「スーツ」は男性の仕事着としてはやはり外せないアイテムですよね?

ビジネスシーン、とりわけ商談の場はある意味「舞台」です。

そこでは身嗜みも重要なファクターです!

そんな時に備えて、その人の個性を際立たせる一分の隙もないスーツの着こなしを提案する・・・とてもやりがいある仕事です。

そんなスーツ販売の仕事とはどんな内容なのかを、分かりやすくご紹介していきたいと思います!

「スーツ販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーツ販売の仕事の具体的な仕事内容とは?

スーツ販売の仕事で、主な業務内容は一体どんなものがあるのでしょうか。

商品出し

これは店舗に新たに入荷してきた商品をパッキンから出し、陳列用のハンガーに掛け替えて、店頭に陳列します。

それに付随して商品タグを付けたり、輸送時にシワが入っていたらスチームアイロンで綺麗にシワを伸ばしたりということも必要です。

接客販売

来店したお客様に対面販売をします。

販売員のもっとも大事な仕事であり、良くも悪くも最も評価の対象になる部分です!

商品整理

接客した後の売り場の乱れを綺麗に直します。

もちろん自分の販売だけではなく、同僚や先輩の販売後も積極的に手伝って整理する事で信頼関係も増しますので、社内店内のコミュニケーション上でも大切な業務です。

顧客管理

お得意様や、これからリピーターになってもらうお客様の情報を管理します。

ドクターのカルテのようなものを作るのです。

店用にフォーマットがある場合もありますが、なければ自分自身で使い勝手が良いフォーマットを作るのもいいでしょう。

紙でもPCでも、本人が使いやすいものが一番良いでしょう。

情報としてはお客様の住所(ダイレクトメールを出すために)、年齢(提案を考える参考に)、サイズ体型、過去の購入履歴をわかる範囲で・・・等々です。

もちろん備考として前回来店時にもらったリクエスト(例えば、次の冬には新しいコートが欲しいね)とかの情報はとても大事です。

これらの情報に、いつでも素早く無理なくアクセスできればその人の顧客はどんどん増えるでしょう。

接客の流れはどんな感じ?

スーツ販売員にとって、接客が最も重要な仕事であることは先に述べましたが、その接客とは実際にはどんな流れなのかを見ていきましょう。

①お客様のリクエストを聞く

ひとくちにお客様と言っても人それぞれ実に様々な思い、思惑、願望、切望を抱いて来店されるものです。

それらをしっかり汲み取れるかどうかで、相手が自分を信頼して結果として購入してくれるかが大きく左右されます。

だからお客様のリクエスト(用途、色柄、デザイン、予算)をしっかり聞いて、最適な商品を選び出す。

人によっては接客されるのが苦手な方がいます。

でもそんな人でも販売員が売りつけようという感じではなく、親身になって相談に乗りたいというスタンスならいつか打ち解け、和気あいあいとした接客風景になることもよくあります!

②お客様の体型を確認する

これはつまりどのサイズ・寸法のスーツを提案すればよいかを見極める作業です。

スーツのサイズ表示は一般的に三元表示と呼ばれる、身長・胸囲・胴囲で分ける方式があります。

A5号とかAB6号を見聞きした事はありませんか?

Y/A/AB/BBという基本体型(痩せ型から肥満まで)の中でそれぞれ3~8号(端っこの3号と8号はあまり製造されない)という号数(身長を5センチ刻みにしたもの)があります。

その組み合わせは沢山ありますが、基本となるもの(例えばA体の中心であるA5号)さえきちっと覚えれば、縦横に何センチずれたらどうなるかを理解したら全部覚えたのと同じになります。

慣れるまではずらして数えるのに時間が掛かりますが、経験が積まれれば無意識に出てきますし、もっと言えば始めてご来店されたお客様の体型を見ただけで、その人の妥当なサイズをある程度は見極めることができるようになるでしょう。

③試着・採寸する

お客様に提案した、あるいはお客様自身が選んだスーツを試着してもらい、採寸し、補正箇所、補正方法を確認します。

これはちょっとした間違いがキャンセルを生みかねない「怖い」瞬間です!

