会社への出勤という形で外に働きに行くのとは違う働き方のひとつ、内職。

家に居ながらにして稼ぐことができるというのは魅力ですね。

どこに行けば割のいい内職の仕事を紹介してもらえるのでしょうか?

内職の仕事をどうやって探せばいいのか、またハローワークでも、内職の取り扱いがあるのか等、内職と内職に類似した仕事についてお伝えします。

「内職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ハローワークってどんなところ?

まず、ハローワークとはどんなところなのか改めて見ていきましょう。

ハローワークは、国の行政機関である公共職業安定所の愛称です。

厚生労働省が設置している各都道府県の労働局の下部組織にあたります。

誰でも無料で利用できて、就職困難者の最後のセーフティネットとしての機能を持っています。

職業相談や職業紹介、雇用保険の受給手続きなどが行えます。

ハローワークでできる職業相談は仕事をすることに関して求職者自身の方向性についての相談や、在職中の人の、退職の際の手続きや転職に関する相談など幅広いものになっています。

国の行政機関ですので、当然国が実施する就職に関する制度についての窓口にもなっています。

トライアル雇用制度などの就職をしやすくする制度や、生活の安定を図ることでよりその人にマッチした仕事を探す手助けにしようという雇用保険制度の手続きなどもその一つです。

ハローワークでは内職の仕事って紹介してくれないの?

ハローワークでは、主に地域の中小企業の求人や、公務の臨時の求人などを多く扱っています。

地域に密着した形で、転職や、再就職の支援をハローワークはしてくれます。

正社員、パート、派遣…と様々な雇用形態の仕事を探すことができます。

求人を出している事業所と求職者とをつないでくれるハローワークですが、内職の仕事も紹介してくれるのでしょうか?

内職は、正社員やパートの仕事とどこが違うのでしょう。

内職の仕事の紹介はしてもらえる?

ハローワークの求人検索のシステムを見てみると、雇用形態が選べるようになっています。

まず大きく「フルタイム」と「パート」に分かれていて、正社員か正社員以外か、また派遣か、雇用期間の定めの有無などの選択ができます。

ほかに、請負の仕事も登録されています。

ここでいう請負とは、自社以外の事業所の清掃や調理などの業務を請け負った会社に雇用されて働くことを言い、個人が業務そのものを請け負う形のことを言うわけではありません。

このように色々な仕事の扱いがあるハローワークですが、いわゆる内職の仕事については、結論から言うと実は基本的には扱っていません。

その理由とは?

内職というのは家内労働法によって定義されたもので、家内労働のことを指します。

家内労働者と委託者が結ぶのは雇用契約ではなく業務請負契約になります。

委託者は家内労働者家内労働手帳を交付しなくてはならない等、法的には家内労働法によって義務付けられていることがあります。

家内労働法に定められた家内労働者(内職の従事者)の定義は、以下になります。

  • 加工業者・販売業者(請負業者含む)等から委託を受けること
  • 部品や原材料の提供を受けて、製造、加工などに従事すること(セールス・運送などをする場合は家内労働者にならない)
  • 委託業者が扱っている物品について製造・加工などをすること
  • 主に、労働の対価として金銭を得るために働いているということ
  • 平常は他人を用いることなく、1人で、あるいは同居している家族と仕事をすること(機械・設備の類を設置して企業的な仕事の仕方をする場合、家内労働者にはならない)

家内労働者と呼ばれるには、以上の5点の要件についてすべて満たしていることが必要となります。

また内職に似た仕事に在宅ワークというものがありますが、在宅ワークも働く人を個人事業主として業務の委託をする契約を交わしてする仕事です。

請負契約に基づいて、パソコンなどを使ってデータ入力をしたり、ホームページを作成したりといった仕事をするものです。

とてもよく似た内職と在宅ワークですが、この二つの違いは、職種の違いといえます。

製造や加工を行うものを内職、情報通信技術(パソコンやインターネットなど)を活用して行うものを在宅ワークと呼んでいます。

内職・在宅ワークどちらも業務請負契約を結んでの仕事ということになります。

ハローワークで扱っている(紹介を行う)仕事は雇用関係による仕事(清掃等の請負の業務形態含む)に限られています。

内職も在宅ワークも、ともに働く人と業務を委託する事業所との間に雇用関係がないので、ハローワークでは紹介を行わないというわけですね。

「内職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

紹介してくれる内職に似た仕事とは?

在宅で働きたい、という場合、ハローワークでお仕事を探すことは一切できないのでしょうか?

