接骨院の求人が気になっている方は、ぜひこの記事をご覧ください。

そもそも「具体的にどんな業務をするの?」「接骨院でパートで働く際、資格は必要なの?」と少し謎の多い職業かと思います。

実は、接骨院で働くには資格がなくても可能な業務もあるのです。

もちろん治療や施術を行うには国家資格が必要ですが、初心者でもOKな職業というのは意外ですよね。

今回はそんな接骨院についての疑問や上手な求人の選び方について、経験者がご説明していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

接骨院のおおまかな仕事内容

基本的にメインの施術は「柔道整復師」の国家資格を持っている人(多くは院長)が行います。

資格を持っていないパート・アルバイトは、その補助をするのがお仕事です。

補助とは、院長に必要な資材を渡す、電気の器械を院長の指示で取り付ける、院長の指示で患部を冷やしたり温めたりする、ことなどです。

また、受付・会計・カルテの作成、保険の申請などの事務処理、院内や機器の清掃管理、も行います。

接骨院求人にはどんな種類があるの?

接骨院の求人と一口に言っても、専門的な施術ができる人だったり補助だったりと種類は様々です。

それぞれご説明します。

接骨院の求人募集でよくある職種

施術補助

一番目にすることが多いのが「施術補助」です。

こちらのお仕事は無資格で大丈夫です。

主な仕事内容は、受付・会計、施術補助、患者さんのご案内等です。

施術をスムーズに行えるようしっかりサポートすることが求められます。

また、施術補助の他に様々な事務処理もします。

柔道整復師

こちらは、国家資格を持っている人に限られます。

患者さんへの施術、施術補助のパート・アルバイトへ指示出しをします。

接骨院によっては資格を取りながら働かせてくれる所もあるので、勉強のために働く学生もいます。

また、接骨院で働きながら自身の開業のための勉強をしている方も多いです。

鍼灸師

こちらは接骨院によって募集している所とそうでない所がありますが、「柔道整復師または鍼灸師の資格をお持ちの方」というように柔道整復師と併せて募集している所が多いですね。

鍼灸師も国家資格です。

正式には「はり師」と「きゅう師」で別の資格となります。

接骨院で働くには資格は必要?

上記と重なる部分がありますが、それぞれご説明します。

施術補助

資格は要りません。

資格が必要ない補助などを任されるので、安心して応募してください。

柔道整復師・鍼灸師

国家資格が必要です。

専門的な学校に通って履修して初めて試験を受けることができる資格であり、やりたいと思ってすぐできる仕事ではありません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

接骨院求人でよくある募集内容とは?

ここまでは接骨院で働く際にどんな求人内容があるかについて説明してきましたが、ここからは実際の時給などの条件についてご説明します。

給与相場

それぞれ相場を見ていきましょう。

柔道整復師

  • 正社員月給:200,000円~350,000円程
  • パートアルバイト時給:1,000円~2,000円程

新卒の初任給は、比較的低めの所が多いように感じます。

なぜなら柔道整復師は経験を積んでなんぼの仕事だからです。

いくら国家資格を持っているとは言え患者さんは一人一人違う症状で来院されるため、場数を踏まねばならないのです。

しかし経験を積んで実績を作れば、給与はどんどん上がります。

柔道整復師の給与は、経験・実績・信頼で上がるものです。

鍼灸師

  • 正社員月給:180,000円~300,000円程
  • パート・アルバイト時給:1,000円~2,000円程

柔道整復師と同様に経験がものを言う仕事なので、経験年数によって給与が上がっていきます。

整体師

医院によっては施術者として採用されることがあります。

  • 正社員月給:150,000円~180,000円程
  • パート・アルバイト:950円~1,000円程

補助

補助は資格不要の求人です。

時給は最低時給~1,000円が相場となっています。

勤務時間や休日、残業

働く上で気になるのが、勤務時間や休日ですよね。

ここからは各求人別にご説明していきます。

前提として、接骨院は病院と同じように8:00~12:00、14:00~20:00と午前と午後で分かれている所が多いです。

柔道整復師・鍼灸師・整体師

中休みは休憩時間としてカウントされ、実働8時間勤務が多いです。

例:8:00~18:00(休憩2時間)

