旅行代理店に置いてある冊子型の旅行パンフレット。

各地域や国ごとに作成されており、多種多様なパッケージツアーが掲載されているパンフレットを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

パッケージツアー商品を利用して旅行を楽しんだ経験がある人も多いかもしれません。

そんな交通機関や宿泊施設などがセットで販売され人気を集める「パッケージツアー」などの旅行商品を企画している人々は、「ツアープランナー」と呼ばれています。

そんな様々な旅行商品は、一体どのようにしてツアープランナーが作成しているのか、またツアープランナーの求人についても見ていきましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

旅行企画のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

「旅行企画」とは文字通り、旅行を企画する仕事です。

旅行に行くとき、各旅行会社が販売しているパッケージツアーなどをまず調べる人も多いのではないでしょうか。

行き先が遠方になるほど宿泊場所や交通機関、更にはガイド付きのツアーなど全てが含まれたパッケージツアーを選ぶ人もいると思います。

このように旅行先で必要なものがセットで販売されている旅行商品は、ツアープランナーによって作られているのです。

その他にも、修学旅行や社員旅行などの手配旅行もツアープランナーが全て作成しています。

旅行企画はどういう役割を求められる?

旅行企画では、旅行には欠かせない交通機関や宿泊施設、更に立ち寄る観光地など、これから旅行をしようと考えている人が食いつくような商品を企画することが求められます。

旅行企画の求人ではどんな種類の求人があるの?

旅行企画(ツアープランナー)の求人では、どんな企業がどのような種類の求人情報を出しているのか見ていきましょう。

旅行企画の募集でよくある事業形態のパターン

旅行企画(ツアープランナー)を募集しているのは主に旅行会社ですが、旅行企画を行う会社は旅行会社だけとは限りません。

旅行会社の求人募集

旅行業界で旅行企画(ツアープランナー)は花形の職業だと言われています。

中でも大手旅行会社の「旅行企画部」は、入るだけでも大変です。

そのため大手旅行会社で旅行企画担当になるにはそれなりの経験が必要になりますが、腕の良い人ともなれば引き抜きで大手旅行会社への入社も夢ではありません。

一方で中小の旅行会社や地方の旅行会社では、稀に「ツアープランナー(旅行企画担当)」として募集している会社も存在します。

しかし入社後すぐに旅行企画を任せてもらえるわけではなく、先輩に付いて勉強し、一人で仕事を任せてもらえるまでは下積みが必要になります。

ホテル施設の求人募集

ホテルなどの宿泊施設では、宿泊されるお客様以外にも利用できるツアーを企画・販売している宿泊施設が多く存在します。

例えば、駅から宿泊施設までの送迎車を利用して宿泊場所発着で観光地を巡るツアーを提供しているというものです。

送迎車も送迎時間以外は使用することがありませんので、その隙間時間を上手く使用しツアーとして企画・販売すれば、新たな収入源となります。

そのようなツアーなどを考えるツアープランナーを募集している宿泊施設も多く見受けられます。

バス会社や鉄道会社など運送会社の求人募集

バス会社は自社のバスで行くバスツアーなどを企画している会社が多く、自社バスを使用するためにツアー代金を抑えることができるという大きなメリットがあるので、近年独自のバスツアーを提供しているバス会社が多くなりつつあります。

鉄道会社もバス会社と同様、独自の商品を低価格でお客様に提供しています。

そんなパッケージツアーを企画するツアープランナーを募集する会社も存在します。

旅行企画の求人募集でよくある職種

国内旅行専門ツアープランナー

国内の旅行商品作りを行うことが主な仕事で、パッケージツアーはもちろん、修学旅行などの手配旅行も作成します。

大手旅行会社になる程国内ツアープランナーも細かく分類されており、関東地方の商品を作成するチームや修学旅行専門のチームなど多種多様に存在するのです。

国外旅行専門ツアープランナー

国内ツアープランナーの国外版と考えてください。

国外の旅行商品を作成することが主な仕事で、国外ツアープランナーは国内外問わず地理や観光地などの深い知識を持ち、ツアープランナーとしての経験値が高い人が担当していることが多いです。

どういう事業形態や職種で働きたいか決まっていますか?

旅行を作成するには、お金がかかります。

行程に入れる観光地などの下見や出来上がった旅行商品をお客様に案内するための広告費など、ある程度の資金が必要になってきます。

また旅行商品は目に見えない商品だからこそ、購入するお客様は会社名やブランドで選びやすい傾向があるので、誰もが知る旅行会社に入社し活動できることが一番良いのではないでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

旅行企画求人でチェックしておきたい募集要項とは?

