システム監視の仕事を検討している方へ。そもそもシステム監視のお仕事ってあまり知られていませんよね。

ITの発展が目覚ましい昨今では、日々多くのシステムが生み出されています。

監視の仕事は開発されたシステムが正常に動いているかどうかをチェックする重要な役割をもった業務です。

この記事では、システム監視の求人に焦点を当ててご紹介しますので、システム監視の業務に興味がある方は是非チェックしてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

システム監視のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

システムエンジニアやプログラマーによってシステムが作り出されますが、システムを作れば終わりというわけではありません。

作ったシステムを運用しながら、問題無く稼働しているかを常にチェックする人員が必要となります。

システム監視の仕事は、出来上がったシステムの動作を監視し管理する仕事として、重要な位置を占めています。

システム監視はIT系の仕事の中でも入りやすい仕事であるため、最初の仕事として適しているでしょう。

システム監視は会社でどういう役割を求められる?

システム監視の仕事は、「既に運用されているシステムが問題無く稼働しているか」を確認することです。

システムの動作が正しいかを判断するためには、そのシステムの仕様を詳しく理解しておく必要があるでしょう。

システムへの理解力と、些細な問題を見逃さない監視能力が求められる仕事です。

開発済みのシステムを監視するため、自分が開発を行うためのスキルをつける必要がなく、エンジニアとして未熟な人でも仕事に就きやすいというメリットがあります。

しかし、開発者側の気持ちを理解できる人の方がシステム監視も適切に行えるため、開発能力を備えている人は歓迎されます。

システム監視の求人にはどんな種類があるの?

システム監視の募集でよくある施設や事業形態のパターン

自社システム監視

自社で開発したシステムの監視を任されるパターンです。

社内でシステム管理を行うため、その会社の社員として働くことになります。

社員として仕事に就く場合、担当するシステムと長く付き合うことになりますので、より専門的な知識を求められる可能性があります。

監視業務に慣れたら開発の仕事を任される場合もあるため、ステップアップを目指す人にとっては、自社内でのシステム監視は魅力的でしょう。

客先システム監視

システムを自社で扱う会社に就職しない場合は、客先に派遣されてシステム監視を行うことになる可能性が高くなります。

システム監視のためだけの要員として客先に向かうことになるため、指定されたシステム監視業務のみで完結することがほとんどで、それ以上の仕事を任される可能性は低いでしょう。

新たな仕事に発展することがないため、簡単な仕事をしたいという人には、客先でのシステム監視業務が向いています。

どういう事業形態が良いか決まっていますか?

ITで働き続けることを視野に入れる場合、多くの経験値を得られるのは、自社での監視業務です。

一つのシステムを詳しく掘り下げて理解することができるため、自分のスキルアップに繋げやすくなります。

会社によっては監視のみではなく、開発の根幹に関わる仕事も与えてくれるようになるため、自社でシステム開発を行っている会社に就職するチャンスがあれば、積極的に狙うことをオススメします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

システム監視でよくある募集内容とは?

