内職を始めようかと思っている方はぜひご覧ください。

事情があって外に働きに出られない人や、働く時間が自由に確保できない人の場合、なかなか定職に就くことは難しいでしょう。

そんな人の強い味方なのが在宅で出来る内職です。

最近の内職は、ひと昔前までのものとは違い、パソコンやネット環境があれば肉体的な労働をせずにやれる仕事も増えています。

そんなたくさんの内職の中から、ちゃんと稼げる内職をご紹介していきます!

「内職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

在宅ワークの魅力とは

在宅ワークには沢山の魅力があります。

昔の内職と言えば、自由に働きに出る時間のない専業主婦が家計を助けるために家事の片手間にやるといったイメージが強かったですが、最近はどうでしょうか?

働いている人でも隙間時間に更にお小遣い稼ぎをしたり、家計のためでも自分に合った仕事を見つけて楽しんで在宅ワークをしていたりと、昔の内職よりも明るいイメージに変わりつつあります。

それは恐らくインターネットの普及と共に個人が家でできる仕事の幅が大きく増えたためでしょう。

楽しんで仕事をして報酬が得られれば、在宅ワークへのモチベーションもより上がりますよね。

在宅ワークの具体的な魅力には、どんなものがあるのでしょうか?

自分自身のタイミングで働ける

在宅ワーク最大の魅力は、自分自身の好きなタイミングで働けることです。

朝起きられないという人は、昼頃からゆっくりと起きて夜まで仕事をすることができます。

また、朝早い人は、その分夕方までには仕事を終わらせて、夜はのんびりと過ごすこともできるでしょう。

家事や育児の合間に仕事をすれば、空いた時間の有効活用もできます。

明日は1日出かける予定があるのなら、代わりに今日1日仕事をして明日は休む…ということもできます。

更には、ネット環境さえ整っていればパソコン一つ持って海外で仕事をすることも可能です。

自分の好きなようにシフトを組めるのはとても嬉しいことですよね。

高度なスキルを必要としない仕事もある

在宅ワークは、専門的なスキルがなければできない仕事もありますが、その大半は素人や初心者でも簡単にできる仕事ばかりです。

アンケートに答えるだけだったり、決められた内容に従ってデータを入力するだけだったり、写真を選んだりするだけだったりと、本当に誰でもできるような仕事が数多くあります。

誰にでも簡単にできる分報酬の単価はとても安いことも多いですが、安ければその分量をこなして収入を得ることもできます。

専門スキルを持っている人は稼ぎやすい

せっかく学生時代や独身時代に専門スキルを身につけて仕事をしていたのに、家庭に入ってからは仕事を辞めてしまったという人も少なくはありません。

在宅ワークは、そうした専門スキルを持て余している人にこそおすすめなのです。

専門スキルは、誰にでもできる仕事ではありません。

そのため、例え在宅ワークと言えど、その報酬は他の在宅ワークの職種よりも高いことが多いです。

家にいながら自分のスキルを活かして仕事を行い、それに見合った報酬を得られるのなら、こんなに得なことはないでしょう。

専門的なスキルを持っている人ほど、それを在宅ワークで活かした方が自分自身のためにもなるのです。

「内職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

在宅ワークで出来る「内職」の人気職種や業界、その理由

データ入力

データ入力の仕事は、在宅ワークの仕事の中でも募集が沢山出ています。

そのため誰でも気軽に応募できますし難しい作業ではないため、慣れてしまえば作業効率が上がり時間も短縮できます。

例えばある会社のこれまでの仕事のデータをExcelに分かりやすくまとめたり、PDFで送られてきた書類の内容をデータに起こしたりと、指示も仕事内容も比較的シンプルです。

