准看護師に多い悩みのひとつに、転職の悩みがあります。

どのような転職先を選んだらよいのか迷ったり、注意すべき点がわからない人、また転職をして後悔をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

そんな准看護師達のために、狙い目な勤務先の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を説明したいと思います。

准看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと

准看護師の転職で注意したい所は、どのような点なのでしょうか?

職場が変わると業務内容も違う

例えば、経験のある診療科目であっても、病院によって治療の方法が違うことがあります。

そのため、新しい治療法を学ぶことが必要となります。

また、未経験の診療科目であれば、その診療科目を新たに勉強する必要があるでしょう。

また、クリニック勤務から病院の病棟勤務に転職した場合も大きく業務が変わります。

クリニックでは、外来患者さんがいない時は掃除などの雑務がありますが、病棟勤務の場合は看護業務以外の仕事はほとんどありません。

しかし、病棟勤務は仕事量が多く、よく残業があります。

このように、同じ資格で働いていても、職場が変われば業務内容も違いがあります。

時間外勤務やシフトなど職場によって大きく変わってくる

職場によって時間外の勤務が多い職場もあれば、ほとんど定時に仕事が終わる職場もあります。

シフトについては、勤め先によって勤務の時間や日数などに違いがあります。

例えば、A病院、B病院どちらも取り入れている勤務体制は「病棟勤務・3交代制」。

しかし、A病院は3交代制の勤務のみで、B病院は3交代制勤務だけではなく、日によって早出や遅出の勤務があるなど、細部の勤務時間に違いがあります。

また、「平日のみ勤務」「週休二日制で土日の勤務あり」など、その職場によって違いがあります。

転職サイトの人間関係の情報はあまり確かではない

求人サイトの中でも、看護師専門の求人サイトは看護師に人気です。

看護師専門の求人サイトでは専門のコーディネーターに相談ができたり、情報が豊富にあります。

ただ、職場の人間関係についての情報があるサイトもありますが、人間関係の情報は確かであるといいきれないようです。

なぜなら、人間関係については人によって感じ方が違うからです。

また、求人サイトも紹介している医療機関から料金を貰って掲載をしていることから、たとえ事実でも「人間関係が良くない」などマイナスイメージになる内容の掲載は控えるでしょう。

求人サイトについては、他の詳細について詳しく知るために利用することをおすすめします。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職を成功させるには、このような部分に気をつけて就活をしましょう。

転職の動機は明確にしよう

転職をしたい理由は何でしょうか?

「育児と両立のために、パート勤務に変わりたい」「未体験の診療間目がある職場に行きたい」など、転職したい動機や目標が明確だと転職する職場が探しやすく、職場が変わった後も納得をして働くことができます。

