インテリアショップは華やかなイメージを持つ方が多いそうですが、大きな商品を扱うことが多く、商品の数も大変多いので、実際は重労働を伴う仕事でもあります。

また、担当するセクションが変わることもありますので、覚えることが数多くあります。

しかし、インテリアショップでしか得られない魅力や経験も沢山ありますので、インテリア販売に興味をお持ちの方にそれをお伝えしたいと思います。。

「インテリア販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

インテリア販売の仕事内容とは?

接客

インテリアショップの店員は、お客様の生活を豊かにするための専門コンシェルジュとしての立場になりますので、正しい敬語を使い、きちんとした接客態度で臨みます。

そして、お客様の部屋に合う商品を提供するために、ご自宅等のことを丁寧にヒアリングし、適切なアドバイスができるようにお客様の趣味等をお聞きすることもあります。

例えば、カーテンですと最近は一般的な規格よりも大きい窓のお部屋に住まわれているお客様もいらっしゃいますので、納品してみてサイズが合わなかった!なんてことを防ぐためにも、お客様のお話を詳しくお聞きすることがとても重要です。

通常では用意されていないサイズのカーテンの場合ですと、お客様に再度お調べいただいて、柄とサイズを決めて発注をかけます。

高級店になりますと、お客様の担当社員がご自宅へ伺って採寸をし、その場で決めることもあります。

レジ業務・配送手配

お客様の購入したい商品をレジに通し、正しく金銭の授受をすることはどんな商売でも基本的な業務です。

インテリアショップで扱う商品は手のひらに乗る小さなものから大型家具まで様々ありますので、壊れたり傷ついたりしないよう、また持ち帰りやすいよう丁寧に梱包することも大切な業務です。

お客様が持ち帰ることができない大きな商品であれば、会計をする際に配送の手配もします。

配送をご希望の方には料金の説明をし、配送先や希望の受け取り日時などをお聞きします。

配送専門の担当者がいる場合は、当日中に配送できることもあります。

配送時のトラブル(日時や場所の間違い、遅れ、破損など)があれば、対応が必要になることもあります。

そのほか、運転免許証をお持ちのお客様であれば、店舗で用意している軽トラックを無償でお貸しすることもあります。

仕入、発注

いくつかのサイズがある商品で、店頭在庫が無いサイズの場合はお取り寄せとなります。

一点一点が大きい家具ですと店長やエリアマネージャーといった管理職が担当しますが、店内の雑貨は各セクションのリーダーが担当することが多いです。

雑貨類は流行もあるので常にトレンドを意識していなければなりません。

家具は店舗周辺の客層を見ながら判断しなくてはならないので、神経を使うことになります。

また、売れ筋商品の次回入荷がいつごろになるのかは随時チェックを入れておく必要があります。

検品や品出し

家具はそのままの形で搬入されるわけではなく、店舗側で梱包資材を取り除いて、傷が無いかをくまなくチェックしてから組み立て、展示となります。

木材はちょっとしたことでも傷や凹みが出てしまいB級品となってしまいますので非常に神経を使いますし、複数人で行うためにチームワークも必要です。

雑貨は単価が安くてよく売れるので、雑貨が担当の場合には頻繁にバックヤードからの品出しと陳列を行うことになり、こちらは体力も重要となります。

陳列棚を常に整頓し、見栄え良くすることでお客様に気持ち良く商品を選んでもらうことができます。

また、どんな商品がよく売れているのかを見極めることが効率的な仕入にも繋がり、次に挙げる「在庫管理」とも深く関わってきます。

商品の在庫管理

家具や照明は、気付かないうちに傷が入っていることがあるので、物が当たりそうな箇所は定期的にチェックをします。

雑貨に関しては検品をして、傷がある商品は仕入元に返品・または処分するなどして陳列しないこともあるため、パソコンの仕入データと数が一致しないこともあります。

定期的に在庫が合っているのかの確認と、膨大な数の棚卸がありますので、やはり体力勝負です。

季節ごとのレイアウト変更

季節に応じて扱う商品が変わってくるため、春は春らしさ、夏は夏らしさというように、季節ごとに店内のレイアウト変更が行われます。

特に忙しいのは春前です。

新年度の幕開けということで、新入学のお子様への学習机やランドセル等も重点的に扱いますし、一人暮らしを始める大学生や新社会人に向けた一人暮らし用の寝具やタンス等もあります。

