働き始める際に一番気になるのが『給与』ですよね。

そこで接骨院の給与の相場や給与アップするにはどうしたらいいのかをお話します。

その前に、今回のお話の中で出てくる『柔道整復師』『あん摩マッサージ師』『鍼灸師』について少しご説明します。

柔道整復師・あん摩マッサージ師・鍼灸師(はり師ときゅう師は別の国家資格で、両方持っている人のことを『鍼灸師』と呼びます)はどれも国家資格で、取得する為には必要な過程があります。

年数は同じなので、柔道整復師について書きます。

高校卒業後、柔道整復師養成施設となっている厚生労働大臣が認定した専門学校3年制以上・文部科学大臣が認定した柔道整復学科のある4年制大学または短期大学3年制以上へ進学し、必要なカリキュラムを履修し、柔道と整復の認定実技試験に合格し、国家試験の受験資格を獲得します。

その後、1年に1度3月にある柔道整復師国家試験を受験します。

それに合格すると、晴れて柔道整復師となれるのです。

「接骨院の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接骨院の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

接骨院で正社員として働く場合に『柔道整復師』という国家資格が必要となってきます。

資格を持っていない場合での求人はほぼないと思って頂いていいでしょう。

給与の相場は150,000円〜250,000円。

また接骨院によっては、あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師・整体師を募集しているとこともあります。

あん摩マッサージ師の給与の相場は150,000円~200,000円

鍼灸師の給与の相場は150,000円~200,000円

整体師の給与祖相場は150,000円~180,000円となっています。

接骨院は個人事業でやられている所が多いのですが、何店舗かを支店展開している大きな所もあるので、そういった会社は事務員として正社員を募集している場合もあります。

事務員の場合の給与の相場は150,000円〜180,000円位。

注意していただきたいのが、鍼灸師を持っている方は個人院を開業していることが多く、正社員での募集は極めて少ないと思ってください。

正社員で転職した場合

柔道整復師・あん摩マッサージ師・鍼灸師の国家資格を持っている方になりますが、どれも給与の相場は250,000円〜500,000円とバラバラです。

キャリアや技術によって左右される部分なので、結構な幅があります。

総合病院での勤務経験は比較的優遇される場合がある為、その時の経験や身につけたスキルをアピールすると給与アップに繫がります。

パート・アルバイト(無資格)

接骨院で働いている人のほとんどがパート・アルバイトです。

接骨院に行って受付してくれたり案内してくれたり機械をセットしてくれる人はほぼパート・アルバイトです。

特にご高齢の患者さんはそれでも『看護師さん・先生』と思っている方が多いので、責任感を持って患者さんと向き合う必要があります。

パート・アルバイトは柔道整復師の国家資格を持っていなくても働けるので、給与の相場は最低賃金〜1,000円となっています。

肉体労働もほとんどなく冷暖房完備された環境の為、比較的低めではあります。

パート・アルバイト(有資格)

柔道整復師・あん摩マッサージ師・鍼灸師の国家資格を持っていても年齢や生活スタイルによってパート・アルバイトで働く方はいらっしゃいます。

また開業するための勉強という意味で短期間アルバイトをされる方もいらっしゃいます。

その場合の時給の相場は1,000円〜1,800円となっています。

接骨院によってはフルタイムパートで働いて正社員と同じ位稼げる時給のところもあります。

あん摩マッサージ師の時給の相場は1,000円~1,500円

鍼灸師の時給の相場は1,000円から1,500円

整体師の時給の相場は950円~1,200円

事務員の時給の相場は最低時給~1,000円となっています。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

正社員で働いていれば賞与がありますが、パート・アルバイトは無い場合が多いです。

接骨院によっては気持ち程度の寸志がもらえる所はあります。

給与が高い人は何が違うの?

正社員の場合は経験やスキルによって給与が上がります。

いくら上記国家資格を持っていても、接骨院での経験が無ければ給与も変わってきます。

また正社員募集しているところは院長候補として採用する場合が多く、ゆくゆくは院長として一店舗を任される事になります。

そうなれば給与も上がってきます。

勤務地によっても給与の差はありますが、同じ市内だとそこまでの差は無いように思います。

更に接骨院によっては前年収を保証してくれるところもありますので、その辺の交渉も給与アップの重要なカギとなってきます。

「接骨院の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

接骨院の仕事の給料の決まり方

正社員の場合

正社員の給与の決まり方は、経験とスキルです。

接骨院や整形外科などでの勤務経験が多い方が給与も上がります。

また勤めようと思っている接骨院が求めるスキルをどの位持っているかによっても変わってきます。

さらに、あん摩マッサージ師・鍼灸師になると固定給与+歩合制としている接骨院もあります。

何人の治療をしたかによって多少増減する事はあります。

柔道整復師の場合はこの制度を採用している接骨院はあまり多くないように思いますが、採用しているところもありますので注意してください。

パート・アルバイト(無資格)の場合

パート・アルバイトの場合はほぼ変わりません。

時給制で経験があればある程度の増額はあるかもしれませんが、ほぼ変わらないと思っていただきたいです。

パート・アルバイト(有資格)の場合

パート・アルバイトでも柔道整復師・あん摩マッサージ師・鍼灸師の国家資格を持っていると時給は上がります。

その場合は何が出来るのかによっても変わってくるので経験は多い方が高くなります。

また、それまでにどのような施設で働いていたかにも左右されます。

接骨院の仕事で給料をあげるためにやるべきこと

働くなら少しでも給与は高い方がいいですよね。

接骨院で給与を上げるにはどうすればいいのかについてお話していきます。

経験を積む

これはすぐにできることではありませんが、給与を上げるために大切なことです。

接骨院で正社員として働く為には『柔道整復師・あん摩マッサージ師・鍼灸師』という国家資格が必要となってきますが、この国家資格を持っていたとしても未経験となるとそこまで増額は見込めません。