内職・在宅ワークは求職者=労働者と事業所が雇用関係を結ぶわけではなく、業務請負契約を結んでする仕事なのでハローワークでは扱いがないのですが、実は、在宅でする仕事自体の扱いがないわけではないのです。

在宅勤務

「在宅勤務」という形の求人については一部取り扱いがあります。

これは、労働者と使用者の間に雇用関係がある仕事のしかたになります。

就業場所が事業所への出勤を要しない自宅での勤務になるもので、あくまでも「雇われて勤務(労働)する」という雇用形態のものだからです。

雇用契約を交わして、時給や日給、または月給制で働くということになります。

就業場所が自宅であるというだけで、一般労働者と同じ扱いになります。

雇用契約による在宅勤務であれば、労働そのものに賃金が支払われる仕組みになります。

内職や在宅ワークですと、労働そのものではなく完成させたモノを納品することで報酬が発生する仕組みになります。

成果にお金が払われるのであって、労働に対して賃金が発生するわけではありません。

同じ「在宅」という言葉を使ってはいますが、その形態はかなり異なっています。

在宅勤務の仕事の探し方

では、どうやってハローワークで在宅勤務の仕事を探せばいいのでしょうか。

便利なのはハローワークインターネットサービスです。

求人情報基本条件入力画面を開いたら、一般(フルタイム)か一般(パート)かを選択します。

そして都道府県を選択して、詳細検索条件の入力画面に進みます。

一番下の行にある、「フリーワード」を開いたら「在宅勤務」と入力してください。

この時、「類義語を使用して検索」のチェックを外します。

「在宅」という言葉の類義的な言葉として、「在宅 介護」などの、在宅勤務とは関係のない介護関連の職種などが多くヒットしてしまうのを避けるためです。

CADオペレーターや、事務的な職種、プログラマーなどの仕事のうち、在宅勤務のものあるいは在宅勤務も可能なものが検索されます。

はじめは出社しての勤務で、慣れてきたら在宅勤務も可になるという記載の求人もあります。

あくまでも雇用契約を結んでのお仕事なので、人物や仕事ぶりに信用が置けるかどうかという点が重視されているということになりますね。

「内職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

他に内職を探す方法とは?

ハローワーク以外で、内職や在宅ワークを探すことはできるのでしょうか?

ここでは、地方行政の窓口やアルバイト情報サイト・転職情報サイト、クラウドソーシングサイトなど、ハローワーク以外で内職や在宅ワークを探す具体的な方法を紹介していきます。