「給料が高いところに移りたい」のみで転職をする人もいますが、給料のみで職場を選んでしまうと、激務に耐えられなかったり、仕事内容に不満が出ることがあります。

給料が良いことは魅力的ですし、転職理由としては十分ではありますが、他にも転職する明確な理由がある方が望ましいです。

多くの求人情報を見よう

求人情報はハローワーク以外にも、地方紙や求人情報誌、看護師専用求人サイトなど色々あります。

同じ雇用形態であっても、細部の雇用条件に違いがあります。

自分に合う職場を見つけるためにも、できるだけ求人情報を集めて比較し、検討しましょう。

迷ったら即決せずに、数日考える

複数の求人を比較すると、どの職場にしたらいいのか迷うことがあります。

そのような時は、即決をせずに数日でもいいので改めて考えましょう。

日を置くことで、冷静に考えることができるようになり、どの職場にするか決めやすくなります。

転職するに当たっての必要な心構え

求人も色々な募集内容があるため、迷いや戸惑いが出やすくなります。

そのためにも、心構えは必要です。

希望の条件とあきらめられる条件を明確にしよう

転職の希望条件には「譲れない条件」と「譲ることができる条件」があるものです。

「譲れない条件」に当てはまるものは、一番の転職理由など「これは最低でも条件に入れておきたい内容」です。

また、場合によっては条件に無くても諦められる内容が「譲ることができる条件」です。

条件が多いと、いつまでも仕事が見つからない原因になりますし、逆に「譲れない条件」を妥協して就職をしても、働きづらさが出てきます。

そのため、求人を探すときは「譲れない条件」と「譲ることができる条件」を明確にしておきましょう。

根気よく探そう

早く転職したい気持ちから、職場を焦って決める人がいます。

しかし、焦りは禁物です。

なぜなら、焦るあまり自分が希望する転職内容を妥協してしまったり、好条件の求人を見逃すことがあるからです。

転職先は、これから自分が年月をかけて働く大切な場所です。

自分が納得して働くことが大事なので、求人は根気よく探しましょう。

准看護師の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

転職希望の理由として「給料アップ」を目標とする人は多いと思います。

准看護師が転職を利用して年収をアップさせる方法として、次のような方法があります。

正看護師の資格取得もひとつの手

准看護師であるならば、正看護師の資格を取る事も年収を上げる手段となります。

正看護師の資格を取るには、進学過程のある学校に進学、または准看護師として働いた実務経験が7年以上ならば、通信制の2年制の進学課程への進学が可能です。

勤務経験が長いなら経験を給与に考慮してくれる施設を探そう

准看護師の給料は、実務経験の長さによって金額が変わります。

面接に行った際に給料の金額について相談をすると、少しではありますが金額が上がる場合があります。

実務経験が長い人は、少し交渉をしてみるといいでしょう。

准看護師で人気の医療機関や設備とその理由

医療機関の規模や職場の設備によって、仕事内容や働き方が大きく変わります。

公的な医療機関

日本赤十字病院、厚生病院、都道府県や市町村が経営する病院など、色々な種類の公的な医療機関があります。

人気な理由

これらの病院は新しい治療法を早期に取り入れるため、看護師は最新の医療を学ぶ機会が多くあります。

高いスキルを求められる職場であるため、バリバリ働きたい人に人気です。

また、このような医療機関は給料が高く、福利厚生がかなり充実している所が魅力です。

規模が大きな病院

ある程度、規模が大きな病院は総合病院であることが多いです。

個人経営であっても規模が大きなところもあります。

人気な理由

規模が大きな病院の場合、仕事内容は外来や病棟勤務、手術室勤務など様々です。

また、約3年~5年のサイクルで他の科への異動があるため、色々な科の知識や経験を積むことができます。

公的な医療機関の場合、准看護師は臨時職員やパートの募集が多いのですが、このような病院の場合、准看護師でも正職員の募集が比較的多くあります。

クリニック

外来業務が主な仕事で、患者さんの症状を聞いたり、医師の診察介助、採血や注射などを行います。

クリニックの場合、看護業務以外の仕事もあり、院内清掃や事務の手伝いをすることがあります。

人気な理由

フルタイムで働く人は正職員で雇われている場合もありますが、クリニックの主な雇用形態はパートです。

そのため育児や介護をしていたり、配偶者控除を受けられる範囲で仕事をしたい人などに人気があります。

高齢者向け施設

高齢者向け施設の種類として、老人保険施設やグループホームなど色々あります。

介護がメインの仕事のため、看護師は少人数のみの在籍となります。

小規模の高齢者向け施設の場合、夜勤は看護師1人で行う施設もあり、入所者の急変があった時には1人で対応することがあります。

そのことから経験年数を積んだ看護師が働くことが多いです。

人気な理由

介護業務は体力が必要ですが、医療処置はインスリン注射や薬の管理など日常生活に必要最低限な処置のみなので、多くはありません。

また、残業が少ないことや、ゆっくり入所者さん達とかかわることができるという利点があります。

保育施設・託児所

医療機関の中には、保育施設や託児所を完備している病院があります。

人気な理由

保育が必要な子供がいる人、または子供が保育園に入ることができず、働くことが困難な人に保育施設や託児所がある医療機関は人気です。

残業がある時は延長保育をお願いしたり、夜勤の際に子供を預けることができるので、小さな子供がいる看護師でも仕事に集中して働くことができます。

自分にあった准看護師の求人の選び方や注意点

自分にあった求人の選び方や注意点をまとめました。

【選び方①】雇用形態から探す

希望する雇用形態がある場合は、雇用形態から探すといいでしょう。

正職員

固定給のため、給料が安定しています。

またボーナスや福利厚生が充実しているため、しっかりと働きたい人におすすめです。

夜勤が条件である事が多く、残業もあるため仕事量が多いです。

臨時職員

臨時職員の固定給は、数%ほど給料やボーナスが正職員よりも低い金額になります。

また、臨時職員は契約を更新して就業をしているため、契約が更新されない場合もあります。

仕事については正職員と差が無く、夜勤や残業も正職員と同じくらいあります。

パート

就業時間は短時間からフルタイムなど、職場によって様々です。

家庭と両立して働きたい人や、年齢的に長時間の勤務が厳しい人に人気です。

パートのため、終了時間になれば帰宅することができます。

しかし、時給性のため、正職員や臨時職員よりも給料が低いことや、福利厚生が労災保険以外ほとんどついていないこと、ボーナスが無いなどのデメリットがあります。

【選び方②】診療科目から探す

今まで経験を活かしたいのであれば経験のある診療科を、興味のある診療科目があるならば、その診療科がある勤務先を探すとよいでしょう。

経験済みの診療科であると、新しい職場での仕事に早く慣れやすいです。

また、職場の変更は違う治療法に触れる機会にもなるため、知識を深めることにつながります。

未経験の診療科に就職する場合は、新たにその診療科目についての勉強が必要となります。

慣れるまで大変ですが、新しい診療科目の経験は、自分が知らなかった知識や技術を得る大きな機会でもあります。

どちらであっても、准看護師としてスキルアップにつながります。

なので、診療科目は自分が働きたいと思う分野を選択してみてください。

【選び方③】施設の業態から考える

准看護師の就業先は、病院やクリニック、老人施設など様々な医療機関があります。

医療機関の特徴や利点については『准看護師で人気の医療機関や設備とその理由』に記入しましたので参照をしてください。

また、施設の業態から考えることは「このような医療機関で働きたい」「患者さんとゆっくり接することができる仕事がしたい」など転職をする希望理由を満たす条件につながることが多いです。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

