静岡県は東部・中部・西部の三つのエリアにわけることができ、それぞれのエリアごとに産業構造異なることから日本の縮図とも言われています。

また静岡は東京から名古屋などの都市に挟まれていることもあり、交通網や、利便性の良さから大手企業の支社を構えていることも多いのが特長です。

程よく都市と自然に囲まれている環境に魅せられて、近年では移住先としても人気があります。

そんな静岡で転職を成功させるためにはどのような点を気をつければよいかを書いていきたいと思います。

まずは「静岡」の仕事例をチェック

静岡で転職する人は多い?

全国的に見ると転職する人の数は平均前後であると言われていますが、実感としてはミスマッチによる転職は一定数ありますが、静岡全体としてみると転職する人は少ないように感じます。

各企業ごとに専門的な技術を習得することで一つの企業に長く勤務しやすいことや、長く勤めることで安定的に昇給が望める環境が理由に上がりそうです。

よくある転職理由とは?

勤務時間が長い

事前に勤務条件を聞いていたにもかかわらず残業が多かったということや、残業はあると聞いていたものの、あまりにも長時間労働の日々が続き体を壊してしまったという場合もあるようです。

また企業によっては、製品の出荷が間に合わず、急に勤務体制が変わり日中のフルタイムでも勤務条件であるにもかかわらず、交代制へ移行してしまったということがあるようです。

能力が発揮する場がない

中小企業の多くは、年功序列制をとっていることが多い為、業績に貢献しても給与に反映されない、新たなチャレンジをしにくいことも多いのも事実です。

また責任だけが個人にのしかかってくる場合も多いようです。

自分の能力を発揮できないことで、思うような成果を出せず会社を去るという例が多くあります。

そうならない為にも、やりたい仕事や雇用条件など以外に、会社の年齢層や同年代の社員の様子についてリサーチをする、または面接の際に問いかけてみることも必要でしょう。

人間関係がうまくいかない

上司や部下との関係など些細なことをきっかけに職場の人間関係がうまくいかなくなることが往々にしてあります。

人によってはそうなる前に転職を選択できる場合もありますが、職場内での人間関係が悪化することによって、体調に不調をきたしたあとに医療機関にかかり、徐々に休みがちになり、休職をへて最悪退職へと向かうことがあるようです。

転職をする際には、面接官だけではなく実際に働いている人の様子をみたり、可能であれば見学をさせてもらうなど事前に職場の雰囲気を知ることも大切だと言えます。

静岡で狙い目な会社の5個の特徴とは?

ずばり製造業!

製造業でもさまざまな種類があります。

例えば、食品加工、家電製品、輸送機器、衣料など多岐に渡ります。

また、原料からの一次加工の仕事から、商品の小さい部品から大きな部品まで、最終製品として仕上げて商品として市場に提供するその業界のなかでも最終的に商品として出荷するまでを担う仕事もあれば、ある商品の一つの部品を造っている仕事もあるでしょう。

現在までの厳しい環境にさらされてきたからこそ、現存している製造メーカーには力強さがあります。

また実際にあまり存在を知られていないような製造メーカーでも、国内から海外のシェアを多く獲得していることがあります。

海外へ商品やサービスを提供している

近年では、海外に営業拠点を設けていることや、海外に新しい工場を新設することも普通になってきました。

一昔前から工業製品であれば輸送機器関係が海外に輸出しています。

世界的に日本食の流行が続いていることや、健康志向が継続しているため静岡のお茶が海外に輸出されています。

国際貿易港である清水港の周辺には貿易・物流の会社が数多くあります。

大手企業の関連会社である

主に製造業では工場などでの勤務の場合は年齢と、勤続年数や年齢とともに年収が上がるのが一般的です。

その中でも特に大手企業や大手のグループ企業の場合は安定して昇給が見込めるのが魅力ではないでしょうか。

また各部門が細かく分かれているので、数多くの仕事があります。

将来自分がステップアップしていきたいと考えた時に、異動をすることができる環境がある希望の仕事やチャレンジしたい仕事をすることができます。

成長している分野の商品やサービスを提供している

成長している分野企業を探すというと、大変難しいですが、トレンドを読むことは大切です。

大手自動車メーカーやそのグループ企業であれば、新興国向けに輸送機器を製造しているメーカーを探してみることや、他の製造業であれば需要のある精密機器関連の企業を選ぶことも選択肢に入りそうです。

