接客と聞くと、人と関わる機会が多いから大変そうというイメージがありますよね?

人と接する仕事は苦手と感じている人は多いのではないでしょうか。

会話やコミュニケーションをすることが苦手という人のために、その原因をと克服する具体的な方法をご紹介します。

苦手なことを少しでもポジティブにとらえて、接客の苦手意識を減らしていきましょう。

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接客はどんな仕事?

接客は、お客様の対応をして商品やサービスを提供する仕事です。

直接会話やコミュニケーションを取って働くため、丁寧さや臨機応変な対応などが求められます。

接客の仕事をしているのは、スーパーやコンビニ、飲食店、アパレルショップ、病院の受付など普段から利用しているようなお店がほとんどです。

お店によって仕事の内容は変わりますが、どれもお客様ありきで仕事をおこなっています。

接客の難しいところは、それぞれのお客様に合わせた対応をすることです。

穏やかな人もいればせっかちな人もいるため、どんな人にも同じ対応をしてしまうとクレームに繋がってしまう可能性があります。

接してみて、どんな対応をするのがよいのかを瞬時に見極めなければなりません。

しかし、逆に考えるとお客様に合った接客ができれば、大きなやりがいが持てる仕事とも言えます。

接客が苦手な人の原因とそれを乗り越えるための方法とは?

接客の仕事がどんなものなのか説明しましたが、接客が苦手な人はどこ部分で苦手と感じるのか原因を知っておく必要があります。

原因を理解をして、その対策を考えて実行することによって接客への苦手意識が少なくなるはずです。

接客が苦手な原因とその克服方法についてじっくり解説していくので、自分と照らし合わせてみましょう。

失敗をすることがこわい

お客様に間違った対応をしたらどうしようと、失敗をすることに対して不安を感じてしまうことが原因のひとつです。

失敗をしないようにと慎重な対応を取りすぎてしまうと気疲れするだけでなく、会話や行動も消極的になってしまいます。

会話が続かない、お客様の思っていること以上の対応ができないといった結果につながってしまうため、苦手だなと感じてしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

失敗をすることをポジティブにとらえることが大切です。

失敗をしないと、自分の何がいけなかったのか知ることができません。

一緒に働いている上司や先輩がいるのであれば、その人も必ず失敗を繰り返すことで、今現在の接客ができるようになっています。

まずは失敗してもいいんだと思うことから始めてみてください。

さらに、対応時の失敗を少なくするために接客のロールプレイングでしっかりシュミレーションをしておくこともおすすめです。

気にしすぎてしまう

人の顔色や行動などに敏感に反応しすぎてしまい、接客をすることが難しいと感じてしまいます。

例えば、お客様と会話をしているときもちょっとした表情の変化で、怒らせてしまったかな、違う言葉をかけるべきだったかなといろいろ考え込んでしまうところです。

接客をするたびに気になってしまうため、会話やコミュニケーションをすることが億劫になり、苦手意識が芽生えてしまう原因となってしまいます。

接客はある程度気を配ることは必要ですが、それ以上に気にしすぎてしまうとストレスを感じてしまうばかりです。

それを乗り越えるための方法とは?

気にしすぎるのをやめるということは簡単にはできないので、自分が気になったことについて、他の人はどう思うのか客観的な意見を取り入れると良いでしょう。

日常生活や仕事をしているときに、気になった他人の言動や表情の変化を友達や同僚、親など相談しやすい人に「この言動についてどう思う?」と聞いてみてください。

もし、気にしなくても良いという意見が多いなら安心できますよね?

こういう場合は気にしなくても大丈夫なんだという確信が持てるため、それを繰り返すことで、気にしなくても良いパターンを覚えていくことができます。

自分のペースを乱されたくない

接客はお客様中心の仕事であるため、必ずお客様のペースに合わせなければいけません。

会話もお客様に合わせて話をするため、商品の話をしていたけどいつのまにか世間話になってしまうなど、話が進まないということもよくあります。

また、やらなければならない仕事があるけど思いのほかお客様のとの会話が長引いたり、接客中に他のお客様が声をかけてきたりと、自分のペースで接客ができないというところが苦手だなと思ってしまう部分です。

それを乗り越えるための方法とは?

