売り子バイト求人の仕事の種類とおすすめの選び方についての写真

 球場やスタジアムのスタンドを歩いてビールなどの商品を売る売り子。

いつも元気いっぱいに声を張り上げて歩きまわる姿は、観戦者の応援ムードを盛り上げてくれます。

この売り子たちは、それぞれの商品の販売会社に雇われた学生アルバイトがほとんどです。

今回は、学生に大人気の売り子のアルバイトのお仕事内容や、おすすめのアルバイトの選び方などを説明します。

球場やスタジアムでビールを売る売り子バイトとは?

球場やスタジアムでビールを売る売り子は、各ビールの販売会社に所属するアルバイトです。

そのため、ビールでも、アサヒやキリン、サッポロなどのメーカーごとに、売り子が所属しているので、日によって違う商品を売ることはありません。

店頭で商品を販売するショップスタッフに対し、スタンドでお客さんに商品を売り歩く売り子は、仲売り(なかうり)と呼ばれています。

この売り子たちは、若い学生アルバイトがほとんどです。

それでは、売り子のアルバイトの特徴を見ていきましょう。

体力勝負の売り子バイト

売り子のアルバイトは、ひと目見ればわかるように、体力勝負です。

ビールタンクなどを背負った状態で、声を張り上げてお客さんに呼びかけながら、スタンドの階段の上り下りを、試合の間ひたすら繰り返します。

お客さんに呼ばれれば、走って駆け寄り、商品が切れたら、ショップまで小走りで戻ります。

とにかく終始動き回る、体力勝負のお仕事です。

歩合制がある

売り子のアルバイトの給料は、その販売会社から支給されます。

給与は、歩合制をとっている場合がほとんどです。

その支給パターンは、日当としての基本給に歩合給が上乗せされるというものと、時給に歩合給が上乗せされるものの2つが主になります。

時給や日当はそれほど高くない

歩合制がある場合、基本給としての日当や時給の部分は、実はあまり高くありません。

勤務時間は、野球の場合3、4時間ほどです。

この勤務時間に対し、日当はだいたい2,000円~3,000円ほど、時給は800円~900円ほどでしょう。

もし時給や日当だけの支給であれば、短い勤務時間のために出勤する時間も含め、なかなか労力に見合わないものに感じられることと思います。

歩合給は、個人の販売数による

時給や日当だけでは、割に合いません。

ただし、これに歩合給が上乗せされると、時給や日当分の2倍以上稼ぐ日もざらにあり、歩合給を入れて時給換算すると、1,500円~2,000円ほどは望めます。

お客さんに沢山買ってもらえた日は、時給2,000円以上稼げる日もあります。

歩合給は、自分の売上げた分の数パーセントを上乗せして支給される形が多いです。

つまり、商品の数%が自分に還元される仕組みなのです。

どうしてこんな還元ができるかというと、球場やスタジアムの商品は、通常の小売価格以上の高値で販売されています。

商品によっては倍以上の値段が付けられているものもあるほどです。

この利益の数パーセントが、販売した売り子の人件費に充てられているのです。

ただし、どのくらいの還元率があるかは、それぞれの販売会社によるところでしょう。

高校生もOK

高校生

売り子のバイトには、深夜勤務などを除いては、法律的な年齢制限はありません。

そのため、高校生を雇っているところもあります。

アルコールの販売は好ましいことではありませんが、高校生がアルコールを販売する行為そのものには法律上の規制はありません。

(都道府県条例など個別に制限がある場合を除きます。)