データ入力の仕事によっては納期が短く定められていることもありますが、その分やりやすい仕事でもあります。

また、単発の仕事もあれば、継続して仕事の依頼を受けられるものもあります。

人気な理由

データ入力の仕事が人気の理由は、誰にでも簡単にできることです。

初心者であっても、会社が依頼をする際に分かりやすく指示を出してくれますので、ワーカーは指示に従って単純作業をするだけです。

慣れてしまえば短時間で多くの仕事量をこなせるようになりますので、自分で収入を増やしていきやすいです。

また、文章を書くわけではないので、文系理系のようにタイプ別で選ばれる仕事でもありません。

個人の経験やスキル、資格を問わずにできる仕事だからこそ、ワーカーにも人気が高い仕事です。

Webライター

Webライターは、インターネット上に掲載される記事を書く仕事です。

文章を書くのが得意な人や好きな人であれば、誰でも応募して気軽に仕事を受注することができます。

あるレビューサイトの口コミを書く仕事もあれば、数百文字程度のあるお店の情報を書く仕事もあります。

また、ブログやまとめサイト、コラムなどに載せる記事を書くこともあり、報酬はほとんどが文字数=単価で計算されています。

簡単な記事の仕事や文章が短ければ当然報酬も安いですが、記事の内容が専門的だったり文字数が沢山あったりすると、それだけ報酬が上がりやすくなります。

人気な理由

ライティングの仕事は、理系の人にとっては苦手な部類になるかもしれません。

しかし文系の人にとっては、「それらしい文章を書いてお金を貰える美味しい仕事」です。

本格的に紙面に掲載されるような記事の場合には、報酬がグンと上がる代わりに個人に期待される能力やスキルのレベルも上がります。

それらしい文章が書ける程度ではとてもお金にならないような厳しい世界でもあります。

しかしWeb上に載せる記事の場合には、「要は沢山の人に見てもらいさえすればそれで良い」と考えるサイトの運営者は多いです。

もちろんあまりに適当な内容を書かれても困りますが、適度に読者の読みたいという気持ちを煽るような文章が書ける人であれば、積極的にワーカーと契約を結んでとにかく沢山仕事の数をこなしてもらおうとする傾向が強いです。

また、雑誌のような紙面に掲載するわけではないため、ワーカーを大勢雇ってもコストはかかりません。

ワーカー1人に支払う報酬額も安いため、雇用主としてもWebライターを雇うことで多くのメリットを得ることができます。

そのため、webライターの仕事も常に沢山の募集があり、単発でも継続でもワーカーは気軽に応募して仕事ができるのです。

アンケート

アンケートの仕事は、例えば美容に関することや結婚に関すること、仕事に関することなど日常のあらゆることに対するアンケートに答えるといった、誰にでもできる簡単な仕事です。

「はい・いいえ」で答えるだけのものもあれば、そう答えた理由を記載するものもあります。

一瞬で終わるアンケートの場合、一つ答えたら報酬は3円~5円程度ですが、アンケートの内容が長く複雑なものになると報酬は10円~50円まで上がるものもあります。

老若男女に関係なく誰でも気軽に登録してできる仕事ですので、1件の報酬はかなり安いです。

そのため、アンケートに答える仕事だけで生計を立てようとするのはかなり難しいでしょう。

どんなに頑張ってもせいぜい月に5万円前後の報酬に留まることが多いです。

しかし、アンケートで生計を立てるのは難しくても、毎日コツコツと答えていくことで、気付いたらある程度の報酬が貯まっているということはあります。

そのため、あまり報酬を期待せずに続けていた方が、ふとした時の臨時収入になる場合が多いです。

人気な理由

アンケートの仕事は、誰にでも簡単にできます。

経験もスキルも資格も必要なく、場合によってはパソコンがなくてもスマホが1台あればそれで事足りる仕事です。

そのため、高校生以上であればバイト感覚で仕事ができますし、普段仕事をしながら通勤時間や隙間時間などに地道にアンケートの仕事をやっていくと、数ヶ月も経つ頃にはちょっとしたお小遣い程度には報酬が貯まっていることが多いです。

アンケートの仕事はパソコンの前に構えて時間を割くこともないため、普段は仕事で忙しい人にも人気の高い仕事です。

シール貼り

シール貼りの仕事は、化粧品やCD、お中元の箱やペットボトルなど様々な商品にラベルのシールを貼るのが主な仕事です。

チラシや雑誌、インターネットなどでよく募集されている仕事ですが、外へ働きに出かける仕事の場合は時給制になっているところがほとんどです。

一方で在宅でのシール貼りの仕事は出来高制になっていることが多く、単価は安い分とにかく数をこなせば月に数万円程度の収入にはなりますが、アンケート同様にこれだけで生活費を稼ぐのは難しい仕事でしょう。