秋から冬にかけては寝具、クッションカバーなど、温かみのある素材や色の商品を取り揃えて季節感を演出することもあります。

店内清掃

家具を扱うので、店内は通路が広く作られています。

基本的に店内は真っ直ぐ歩けるようになっていますし、床掃除はそれほど大変には感じないでしょう。

しかし、オシャレな雑貨などは清掃中に傷を付けないように気を付けなければなりません。

また、ガラス製品は埃や指紋、傷がすぐに分かってしまいますので、丁寧且つこまめな清掃が必要とされます。

ベッドですと、実際にお客様に寝心地を体験してもらうことになりますので、ハウスダストが発生しないように布団用クリーナーを使います。

一番大変なのは展示している照明です。

さすがに毎日ではありませんが、定期的に脚立に乗って埃を拭き取らなくてはなりません。

「インテリア販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

求人を選ぶコツ

まずは勤務条件や待遇など、自分が優先したいものを挙げてみる

働く場合、給与や労働時間、通勤距離、業務内容など大切にしたい条件は人によって違います。

まずは自分が優先したいものが何なのか、整理しておきましょう。

安定した職場で長く働きたいのか、経験を積んでステップアップしたいのか、バリバリ働いて成果を出したいのか、定時であがって自分の生活を大事にしたいのか。接客がしたいのか、インテリアの知識や経験・センスを活かしたいのか。

自分が働く場面を頭に浮かべながら考えてみましょう。

正社員としての求人はは店長以上の管理職が多いようです。

求人情報にも何年で店長になるかのモデルケースが掲載されていることがありますので、それを参考にしてください。

また、大手のチェーンですと、地域限定社員や全国転勤の可能性がある社員なのかを選ぶことができる場合もあります。

全国転勤ありの方が給与はかなり高いのですが、2年や3年で別の店舗へ移動になることもありますので、高い給与を取るか生活のしやすさを取るかの2択を迫られます。

大型のチェーン店か個人経営のお店、働く上での違いを比べてみる

大型チェーンの場合、給与は比較的高いことが多いようです。

仕事内容が多岐にわたることや正社員としての求人なら、求められているのが店舗運営者以上のためです。

一方で個人経営の店舗になりますと、正社員としての求人は多くなく、店舗運営に関与する責任としては比較的軽いと言えるかもしれません。

しかし、そのような点から大手チェーンと比較した場合、給与は安くなる傾向にあります。

店によって異なりますが、幅広い業務内容をこなし、細かい気配りや創意工夫が求められる傾向があると言えるでしょう。

給与など待遇面だけでなく、やりがいや自分の向き不向きなども考えてみましょう。

候補のお店のHPやクチコミなどがあれば確認してみる

お店のHPを見ると、どんな商品を扱っているのかやお店の方針、立地などの情報を得ることができます。

一方、働きたいお店の従業員のクチコミは、HPからは分からない情報を得るのに有効です。

インテリアショップは体力面でリタイアする方も非常に多いです。

実際に働いている人のクチコミが書かれていれば、参考になります。

店長より下の従業員にどのような仕事内容が求められているのか、どのくらいの頻度で転勤があるのかは大きな目安になります。

インターネットを利用して応募をする前に情報を集め、面接の際に気になることを確認すると良いでしょう。

職場の雰囲気を実際に確かめに行ってみる

収集した情報や面接での話からでは、実際の職場の雰囲気は分かりません。

雰囲気というものは人によって感じ方が違うため、自分の肌で感じてみることが大切です。

そのほか、そこの店員がどのように働いているのか、人手は足りているのか、店員同士の雰囲気はどうかといったことも、足を運んでみることで見えてきます。

自分も同じように働くことになりますから、候補のお店があればぜひ訪れてみることをおすすめします。

正社員登用のあるお店で、アルバイトから始めてみる

有効求人倍率の増加に伴って、アルバイトを正社員に登用する会社も増えてきているようです。

アルバイトで入った場合、正社員になる前にそのお店のことがよく分かるようになるのが、一つのメリットでもあるでしょう。

正社員登用制度で正社員になった先輩がどのくらいいるのかなどの情報も集められます。

また、アルバイトで業界のことを理解した上で、将来的に同業他社を検討することもできるでしょう。

応募をする前に…

土日祝日はお客様が多くいらっしゃるので、お休みを取ることは難しく、ほとんどシフトに入らなくてはならないと考えておいてください。

時間通りに営業を終えますが、特に大型の、または高額なインテリア商品の場合は長時間悩んだり相談されるお客様もいらっしゃるため、予定営業時間を超えることが時々あります。

閉店後の商品の入れ替えやディスプレイ変更は定期的にありますが、小売業の中では残業が少ないほうと言っても良いでしょう。

「インテリア販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

インテリア販売の仕事にも役立つ「インテリアコーディネーター」とは?