そして接骨院で正社員として働くという事は院長候補として働くという事になるケースもあるので、総合病院や整形外科などでの実務経験を積んでから接骨院に勤めると給与も上がってきます。

パート・アルバイトでも様々な経験が多い方が給与は高くなります。

得意分野・スキルを身につける

柔道整復師でも得意分野はあります。

ですので自分の得意分野やスキルを磨いておくことで採用の際のアピールにもなりますし、それが給与アップにもつながります。

接骨院でも時期によって求める人材が変わってくるので、少しでも多くのスキルを身につけておいた方がいいでしょう。

働く際の交渉

給与交渉はなかなかできることではありませんが、自分にスキルがある場合はしっかりアピールして交渉した方がいいです。

交渉しなければ表示されている給与がそのまま反映されますが、交渉すれば少しは上がることもあります。

数十円、数千円が年収に大きく響いてくるのでしっかり交渉しましょう。

接骨院で給料をアップさせるための求人の選び方

求人によって給与がアップ出来たり出来なかったりというものがあります。

自分はどういう選び方をしたらいいのかご説明します。

自分の能力に見合った給与を出してくれるのかを見る

沢山ある接骨院の求人の中で、接骨院によって求める人物というのがバラバラです。

その人物に合っていれば交渉次第で給与がアップする事があります。

就職面接は自分を売り出す機会です。

自分にはどんなスキルがあってどの位の経験を積んできたかを上手くアピールして売り込んで下さい。

その為に『能力次第で要相談』の旨が書かれている求人を選んでください。

書かれていない所は『どんな能力を持っていても上限は超えないよ』というスタンスなので、どんなに腕があっても上限は超えません。

自分の能力を高く買ってくれる接骨院を見つける為にもしっかりリサーチして下さい。

また他の接骨院が○○円出してくれるなどがあればそれもきちんと伝えて下さい。

国家資格を持っている事、経験・スキルがある事は大きな強みになりますので、しっかりと交渉しましょう。

自分が成長出来る接骨院なのかを判断する

接骨院の求人には『院長候補』と『正社員』があり、後者の正社員の方は院長候補を求めている訳ではないので、働き始めた後の伸びしろがありません。

店長候補として募集していれば、ゆくゆくは一店舗を任せてもらえて給与がアップする可能性がありますが、そのような記載がなければ可能性はありません。

ですので小さな接骨院で正社員として働くのはあまりオススメしませんし、そういう所は正社員の募集が無い所が多いです。

外部への派遣の有無

接骨院によっては外部への派遣を行っているところがあります。

そういった接骨院はプロスポーツ選手のトレーナーやスポーツジムへの研修など委託を受けており、そこへ行くと出張手当が出たり色んな技術を学ぶ事ができるので、給与アップと同時にスキルアップも目指せます。

パート・アルバイトの場合

現在勤めている所との比較が大切です。

接骨院の求人での時給は最低時給〜1,000円位なので、他業種からだと下がる事が多いかもしれません。

同業種からだと接骨院によってある程度バラツキがあるので、求人をしっかり確認しましょう。

また、昇給が年にどのくらいあるのかも重要になってきます。

そして寸志の有無も接骨院によって違うので、しっかり確認しましょう。

また規模が小さい接骨院よりも大きめの接骨院の方が給与が高い場合が多いです。

いずれにしても職員を大切にしている所なら給与も多いと思うので、職場環境も良いと思います。

「接骨院の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

10月頃(働き始めて半年位)・掛け持ち

私が務めていた接骨院は勤務時間が9:00〜12:00又は16:00〜20:00と短めで、しかもその中でシフト制でした。

よって1日の勤務時間が2時間程だったのでもう少し稼ぎたいなと言う気持ちがあり、働いていた接骨院はバイト掛け持ちがOKだった為、その時にバイトの掛け持ちを始める事にしました。

バイトの掛け持ちをしたい旨を院長に話したところ、ありがたい事に院長は私を必要だと思って下さっていたので『掛け持ちをするなら時給を上げるからうちで働ける時間を増やしてほしい』と仰り、100円アップしてくれました。

更に勤務時間・勤務日数を倍にしてくださいました。

接骨院は個人でやっている所が多いので、院長のさじ加減で時給が変わります。

院長に気に入られる事も1つの給与アップに繋がると思います。

年末・退職

これは同僚のケースです。

年末にもっと稼げる所へ変わりたいという事で退職を申し出た所、やはりその方も院長に必要だと思われていた為、時給アップと勤務時間・勤務日数の増加をしてもらえました。

時給ははっきりとは聞きませんでしたが、私と同じで100円位だと思います。

院長に気に入られていなかったりする人の勤務時間・勤務日数を減らしていたようです。

4月・業績アップ。規模拡大

これは知人のケースです。

働いている接骨院の業績がアップした為規模拡大の為分院を出すことになり、その際に一斉に給与がアップしました。

アップ率は人によって差はあるものの、月収の人は毎月1,000円・時給の人は50円程は平均して上がったようです。

ここは自分ではどうしようもない事ですが、稀にこういうこともあるよという感じで受け取ってください。

まとめ

接骨院の給与についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

接骨院の求人は他の求人とは少し変わっていて、正社員は基本的に柔道整復師・あん摩マッサージ師・鍼灸師という国家資格を持っている事が必須になってくる為、経験やスキルを磨く事が給与アップに繋がります。

冷暖房完備で、パート・アルバイトは力仕事はほぼ無いのでオススメの求人です。

実際に接骨院の求人を探すときは、こちらの記事を参考に!