また、休日は週2日が一般的でしょう。

しかし接骨院は平日や土曜日の午後が休みのケースが多いので、丸1日休みなのは日曜日のみということもあります。

残業は患者さんの入り次第ですが、基本的にがっつり残業があるという感覚ではありません。

パート・アルバイト

パートの場合はシフト制が多く、上記開院時間の中で3時間~4時間など短時間で組まれることが多いです。

休日はその方の働き方にもよりますが、勤務時間が短めになるため扶養内で働きたい方が多く働かれています。

そのため、勤務は週3日~4日というのが多いようです。

もちろんがっつり働きたい方は沢山働くことも可能だと思います(勤務先にもよります)。

基本的に残業はありませんが、繁忙時や同僚の欠勤などで延長になることもあります。

福利厚生

福利厚生は接骨院によって大きく変わります。

個人事業としてやっている所も多いので、そのような所は福利厚生はあまり期待できません。

制服は貸与の所もあれば買取の所もありますし、自分で用意しなければならない所もあります。

ただ、院内の器械を無料で使わせてくれたり施術を無料でしてくれたりすることは多いです。

個人事業で福利厚生を付けられない分のサービス?はしてくれます。

会社組織になっていて数店舗構えているような大きい所のほうが福利厚生は充実しています。

勤務場所

勤務場所はやはり自宅近くが良いと思います。

「比較的開院時間が早めである」というのが一番の理由です。

正社員として勤める方なら通勤手当が付くのである程度の通勤時間はあっても良いとは思いますが、パート・アルバイトは交通費が支給されない所もあるので近場で探すのが良いと思います。

接骨院は地域に密着していることを掲げている所が多いので、働く方に関しても住まいが近い方を求めているのでしょうか。

接骨院は比較的件数が多いと思うので、選びやすいと思います。

求められる人物像

接骨院で働くにあたって求められる人物像について、職種別にご説明したいと思います。

柔道整復師・鍼灸師・整体師

親身になれる人

柔道整復師・鍼灸師・整体師は、医師とは違い外科的な治療を行うことはありません。

「問診・視診・触診」をして判断し、それに合わせた施術をします。

患者さんの訴えをよく聴き、親身になって一緒に考えることで治療方針を決めていきます。

患者さんの痛みや辛さは精神的なものから来ることも少なくないので、一人一人に寄り添うことがとても大切になってきます。

コミュニケーション能力が高い人

患者さんの状態を知るために、コミュニケーションはとても重要なツールとなります。

何気ない会話の中で疾患の原因を見つけることもありますし、患者さんが「言わなくてもいいか」と思うような些細な出来事が、いざ聞き出してみたら重要なことだったりします。

