髪の毛を触るのが好きな方は、楽しく働けるのがウィッグ販売のお仕事です。

ヘアアイロンを使ったり、ヘアアレンジなど髪の毛を触るのが好きな方は、気になるお仕事だと思います。

美容師免許があると優遇されますが、免許がなくてもできるお店もあります。

実際はどのような仕事内容なのか?

知っておくべきポイントなどをウィッグ販売求人について詳しく解説していきますので是非参考にしてみてください。

ウィッグ販売の大まかな仕事内容

ウィッグ注文

来店されたお客様の希望を伺い、お客様のファッションや顔の形などに合ったウィッグやお客様の髪型や色に合ったトップピースなどを提案します。

実際に試着していただきつけ方やお手入れの方法などの説明をしながら気に入りそうなウィッグやトップピースを提案します。

お客様の希望によってはオーダーメイドの場合もありますので、その際は型取りや髪の色などの作業をすることもあります。

ウィッグお直し

購入済みのウィッグやトップピースのシャンプー・トリートメントやセットなどのお直しを持ってこられますので希望の仕上がりを伺います。

持ってこられたウィッグやトップピースのシャンプー・トリートメントを行い、自然乾燥をして、乾いたウイッグやトップピースをお客様の希望に合わせてセットしていきます。

セットは、毎回同じ希望をされる方もいらっしゃいますし、違う場合もありますのでお預かり書にきちんと記載があります。

それを確認し、ドライヤーやヘアアイロン、ロールブラシを使い、一つ一つセットをしていきます。

その他

また、販売用ウィッグやトップピースのカットやセットを行い、店頭にディスプレイします。

育毛や増毛などを行うサロンでは、上記の仕事に加え、毛髪にかかわるお悩みを伺い、それに対するアドバイスなどのカウンセリングを行います。

ウィッグやトップピースにあわせて自髪をカットをするなど美容室のような感じです。

他には、CMで見かけるような増毛を行ったり、育毛を促すようなマッサージやヘアケアなど行います。

ウィッグ販売でよくある募集内容とは?

育毛や増毛など美容師さんが在中するようなサロンの募集もありますが、ウィッグ販売店は、デパートなどの商業施設に入っている店舗が多くあります。

サロンとデパートなどの商業施設に入っているウィッグ販売店とは仕事内容が異なりますので注意しましょう。

給与相場

地域によって異なりますが、デパートや商業施設でのウィッグ販売の場合は170,000円~250,000円で年齢ごとに給料額が異なったり、役職手当などが付くこともあります。

また、美容師免許や理容師免許など資格保持者には技能手当てがあったり、経験や能力に応じて給料は変わります。

サロン勤務になると美容師免許や理容師免許が必要になります。

200,000円~300,000円ほどです。

サロンの場合は、プラスで歩合給があることが多く、個人売上によって異なってきます。

勤務時間や休日、残業

デパートなどの商業施設に入っているウィッグ販売の場合は、そのデパートや商業施設に合わせた時間帯です。

例として10:00~20:00までの営業時間でしたら、早番の場合9:30~18:30です。

9:30までに出勤して開店準備や掃除や朝礼があります。

遅番の場合は、11:00までに出勤します。

20:00までの営業時間に合わせて閉店作業を行います。

デパートや商業施設が閉店してからお店の片付けなど行い退社します。

サロン勤務の場合は、お店によって異なりますが10:00~19:00の営業時間ですと、9:30までに出勤し、開店準備や掃除や朝礼を行います。

19:00の閉店後に片付けや終礼を行い、退社します。

デパートなど商業施設のウィッグ販売もサロンでのウィッグ販売、どちらも8時間勤務60分休憩が基本です。

福利厚生

社会保険完備(厚生年金・健康保険・雇用保険)、交通費全額支給がほとんどです。

場合によっては、家族手当や退職金制度がある会社もありますので必ず確認してください。

勤務場所

ウィッグ販売会社がデパートや商業施設に入っている場合は、その店舗での勤務になります。

サロンの場合は、各店舗のサロンでの勤務となります。

どの場合もお客様が来店しやすい場所にあることが多いため通勤はしやすというメリットがあります。

ウィッグ販売に向いているのはどんな人?