世界文化遺産登録をされた富士山を筆頭として、伊豆周辺でも「ジオパーク」認定をされたこともあり、観光業会には追い風となっています。

資格や技能講習に対して援助が出る

業務を行う上で、特定の技能や資格が必要になる場合があります。

そのハードルがあるために希望の職種につけないこともあるでしょう。

しかし、現在では人手不足の状況ということもあり、業務に必要な資格に対して、入社後に必要な技能を習得するために研修、もしくは講習を受講できるような制度を設けている場合があります。

費用面に関しても一定の条件はありますが、費用の一部から、全額の補助を出していただける場合があります。

従業員を育成していく環境のある企業は次世代の会社を担う人材を求めているといえるでしょう。

転職した会社で活躍の場が広がることはもちろん、その後の新たに仕事に就く場合でも生かすことができるでしょう。

静岡の転職で注意したほうが良い3つのこと

景気動向に左右されやすい

製造している製品がこれからの未来に対して必要にされるのかどうかを見極めることが大切です。

静岡の産業構造上、製造業では輸送用機器を中心とした輸出関連企業や、インバウンドの関連では観光業など、世界の経済動向に左右されやすい傾向があります。

近年では燃料から原料まで価格が徐々に上昇しており製造コストがじりじり上がってきています。

過去の傾向をみても、為替市場での円高の進行、国内景気の悪化により需要への影響が大きく出ています。

人口減少の影響を予想する

静岡では人口減少が叫ばれて久しいですが、状況はあまり改善していません。

人口減少によって業績に影響を受けるかどうかも注意するポイントです。

商品やサービスを県外や国外へ向けて提供している企業も増えてきていますが、主に県内で製造し、県内に住んでいる方へ向けて商品やサービスを提供している企業もまだまだ多くあります。

人口構造の変化によって売れる商品やサービスが変化していくので、その変化に対応していける企業なのか、そうではないのか。

見極めるのは難しいかもしれませんが、事前に調べてみることをおすすめします。

災害に弱い

日本は災害が多い国です。

近年多くの自然災害が日本を襲っていますが、静岡でも台風や地震により経済活動に多大な影響を与えると言われています。

特に東海地震が数十年前から叫ばれており、近年では広範囲に影響をもたらすと言われている南海トラフ地震が話題に上がっています。

静岡は海に近いため津波被害も大きいと言われています。

東日本大震災の折には事業所や工場の移転などを実施したり、計画を進行中の企業があります。

災害が起こった際に事業を継続できるのか、また通うことができるのかついても検討してみましょう。

静岡で転職を成功させるためには何をすれば良い?

採用通知がきてもすぐに回答をしない

転職活動を始めてから期間を待たず、初めに問い合わせをする段階から採用のムードとなることがあります。

面接の運びとなった場合にはその場で採用の通知をいただくことあります。

その場で回答をしてしまいたくなるかもしれません。

しかし他に希望する企業の有無にかかわらず一度回答を保留することをおすすめします。

人材不足が叫ばれている昨今です。

本当に自分の希望にあった仕事をすることができるのか、希望している条件での採用かどうかなどをもう一度確認しましょう。

そうすることでお互いのミスマッチを防ぐことができるはずです。

会社のニーズに自分がマッチしているか

大半を占める中小企業では、入社に至るまでに社長を含めた上層部との接する機会が多くあるので、自分の成果をアピール機会も多いと言えます。

その反面、人柄や自分との相性が合わない場合には注意が必要です。

初めのうちは期待のうちに様々な仕事を任されると思いますが、経営陣の希望に沿った成果や働き方ができていないと判断された途端に、働きづらくなることも往々にしてあります。

