ここでは、サーフィンインストラクターの求人でよくある募集内容や、おすすめポイントや気になる疑問についてお話しします。

サーフィンインストラクター求人のおおまかな仕事内容

サーフィンのインストラクター

サーフィンをしたことがない人や、サーフィン経験者がさらにサーフィンを上達したい人に効率的にサーフィンを教えることがサーフィンインストラクターの仕事です。

初心者にはマンツーマンでレッスンする場合が多くて、ステップとしてはまず、テイクオフといって、サーフボードの上に立ち上がることを目標に指導します。

次にサポートなしで自力でやってくる波を選んで、テイクオフできるように指導します。

そこから先は、サーフィン経験者としてさらにサーフィンを上達したい人に対して波を上手く乗るためのテクニックなどを指導します。

サーフィンインストラクターの仕事はサーフスクールでどういう役割を求められる?

サーフィンインストラクターは、生徒にできるだけはやくテイクオフをマスターしてもらい、自分一人でも波に乗れるように指導することによって、生徒にサーフィングの楽しさを伝えてあげるのが役割です。

サーフィンインストラクター求人でよくある募集内容とは?

サーフィンインストラクターの求人募集内容でよくあるのは、あたりまえですが、サーフィングの経験者であることが第一条件です。

次に、NSA(日本サーフィン連盟)が認定試験を通して発行する階級をもっているかとか、日本ライフセービング協会の救命に関する資格を取得しているかなどを記載している場合もあります。

給与相場

正社員扱いはほとんどありませんので、給与ではなくアルバイト扱いで、時給制がほとんどです。

相場はまったく定まっておらず、そんなに高額ではない傾向にあります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間に関しては、スクール時間によりますので、一日に何スクールでも開催されてその中で必要とされれば、一日中になります。

休日はだいたい平日の生徒数が少ない日などになります。

週末や休日、夏季などは繁忙時ですので、休みをとりずらいかもしれません。

福利厚生

正社員扱いでなく、アルバイト扱いのためそうした制度を設けているところは非常に少ないかもしれません。

勤務場所

サーフィンは海でするスポーツですので、働く場所は海に近い場所になります。

近年は、ダイビング教室のように都会のお店から車で現地まで生徒を連れて行くスクールもありますが、だいたいは海のそばのサーフショップが多くて、スタッフは少人数で開催されている傾向にあります。

求められる人物像

サーフィンは自然の中で楽しむスポーツですので、インストラクターは明るくて元気な人が良いでしょう。

また、コミュニケーションが上手で会話も弾んで、楽しいひと時を過ごさせてあげられる人が求められます。

必要なスキルや資格、経験

サーフィンインストラクター自身がサーフィンの経験者であり、サーファーであることが第一条件です。

そして、サーファーとして長いキャリアがあって、NSA(日本サーフィン連盟)が認定試験を通して発行する階級をもっていたり、プロサーファーもしくは元プロサーファーであれば、なお良しでしょう。

他にも、日本ライフセービング協会の救命に関する資格を取得していれば採用の可能性はさらに上がります。

サーフィンインストラクター求人のおすすめのポイント

サーフィンインストラクターの求人に限っておすすめなポイントを挙げてみます。

空き時間にサーフィンが可能

サーフィンインストラクターはサーファーですので、自分もサーフィンがしたいものです。

ですから、空き時間にはサーフィンができるようなサーフショップがおすすめです。

ショップの商品が安く買える

サーフィンインストラクターもサーファーですので、自分が務めるサーフショップの商品が安く買えればなにかと助かります。

サーフィンインストラクター求人の選び方や注意点

サーフィンインストラクターをするにあたって、いくつかのポイントを挙げてみます。

雇用形態から探す

アルバイトが主体の仕事ですから、正社員雇用はほとんどありません。

会社の業態から考える

サーフスクールを実施しているサーフショップの多くは個人事業ですので、法人の会社のような複雑な業態はありません。

むしろ業態としては、家族的な扱いが多い傾向にあります。

給与や雇用条件から考える

サーフィンインストラクターは、アルバイト扱いがほとんどで、その時給の相場もまったく定まっていません。

雇用条件は、自分の趣味でもあるサーフィンがその職場でより身近であれば良いことを求める人が多い傾向にあります。

エリアから考える

自宅から近いことにこしたことはありませんが、ほとんどの場合、勤務地は海の近くですので内陸部に居住しているのであれば、海の近くへの移住も必要かもしれません。

サーフィンインストラクター求人についてよくある疑問

サーフィンインストラクターをしてみようと思う人から受ける疑問をいくつか挙げてみます。

通年を通して勤務が可能か?

サーフィンは夏がメインのスポーツですので、それに伴いサーフィンインストラクターの求人も繁忙期である夏季のみという条件が多いです。

住み込みでのバイトは可能か?

勤務地が海の近くであるサーフィンインストラクターとして働きたい場合、内陸部に居住している場合は住み込みを希望する人も少なくありません。

しかし、だいたいは不可なことが多い傾向にあります。

まとめ

サーフィンインストラクターの求人募集内容でよくあるおすすめポイントや気になる疑問についてお話ししてきましたが、サーフィンインストラクターという仕事を求める人は、自分の趣味であるサーフィンをより身近にしたい人がする仕事です。

それと同時に、サーフィンは自然の中で楽しむスポーツですので、インストラクター自身も明るく元気に生徒さんとコミュニケーションをとりながら楽しいひと時を過ごさせてあげたいと思っています。

その心には、むしろお金よりも、サーフィンを共有したり、自然の美しさを伝えられることに嬉しさを感じているところもあります。

そこになにか魅力を感じれられるのであれば、ぜひサーフィンインストラクターを経験してみてください。