例えばスラックス丈の採寸でも、ちょっと腰の位置がずれていたりお客様の姿勢が不自然だったりするだけで、その状態で採寸したとおりに裾上げしても上り寸がおかしくなってしまいます。

でもそれはもちろん、お客様のせいではなく販売員の責任になってしまいますので、念には念を入れて姿勢や腰の位置を確認しなければいけないのです。

④コーディネートする

お買上げのスーツに合わせるシャツやネクタイ等の周辺アイテムを提案します。

これは楽しくもあり、また関連販売で売上げ額を上げる事もできる大事な場面です。

お客様自身で自ら選ぶ場合もありますが、多くのお客様は販売員に何パターンかのコーディネートを提案してもらい、そこから選びたいものです。

無論そこで「これ!」と言うコーディネートを提案できなければ関連販売自体が無くなるので、腕の見せ所です。

そのためには、経験が浅いうちは普段から店頭のスーツやシャツ、ネクタイを題材にコーディネートをいろいろ試すことも必要でしょう。

もちろん経験を積めば(そして感性が豊かであれば)ぶっつけ本番でもお客様が惚れ惚れするようなコーディネートができるようになります。

以上は基本的な接客のパターンです。

実際はお客様によってマイナーチェンジしながらの接客になることも多いです。

決まったパターンなどありませんので、販売員の個性を生かしたパターンを組み立てることによって、なじみのお客様をたくさんつかめる、魅力ある接客力を身に着けることができます。

「スーツ販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーツ販売の仕事の役割とは?

「お客様のスーツ選びのお手伝い」のひと言に尽きます。

スーツはセルフで買い物ができるアイテムではありません。

サイズという問題だけではなく、そのスーツの使用素材(服地)の取り扱い方、コーディネート方法、用途別の着こなしのアドバイス等々、服の専門知識がある販売員に接客してもらって初めて得られる付加価値があるからです。

裏返せば、もし未熟な販売員に当たってしまうと、不本意な買い物になる場合もありますので、買い物の際は要注意ですね・・・。

ともあれ良い販売員はお客様のさまざまな思いを汲み上げて、可能なかぎり要望を満たす提案ができます。

そうなればもうそのお客様は他店で買う気がしないでしょう。

何人のお客様にそう思ってもらえるかが、スーツ販売員の醍醐味であり、モチベーションになるでしょう。

スーツ販売の仕事の給料事情は?

正直なところけっして高給が保証される業種ではありません。

まず物販業の販売員そのものが、さほど優遇された職種ではないのですが、スーツ業界はなおさらです。

なぜならスーツ販売は例えばここ数年、クールビズやカジュアルデーの影響で、ビジネスマンの仕事着に対する価値観も微妙に変化して来た結果、難しい業種になってきています。

そんな中でもビジネスにスーツは欠かせない人達、業種はもちろん沢山ありますので、信頼できるブランド、店、販売員によって優良顧客を多く掴んでいるところも存在します。

販売員の努力で給料がアップできる可能性は常にあります。

そして賃金だけではなく、努力と実力が評価されれば販売員から、店長やバイヤー、MD(マーチャンダイザー)に抜擢されることもよくあります。

スーツ販売の仕事の探し方とは

ではそんなスーツ販売の仕事の探し方はどんな方法があるでしょうか?