しかし、まだ発売前の商品を先に見たり、自分がシールを貼った商品がいずれ店頭に並ぶことを想像したりするなど、楽しもうと思えば楽しんでやれる仕事です。

商品によっては女性限定や男性限定などの仕事もありますが、休みの日や家にいることが多い人には向いている仕事と言えるでしょう。

人気な理由

シール貼りの仕事は特別なスキルや経験を必要とせず、誰でも気軽にできる仕事です。

もちろん経験者の方がより多く短時間で作業をこなせますが、未経験者であっても少しやれば直ぐに慣れることができます。

また1人で黙々と作業をする仕事なので、1人で集中して仕事をしたい人や雑念を振り払いたい人、家での作業を望む人にはピッタリの仕事と言えるでしょう。

ただし手先を使う仕事ですので、不器用さを自覚している人や手先に自信がない人にはなかなか手を出しづらい仕事かもしれません。

テープ起こし

テープ起こしでは、依頼主から送られてきた数十分ぶんの録音データを聴き、ケバ取りをして内容を文章に起こすのが仕事です。

録音データは様々で、ある講演会の話もあれば、ヒアリング調査のものや取材したものもあります。

イヤホンなどをして注意深く会話の内容を聴きながら、「えー」や「あー」などの余計な部分を省いて文章に起こします。

会話を全て文章に起こすだけの仕事もあれば、文章に起こしたものを更に記事にする仕事もあります。

大抵は納期が短く定められていて、3日以内に納品を希望するものも多いため、すぐに仕事に取り掛かれる人には向いています。

人気な理由

テープ起こしの仕事は、やっていると何だか自分が「特別な仕事」をしているかのような錯覚や楽しさを感じることがあります。

また、録音データを聴くことで自分の知らない話を知ることができ、更に注意深く言葉を聴き分けるスキルも自然と身につきます。

好きな人にとってはハマる要素のある仕事ですので、好きでテープ起こしの仕事に応募している人の中にはとても熱心な人も多いです。

報酬(時給)が高い職種と高くなる理由

在宅ワークの仕事は大抵は誰にでもできる仕事ですので、報酬単価がとても安いです。

しかし仕事内容によっては報酬単価が上がることもあります。

その理由の大半は経験者であることや特別なスキルを持っていることです。

初心者でもスキルがなくてもできる仕事ですが、やはり経験者やスキルがある人の場合にはそれなりに優遇されることも少なくはありません。

では、どのような職種が報酬が高くなりやすいのでしょうか?

クリエイティブ関係の仕事

Webデザインやホームページの作成・運営、またイラストレータや会社のロゴ作成といったクリエイティブな仕事の場合、報酬単価は他の仕事に比べるとやや高めです。

パソコンスキルがある素人の場合、一つの仕事をこなして1万円~3万円程度の報酬であることが多いですが、そこに経験やスキル、資格などが加わることで、報酬は5万円前後まで上げられます。

特にこれまでの実績が認められている人や仕事を納品した会社からの評価が高ければ、それだけ依頼主の会社との報酬単価の交渉にも有利です。

報酬(時給)が高い理由

クリエイティブ関係の仕事は、高いパソコンスキルや仕事をする上でのセンスが求められる仕事でもあります。

そのため、もしクリエイティブ関係の会社で働いた経歴を持っていれば、その時点で他のワーカーよりも報酬単価が高くなりやすいです。

また、例え実際にそうした会社で働いた経験がなくても、専門学校を出ていたり専門的な資格を持っていたりすれば、それだけ報酬(時給)が高くなりやすいです。

誰にでも簡単にできる仕事というわけではないため、その分も報酬には差が表れます。

Webライター

Webライターは、短い記事や簡単な文章であれば、単価は低いです。

1記事書いて200円程度のものも沢山ありますので、長い文章が書けない人は短い記事でとにかく本数を稼ぐ必要があります。

しかし記事の内容が難しかったり文字数が多かったりすれば、それだけ報酬も上がってきます。

一つの記事を書くのにある程度調べものをする必要があるため、あまり単価が安すぎる記事の場合、かなりの本数をこなさなければ労働時間で計算すると赤字になってしまうことも珍しくはないでしょう。