施術中のおしゃべりを楽しみにされている患者さんも少なくないので、気さくでコミュニケーション能力の高い人のほうが親しみやすく信頼されやすいと思います。

パート・アルバイト

明るい人

接骨院は明るく元気にすることが大切ですし、院長もそういう雰囲気にしたい方が多いです。

患者さんが来院された時は元気に挨拶し、施術中も和気藹々とした元気で明るい雰囲気を求めている接骨院が多いので、大人しく物静かな方には向いていないかもしれません。

電気を流す治療の間、患者さんは15分くらい暇になるので、その間の会話を楽しみにしている方もいらっしゃいます。

明るく元気におしゃべりしてくれるのはとても喜ばれます。

接骨院のおすすめ求人のポイント

接骨院の求人は比較的多いので、その分内容も違ってきます。

その中でも「ここは押さえておきたい」おすすめ求人のポイントをご紹介します。

院内の雰囲気

これはとても大切です。

接骨院はHPを持っていることが多いので、そちらの写真などで雰囲気を見ておくことが大切です。

働く上で職場環境は重視してほしいので、院内の雰囲気や働いている人の雰囲気を見て「ここなら働きやすそう」という接骨院を見つけてください。

院の方針

HPや求人ページに、院の方針(どんな接骨院でありたいか)が書かれています。

大体は同じようなことが書いてあるとは思いますが、少しずつ違うので一度よく読んでみてください。

元気な雰囲気を好む院が多いですが、中には静かな雰囲気で癒しの空間を提供したいという院もあります。

自分が働きたい雰囲気と合っているのか確認しておきましょう。

特典

「福利厚生は少ない所が多い」と上に書きましたが、その他の特典をしっかりチェックしておきましょう。

酸素カプセル等の院内の器械を無料で使わせてもらえたり、簡単な施術なら無料でやってくれる所もあります。

実際、私が勤めていた接骨院がそうでした。

肩こりが酷いと言うと、無料で超音波を流してくれたりマッサージをしてくれました。

パート仲間の中には、それが目当てで働き始めたという方もいらっしゃいました。

自分に合った接骨院の求人の選び方や注意点

これまでおすすめの求人を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここからは、自分に合った求人の選び方についてお話していきます。

【選び方①】職種から探す

柔道整復師や鍼灸師の国家資格を持っている方は様々な勤務先がありますが、ご自身が開院したいとか治療の幅を広げたいという方は接骨院での勤務が良いと思います。

もちろん病院にも求人はありますが学べるのは部分的なところだけだったりするので、全般的に学びたい方には接骨院をおすすめします。

またパート・アルバイトの方で「接客・受付」を希望している方は、一度接骨院の求人を見てみて下さい。

【選び方②】雇用形態から探す

柔道整復師や鍼灸師の国家資格を持っている方は、正社員での勤務をおすすめします。

パート・アルバイトで入職しても勤務時間はあまり変わらずやることも同じなので、断然正社員がおすすめです。

ただし副業や一時的な勤務と考えている方は、パート・アルバイトという働き方が良いでしょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

接骨院の給与は比較的低めなので、時給が高い所を探している方には向いていないかもしれません。

しかし冷暖房完備で重い物を運んだりする肉体労働はほぼなく職場環境は良いほうなので、多少給与が低くても良いかなと考えられるならおすすめです。

そして多くの接骨院はシフト制なので、自分のペースで働きたい方には良いと思います。

その他の条件は院によって違うので、しっかりチェックして条件の合う接骨院を見つけてください。

【選び方④】エリアから考える

やはり長く働くには、通勤しやすいエリアが良いでしょう。

少し遠くても時給が良い所で勤める選択肢もありますが、あまり遠い所だと通うことに疲れて後々後悔するなんてことも…。

接骨院は同じエリアにも何件かあると思うので、近場から探してみましょう。

接骨院は地域密着のため求人サイトには載せず院に張り紙がしてある場合も多いので、近くの接骨院に足を運んで探すのも良いと思います。

注意点

どの仕事をするにしても、妥協は禁物です。

せっかく勤めるなら長く勤められる職場のほうが良いので、自分に合った求人を見つけてください。

また、地域の方々の評判にも耳を傾けてみてください。

患者さんはその院の雰囲気を知っているので、参考になるかと思います。

接骨院求人についてよくある疑問

最後によくある質問にお答えしていきます。

接骨院の求人ってあんまり見ないけど、どこにあるの?

基本的には求人サイトで探しますが、個人院だと経費削減&地域密着のため載せていない所も多いです。

接骨院のHPや入口、近くのスーパーなどに求人張り紙がしてある場合が多いので、自分が生活している範囲のそれらを見てみてください。

案外求人を出している所は多いです。

本当に資格は要らないの?

受付・補助として働く場合は不要ですし、後から取得する必要もありません。

柔道整復師や鍼灸師として治療や施術を行いたい場合は必要ですが、国家資格ですぐ取れるものではないのでパート・アルバイトとして働く場合は心配しなくても大丈夫です。

初心者でも本当に大丈夫?

これは私自身思ったことですし、よく訊かれることです。

もちろん初心者でも大丈夫です。

治療機器の扱い方や事務処理の仕方、患者さんの対応の仕方は、院長や先輩がしっかり教えてくれるので安心してください。

先にも述べましたが、患者さんとコミュニケーションが取れる方ならすぐに慣れることができると思います。

まとめ

接骨院の仕事や求人についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

「コミュニケーション能力」「患者さんに寄り添う心」があれば、接骨院で働くことは可能です。

求人内容をしっかりチェックし、自分に合った接骨院を見つけてください。

最後まで読んでいただき有難うございました。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)