女の子が多いけど男子もOK

売り子の性別は、女の子のイメージが強いです。

売り子出身のアイドルなどの影響や、女の子の方が売れる、というイメージがあるからだと思います。

けれど、実際の募集は、性別による制限はなく、どの販売業種でも、男の子は活躍しています。

むしろ、体力勝負な仕事なので、本来なら男の子の方が適任のアルバイトなのです。

野球やサッカーなど勤め先のスポーツが好きな人に向いている

売り子のアルバイトの多くの人は、もともと野球やサッカーなどが好きな人が多いです。

アルバイトの間に試合を見る暇はないですし、アルバイト中の試合観戦は禁止されています。

それでも、球場やスタジアムの盛り上がった雰囲気の中でアルバイトが出来ることに憧れて、売り子のバイトを志願する人も多いです。

また、試合結果は概ね把握できます。

「概ね」というのは、これは、球場のアルバイトの場合ですが、アルバイトは8回表か裏くらいで大体引き上げるようになっています。

その理由は、試合が終わる直前に、飲食物を頼む人が少ないことなどからです。

そのため、アルバイトがスタンドの中で試合終了を迎えることはほとんどありません。

けれど、野球やサッカーなど好きなアルバイトが多いため、大事な試合の日は、タイムカードを押して勤務を終えた後のアルバイトたちが、事務所やバックヤードに残ってテレビ中継を見ていることは、どの会社でもよく見られる光景です。