文章を考えるスキルに長け、短い時間で効率的に調べものを行い、できるだけ多く記事をこなす力がある人の場合には、充分に見合った報酬を得ることも可能です。

報酬(時給)が高い理由

Webライターの仕事は、実績さえあれば報酬を上げていくことができます。

例えばあなたが記事の仕事を依頼する際に実績なしの未経験者と実績ありの経験者とを選ぶことになったら、後者のワーカーを雇いたいと思いますよね。

ワーカーはもちろん未経験から仕事が始められますが、依頼する側はできるだけ既にある程度の実績のある経験者に仕事を依頼したいと考えています。

もちろん報酬額に限度はありますが、少しくらい報酬の単価を上げてでも実績があるワーカーに仕事を頼んだ方が完成度が高い記事を納品してくれる、という期待が依頼主にはあります。

そうした期待を持つ会社の場合、報酬単価が相場よりも少し高くなることがありますので、実績やスキルのある人では他のワーカーよりも高い報酬を得ることができます。

内職でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由

内職の仕事は沢山あります。

ひと昔前に比べるとかなりの職種が増えたため、それに対応できるワーカーの数も増えています。

また、家計のために必死になって在宅で働く人もいますが、最近ではちょっとしたお小遣い稼ぎとして働く人の数も増えていますので、今では既婚や未婚、学生や社会人、男性女性に限らず多くのワーカーが存在しています。

そんな多くのワーカーたちの間で、これから注目を集めていきそうな内職の職種やその理由についてご紹介していきます。

Web関連

Web関連の仕事は、インターネットが普及し始めてから現在に至るまでどんどん在宅の求人募集が増えています。

例えばちょっとしたデータ入力の仕事の場合、依頼する会社は自社でやるには時間が足りなかったり人手が足りなかったりするため、個人のワーカーに仕事を依頼します。

自社の社員に仕事を任せた場合に残業になることがあれば会社は残業代を払わなければなりませんし、もし人手不足を補うために新しく社員を雇えば、その分人件費がかかります。

しかし、在宅ワーカーに仕事を依頼すると自社でかかる経費をかなり抑えることができますので、そうした意味でも最近では自社の仕事をワーカーに任せる会社が増えています。

簡単な仕事ならばかなり報酬単価を低めに設定することもできますので、会社としてもワーカーに依頼したいと考えるのでしょう。

またWeb関連の仕事の場合、ほとんどはパソコンやタブレットを使った仕事内容になります。

それはつまり、直接会社側とワーカーが顔を合わせることなくメールで連絡を取り、パソコンで作業したものをファイルにして会社に納品できるシステムになっているということです。

Webを使えば人件費や交通費、手間暇を省くことができ、時間の節約にもなります。

Web関連は今後、まだまだ求人が増え続けることでしょう。

注目を集めそうな理由

Web関連の仕事は、先にも挙げたように時間や手間暇を大きく省くことができます。

忙しい現代人にとっては、ネットを通じて仕事のやり取りをする方が効率的で無駄がないと感じることでしょう。

また、会社にとってもワーカーにとっても、ネット環境さえ整っていればお互いに直接顔を合わせることなく仕事の契約を結ぶことができるのはとても便利です。

会社からすれば、わざわざ時間をとってワーカーと面談をしたり打ち合わせをしたりする時間を省くことができますし、書類上の手続きなども省略することができます。

ワーカーにとっても、例えば対人関係が苦手な人は会社の人と顔を合わせることなくメールだけでやり取りができるのは有難いと感じますし、いちいち家から出る必要もないため交通費や手間がかかりません。