すべて自分のペースでというのは難しいので、お客様の会話が長くなってしまうという点では、終わるまで全部聞くという形をやめることが一番の対策です。

いきなり話を切ってしまうことは失礼なため、切りの良いところで切り上げるということを学んでおきましょう。

その場を少し離れる理由を一言いえばお客様に不快な思いをされないはずです。

例えば、商品の話をしているのであれば、「パンフレットをお持ちしますね」「在庫を確認してまいります」など、会話に合わせた理由で話を切ることができます。

自信がない

接客をすることに自信がないと苦手と感じやすいですよね。

丁寧な言葉遣いがわからない、お客様への対応の仕方がわからないなど、堂々と接客ができないという不安が大きいと苦手意識も強くなります。

お客様から見ても、頼りないけど大丈夫かなと不安な気持ちにさせてしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

自分の言葉遣いや対応が不安であれば、誰かに教えてもらったり、間違っていないか確認してもらいましょう。

言葉遣いであれば、こういう場合の言い回しはどういったらいいのか、この言葉は適切なのかを聞いてみるのもひとつの対策です。

対応が不安ならば、実際の接客対応を見てもらったり、ロールプレイングやOJTをおこなったりして接客の質を上げることを心がけてみてください。

確信があることは自信につながるので、不安ならば他の人に見てもらう、聞いてもらうという方法が一番です。

人前で緊張しやすい

緊張しやすいと、人前で手や足が震えたり、顔が赤くなったりして恥ずかしいと思ってしまいます。

接客は、初対面の人に対応するため、余計緊張してしまうという人もいるでしょう。

なぜ緊張してしまうのかというと、お客様がどんな人で、どんな反応や会話をするのかまったく先がわからないということが理由です。

テストの対策のように事前に準備をきちんとして挑むことはできません。

どんな人でも、初めてのことに対してまったく緊張しないという人はいないはずなので、少しでも和らげる方法を知っておくことが大切です。

それを乗り越えるための方法とは?

まずは、接客をする環境に慣ることから始めましょう。

お客様の対応に加えて慣れていない場所で接客をすると、緊張してしまう要素が二つ重なってしまい余計に緊張をしてしまいます。

そうならないためにも、お客様の来店がないときに、実際にその場に立って接客のシュミレーションをすることがおすすめです。

そして、お客様と話すこと自体に緊張してしまう場合の対策は、きちんとした会話を意識するのでなく、気軽に世間話をしようという意識に変えることがポイントとなります。

ちゃんと話さなきゃという思いが強いと緊張も増してしまう可能性があります。

友達や家族などの身近な人に話すというよりも、近所の人など自分と少し距離感のある人と会話をするというイメージで接客を心がけると気持ちが少し楽になりますよ。

完璧主義

すべてのことにおいて手を抜かない人は、理想を高く持ちすぎているため接客が苦手と思うことが多いです。

接客には正解がないため、これで大丈夫という基準はありません。

そのため、完璧主義の人は正解がないからこそ、どんな人にも喜ばれる素晴らしい接客をしなければいけないと義務のようにとらえてしまいます。

この「しなければいけない」ということに意識がありすぎるが故に、少しでもできなければ自分は接客ができない人なんだと極端に思ってしまい、苦手意識ができてしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

完璧主義は悪いことではなく、むしろ向上心があって接客には向いている性格でもあります。

そのため、できないことだけに意識を向けるのではなく、できることに目を向けることが重要です。

全部が完璧にできなくても、必ず一つ二つできていることがあります。

できたことをきちんと理解しておくこと、自分は接客ができているんだと少しでも感じることができます。

笑顔が自然と出せない

接客をする上で一番大切な笑顔。

面白いことがあったり、友達や家族などと話しているときは笑顔になれるけど、初対面に人に笑顔をすぐ出せることができないという人は多くいます。

引きつったり、目が笑っていなかったりと不自然な笑顔しかできないから接客なんてできないと思ってしまいます。

それを乗り越えるための方法とは?

笑顔を出すには、楽しいと思って自然に作るよりも演じることを意識しましょう。

鏡の前で顔のトレーニングをしたり、接客中は口角を上げることを意識したりすると徐々に笑顔を出すことができます。

より、自然な笑顔にするには目尻を下げるイメージにすると口角上がってくるのでおすすめです。

焦りやすい

何かトラブルが起きると頭が真っ白になって慌ててしまうという焦りやすい人も、接客が苦手だと感じやすいです。

臨機応変な対応が求められる接客は、時にはお客様からのクレームにも対応しなければいけません。

また、忙しいことも多いため、急がないとという気持ちが焦りにつながります。

それを乗り越えるための方法とは?