けれど、もし野球やサッカーのことが全くわからなくても、アルバイトに支障はありません。

短期アルバイト、未経験でもOK

売り子が不足している場合は、短期のアルバイトであっても歓迎されます。

また、アルバイト未経験でも採用してくれるところが多いです。

仕事の種類

球場やスタジアムの売り子は、ビールだけではありません。

他にもさまざまなショップの売り子が活躍しています。

ビールやチューハイなどアルコール販売

ビールやチューハイの売り子は、各販売会社の商品であるアルコール飲料を販売します。

売り子は、ドリンクの入ったサーバータンクを背負って、スタンド内を移動し、お客さんから注文を受けたら、紙コップを取り出して、その場でビールやチューハイをつぎます。

そして、中身がなくなったら、ショップに新しいタンクを取りに行き、また次のお客さんへ販売を続けるのです。

アルコール飲料は、球場やスタジアムの観客で本当によく売れるため、頑張れば相当な歩合給がもらえます。

ソフトドリンク販売

ソフトドリンク販売

ソフトドリンクは、コーラやオレンジジュースなどのペットボトルを販売します。

ノンアルコールドリンクは、幅広い年齢のお客さんに人気です。

販売中は、ペットボトルがぬるくならないよう、首から、ドリンククーラーを下げて、その中にペットボトルを入れて売ります。

アイスクリーム販売

アイスクリームは、カップ入りのアイスクリームを、ドライアイス入りのクーラーボックスに詰めて販売します。

「アイスクリームなんて売れるの?」と思われるかも知れませんが、子どもや女性の団体客に人気があります。

アルコール飲料などに比べ、アイスクリームは安価で、誰でも気軽に食べられる魅力があります。

そのため、団体客の1人を掴めば、その人がその団体の全員分を買ってくれることも珍しくありません。

団体客への売り上げがあった時の歩合給は、相当大きくなるため、意外と狙い目のアルバイトなのです。

ホットドッグ、ポテトなどの軽食

ホットドッグやポテトなどの軽食も、実はスタンドで購入することが出来ます。

試合開始前などは食事時の時間帯なので、スタンドで軽食を済ませたいお客さんにニーズがあります。

また、軽食だけでなく、おつまみも売っていることもあります。

ホットドッグやポテトが冷めないよう、売り子は、保温性のあるケースを首から下げて売っています。

グッズ販売

球場では、ホーム球団のメガホン、タオル、ユニフォームなどのグッズを、売り子がスタンドでも販売しています。

かなりの数のメガホンを体から吊るして、通路を歩くため、とても目立ちます。

観戦に慣れている人たちは、自分の応援グッズを持参して観戦しているため、スタンドで買うことは少ないです。

そのため、対象は日ごろあまり観戦に来ないお客さんや、応援グッズを持ってこなかったお客さんになります。

コアなファンでなくとも、周囲が楽しそうに応援している様子を見ると、欲しくなってしまうものです。

おすすめの選び方

沢山の売り子のアルバイトがある中で、一体どうやってアルバイト先を決めたらよいのでしょうか。

ここでは、おすすめのアルバイトの選び方をご紹介します。

勤務先

野球の場合は、オフシーズンがあるため、11月~2月は全く仕事がありません。

けれど、アルバイト先がドーム球場であれば、ドームで開催されるコンサートやイベントの日でもアルバイトに入れることがあります。

スポーツ観戦時ほどの売り上げは見込めませんが、時給や日当は確保されるので、あるとないとでは大違いです。

給与や歩合

売り子をやるなら、歩合給があるところがほとんどなので、ぜひ歩合給があるアルバイト先を選びましょう。

歩合給がある方が、アルバイトを行うモチベーションが高まります。

ただ、歩合給は、販売する商品によって異なります。

もし可能なら、電話や面接時に、1日どのくらい売れて、1個に付きどのくらい還元されるのか確認しておきましょう。

そうすると、1日大体どのくらい稼げるのかがわかります。

アルバイトを始めてから、別の会社のアルバイトの話を聞いて、「違う販売会社にすればよかった…」というようなことにならないよう注意が必要です。

ノルマの有無

販売会社にもよるかも知れませんが、基本的にノルマはありません。

ただ、目標販売数はあります。

球場の場合、過去のお客さんの動員数データに、その日の天候や気温から加減算をして販売量を算出し、それを売り子の頭数で割って1人当たりの売り上げ目標数を出します。

あくまで目標販売数なので、これに及ばなくても基本的にはペナルティなどはありません。

けれど、あまり適当に販売すると、真面目なアルバイトと差がつくため、逆に目立ってしまい、社員さんなどから指導されることもあります。

年齢

年齢制限は意外にもないところが多いです。

けれど、やはり体力勝負な仕事であることから、現実には、アルバイトは10代から20代前半の学生がほとんどとなります。

そんな中、たまに30代の男性が働いているのも見かけます。

ベテランは、売り方のコツを熟知していたり、常連客を持っていたりするため、新人の女の子より沢山売ることが出来る場合があるようです。

10年以上売り子のアルバイトをしている男性も実際にいます。

制服にもちょっとした違いがある

出来れば、売り子の制服は、お客さんとしてスタジアムなどに来た時に、一度確認した方がよいでしょう。

同じように見えて、色々と違いがあります。

例えば、サンバイザーとキャップ、ハーフパンツと短パンなどで、女の子の見栄えは結構変わります。

球場やスタジアムでアルバイトをすると、友達が観戦に来ることもあるので、どうせなら、気に入った制服でアルバイトがしたいですよね。

髪型、アクセサリーについて

基本的に自由ですが、雇い主はあくまで販売会社であるため、販売会社の方針に従わなければなりません。

髪色の制限はあまり見かけませんが、その会社のブランドイメージとして、ネイルとアクセサリーは禁止、女性はまとめ髪、男子は帽子に髪を納めなければならないという会社も実際にありました。

ビールなどのアルコール販売については、割と自由度が高いようです。

売り子バイトの良いところ

売り子のアルバイトは、やりがいのある魅力いっぱいのお仕事です。

今回は、その魅力について説明します。

頑張ればその分お金になる

歩合給があれば、売り上げた分だけ自分のお給料に加算されます。

球場やスタジアムのアルバイトは働ける時間が少ないですが、短時間で稼げる仕組みがあるので安心です。

売上がよければ、会社によっては表彰してくれることもあります。

歩合給があると、アルバイトとしてのモチベーションが上がりますね。

勤務時間が短い

球場やスタジアムの売り子は、勤務時間中は、ずっとスタンドの階段の上り下りを繰り返しています。

しかも、その間は、重い商品を持った状態で、声を張り上げているのでかなりスタミナを使います。

これを3,4時間行っているのですから、気づいた時には、足の筋力や持久力がかなりついているのです。

慣れてくると、売ることに集中しきっているため、時間はあっと言う間に立ってくれます。

そのため、きついと感じる暇もありません。

ジムに通って体力をつけたり自主トレを行ったりするくらいなら、ぜひ売り子のアルバイトで、お金をもらいながらトレーニング代わりに運動すると一石二鳥ではないでしょうか。

売り子が向いている人の特徴は、こちらの記事を参考に!