求人・就職情報誌(紙媒体)あるいはインターネットの求人・求職サイト

どちらかといえば人の出入りは多い業界ですので、絶えず募集はあります。

ただ正社員や契約社員にいきなりなるのは難しく、アルバイトからのスタートになることも多いでしょう。

つまり大手の多店舗展開のチェーン店は絶えず求人がありますが、そういう店では社員契約は大変難しいのが現状です。

極端に言えば店長一人が社員で他はすべてアルバイト、のような状態の店が多いのです。

余談ですが、その点、現在の中小の紳士服店はある意味筋金入りです。

つまり90年代のバブル崩壊と2008年以降のリーマンショックを通して本当に多くの中小の紳士服店は閉鎖、廃業を余儀なくされました。

その中で現在も頑張っている紳士服店は、そのふたつの嵐をも生き抜いて、生き延びて経営を続けているのですから、普通に考えれば品揃えやサービスやコンセプトやその他いろいろ優れたところがあるからこそ今日があるはずです。

そういう会社の門を叩くのも、やる気のある人にとっては実力を発揮できればその中でステップアップできる場所妥当言う意味でいい事です!

中小の会社の求人はそう多くありませんんが、公の情報以外では以下の方法もあります。

ショップの求人ポップ

以前よりは少なくなりましたが、ショップのショーウィンドウや店内のレジスター周辺に「販売スタッフ募集」のポップが張られていることがあります。

これは情報誌等の業者を介さずに、つまりコストを掛けず手っ取り早く求人できる昔ながらのやり方です。

ショップの顧客がそれに反応して、スタッフになるケースもよくあります。

知り合い関係から

知り合い身内にコネクションがあれば、そういう情報も聞きやすく、雇う方も紹介があるといくらか安心して雇えますね。

ただし間に人が入っているので、社内での人間関係が割り切りずらい面も出てくるのは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

「スーツ販売の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーツ販売の仕事に就くためにはどうしたらいい?

それではスーツ販売の仕事に就くためには、一体どんなことが必要でしょうか?

スーツ販売の仕事に就職するために

まずは自分自身がスーツファッションが好きであること。

当たり前ですが興味があることなら、最初素人でも、現場でどんどん吸収していけますから。

全くの素人であっても、吸収の早い人は半年もかからず立派な販売員になり、顧客も付いたりします。

人は自分が好きなこと・ものを他人に伝えたい動物ですからね!

資格・スキルは必要か?

スーツを販売するにあたっての資格は、実は一切必要ありません。

「販売士」と言う検定が存在していますが、ほとんどのスーツ販売員には関係のない資格です。

スキルはというと、もちろんある意味技術職ですから、無しでもスタートはできますがどんどん身に着けていかないといけないでしょう。

それは例えばサイズの理解であったり(先に述べた三元表示というサイズの規格のこと)、スーツそのものの基本的な知識、トレンドの情報、そのお客様に何が似合うかの見極め(これは問題意識と経験でのみ育まれます)等々です。

服好きな人にとってはスーツの歴史、ひいては洋服全般の歴史なども興味深く感じられるでしょう。

もちろん知らないよりは知っているほうが上ではあります。

が、もっと必要なものは服の知識、採寸技術以前にコミュニケーション能力のほうです。

それが根本の必要スキルと言っても過言ではないでしょう。

初対面のお客様と打ち解けられる・・・そういう窓口があってこそ、相手のお客様が心を開いてくれて、そこでやっと服の知識、採寸技術が生かされるのです。

必要な経験は?