Web関連の仕事はパソコンを使った仕事が多いからこそ、会社側にもワーカー側にも需要が高いのです。

在宅オペレーター

在宅オペレーターは、家にいながら主に顧客からの問い合わせや注文といった電話を受け付ける仕事です。

例えばある通販会社のオペレーターの仕事をしているとします。

その場合、自分の勤務時間に客から通販会社へとかかってきた電話を取って対応します。

通販会社であれば、主に商品の注文の対応や問い合わせの対応を行います。

どの会社でも必ずマニュアルが用意されていますので、それに従って仕事を進めていきます。

また、商品の注文に対応する場合には、商品名や品番、客の名前や電話番号などの個人情報をデータに入力し、まとめて会社へデータを送ります。

在宅オペレーターの仕事の場合、単発で仕事を受けることはあまりありません。

大抵はある程度の期間で契約し、契約期間中は希望のシフト内で在宅勤務を行います。

家事や育児の合間に数時間仕事をするという人も多いです。

注目を集めそうな理由

在宅オペレーターの仕事は難しそうな印象があるかもしれません。

しかし、どの会社でもきちんとマニュアルが用意されています。

また、会社によっては実際に仕事を始める前に、ある程度研修させてくれるところもあります。

在宅オペレーターはネット環境さえ整っていればどこでもできる仕事ですので、家庭の事情で転勤や引っ越しの多い人でもやりやすい仕事です。

もし分からないことがあればいつでも会社に連絡を取って訊くことができますし、仕事の説明も丁寧な会社が多いです。

また在宅オペレーターの仕事の場合は、報酬は時給制になっているところが多いです。

単発での収入を得るよりも継続してある程度の収入が見込めますので、そうした点からも注目を集めています。

内職ならではの面白い職種や業界とおすすめポイント

在宅の仕事では、内職ならではの面白い職種や業界があります。

会社に所属して働こうと思うとあちこちを掛け持ちすることはできませんが、内職の場合にはいくつも掛け持ちでき、また単発で仕事を受けることもできます。

そうした面ではあらゆる業界の仕事について学ぶことができるため、在宅で働きながら自分が本当にやりたい仕事を探すという手もあるかもしれませんね。

検品・梱包

検品や梱包の仕事は、これから市場に出る商品に不備がないかチェックしたり商品を箱詰めしたりする仕事です。

バレンタインやお歳暮、お中元やクリスマスといった行事の時季には、特にそれに関する商品の検品や梱包の仕事の求人が多いです。

チラシや雑誌でも求人を募集していますが、ネットでも募集しています。

期間限定の仕事であれば大変なのは短期間のみですので、その期間だけ集中して仕事を行い、収入を得ることができます。

おすすめポイント

検品や梱包の仕事は、好奇心の強い人や手先の器用な人には向いている仕事です。

商品の検品では、まだ市場に出ていない商品を一足先に自分の目で確認することができます。

それ自体も楽しいですが、検品作業を通して「自分も欲しいな」と思うものに出会うことができますし、他の人たちよりも早く商品の情報を手に入れることもできます。

また、梱包の作業は細かい作業が好きな人や手先の器用な人であれば、苦戦することなく黙々と仕事ができます。

自分でも知らなかった箱詰め方法やプレゼント包装を知るきっかけにもなりますので、仕事をしながらちょっとした豆知識を身につけることも可能です。

アンケートモニター

アンケートモニターの仕事にも沢山の種類があります。

例えば画面上でアンケートに答えるだけのものもあれば、覆面調査のようにエステをはじめとした美容関係の会社に出向き、実際に自分が試してみた感想を提出する仕事もあります。

かかった費用は、きちんとアンケートに答えさえすれば数週間~数ヶ月後にはかかった費用とプラス謝礼金を貰えます。

中には謝礼金がないものもありますが、実質無料で自分が色々と試すことができますので、外へ出かけていくのが苦でない人にはおすすめの仕事です。

おすすめポイント

アンケートモニターでは、自分も楽しみながら謝礼金をもらうことができます。

特にエステや美容室、ネイルなどの美容関係の覆面調査は女性に人気が高いです。

女性自身も自分の美を磨きながら同時にお金まで受け取れますので、まさに一石二鳥でしょう。

自分に合った内職の求人の選び方や注意点

内職の求人を選ぶ場合には、自分がどんな仕事をしたいか、どの程度稼ぎたいのかということの他にも、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。

例えば昼間にしか時間がないのなら、昼間にできる仕事を探すべきです。

また深夜にしか時間がなければ、時間を気にせずにやれる仕事を選ぶ必要があります。

自分が一日でどれだけ仕事ができるかを考えながら、自分に合った内職を選ぶようにしましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

内職の仕事は、自分が個人事業主となって仕事を受注するのが基本です。

その中でも、単発で仕事を受注するのか、それとも継続して仕事をするのかで変わってきます。

また、会社によっては長期の契約を結び、時給制の報酬になる場合もあります。

【選び方②】職種から探す

在宅ワークでは沢山の職種があります。

そこで、まずは自分の得意分野や好きなことを思い浮かべ、それに近い職種を探してみましょう。

例えば日頃からよくパソコンを使う人はデータ入力、文章を考えるのが得意ならWebライター、専門スキルを持っているのならクリエイティブ系の仕事など、自分がやりたい、もしくはできそうだと思う職種から探しましょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