民間資格の『インテリアコーディネーター』は必要不可欠の資格ではありませんし、資格があるからと言って販売できる商品の幅が広がるわけでもありません。

しかし、この資格を保有していることで知識の量や適切なアドバイスができることによりお客様の信頼を得られ、文字通りの『インテリアコーディネーター』としてお客様に密接に関わることが可能となります。

この仕事は工務店や家具メーカーの営業担当が行うのが一般的ですが、大型の高級な店舗ですと、お客様の住宅をトータルコーディネートすることもあります。

その際にはやはり資格があると重宝されます。

一点一点の商品が高価な場合には、資格保有者ということでお客様に対する説得力が違いますから、信頼を得ることに役立ちます。

まとめ

インテリアショップはとにかく体力勝負の側面があります。

決してオシャレなだけの仕事ではないので、その点は予め理解しておいた方が良いでしょう。

しかし、人々の暮らしを豊かにすることができるという重要度はかなり高い仕事ですから、やりがいは充分です!

また、オシャレなインテリアに囲まれて日々仕事をするというのも、好きな人にとってはたまらない魅力です。

お客様に寄り添って丁寧に接することができれば、数多くの感謝の言葉をいただける素晴らしいお仕事ですので、興味を持たれている方は、ぜひ挑戦してみてください。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

販売求人

販売求人についてもっと深堀りした情報を見る

訪問販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ビジネスの世界で必要不可欠なステップとして営業があります。営業と聞くと辛い、大変というイメージがつきものですが、その営業の中でも辛いと言われているものをご存知ですか?それが訪問販売です。訪問販売の仕事がなぜ辛いと言われているのか、どんな内容なのか、どんな人が向いているのかについて紹介していきたいと思います。訪問販売はどんな仕事?そもそも訪問販売とはどのような仕事でしょうか?それまで付き合いのなかった新規のお客様に“直接”商品を売り込むことです。営業の中でも、ハードルの高い仕事と言えるでしょう。訪問販売の大まかな仕事内容アポ取りお客様に商品紹介のための時間を確保するため、事前に電話などで交渉する

ウィッグ販売求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

髪の毛を触るのが好きな方は、楽しく働けるのがウィッグ販売のお仕事です。ヘアアイロンを使ったり、ヘアアレンジなど髪の毛を触るのが好きな方は、気になるお仕事だと思います。美容師免許があると優遇されますが、免許がなくてもできるお店もあります。実際はどのような仕事内容なのか?知っておくべきポイントなどをウィッグ販売求人について詳しく解説していきますので是非参考にしてみてください。ウィッグ販売の大まかな仕事内容ウィッグ注文来店されたお客様の希望を伺い、お客様のファッションや顔の形などに合ったウィッグやお客様の髪型や色に合ったトップピースなどを提案します。実際に試着していただきつけ方やお手入れの方法などの

スーツ販売求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

リクルートや冠婚葬祭などで必ず着用するスーツ。お店に行くと店員さんのセンスや知識を信じて、いろいろとアドバイスを受けながら購入される方も多いと思います。そんな誰もが1度は接客を受けたことがあるスーツ販売求人の仕事はどんな内容があり、どんな人がなれて、どのようにして働くのかを説明していきたいと思います。スーツ販売のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容販売業務店頭に立ち、お客様にスーツを販売する業務です。スーツに関する知識や冠婚葬祭での最低限のマナー等を把握し、お客様の希望に合ったスーツ選びのアドバイスを行います。スーツのみならず、シャツやネクタイ等の小物品も一緒に提案するため、様々な知識が必要に

和菓子販売の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

美しい日本の文化として近年海外でも大人気の和菓子。季節に合わせて販売される和菓子は目にするだけで心が踊りますよね。そんな和菓子を店舗の直営店やデパ地下などで販売するのが和菓子販売員の仕事です。デパートや和菓子屋に雇用されている販売員は、一体どのような仕事を毎日こなしているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。和菓子販売ってどんな仕事?和菓子販売員の仕事は店頭に立ちお客様に商品を説明したり、包装したりする接客販売の仕事がメインです。誰でもできる簡単な仕事のように見えますが、実は和菓子という特性上言葉遣いや立ち振舞いに厳しい規制があったり、和菓子の知識はもちろんのこと、日本のご進物に定められた細や