どんな経験が必要かと言えば、ひとと向き合う・・・と言えばたいそうですが、ひととの意思の疎通をとる経験、それがとても大事です。

とは言っても、もしそういう経験が少なかったとしても、人嫌いなら向いていないでしょうが(また人嫌いなら接客業を望まないですしね)、そうでない限りまず大丈夫です。

日々いろんなお客様や社内の先輩、出入りする業者に接するなかで、気が付けばたちまちに経験豊富になっていきます。

まとめ 

スーツを販売するということはけっして大袈裟ではなくお客様の生活、人生のある部分をコーディネートすることに通じます。

一度買われたお客様がリピート=再来店され、感謝を言ってくれたり、周りに褒められた話を聞かせてくれたりしたら、それはとても嬉しいことです。

また同様に、あるお客様に気に入られて、その方の身内や友達の方や知り合いを、お客様として紹介してくれた時も本当に嬉しいものです。

そういう喜びがあるから、スーツも含め接客業はお金だけではないのでしょうね。

提案することに喜びを感じられるような販売員が、ひとりでも増えて、今は厳しい日本のスーツ業界も盛り上がっていくことを期待します。

実際にスーツ販売求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

スーツ販売求人

販売求人についてもっと深堀りした情報を見る

アニメショップ求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

突然ですが、みなさんは、アニメ好きですか?アニメに関する仕事をしたいと思ったことはありますか?子供の頃、見ていた好きなアニメに携わる仕事がしたい、好きなアニメのおもちゃを扱ってみたいと思った人はいるかもしれません。昨今は、オタクブームがあり、東京は秋葉原、大阪は日本橋がアニメの聖地として広く認識されてきました。アニメの聖地には必ずあるのがアニメショップです。少し前まではアニメショップはオタクのたまり場で一見は入りづらい印象がありました。しかし、昨今のブームで雑誌やテレビで特集されたことで今は色んな人が楽しめるショップになりつつあります。アニメショップは知っているけど、どういう仕事なのか意外と知

訪問販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ビジネスの世界で必要不可欠なステップとして営業があります。営業と聞くと辛い、大変というイメージがつきものですが、その営業の中でも辛いと言われているものをご存知ですか?それが訪問販売です。訪問販売の仕事がなぜ辛いと言われているのか、どんな内容なのか、どんな人が向いているのかについて紹介していきたいと思います。訪問販売はどんな仕事?そもそも訪問販売とはどのような仕事でしょうか?それまで付き合いのなかった新規のお客様に“直接”商品を売り込むことです。営業の中でも、ハードルの高い仕事と言えるでしょう。訪問販売の大まかな仕事内容アポ取りお客様に商品紹介のための時間を確保するため、事前に電話などで交渉する

ウィッグ販売求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

髪の毛を触るのが好きな方は、楽しく働けるのがウィッグ販売のお仕事です。ヘアアイロンを使ったり、ヘアアレンジなど髪の毛を触るのが好きな方は、気になるお仕事だと思います。美容師免許があると優遇されますが、免許がなくてもできるお店もあります。実際はどのような仕事内容なのか?知っておくべきポイントなどをウィッグ販売求人について詳しく解説していきますので是非参考にしてみてください。ウィッグ販売の大まかな仕事内容ウィッグ注文来店されたお客様の希望を伺い、お客様のファッションや顔の形などに合ったウィッグやお客様の髪型や色に合ったトップピースなどを提案します。実際に試着していただきつけ方やお手入れの方法などの

和菓子販売の仕事はどんな人に向いている?得意な人の4個の特徴やキャリアについて解説します

美しい日本の文化として近年海外でも大人気の和菓子。季節に合わせて販売される和菓子は目にするだけで心が踊りますよね。そんな和菓子を店舗の直営店やデパ地下などで販売するのが和菓子販売員の仕事です。デパートや和菓子屋に雇用されている販売員は、一体どのような仕事を毎日こなしているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。和菓子販売ってどんな仕事?和菓子販売員の仕事は店頭に立ちお客様に商品を説明したり、包装したりする接客販売の仕事がメインです。誰でもできる簡単な仕事のように見えますが、実は和菓子という特性上言葉遣いや立ち振舞いに厳しい規制があったり、和菓子の知識はもちろんのこと、日本のご進物に定められた細や

和菓子販売求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

日本の伝統文化の一つである「和菓子」。どの地域に行ってもその土地特有のものが販売されていたり、季節に合わせて色とりどりのものを目にすることができるとても美しいお菓子です。食べても美味しく、視覚的にも美しい和菓子は私達日本人の身近な存在であり、スーパーやコンビニと行った場所で手軽に購入できます。しかし、ご進物やお供え物などに利用するのはやはり和菓子屋さんで購入した和菓子でしょう。若い世代は普段和菓子屋さんに足を運ぶことは少ないかもしれませんが、季節の花などを象った美しい上生菓子などが並ぶショーケースは心が踊ります。今回はそんな和菓子屋さんで働く販売員について詳しくご紹介して行きましょう。日本の伝