コミュニケーション能力が高い方

お客様の希望を伺い、お客様の顔の形や肌の色、ファッションなどを見て似合うウィッグを提案したり、お客様の髪型や髪の色を見て似合うトップピースを提案します。

はじめてのお客様は緊張や警戒をしている場合が多く、コミュニケーションをとることで緊張をほぐし、警戒を和らげることでたくさん希望を伺うことができ、お客様が気に入る良い商品を見つけることができます。

また、スタッフ同士のチームワークも必要になります。

他のスタッフが接客中の時に、サポートをしたり声掛けをすることがあります。

また、店舗ごとに売り上げ目標がありますので個人目標ではなく、店舗での目標ですのでチームワークが何より大切です。

話をきちんと聞ける方

お客様の希望を伺い、お客様に合ったウィッグやトップピースを選びます。

その際にはお客様のお話をきちんと聞いていないと何を求めているのかわかりません。

お客様の中には、会話を楽しみに来店される方もいらっしゃいます。

きちんと話を伺い、お客様との会話を楽しみましょう。

知識をつけるための勉強を頑張れる方

ウィッグやトップピースがたくさん種類がありますのでその知識のための勉強が大切ですが、少し特殊なお仕事ですのでウィッグの扱い方やヘアケア知識などの勉強も必要です。

研修などもありますがしっかりと勉強することが必要です。

基本的なマナーが身についている方

デパートや商業施設に入っている店舗の場合、そのデパートや商業施設のマニュアルやルールがあります。

そのために研修があり、厳しい場合は入店前に研修を受けてからではないとお店に入れないというところもあります。

また、接客業ですので正しい敬語を使い、会話ができる方は好感のもてる接客ができると思います。

ヘアアレンジが好きな方

髪型で人の印象は変わります。

ウィッグやトップピースをつけることで若々しく素敵に変身させることがお仕事です。

髪の毛を触るのが好き、美容が好きだととてもやりがいのある仕事で楽しく働けます。

清潔感のある方

美容のお仕事ですのでお客様や周りのスタッフからも見られるお仕事です。

デパートや商業施設での販売の場合は、ウィッグやトップピースを購入するお客様からだけではなくデパートや商業施設を利用する方からも見られています。

身だしなみに気を付け、キレイな所作を身に着けている方がよいです。

活かせるスキルや資格、経験

デパートや商業施設に店舗があるお店の場合は、ほとんどが未経験でも大丈夫ですし、資格や免許がなくても大丈夫な場合が多いです。

接客業などの経験があると受かりやすいです。

サロンの場合は、お客様の自髪をカットしたり、シャンプー・ブローなどを行いますので美容師免許や理容師免許が必要です。

美容室や理容室での勤務経験があると武器になります。

ウィッグ販売のおすすめ求人のポイント

知っておくと入社後も安心して働くことができるポイントを教えます。

デパートや商業施設のウィッグ販売とサロン勤務どちらもおすすめポイントは同じですので要チェックです。

勤務する場所

デパートや商業施設なのかサロン勤務なのかで仕事の内容が変わってきます。

デパートや商業施設の場合は、ウィッグやトップピースなどの販売が主になりますが、サロン勤務の場合はオーダーメイドの取り扱いや育毛、増毛などの技術作業やカットなど行います。