旅行企画(ツアープランナー)の給料相場や勤務時間などをお伝えします。

給与相場

旅行企画担当の月給は平均22万円前後と言われています。

一般的に見ると高い給与水準ではないかもしれませんが、旅行業界の中で見るとツアープランナーの給与は比較的良い給与水準であると言えます。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は8時間勤務で完全週休2日(土・日休み)であることが多いです。

お客様に旅行商品を販売するカウンター業務とは違い会社内部での作業が多いため、カレンダー通りの出勤になる会社もあります。

旅行会社は残業が多いと言われていますが、ツアープランナーは下見などで外出することも多く、外出先から戻ってプラン作成を行うとあっと言う間に時間が過ぎていることがよくあります。

求人情報を見る際は、勤務時間や休日は必ずチェックするようにしてください。

福利厚生

福利厚生は各旅行会社によって異なりますが、大手旅行会社になればなる程細かいところまで規定されています。

それに比べて中小旅行会社の場合は、法律で定められている最小限の決まりはあるものの、それ以外の細かな待遇面はあまり期待できないのが実情です。

勤務場所

旅行企画を担う部署は旅行会社の心臓部とも言える場所ですので、大体の旅行会社は本社に設置しています。

大手旅行会社の本社ともなれば大勢のスタッフが在勤する事務所内で働くこととなりますので、他の部署や他社の人との交流もあり、その交流によってアイデアが生まれることもあります。

旅行企画の内容

日本人向けのツアープランなのか訪日外国人向けのツアープランなのか、更には法人向けか個人旅行者向けのツアープランなのか、ツアープランナーの仕事内容も様々なので、自分がやりたい仕事内容を入社後に担当できるのかをチェックすることも大切です。

旅行会社が求める人材とは?

旅行会社がツアープランナーに求める人物像はどのようなものなのか見ていきましょう。

何と言っても旅行好き!

面白い旅行を提供することが売上に直結するので、旅行を企画する上で、自らが観光し面白いと感じた場所を旅行の行程に組むことが大切です。

常に新しい物事に敏感である!

旅行にも「旬」があります。

例えばSNS映えするスポットなど若者が注目する旅行プランを企画する必要がありますし、オリンピック開催時期になれば “オリンピック開催国に行くツアー” などを企画することになります。

その時々で旅行客は何を求めているのか、常に世の中の動きに敏感であることが大切です。

何事もポジティブ思考!

企画する全ての商品が売れるとは限りません。

絶対に売れると思う商品でも世間的にはそこまで反響がなく売れ行きが伸びなかったり、毎日残業続きで作成したツアープランが行程変更で一からやり直しになったりなど、良い結果に繋がらないことも多々あります。

しかし、そんなときに落ち込んでいては次にツアープランを作成するときに良いものはできません。

だからこそ、今回は結果に繋がらなかったけど良い経験になったとポジティブに物事を捉えられる精神力が必要なのです。

必要なスキルや資格、経験

ツアープランナーとして活躍する上で必須の資格はありません。

しかし、取得しておくと役に立つ資格は数多くあります。

中でも「旅行業務取扱管理者」や「旅程管理主任者」は、取得していれ有利になる資格です。

旅行企画の仕事に向いている人については、こちらの記事を参考に!

旅行企画の雇用形態による違い

旅行企画(ツアープランナー)は正社員での雇用が殆どです。

中小旅行会社になればパートでの契約もありますが、勤務時間が違うくらいで勤務内容はあまり変わりません。

自分に合った旅行企画の求人の選び方や注意点

何事にも向き不向きがあります。

単に「旅行企画」をすると言っても、どのような旅行の企画をしたいのか、どの会社に入社すれば希望の仕事を行うことができるのかなど、自分に合った会社選びをする上での選び方や注意点を教えます。

【選び方①】雇用形態から探す

ツアープランナーの雇用形態は、正社員が殆どです。

旅行会社でも心臓部と言われる部署で働くことになるので、正規雇用で働く人が多くなります。

【選び方②】職種から探す

国内旅行を企画したいのか国外旅行を企画したいのかなど、自分がやりたい企画内容や得意な部門で求人を探すのも一つの手です。

【選び方③】会社の業態から考える

大手旅行会社になる程ツアープランナーは多数在籍しています。

「国内旅行専門」や「国外旅行専門」、更には「日本人向けツアー専門」や「訪日観光客ツアー専門」など数多くの部署が存在するので、自らがやりたい旅行企画部署に配属されるとは限りません。

