や働き先はどんなところがあるかなども合わせてご紹介します。正社員で働きたいと考えている人は、応募するときの参考にしてみてください。接客のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容直接お客様の対応をして、商品の販売や提供をすることが主な仕事となります。例えば、レストランやカフェのなどのホールスタッフは、お

接客が向いている人の10個の特徴と向いてない人の特徴は?活かせる・得られるスキルも解説

接客はお客様と接する仕事です。飲食店だけでなく家電量販店やスマホショップなど、生活の様々な面で接する機会のある仕事と言えます。接客という括りにするなら、百貨店の販売員や実演販売なども接客の仕事と言えますし、キャビンアテンダントや船のスタッフも接客の仕事と言えます。接客の仕事は募集も常にあり、チャレンジしてみようと考える人も多いと思います。また身近な職種ということもあり、ほとんど誰もがアルバイトで一度は経験したことがあるかと思います。ただ、その接客の仕事の経験やスキルが実は就職や転職の時に活かせるということはまだあまり考慮されていません。今回は、接客に向いている人がどういった人なのかについてご紹