どのような仕事内容が良いのかで選ぶ必要があります。

研修体制がしっかりある

しっかりとした研修体制がある会社が良いです。

ウィッグやトップピースは、数千円から数十万円、オーダーメイドになると百万円以上する場合もあります。

素材によって扱い方が変わってきますし、セットなどの技術も必要です。

商品知識を持つためにはとても役立ちます。

産休・育休制度取得実績あり、時短正社員制度がある

女性が多い職場です。

独身の方も、既婚者も妊娠、出産も安心してできて、復帰時に時短制度の活用ができる会社環境はとてもありがたいものです。

男性の場合も配偶者の出産休暇可能な会社もありますので確認しておいて間違いないと思います。

昇給や賞与がある

昇給があることで仕事にやりがいを感じることができます。

賞与は入社後6ヶ月から1年後から支給されることがほとんどです。

退職金制度がある

社会保険完備なところはほとんどですが、福利厚生や待遇が充実している会社もたくさんありますのできちんと確認しましょう。

ウィッグ販売についてよくある疑問

面接時には、「前職ではどのような仕事をしましたか?」「仕事で失敗したことはありますか?」と質問をされました。

また、血液型も質問されました。

デパートや商業施設でのウィッグ販売の場合も美容師免許がある方は優遇されますが未経験でも可能です。

サロン勤務希望の場合、美容師免許や理容師免許を持っていないといけませんので注意しましょう。

未経験でも大丈夫?

もちろん大丈夫です。

私自身、美容室で一年半美容師見習いとして勤務経験がありましたが、免許取得前に辞めてしまい、免許を持っていませんでしたがデパートや商業施設での勤務で応募したため、ウィッグ販売は未経験でしたが入社することができました。

美容師や理容師の免許を持っていてもウィッグやトップピースなどの取り扱いには、ほとんど無知ですので未経験でも問題ないのです。

他のスタッフは、美容業は初めてで未経験でしたが問題なく入社していましたし、未経験でも全く問題ありません。

知識がなくても、しっかりと研修を受け勉強することできちんと商品知識が身に付きますし、植毛やウィッグのサイズ合わせなど技術も練習するとできるようになります。

ノルマはあるの?

でデパートや商業施設でのウィッグ販売の場合は、個人ノルマはありませんが、店舗ごとに毎月の目標額の提示があります。

その目標額などによってイベントなどを行います。

イベント前にはDM作成や電話かけなどもある場合があります。

サロン勤務の場合は、同じように毎月の目標額などの提示がありますが、売上に応じて歩合給が変わります。

どんなお客様がくるの?

デパートや商業施設でのウィッグ販売の場合は、50代から80代くらいの方が来店されます。

一つのトップピースを大切に使う方もいれば、気分やファッションにあわせてウィッグやトップピースを選ぶようなたくさんお持ち方もいらっしゃいます。

また、抗がん剤治療のため、一時的に脱毛されている方などもいらっしゃいますし、先天性の病気で無毛症の方なども来店されます。

がん治療の場合は、しっかり研修を受けることできちんと対応できるようになります。

サロン勤務の場合は、育毛や増毛で来られるお客様もいらっしゃいます。

男性専門店や女性専用店などある場合もあります。

年齢は20代から80代くらいの方ととても幅広い世代の方が来店されます。

1か月に1回程のヘアケアやウィッグやトップピースに合わせたカットに来られます。

キャリアアップすることはできる?

もちろんあります。

デパートや商業施設でのウィッグ販売の場合もサロン勤務の場合も、店舗ごとにチーフ(店長)、サブチーフ(副店長)がいます。

同じ店舗にずっと変わらずに在籍する場合もありますが、ほとんどの会社が入れ替えを行います。

その場合には、チーフ(店長)やサブチーフ(副店長)の移動もありますし、経験や実績によってキャリアアップすることもあります。

また、新店舗を展開するときには他店舗のスタッフからチーフ(店長)やサブチーフ(副店長)を抜擢したり、実績の高い店長をトップアドバイザー(課長職など)になることもあります。

販売だけではなく営業職などへ移動することもあるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このお仕事は、お客様とのコミュニケーションも必要ですが、お客様がどんなヘアスタイルが似合うのかを見抜く力も必要です。

顔の形や顔の印象で似合うウィッグやトップピースを一発でつけることで、お客様の目がキラキラして嬉しそうな表情になります。

その表情を見るととてもやりがいを感じることができます。

髪の毛を触るのが好きな方はとてもやりがいを感じれるお仕事ですので、是非おすすめします。


関連キーワード

販売求人