しかし、多くのツアープランナーがいることで部署関係なく意見交換ができるというメリットはあります。

一方で中小旅行会社の場合は、国内・国外旅行、更には修学旅行や社員旅行などの旅行内容に関係なく様々なツアーの企画を担当できます。

大手とは違いツアープランナーの在籍数が限られてきますので、一人に割り振られる旅行企画数は増えます。

そのため手がけることができる企画内容も多くなり、仕事が楽しく感じることもあるでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

仕事選びの上で特に重要な「給与」や「雇用条件」。

旅行業界の平均給与は高くないと言われることもあるので、入社後に後悔しないようにより多くの会社を調べ比較することが大切です。

【選び方⑤】エリアから考える

ツアープランナーの募集は、探せば全国で見つかります。

人口の多い都市になるほど募集も多く、ご自身の希望に合った会社を見つけやすくなります。

注意点

単に「ツアープランナー募集」とだけ記載してあり企画内容までは記載していない場合は、自分がやりたい企画内容とは違うことも行わなければならないこともあるので、求人情報を見るときはどのような企画内容を担当するのか確認することをオススメします!

旅行企画の求人についてよくある疑問

旅行企画(ツアープランナー)の応募方法や面接で訊かれることなど、ツアープランナーとして採用されるための近道を教えます。

応募方法は?

まずは求人サイトより応募しましょう。

全国の旅行会社が出している多くの募集情報を一気に見ることができるので、自分の条件に合った会社を見つけやすくなります。

また大手旅行会社になると自社のHPに採用情報を掲載している所もあるので、入社したい会社が決まっている人は旅行会社HPに掲載されている採用情報をチェックしましょう。

面接でよく訊かれることは?そして面接合格の秘訣とは?

何と言っても「旅行は好きですか?」と訊かれることが多いです。

旅行商品を作るにあたって、自分自身が旅行好きでないと良い商品を作成・提供することはできません。

また「今まで行った観光地は?」や「弊社の旅行商品を使ったことはありますか?」などの質問もよくされます。

このような質問をされたときは、面接官に自分の印象を残すチャンスだと思ってください。

単に「貴社の旅行商品を使ってこんな所に行きました。楽しかったです」だけでは、面接官の心に残る印象を与えることができません。

それよりも、「貴社の旅行商品を使って今までにこんな所に行きました。行った先では現地の方と仲良くなり、今でも旅行に行くと会う仲です!」など、“貴御社の旅行商品を使ってこのような経験ができました!”と面接官にインパクトを与えることが合格のカギとなります。

ただし、あまり媚を売り過ぎることは面接官の心証を損ねることもあるので、注意しましょう。

未経験でも応募できる?

未経験でも応募は可能です。

求人サイトや各旅行会社が掲載する採用内容を確認して、自分に合った条件があれば応募することは可能です。

気になる会社が見つかれば、どんどん応募しましょう!

会社の雰囲気は?

デスクに向かってひたすら仕事をするだけではなく、周りの人と意見を交換しながらツアーを作成するので、社員同士の声が飛び交う空間です。

旅行を企画するということは常に頭をフル回転しなければならないので、休憩スペースには糖分補給の甘いものが置いてあったり、ストレッチができる空間を用意してくれる会社もあるようです。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

ツアープランナーは正社員での募集が殆どです。

地方の旅行会社で探すと派遣社員やアルバイトでの募集もあるようですが、正社員での募集が一般的です。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員の場合は月給制での契約が殆どですが、派遣社員やアルバイトは時給制の契約になってきます。

またボーナスも勤務内容が同じでも、雇用形態が違うだけで金額が変わってくることも多いです。

残業って多いの?

残業は他の業界に比べて多いです。

ツアープランナーはツアーに組み込む場所の下見や挨拶回り、営業などの外出も多く、会社に戻ってから仕事をしたり、提出期限に間に合わないときは早朝に出勤して仕事をすることもあります。

シフトの自由度ってどうなの?

ツアープランナーは正社員での契約が多いので、朝8時〜9時から夜17〜18時終了が一般的で、シフト制は基本的にはありません。

資格って必要なの?

必ず取得しておかなければいけない資格はありません。

しかし国家資格の「旅行業務取扱管理者」や「国内旅行管理者」などの資格を持っていることで、転職をするときには有利になります。

まとめ

旅行企画をする部署は会社内でも心臓部であり、旅行業界内でも一番憧れを持たれる人気の職業です。

なかなか思い通りのプランが作成できず、精神的にキツいと感じることも多いです。

それでもやりがいも多く、達成感も味わえる最高の職種です。

これから旅行企画担当を目指す方にとって、少しでも旅行企画担当の楽しさや大変さなどが伝われば喜ばしい限りです。

今後のご活躍を応援しております!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)