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
ユーザー満足度No.1!テレビCMでもお馴染み。高時給バイトも多数あります。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

販売求人

販売求人についてもっと深堀りした情報を見る

訪問販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ビジネスの世界で必要不可欠なステップとして営業があります。営業と聞くと辛い、大変というイメージがつきものですが、その営業の中でも辛いと言われているものをご存知ですか?それが訪問販売です。訪問販売の仕事がなぜ辛いと言われているのか、どんな内容なのか、どんな人が向いているのかについて紹介していきたいと思います。訪問販売はどんな仕事?そもそも訪問販売とはどのような仕事でしょうか?それまで付き合いのなかった新規のお客様に“直接”商品を売り込むことです。営業の中でも、ハードルの高い仕事と言えるでしょう。訪問販売の大まかな仕事内容アポ取りお客様に商品紹介のための時間を確保するため、事前に電話などで交渉する

ウィッグ販売求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

髪の毛を触るのが好きな方は、楽しく働けるのがウィッグ販売のお仕事です。ヘアアイロンを使ったり、ヘアアレンジなど髪の毛を触るのが好きな方は、気になるお仕事だと思います。美容師免許があると優遇されますが、免許がなくてもできるお店もあります。実際はどのような仕事内容なのか?知っておくべきポイントなどをウィッグ販売求人について詳しく解説していきますので是非参考にしてみてください。ウィッグ販売の大まかな仕事内容ウィッグ注文来店されたお客様の希望を伺い、お客様のファッションや顔の形などに合ったウィッグやお客様の髪型や色に合ったトップピースなどを提案します。実際に試着していただきつけ方やお手入れの方法などの

スーツ販売求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

リクルートや冠婚葬祭などで必ず着用するスーツ。お店に行くと店員さんのセンスや知識を信じて、いろいろとアドバイスを受けながら購入される方も多いと思います。そんな誰もが1度は接客を受けたことがあるスーツ販売求人の仕事はどんな内容があり、どんな人がなれて、どのようにして働くのかを説明していきたいと思います。スーツ販売のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容販売業務店頭に立ち、お客様にスーツを販売する業務です。スーツに関する知識や冠婚葬祭での最低限のマナー等を把握し、お客様の希望に合ったスーツ選びのアドバイスを行います。スーツのみならず、シャツやネクタイ等の小物品も一緒に提案するため、様々な知識が必要に

和菓子販売の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

美しい日本の文化として近年海外でも大人気の和菓子。季節に合わせて販売される和菓子は目にするだけで心が踊りますよね。そんな和菓子を店舗の直営店やデパ地下などで販売するのが和菓子販売員の仕事です。デパートや和菓子屋に雇用されている販売員は、一体どのような仕事を毎日こなしているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。和菓子販売ってどんな仕事?和菓子販売員の仕事は店頭に立ちお客様に商品を説明したり、包装したりする接客販売の仕事がメインです。誰でもできる簡単な仕事のように見えますが、実は和菓子という特性上言葉遣いや立ち振舞いに厳しい規制があったり、和菓子の知識はもちろんのこと、日本のご進物に定められた細や

和菓子販売求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

日本の伝統文化の一つである「和菓子」。どの地域に行ってもその土地特有のものが販売されていたり、季節に合わせて色とりどりのものを目にすることができるとても美しいお菓子です。食べても美味しく、視覚的にも美しい和菓子は私達日本人の身近な存在であり、スーパーやコンビニと行った場所で手軽に購入できます。しかし、ご進物やお供え物などに利用するのはやはり和菓子屋さんで購入した和菓子でしょう。若い世代は普段和菓子屋さんに足を運ぶことは少ないかもしれませんが、季節の花などを象った美しい上生菓子などが並ぶショーケースは心が踊ります。今回はそんな和菓子屋さんで働く販売員について詳しくご紹介して行きましょう。日本の伝