焦ってしまったときは、まず冷静になれるようなアクションをしてみてください。

深呼吸や少しだけ静かな場所に行くなど、一瞬でも心を落ち着かせる時間を確保することがポイントです。

また、自分では焦っていて余裕がないという場合は、一緒に働いているスタッフに一言声をかけてもらうようにお願いをしていくのもおすすめです。

「今、焦ってるよ」「焦ってるけど大丈夫?」と自分が焦っているということを自覚できる言葉を言ってもらいましょう。

気を利かせることができない

お客様により良い接客と思ってもらうには、お客様がこうして欲しいと思っていることを読み取って行動をすることが求められます。

接客をする上でなかなか難しいこともあり、苦手だなと感じてしまう原因にひとつです。

気を利かせることができないのは、お客様の行動を注意深く見ていないことが理由と考えられます。

例えば、お客様が商品を手に持ちながら、店内の商品を見ていたとします。

もし、そのお客様をよく見ている店員であれば、商品が持ちにくいとゆっくり買い物ができないのではと思い、買い物かごを渡す行動をとるはずです。

しっかりお客様を見ているからこそできる行動であり、その気遣いを受けたお客様に気持ちよく買い物をしてもらえます。

気を利かせることができないのは、お客様をしっかり見ていないということにつながります。

それを乗り越えるための方法とは?

気を利かせるためには、人間観察をしましょう。

来店された時からそのお客様を気に掛ける意識をしましょう。

あまりにもじっくり見すぎるには、お客様からすると落ち着かないし、ゆっくり買い物する雰囲気になれないと思われてしまうので要注意です。

あくまでもさりげなく遠くから様子を伺うことを心がけてください。

\接客スキルアップのために、もっとやるべき事を知りたい人は/

「接客」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

接客が苦手な原因と乗り越える方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

接客が苦手なのは単純に、会話やコミュニケーションを取ることができないといったものではなく、自分の意識や目の向け方が原因であることが多いと思います。

また、自分だけの力では難しい場合は、周りの人の意見を聞いてみることも大切です。

すべて自己解決しよう思わずに、誰かにちょっとしたフォローをしてもらうことで、スムーズに解決できるということもあります。

これから接客の仕事をしたいと考えている人や今現在、接客をしているけどなんだか苦手かもと思ってしまっている人は、ぜひ解説した内容を実践してみて、接客に対しての苦手意識少なくしてみてください。

せっかく、たくさんの人と出会える素敵な仕事でもあるため、楽しみながら接客ができるようになりましょう。


関連キーワード

接客求人

接客求人についてもっと深堀りした情報を見る

接客販売求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

接客販売は人気があり、色んな業種で仕事をされている方もたくさんいます。一番求人広告で記載をされているのは、接客販売が多いですね。食品販売、アパレル関係、その他雑貨などの販売もあります。自分にあった接客販売は何か?接客販売について詳しくお伝えしていきましょう。接客販売のおおまかな仕事内容接客販売とは何か?その名前の通りお客さんに接客をしながら商品を販売するものですね。分かりやすい例としてはアパレルショップと言った方が良いかもしれません。アパレルショップって自分で選ぶだけではなく、店員からこれが良いですよとおすすめしてもらった経験ってないですか?それと同じことを自分がしていく形になります。接客以外

接客パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?正社員とパートをやってみて、パートが良かった3個の理由も紹介!

パートを探しているときによく見かける接客パートは、様々な種類があるため、どの求人に応募をしようかと悩んでしまいがちです。そんな人のために、接客パートの求人内容について詳しく紹介します。さらに、接客パートの中でも特におすすめの求人や正社員との働き方の違い、接客パートの良さなど、知っておきたい情報も満載です。接客パートはどんな仕事?接客パートは、主にお客様と接することが多い仕事です。例えば、コンビニやスーパー、飲食店、アパレル、ホテルのフロント、テーマパークなどで、お客様に商品やサービスを提供することが仕事となります。常に笑顔でお客様の対応をすることが一番大切です。接客パートの大まかな仕事内容接客

接客の正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

接客の仕事はお客様と接する機会が多く、やりがいも大きいことが魅力です。カフェの店員やブランドショップ、アパレルショップの販売スタッフなど、接客業はおしゃれなイメージの職業でもあります。ここでは、そんな接客業の正社員求人について、募集内容やおすすめのポイントなど詳しくまとめました。さらに、接客の仕事内容や働き先はどんなところがあるかなども合わせてご紹介します。正社員で働きたいと考えている人は、応募するときの参考にしてみてください。「接客の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →接客のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容直接お客様の対応をして、商品の販売や提供をすることが主な仕事となります

接客バイト求人でよくある募集職種や募集内容とおすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

接客バイトは、色々な職種で求められています。例えば、カフェやバーなどの飲食、スマホや携帯販売などの携帯ショップ、他にも家電量販店、ディスカウントショップなど様々な業界があります。接客バイトというと基本的にはお客様と接してお客様にサービスや商品の提供、レジ打ちなどがあります。今回は、接客バイト求人について詳しく解説します。接客バイトはどんな仕事?接客バイトは、業態によって若干異なりますが基本的には消費者、つまりお客様にサービスや商品を提供する窓口です。カフェならお客様を席に案内したり、注文をとったり、料理を提供したり、レジを打ったりしますし、スマホなどの販売だとお客様に商品の詳細を説明したり、サ