そうならないためにも、相性が合うかどうかを確認することが大切です。

静岡で転職するにあたっての必要な心構え

県民の特性を知る

静岡人はよくのんびりしていて、マイペースなイメージがあると言われます。

県外から静岡の企業に就職する場合には、今までの感覚で勤務しているとイライラさせられることも多いかもしれません。

上司の場合には仕事の進行に対して対応が遅く感じたり、部下の場合でも実際に行動へ落とし込むまでに時間がかかる印象があります。

すべての方に当てはまるとは言えませんが、気に留めておくと役立つかもしれません。

また静岡は地理的、歴史的背景から、東部、中部、西部と特性が異なると言われています。

「遠州泥棒」

西部は気性が荒く経済感覚がシビアなのでと揶揄される。

総じて性格がきついとも言われます。

中部の駿河は優柔不断で、とりあえず人に乞うてしのぐ「駿河の物乞い」

中部地方では優柔不断でとりあえず人に頼ることで、その場をしのぐと言われています。

勤務中はないかもしれませんが時間ルーズとも言われています。

「伊豆の餓死」

東部の伊豆は食べ物がなくなっても行動を起こせず、受け身であることから行動をしない受け身で何もできない。

問題が起きた時の初動の対応が遅れて、後手に回ってしまうことあるようです。

静岡での転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

関連の資格を取得する

年収をアップさせるなら自分の業務に関連する「資格」を取得するのも良いでしょう。

会社によっては資格手当がつき、資格を取得するだけで毎月の給与が1万円や2万円上がる場合もあります。

企業によっては、資格を取るための書籍や、講習の費用を負担してくれることもありますので是非るようしましょう。

企業によっては資格を持っていなければ従事できない仕事があります。

従事してみたい仕事があれば資格を持っていることにより希望の業務に就くことができるでしょう。

中小企業ですと資格取得者の異動や退職などによって、業務の枠が突然開くことがあります。

そうした場合には給与がアップすることが多いです。

転職先の給与体系を確認する

自分の希望する仕事でもあっても、会社によってはつかせてもらえない場合もあります。

例えば工場の現場でずっと同じ仕事をしていたのではスキルアップをすることはおろか、給与もなかなか上がることはないでしょう。

その企多くの給与を得ている部署はどこなのか、どんな仕事なのか把握した上で、その位置に自分が将来就くことができるのか、また目指したいと思うのか。

しっかりと将来設計をした上で転職を検討しましょう。

多国語を仕事に使えるようになる

まだまだ静岡に限らず、日本では海外営業をすることができる人材が少ないと言われています。

とてもよい商品やサービスを提供できているのにもかかわらず、それを海外へ販売することはおろか、紹介することができていません。

観光の分野でも渇望されているのが来日観光客への接客です。

ホテルやリゾートから、土産などを製造するメーカーでは英語圏から、アジア系外国人に向けてまだまだ十分なサービスをすることができていません。

英語以外の言語を仕事で操れる方はさらに少ないことから、必要とされる言語を習得すると重宝されます。

まとめ

静岡では、有名な自動車メーカー、二輪自動車から、楽器・電子機器、プラモデルなどの玩具など数多くの商品が生み出す土壌が整っています。

数多くの求人がありますが、各地域によって軸となる製品が違います。

安定を目指すのでしたら大手メーカー、グループ企業への転職を目指すのもいいかもしれません。

自分が関わってみたい仕事のある企業を選ぶことはもちろん、希望の職種があれば関連企業が多い地域を選ぶのも良いでしょう。

静岡でそれぞれの希望にそった転職ができることを祈っております。

静岡で仕事探しをするときは、こちらの記事を参考に!