和菓子販売求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

日本の伝統文化の一つである「和菓子」。どの地域に行ってもその土地特有のものが販売されていたり、季節に合わせて色とりどりのものを目にすることができるとても美しいお菓子です。食べても美味しく、視覚的にも美しい和菓子は私達日本人の身近な存在であり、スーパーやコンビニと行った場所で手軽に購入できます。しかし、ご進物やお供え物などに利用するのはやはり和菓子屋さんで購入した和菓子でしょう。若い世代は普段和菓子屋さんに足を運ぶことは少ないかもしれませんが、季節の花などを象った美しい上生菓子などが並ぶショーケースは心が踊ります。今回はそんな和菓子屋さんで働く販売員について詳しくご紹介して行きましょう。日本の伝

販売の転職を成功させるために!狙い目な業種の特徴と上手に転職するための2個の注意点

もし、あなたがファッションにとても興味があり、人と話すのが苦にならないとしたら、靴やバッグ、アパレル関係などの販売店のお仕事が向いているかもしれません。つまり、ファッション系の小売店舗での接客業のことです。あなたが真剣に転職を検討中で、そして自分の好きな仕事、もっとなじめる仕事を探しているとしたら、販売の仕事もおすすめです。販売の転職時に注意すべきことや転職を成功させる方法、業界事情や求人先の選び方などを、私の業界経験も交えながらご紹介します。販売の転職で注意したほうが良い2つのこと販売の転職で注意したほうが良いこと1:ノルマ達成のために自腹を切る場合もあるもし、自腹を切ることがあればそれは要

雑貨屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や活かせる経験、キャリアについて解説します

一歩足を踏み入れると思わず笑顔になれる、雑貨屋さん。大切な人への贈り物や自分へのご褒美、お部屋をお洒落に見せてくれるインテリア等を探しに、一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。お買い物をしながら、「こんな可愛い雑貨に囲まれてお仕事が出来たらいいな…...」なんて思ったことがある方はいませんか?今回は、そんな雑貨屋の仕事内容や、「どんな人に向いているの?」といったお話をしていきます。雑貨屋はどんな仕事?雑貨屋は、何が販売されているかが明確に決まっているお店ではなく、その店舗のテイストに合わせた雑貨が並んでいるのが特徴です。一般的な雑貨屋に多く並んでいるのは、ハンカチやマットなどの布物、食器

販売職が上手で向いている人の3個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

「販売職」は学生アルバイトからフリーター、正社員に至るまで幅広く働き口があり人気の職種の一つでもあります。何かを「販売」する職種は販売職のくくりに含まれ、全ての販売職に共通するような基本的要素はいくつか存在します。この記事では、まず販売職とは何なのかを理解するためにその仕事内容や役割を簡単に説明していきます。その後、販売職に興味を抱いている方のためにこの職種に「向いている人」にはどのような特徴があるのか、それらの特徴を存分に発揮できる職場にはどんなものがあるのか、そして販売職で働くメリットなども紹介していきます。キャリア形成についてや求人の選び方も最後に解説していますので一度目を通してみてくだ

訪問販売求人にはどんな業種・商品がある?募集内容や気になる疑問について答えます

訪問販売求人には「高収入」をうたった求人が多くみられます。訪問販売求人にはどんな業種・商品があるのでしょうか?現在転職を考えていらっしゃる方々が興味ある募集内容やよくある疑問についてご紹介します。訪問販売求人のおおまかな仕事内容訪問販売は、お客さんの自宅に訪問して、商品などを販売する営業です。訪問販売求人にはどんな業種・商品があるの?訪問販売というと皆さんはどんな業種・商品を思い浮かべますか?自分の家に来る訪問販売を思い出すと、新聞やNHKの受信料等ですが、実際の求人にどんな業種・商品があるかご紹介します。あなたが好きな業種・商品が見つかり転職の参考になれば幸いです。訪問販売求人の募集でよくあ

販売バイト求人にはどんな業種がある?募集内容や気になる疑問について答えます

アルバイト求人を探している時に、よく目に付く求人が「接客業」の求人です。接客業などのサービス系業種はアルバイトの求人が多く、特にチェーン店や系列店などでは募集する件数が多いように感じます。その中でも、ここでご紹介するのは販売バイト求人です。販売バイトとはすなわち「販売員」としての業務になります。販売員にも様々な業種があり、販売員が働く先の店舗、取り扱う商品によっても仕事の内容が違います。そんな販売バイト求人の特徴などをここでご紹介できればと思います、今現在販売バイトに興味がある人はぜひ、参考にしていただけたらと思います。販売バイトのおおまかな仕事内容まず、求人をご紹介する前に、販売バイトとはど