市区町村、都道府県、商工会

市区町村の役所で内職の紹介を行っていることがあります。

お住まいの市区町村の役所を訪ねてみるといいかもしれません。

ホームページなどに情報が公開されていることもあります。

また、都道府県の就労支援の一環として内職の相談やあっせんを行っているところもあります。

家内労働についての相談窓口を設けているところもありますので、各都道府県庁のホームページなどで調べてみるとよいでしょう。

地域の商工会で、内職の仲介をしていることもありますので、お住まいの地域でそのような窓口がないかどうか調べてみましょう。

より地域に密着した内職の仕事が見つかるかもしれません。

リクナビNEXT

株式会社リクルートキャリアが運営している転職サイト、リクナビNEXTでは、自宅勤務のお仕事を探せます。

「在宅」「在宅勤務」「在宅ワーク」といったワードと、職種を入力することで、希望する職種の在宅勤務求人を探せます。

転職をうたったサイトですが、第二新卒向けの求人や、ブランクのある人向けの特集が組まれていたりするのもうれしいですね。

また、リクナビNEXTに会員登録をすれば、会員限定機能が使えたり、非公開求人含む求人企業や転職エージェントから直接オファーが届いたりすることも。

会員限定機能には、登録した条件の新着求人をメールで知らせてくれるので、「在宅勤務」「在宅ワーク」などのキーワードを登録しておきましょう。

また、リクナビNEXTはこのサイトだけの限定求人を多く持っているという点も強みです。

バイトル

dip株式会社が運営するバイトルでは、全国のアルバイトの求人が探せます。

人気の職種一覧の中に「内職」という項目が設けてあります。

仕事内容や、必要なスキル、仕事をするメリットや税金のことまで解説が載っている点など、頼もしく思えます。

実際に扱いのある内職・在宅ワークはアンケートモニターや、在宅テレフォンオペレーター、テープ起こし、覆面調査など多岐にわたっています。

バイトルでは企業が募集している人材の年齢層や性別のイメージがわかりやすいので、採用になりやすいかどうか、ある程度自分で分かるのもいい点ですね。

Wワークの可不可や、子どもがいてもできそうな仕事かどうかといったことも一目瞭然です。

LINEバイト

LINEバイト株式会社が運営するLINEバイト。

LINEスタンプでおなじみのキャラクターたちがかわいらしく、見やすいサイトです。

また、LINEの公式アカウントでもありますので、LINEアプリを利用されているのであれば、より手軽に在宅の仕事が探せそうです。

LINEの通知を通じて、即時性のある情報を得られるようです。

実際に掲載されている求人を見てみると、こちらでも、さまざまな内職・在宅ワークがあります。

エステの調査員、webデザイナー、アンケートモニター、在宅テレフォンオペレーターなどが掲載されています。

中には翻訳や広告プランナーといった、一定のスキルを要する仕事も。

在宅ワークを探す場合は、一度見てみるといいかもしれません。

その他の求人サイト

アルバイト求人サイトでは、マイナビ株式会社が運営するマイナビバイト、indeed が運営するindeed、パーソルキャリアが運営するan、リクルートジョブズが運営するタウンワーク、同じくリクルートジョブズのフロムエーNAVIなど、アルバイト探しのできるサイトで「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」等のキーワードで探せます。

内容が重複してくることも考えられますので、たくさんサイトを回れば求人の数が増えるということはないかもしれません。

サイトとの相性によって、見やすさ、探しやすさなどが異なってくると思いますので、探しやすいなと思うものを選んでみてください。

また、転職サイトでも同様に在宅勤務の仕事を探すことができます。

パーソルキャリア株式会社のDODA、株式会社マイナビが運営するマイナビ転職等の、転職といえばすぐ浮かぶようなサイトでも「在宅勤務」「在宅ワーク」といったキーワードで検索すると、在宅での勤務が可能な正社員求人などがヒットします。

アルバイト探しサイト、転職サイトでおすすめなのは株式会社カカクコムが運営する求人ボックス。

幅広い職種で内職・在宅ワークの扱いがあります。

もうひとつおすすめしたいのは、パラフト株式会社が運営するPARAFT(パラフト)。

在宅での仕事が可能な求人だけではなく、出勤日数や時間なども相当フレキシブルな求人を数多く扱っています。

ビジネスマナーなどを取り上げた記事も読みごたえがあり役に立ちます。

クラウドソーシングサイト

在宅ワークの仲介に特化したクラウドソーシングサイトは、インターネット上で業務委託のやり取りをするものです。

個人あるいは企業が、不特定多数に対して業務を発注(アウトソーシング)しています。

プログラミングや各種デザイン、ライティングなどの業務があります。

最初から最後までインターネット上で完結する仕組みになっていますので、ハローワークを通じてする求職活動などとは異なる部分も多くあります。

ハローワークを利用しての求職活動であれば、当然本名を使用してのものになりますし、履歴書にも顔写真が貼ってあることが当然です。

ですが、クラウドソーシングサイトを利用して仕事に取り組むときは、取引相手にもweb上のハンドルネームを伝えるだけで本名などは伏せたままで進むことが多くなっています。

気軽に始められる分、気をつけなくてはならないことも増えてきます。

相手にこちらの名前等伝えなくていいことで、セキュリティを気にしなくていいような気がしますが、逆に相手の名前も知らずに仕事をするということにほかなりません。

本当に信頼のおける取引相手なのかどうかの見極めは難しいですが、十分に気を付けて仕事をしていきましょう。

クラウドソーシングサイトには、以下のようなものがあります。

ランサーズ株式会社が運営するランサーズ、株式会社クラウドワークスのクラウドワークス、株式会社エムフロが運営するcraudia(クラウディア)、株式会社ウィルゲートが運営するサグーワークスなどがあります。

各サイトで手数料が異なっていたり、扱う案件の傾向が違ったりとそれぞれ特性がありますので、自分に合ったところを探してみるのもいいのではないでしょうか。

ハローワークを使う上での注意点

基本に立ち返って求職活動といえばハローワーク、ではありますが、前述のとおりハローワークでは内職及び在宅ワークの取り扱いをしていません。

何ができて何ができないのかを意識しておきましょう。

内職の紹介・あっせんを希望する場合、市区町村の役所や、都道府県庁、または商工会などに窓口が設けられていることがありますので、訪ねてみるとよいでしょう。

インターネット上のやり取りで仕事をする在宅ワークを希望するのであればアルバイト探しサイトや転職サイト、クラウドソーシングサイトを活用するなど、ツールとしてうまく利用していきましょう。

