写真屋バイトについてご興味のある方向けに、下記にご紹介していきたいと思います。

写真屋バイトはどんな仕事?

お客様の写真をプリントしたり、小物の販売をします。

写真屋バイトの大まかな仕事内容

まず一番多いのが写真のプリントです。

SDカードからデータをいただき、プリントします。

あとはフィルムの現像、プリントをします。

小物の販売や証明写真の撮影、年賀状印刷なども行っています。

写真屋バイトの仕事はこんな人に向いている!

細かい作業が得意な人

一言に写真のプリントと言っても、とても細かい作業になります。

プリントする際の色味や明るさの調整、上下左右の調整もあります。

更にはプリント後の写真のチェックも細かくやるので、細かい作業が得意な方には向いています。

会話するのが好きな人

写真を撮るという事は想い出に残したいからですよね?私達はその思いで作りに一役買っています。

もちろん、プリントしたお写真についてこちらから話を振るのは駄目です。

しかし機械で写真を選んでいる際など、お客様の方から『これはね、旅行行った時の写真なの』と話してくれることが多いので、会話をするのが好きな人には向いています。

ハンドメイドが好きな人

最近では写真屋で様々なオリジナル商品を販売しています。

写真を使ったスノードーム作りとかキーホルダー作りなどの体験型商品も数多く出ています。

ですので、ハンドメイドが好きな方はこういった商品の販売は楽しめると思います。

また、会社によっては店舗独自のアイディアも提案できるところがあるので、自身のハンドメイドを生かした商品の提案ができるのはやりがいも感じられるのではないでしょうか。

逆に、向いていないのはこんな人!

大雑把な人

写真を扱うのはとても繊細な作業です。

その為、大雑把な方だとミスプリントが増えてしまったり、細かい作業にストレスを感じてしまうのではないでしょうか。

人とのコミュニケーションをとるのが苦手な方

接客業に共通して言えることなのでしょうが、写真屋では特に言える事だと思います。

お客様が持ってこられた商品のレジを打って金銭の授受をして終わり、というわけにはいきません。

お写真の色味や位置などの聞き取りがあったり、上にも書きましたが、想い出話を聴く事にもなることもあるでしょう。

そんな時、コミュニケーションをとるのが苦手だと、自身もですが、何よりもお客様を不快な気分にしてしまい、クレームに繋がってしまいます。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

ここからは雇用形態に寄っての違いをご説明します。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

変わります。

写真屋の店舗での正社員はおそらく店長という立場になります。

ですので店の運営など統括しないといけないので、責任も大きいです。

仕事内容は変わる?

変わります。

先ほども書きましたが、正社員は店長になります。

会社によっては数店舗任されることもあるので、店舗の通常業務よりも店舗間を移動して管理することが多いです。

それぞれ求められるスキルは?

派遣・バイトに求められるスキルは、細かい作業を丁寧に正確にこなすスキル。

正社員に求められるスキルは、人をまとめ、物事をいろんな角度で見るスキルだと思います。

収入面は?

アルバイトでは、写真屋の時給がおおよそ920円~1200円。

ほぼシフト制なので、収入の調節はしやすいかと思います。

写真屋バイトをするために他にも知っておきたいこと

取扱商品

写真屋と言っても、取扱商品はさまざまです。

そのお店の特徴を知り、自分に合っているかを見極めるのが大切です。

記念撮影を行っているところでは、衣装の貸出なども行っている場合もあります。

自分にあった写真屋バイトの求人の選び方や注意点

一言に写真屋と言っても様々です。

しっかり選びましょう。

また、店舗の規模やその店舗の雰囲気を事前に下見などしておくと良いかと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員・派遣・バイトと様々な雇用形態の求人があります。

自分が今どの形態で働きたいのかは重要ですが、雇用形態によって仕事の内容が大きく変わります。

その働き方で自分のやりたい仕事はできるのかをしっかり把握した方がよいでしょう。

【選び方②】職種から探す

写真屋は小売・接客業になるので、そちらのジャンルからいくと見つけられます。

【選び方③】会社の業態から考える

チェーン展開をしている会社、フランチャイズ展開をしている会社があります。

どちらの方が自分にあっているかも事前に調べておくと良いでしょう。

また、写真屋では記念撮影を行っている所もあるので、そういったところも考慮しておいた方が良いです。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

時給が低い所より高い所の方が魅力的ですが、雇用条件が見合っていない場合もあります。

時給は高いがシフトが少ない…そうなってくると稼げる金額が違ってきます。

また、どのような福利厚生があるのかもチェックしておいた方が、後々後悔せずに済むでしょう。

【選び方⑤】エリアから考える

まず、自分の通勤出来る範囲を決めてください。

それから『通勤方法』『交通費はどのくらい求めるのか』をしっかり決め、その条件に合うところに絞りましょう。

多少の妥協は必要になるかと思いますが、どこまで妥協するのかも大切です。

写真屋バイトのやり甲斐ってどんなところ?

1番のやりがいは『お客様の想い出作りのお手伝いができる』事だと思います。

写真というのは1枚1枚が想い出になります。

そんな想い出作りのお手伝いが出来るなんて素敵な事だと思います。

まとめ

何度も書いてきましたが、写真屋で働くというのは『想い出作りのお手伝い』と思っていただきたいです。

どんな仕事も責任を持って働くのは当然の事ですが、写真屋では特に気持ちを込めて働いて頂きたいと思っています。

お客様がその写真の想い出についてお話していただくあの瞬間は、本当に楽しそうにされているので、聴いているこちらとしてもとても幸せな気分になると思います。

『お客様に満足していただきたい。

そんな仕事がしたい』と思って仕事を探している方は、一度写真屋の求人を見ていただきたいです。