自分がどんな仕事ができるかということも重要ですが、次にどの程度稼ぎたいかも考えます。

お小遣い程度の収入で良いなら、アンケートモニターなど報酬単価は安くともコツコツと続けていける仕事を探すと良いでしょう。

しかし生活費を稼ぎたいと思うのなら、多少は大変でも単価の高い仕事を受注する必要があります。

また、雇用条件は単発の仕事か、または長期かなど、依頼主の会社の雇用条件をよく確認した上で考えましょう。

【選び方④】エリアから考える

内職は基本的に在宅で行いますので、仕事を受注するエリアはそこまで気にする必要はありません。

しかし長期契約の会社や時給制の会社では、一部直接会社へ出向いて面接や打ち合わせをする場合があります。

その際にはあまりに会社が遠方では手間や費用が掛かってしまいますので、仕事の条件によってはエリアを考えた方が良いでしょう。

【選び方⑤】勤務時間から考える

もしも希望する在宅ワークにある程度の仕事の拘束時間があるとしたら、その拘束時間分自分がきちんと仕事が行えるかということが重要になってきます。

時々求人募集の内容に、「応募者は1日に何時間程度仕事ができるかを記入してください」ということが書かれています。

これは、1日にどの程度こちらが作業時間を確保できるかによって、1週間分の作業時間を会社が割り出し、その上で会社の求める人材と合っているのかを会社が判断しているのです。

例えば仕事の内容的に1日に最低でも4時間は作業をしてもらわなければならないのに、1日に2時間しか働けない人だと会社の求める人材には当てはまらなくなります。

ワーカー側からしても、無理に時間を作って働かなければならなくなると自分の生活スタイルが崩れてしまいますので、1日にどの程度自分が働けるのか、勤務時間についてもしっかりと考えて仕事を探しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?単価の安い仕事ほど、とにかく数をこなさなければまともな報酬を得ることはできません。

しかし、数をこなすとなると1日の内でそれに費やす時間が長くなるため、結局は隙間時間や空いた時間以外にも時間を無理に作って仕事をしなければならなくなります。

そのため、内職で沢山稼ぎたいと考えている人は、単価の安いものを多くやるのではなく、単価の高い仕事と安い仕事を掛け持ちするなり単価の高い仕事に挑戦するなりしましょう。

慣れるまでは仕事に時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてくれば効率的に作業が行えるようになります。

一方で、安い単価でも良いのでお小遣い稼ぎがしたいという人は、無理をせずに隙間時間だけを使ってコツコツと地道に稼ぐ方が長く続けられるでしょう。

「内職」が自分に向いているか診断するにはこちら →



内職についてもっと深堀りした情報を見る

ハローワークで内職の仕事はない?その理由や紹介してくれる内職に似た仕事、他に内職を探す方法とは?

会社への出勤とは違う働き方の一つである内職。外に働きに行くのとは違って、家に居ながら稼ぐことができるというのは魅力的ですよね。どこに行けば割の良い内職の仕事を紹介してもらえるのでしょうか?内職の仕事をどうやって探せば良いのか、またハローワークでも内職の取り扱いがあるのかなど、内職とそれに類似した仕事についてお伝えします。ハローワークってどんなところ?まず、ハローワークとはどんなところなのか改めて見ていきましょう。ハローワークは、国の行政機関である公共職業安定所の愛称です。厚生労働省が設置している各都道府県の労働局の下部組織にあたります。誰でも無料で利用できて、就職困難者の最後のセーフティネット

主婦におすすめな内職の仕事16選。初心者向けから、スキルが必要なものまで!

主婦の内職でおすすめなものをいくつかご紹介させていただきます。働きたいけれどお子さんがいるなど家から出るのが難しかったり、シフト制だと前々から予定を決めないといけなくて困るということが主婦にはありますよね。しかし、自分で時間を決めて進められる内職なら主婦の方も安心です。今回は、内職のおすすめを主婦目線でご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください!主婦の内職で人気な職種とその理由まずは主婦の方に人気の内職を集めました。名前を聞いただけでは想像しにくいこともあると思いますので、どんな仕事なのか、なぜ人気になっているのかもお伝えします。内職についてよく知らないという方も確認してみてください。シール貼