接客が向いている人の10個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

接客はお客様と接する仕事です。飲食店だけでなく家電量販店やスマホショップなどなど、生活の様々な面で接する機会のある仕事といえます。接客というくくりにしてみるなら、電車の販売員や実演販売なども接客の仕事といえますし、フライトアテンダントや船のスタッフも接客の仕事といえます。接客の仕事は、募集もどこかで常にあり、チャレンジしてみようと考える人も多いと思います。また、身近な職種ということもあり、ほとんど誰もがアルバイトで一度は経験したことがあるかと思います。ただ、その接客の仕事の経験やスキルが、実は就職や転職の時に活かせることはあまり考慮されていません。今回は、接客に向いている人がどんな人なのかにつ

接客の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや販売関連の職種について解説します

接客の仕事をしてみたいなと思ったものの、「接客って私に向いているの?」と不安になった経験がある方もいるのではないでしょうか。そんな方のためにこの記事では、接客の種類と向いているタイプを解説していきます。「接客の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →接客の仕事はどんな人に向いている?接客の仕事を続けるには、自分に合った職種を選ぶことが大切です。ここでは接客の仕事内容と種類をみていきましょう。接客の仕事内容「接客業」とはお客さまと接する仕事をいいます。衣類や雑貨、化粧品、家具などの物品から、レストランやカフェの飲食店も接客業と呼ばれます。特別な資格がなくても就ける仕事のため、誰にでもでき


接客求人に関するコラム

派遣で接客の仕事をするまでの流れとは?経験者が派遣会社の選び方・登録方法・派遣先での働き方まで解説!

今すぐ仕事を始めたい、サービス業であってもきちんと労働時間が守られた働き方をしたい、限られた時間や期間内でもしっかりと稼ぎたい!という方におすすめなのが派遣従業員として働く接客業です。接客経験さえあれば特別なスキルは必要とせず派遣先に登録さえすればすぐにでも働き始めることができる職種で、アルバイト・パートよりも時給は高めの派遣接客業。期間を決めて働きたい方やサービス業の重労働に疲れてしまった方、社会復帰したい主婦の方などにとてもおすすめの働き方です。今回は派遣と接客業、2つの視点からご紹介していきましょう。人材派遣とは?まず、よく耳にし知っているようで知らない「派遣」と言う働き方についてご紹介

接客業の仕事内容12個の業務。接客のおすすめの仕事を紹介します!

接客業といっても、仕事内容は様々です。漠然と『接客業で働きたい』と考える方は多いでしょうし、私もその1人です。そこで、接客業で働きたい方に接客業とはどんな仕事があるのかお話していきます。接客業の仕事は大きく4個の役割に分けられる販売接客業と言ってまず出てくるのが販売で、お客様に自社の商品を販売し利益を得ます。一番オーソドックスな販売は、お客様が商品をレジで会計するものです。例えば、雑貨屋・服屋・靴屋・本屋・コンビニ等です。なんとなく想像つきましたか?そして次は携帯ショップ。携帯電話は契約が必要となあり、商品だけでは無く契約内容のご説明までする必要があります。更には様々なサービスの提案をしたりノ

接客業を辞めたい時はどうしたら良い?よくある7個の原因と対策。

接客業は、どんなときでも常に笑顔を絶やさず丁寧に仕事をしなければいけないため、精神的にストレスを感じやすい職種でもあります。「疲れたな」「辛いな」と思いながら仕事をしていると、いつしか辞めたいという気持ちになってしまうことも。今まさに接客業を辞めたいと感じている人のために、なぜそう感じてしまうのかという原因とその対策を詳しくご紹介します。本当に接客を辞めてしまっていいのか、この機会にしっかり考えてみてくださいね。接客業を辞めたいと感じてしまう7個の原因と対策とは?「辞めたい」といっても、接客という仕事自体なのかそれとも職場内でのことなのか原因は人によって様々です。ここからは、接客業をしている人

接客業の仕事種類9選。この中から自分にあった接客の仕事を見つけましょう!

接客業は身近な仕事であり、誰もが一度は経験したことのある職種でもあります。未経験でも挑戦しやすく、専門的な技術や資格が必要ないためチャレンジしてみたいという人も多いはず。しかし、そんな接客業をなんとなくのイメージだけで選んでしまうと、ミスマッチが起こることもあります。こんなはずじゃなかったと後から後悔しないためにも、今回ご紹介する接客業に仕事種類とその内容についてしっかりチェックをして、自分に合う接客業を見つけてみましょう。接客はどんな仕事?接客業とはお客様の対応をして商品やサービスを提供する仕事です。お店や施設に来たお客様を笑顔で迎えて、快適に買い物をしてもらったり、サービスを受けてもらった