販売の転職を成功させるために!狙い目な業種の特徴と上手に転職するための2個の注意点

もし、あなたがファッションにとても興味があり、人と話すのが苦にならないとしたら、靴やバッグ、アパレル関係などの販売店のお仕事が向いているかもしれません。つまり、ファッション系の小売店舗での接客業のことです。あなたが真剣に転職を検討中で、そして自分の好きな仕事、もっとなじめる仕事を探しているとしたら、販売の仕事もおすすめです。販売の転職時に注意すべきことや転職を成功させる方法、業界事情や求人先の選び方などを、私の業界経験も交えながらご紹介します。販売の転職で注意したほうが良い2つのこと販売の転職で注意したほうが良いこと1:ノルマ達成のために自腹を切る場合もあるもし、自腹を切ることがあればそれは要

雑貨屋の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や活かせる経験、キャリアについて解説します

一歩足を踏み入れると思わず笑顔になれる、雑貨屋さん。大切な人への贈り物や自分へのご褒美、お部屋をお洒落に見せてくれるインテリア等を探しに、一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。お買い物をしながら「こんな可愛い雑貨に囲まれてお仕事ができたらいいな…」なんて思ったことがある方はいませんか?今回は、そんな雑貨屋の仕事内容や、「どんな人に向いているの?」といったお話をしていきます。雑貨屋はどんな仕事?雑貨屋は、何が販売されているかが明確に決まっているお店ではなく、その店舗のテイストに合わせた雑貨が並んでいるのが特徴です。一般的な雑貨屋に多く並んでいるのは、ハンカチやマットなどの布物、食器類、お洋

販売職が上手で向いている人の3個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

「販売職」は学生アルバイトからフリーター、正社員に至るまで幅広く働き口があり人気の職種の一つでもあります。何かを「販売」する職種は販売職のくくりに含まれ、全ての販売職に共通するような基本的要素はいくつか存在します。この記事では、まず販売職とは何なのかを理解するためにその仕事内容や役割を簡単に説明していきます。その後、販売職に興味を抱いている方のためにこの職種に「向いている人」にはどのような特徴があるのか、それらの特徴を存分に発揮できる職場にはどんなものがあるのか、そして販売職で働くメリットなども紹介していきます。キャリア形成についてや求人の選び方も最後に解説していますので一度目を通してみてくだ

訪問販売求人にはどんな業種・商品がある?募集内容や気になる疑問について答えます

訪問販売求人には「高収入」をうたった求人が多くみられます。訪問販売求人にはどんな業種・商品があるのでしょうか?現在転職を考えていらっしゃる方々が興味ある募集内容やよくある疑問についてご紹介します。訪問販売求人のおおまかな仕事内容訪問販売は、お客さんの自宅に訪問して、商品などを販売する営業です。訪問販売求人にはどんな業種・商品があるの?訪問販売というと皆さんはどんな業種・商品を思い浮かべますか?自分の家に来る訪問販売を思い出すと、新聞やNHKの受信料等ですが、実際の求人にどんな業種・商品があるかご紹介します。あなたが好きな業種・商品が見つかり転職の参考になれば幸いです。訪問販売求人の募集でよくあ

販売バイト求人にはどんな業種がある?募集内容や気になる疑問について答えます

アルバイト求人を探している時に、よく目に付く求人が「接客業」の求人です。接客業などのサービス系業種はアルバイトの求人が多く、特にチェーン店や系列店などでは募集する件数が多いように感じます。その中でも、ここでご紹介するのは販売バイト求人です。販売バイトとはすなわち「販売員」としての業務になります。販売員にも様々な業種があり、販売員が働く先の店舗、取り扱う商品によっても仕事の内容が違います。そんな販売バイト求人の特徴などをここでご紹介できればと思います、今現在販売バイトに興味がある人はぜひ、参考にしていただけたらと思います。販売バイトのおおまかな仕事内容まず、求人をご紹介する前に、販売バイトとはど