販売の転職を成功させるために!狙い目な業種の特徴と上手に転職するための2個の注意点

もし、あなたがファッションにとても興味があり、人と話すのが苦にならないとしたら、靴やバッグ、アパレル関係などの販売店のお仕事が向いているかもしれません。つまり、ファッション系の小売店舗での接客業のことです。あなたが真剣に転職を検討中で、そして自分の好きな仕事、もっとなじめる仕事を探しているとしたら、販売の仕事もおすすめです。販売の転職時に注意すべきことや転職を成功させる方法、業界事情や求人先の選び方などを、私の業界経験も交えながらご紹介します。販売の転職で注意したほうが良い2つのこと販売の転職で注意したほうが良いこと1:ノルマ達成のために自腹を切る場合もあるもし、自腹を切ることがあればそれは要

雑貨屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や活かせる経験、キャリアについて解説します

一歩足を踏み入れると思わず笑顔になれる、雑貨屋さん。大切な人への贈り物や自分へのご褒美、お部屋をお洒落に見せてくれるインテリア等を探しに、一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。お買い物をしながら、「こんな可愛い雑貨に囲まれてお仕事が出来たらいいな…...」なんて思ったことがある方はいませんか?今回は、そんな雑貨屋の仕事内容や、「どんな人に向いているの?」といったお話をしていきます。雑貨屋はどんな仕事?雑貨屋は、何が販売されているかが明確に決まっているお店ではなく、その店舗のテイストに合わせた雑貨が並んでいるのが特徴です。一般的な雑貨屋に多く並んでいるのは、ハンカチやマットなどの布物、食器

販売職が上手で向いている人の3個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

「販売職」は学生アルバイトからフリーター、正社員に至るまで幅広く働き口があり人気の職種の一つでもあります。何かを「販売」する職種は販売職のくくりに含まれ、全ての販売職に共通するような基本的要素はいくつか存在します。この記事では、まず販売職とは何なのかを理解するためにその仕事内容や役割を簡単に説明していきます。その後、販売職に興味を抱いている方のためにこの職種に「向いている人」にはどのような特徴があるのか、それらの特徴を存分に発揮できる職場にはどんなものがあるのか、そして販売職で働くメリットなども紹介していきます。キャリア形成についてや求人の選び方も最後に解説していますので一度目を通してみてくだ

訪問販売求人にはどんな業種・商品がある?募集内容や気になる疑問について答えます

訪問販売求人には「高収入」をうたった求人が多くみられます。訪問販売求人にはどんな業種・商品があるのでしょうか?現在転職を考えていらっしゃる方々が興味ある募集内容やよくある疑問についてご紹介します。訪問販売求人のおおまかな仕事内容訪問販売は、お客さんの自宅に訪問して、商品などを販売する営業です。訪問販売求人にはどんな業種・商品があるの?訪問販売というと皆さんはどんな業種・商品を思い浮かべますか?自分の家に来る訪問販売を思い出すと、新聞やNHKの受信料等ですが、実際の求人にどんな業種・商品があるかご紹介します。あなたが好きな業種・商品が見つかり転職の参考になれば幸いです。訪問販売求人の募集でよくあ

販売バイト求人にはどんな業種がある?募集内容や気になる疑問について答えます

アルバイト求人を探している時に、よく目に付く求人が「接客業」の求人です。接客業などのサービス系業種はアルバイトの求人が多く、特にチェーン店や系列店などでは募集する件数が多いように感じます。その中でも、ここでご紹介するのは販売バイト求人です。販売バイトとはすなわち「販売員」としての業務になります。販売員にも様々な業種があり、販売員が働く先の店舗、取り扱う商品によっても仕事の内容が違います。そんな販売バイト求人の特徴などをここでご紹介できればと思います、今現在販売バイトに興味がある人はぜひ、参考にしていただけたらと思います。販売バイトのおおまかな仕事内容まず、求人をご紹介する前に、販売バイトとはど