事業所との雇用関係を結んでの労働である「在宅勤務」を希望する場合にはハローワークでも求人の扱いはあります。

在宅勤務が可能な求人は、数は多くないと思いますが、働き方の条件の一つとして探してみるのもよいでしょう。

仕事内容の違いを把握しておく

先にも述べたとおり、ハローワークでは内職及び在宅ワークの取り扱いをしていません。

内職・在宅ワークは事業所から業務に関する委託を受ける業務請負契約による仕事です。

労働そのものに賃金が発生する働き方ではなく、委託された事業所の業務を成果という形で納品することで報酬が発生する仕組みになっています。

法的なことを言えば、内職は家内労働法によって定義され、在宅ワークは厚生労働省の打ち出した政策のガイドラインである「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」にその根拠があります。

一般にハローワークで取り扱う仕事は雇用契約による労働ですから、労働基準法が適用されます。

雇用契約を結んでする在宅勤務ももちろん同様で、中でも情報通信機器(パソコン、インターネット)を活用して在宅での勤務をするという場合には「情報通信機器を活用した在宅勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」に根拠を見いだせます。

単に自宅でする仕事をイメージするのではなく、その仕事が内職にあたるのか、在宅ワークにあたるのか、それともハローワークでも扱いのある在宅勤務なのかをよく考えてみましょう。

在宅勤務へのスライド

事業所との雇用関係のある在宅勤務を希望するなら、ハローワークで相談してみましょう。

ハローワークに登録のある求人で、在宅勤務可をうたっている求人は現状では少ないかもしれません。

特に、都市部ではなく地方であればなおさらです。

今後、在宅勤務という働き方を導入する事業所は増えていくのではないかと思われますが、現時点ではまだまだ出社しての勤務が大勢を占めている状況が続いていると言えます。

しかし、仕事の内容と、求職者自身の持っているスキルや経験がマッチしていて、その仕事が出社勤務に比べて在宅でも過不足なく可能であるということが予想される場合、もしかすると在宅での勤務が可能になるということもありえます。

将来的に在宅勤務にスライドさせるということが可能かもしれません。

在宅勤務は増えつつあるとはいってもまだまだ新しい形態なので、業界や企業の体質によっては受け入れが難しい場合もありそうです。

どのような事業所なのかということも見極めれば、提案できるかもしれません。

ハローワークでも、そういった新しい考え方・働き方を受け入れられる素地のある会社かどうかを相談してみましょう。

あまり期待はできるものではないかもしれませんが、案外、事業所の体質や傾向についての情報を持っているかもしれません。

「内職」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

内職の仕事をハローワークで探すことはできるのかということについて、解説をしました。

結論としては、内職はハローワークでは扱いがありません。

ですが、雇用関係を結んでする仕事である「在宅勤務」についてはハローワークでも紹介してもらえます。

ハローワークインターネットサービスを活用して、在宅での勤務が可能な求人を探してみましょう。

ある程度のスキルや経験が求められることも多く、今のところ求人数もあまり多いとは言えません。

ですが、通勤にかかる時間が短縮できて、その分仕事に打ち込めるなど雇用する側の事業所にとってもメリットが多い働き方のひとつだと言えそうです。

今後は時短勤務やシフト制の勤務などのような働き方のひとつとして選択されることが増えてくるかもしれません。

また、雇用契約を結ばない、業務請負契約による仕事である内職や在宅ワークはハローワーク以外で探すことが可能です。

内職に関しては市区町村や都道府県が窓口を設けている場合がありますので調べてみましょう。

また、内職・在宅ワークではアルバイト探しサイト・転職サイトやクラウドソーシングサイトなどを活用して探すと、幅広い情報が得られます。

ただし、これらの情報には信用に値しないものも交じっている可能性もあります。

雇用契約を結ぶ仕事とは異なり、労働基準法に守られることもないので、仕事をする際には十分に情報を精査して取り組むようにしましょう。

また、内職・在宅ワークでは働いた分賃金として得られるわけではなく、成果に対する報酬になりますので、時給に換算するとほんのわずかなお金にしかならないというようなこともままあります。

もちろんお金がすべてではありませんが、働き方と、働いたことの対価としての報酬のバランス、自身の特性を鑑みた向き不向きなども考えて、納得のいく仕事を見つけるようにしましょう。

「内職」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

内職