基本給だけではなく、賞与の有無、また賞与は基本給の何%支給されるかで年間の給料の総額が大きく変わります。

また、福利厚生の有無も確認しましょう。

福利厚生には雇用保険や社会保険、失業保険や交通費の支給、労災保険など色々あります。

また、女性の場合は産前・産後休業、育児休業を実施している職場であると、出産で一時仕事を休業しても手当が貰えることや、同じ職場へ再復帰ができるので、休業明けも安心して働くことができます。

どのような雇用形態であっても、福利厚生については職場によって違いがあるため、良いと思う求人が複数あれば、見比べて考えましょう。

【選び方⑤】勤務地から考える

希望の勤務地があるならば、その勤務地から求人を探すといいでしょう。

地元で働きたい場合は地元の就職先を、または都心で働きたい場合は都心の就職先を求人で探してみましょう。

また、通勤しやすいエリアに求人を絞ったり、通勤時間をかけたくないのであれば自宅から近いエリアの求人を探すのもよいでしょう。

まとめ

私も准看護師であり、転職もいくつか経験しました。

しかし、情報の収集が少なかったり、福利厚生について気をつけなかったため、転職後に後悔することがありました。

そのため、上記の内容は自分の失敗も含めた反省内容も入っています。

せっかく転職をするならば、「転職してよかった!」と思う職場を見つけて、ぜひ活躍して下さいね!


関連キーワード

准看護師求人

准看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

准看護師パート求人でよくある募集内容や正職員との違い・おすすめ求人のポイントとは?

准看護師の求人には、正職員からパートまで幅広い求人の募集があります。しかし、色々ありすぎて、選び方がわからない人もいるでしょう。そこで今回は、准看護師のパート求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、雇用形態による違いなどをお話しします。准看護師の大まかな仕事内容准看護師の仕事は、注射や傷の処置、診察の介助、排泄や食事の介助、入浴介助など、医療行為や生活介助を行う仕事です。正看護師と准看護師の仕事内容の違いは、ほぼありません。准看護師の募集でよくある就職先のパターン准看護師の就職先は医療行為を必要とする場所で豊富にあります。病院病院の仕事は、主に外来と病棟の勤務となります。また、病院によ

旭川准看護師求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

旭川市限定!旭川市に住む准看護師の人のために、おすすめの募集内容や人気の職場の特徴、年収相場などを紹介します。「どのような職場を選んだらいいかわからない」という悩みのために、参考にしてはいかがでしょうか。准看護師はどんな仕事?准看護師の仕事では、医師の診察介助を行ったり、患者さんへの生活介助(移動や食事、オムツ交換などの排泄介助)、または注射などの医療処置や状態の経過観察など様々です。正看護師との違いをよく聞かれますが、仕事内容の差はほとんどありません。准看護師の求人おすすめ募集内容の特徴准看護師の求人について、おすすめの求人内容をお話します。大きな病院は業務内容もきっちり決められているのでお

准看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

准看護師の年収はどのくらいなのでしょうか?相場や給料を上げる秘訣など、意外に見落としがちな点も含めて詳しく解説したいと思います。准看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒の場合は、初任給で月収が15~20万円くらいです。正職員の平均収入厚生労働省の平成29年度(2017年)の准看護師の平均年収は405万6800円とあります。経験年数や勤続年数が長いと年収が上がります。パートパートの時給の平均は約1500円となります。経験年数や勤続年数に関係が無く、パートであれば皆同じ時給である事が多いです。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与正職員の賞与は6

准看護師の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

少子高齢化と言われている現代ですが、年々浮き彫りになっており2025年には超高齢化社会に突入すると言われています。また、そういった背景を元に医療施設の需要が高まってきています。医療機関=医師・看護師を想像するかと思いますが、それ以外にもリハビリスタッフや介護福祉士といった人々も現場では活躍しています。その中でも、看護師と同じ仕事内容をしている「准看護師」という職業はご存知でしょうか?看護師と並んで、現場で活躍しています。ここではその准看護師の仕事内容などについてお話していきたいと思います。准看護師はどんな仕事?准看護師の仕事はどういったものがあるのでしょうか?一言で言うと、看護師と同じ仕事内容