システム監視の仕事でよくある募集内容をご紹介しますので、求人を探す際の参考にしてみてください。

給与相場

システム監視の年収相場は400万円程度ですが、ベテランの年収も含めての平均値ですので、新たに就職する場合はさらに低い年収となります。

初めてシステム監視を行う人は、年収250万円程度を想定しておくと良いでしょう。

システム監視業務は、IT関連の仕事の中でも高い専門性を求められることが少ない仕事ですので、それだけ給与も安くなる傾向にあります。

監視するシステムによって難易度は異なるため、年収の高い業務もありますが、システム監視以外の何らかのスキルを求められる可能性も高いでしょう。

本人のスキル次第で業務内容も給与も変動するため、給与相場はあまり参考にならない業界です。

勤務時間や休日、残業

勤務時間や休日は、一般的な会社と変わらない場合が多いです。

朝から夕方までを定時とする会社が多く、土日祝日も問題なく休暇を取ることができます。

開発とは異なり、不測の事態に対応しなくてはならなくなる機会も少ないため、残業もほとんどありません。

しかし、システムによっては24時間常時監視する必要があるため、夜勤や休日出勤が発生する可能性はあります。

面接の段階で、どのようなシステムを扱っているのかはよく確認した方が良いでしょう。

福利厚生

社員として働く場合は、福利厚生が充実しているところが多いでしょう。

交通費なども常識の範囲内で支給してもらえます。

派遣やフリーランスとして働く場合はあまり期待できないため、福利厚生を重視するのであれば、社員の求人に応募しましょう。

勤務場所

勤務場所は都内が多いため、東京で仕事を探すと就職できる可能性も高まるでしょう。

システムの中枢は都内に集まりやすくなるため、本格的にシステム監視の仕事を探す場合は、どうしても都内に仕事が集中してしまいます。

特に仕事にこだわりが無ければ、様々な地域にシステム監視の仕事はあるため、自分が通いやすいところにある会社を選ぶと良いでしょう。

求められる人物像

注意深い人

システムの動作状況を監視する仕事ですので、少しでもシステムがおかしい挙動をしていた場合、すぐに気が付かなくてはいけません。

「些細な違和感も見逃さない注意力」が求められる仕事である、と言えるでしょう。

毎日同じシステムを監視することを退屈に感じて、集中力を欠いてしまわぬよう気を付けましょう。

想像力がある人

動いているシステムを眺めているのみではなく、そのシステムがどのような仕組みで動いているかを考える能力も求められます。

システムの仕組みを理解していないと分からない異常もありますので、些細な異常を見逃さないためにも、関わるシステムに関する知識はよく学んでおきましょう。

報連相がしっかりしている人

システム監視の主な仕事は、異常を感じたら迅速に報告を行うことです。

違和感を少しでも感じたら、上長に報告できる人が求められます。

自分の身勝手な判断で異常を無視してしまい大事故に繋がってしまった、という例はいくつもあるため、注意が必要です。

必要なスキルや資格、経験

システム監視で求められる資格や経験は特にありませんが、会社によって、「持っていると優遇してくれる資格」はあります。

システムによっては、ログを確認するためにLinuxコマンドなどを打ち込む必要がある場合もあるため、プログラミング知識を問う資格の取得を考えてみても良いでしょう。

会社でどのようなシステムを扱い、そのシステムにどのようなスキルが関わるかによって、求められる資格や経験は変わりますので、事前に会社に問い合わせておくと良いでしょう。

初勤務の日までに、必要となる知識を蓄えておくことで、高評価に繋げることができるでしょう。

システム監視のおすすめ求人のポイント

システム監視のおすすめ求人をご紹介します。

これらのポイントを押さえておくことで、効率良く仕事探しができるでしょう。

都内での募集

主なシステムは、都内で管理されていることがほとんどであるため、都内で勤務ができる求人を狙うことで、より奥深い仕事ができる可能性があります。

大きく難しいシステムを扱う会社が多いため、ステップアップを目指すのであれば、積極的に狙いましょう。

社員募集

派遣社員やバイトではなく、社員として雇ってくれる会社を探すと良いでしょう。

社員として入社することができれば、システム監視以外の他の仕事を与えてもらえる可能性もあります。

システム監視のみでは、IT社会で生きていく上で大きな役には立ちませんので、いつかはシステムを作る側に回ることを目指しましょう。

システム監視の求人の雇用形態による違い

システム監視の求人に限らず、IT関連の仕事は、雇用形態による扱いの差が大きいです。

手厚く教育してもらえる社員に対して、派遣社員やフリーランスは、契約終了までの会社との付き合いとなります。

実際に働きながらスキルアップをしたいという人は、将来性のある社員となることを選択するべきでしょう。

派遣社員やフリーランスは、元々スキルを持っている人がやるべきであり、ノースキルの新人が社員以外として働いても、上手くいくことは少ないです。

自分にあったシステム監視の求人の選び方や注意点

自分にあったシステム監視の求人の選び方や注意点をお伝えします。

自分がどのような仕事がしたいかということを明確にした上で、求人を探しましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態を基準に探す方法です。

基本的には社員として雇用してくれる会社を探すべきですが、スキルに自信がある方は、フリーランスとして働くことも考慮してみてください。

フリーランスは保障が無い分、社員よりも多くの給料を得ることができます。

派遣社員は保障もあまり無く給料も安くなるため、デメリットが多いです。

避けることができるのであれば極力避けましょう。

【選び方②】会社の業態から考える

会社の業態から選ぶ方法もありますが、システム監視の仕事の場合は、どこも同じような業態ですので、特に意識する必要はありません。

ただし、社員として入社することができたとしても、客先派遣ばかりを行っている会社の質は、あまり良いとは言えませんので、おすすめはしません。

可能な限り、自社でシステムを扱う会社を選びましょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件から考えることも重要です。

扱うシステムや会社によって変わる要素ですので、様々な会社をよく比較して決定しましょう。

自分のスキル次第で待遇は大きく変わるため、「将来性のある仕事を任せてもらうことができるか」についても考えておきましょう。

「先に繋がる仕事ができるか」という視点を持つことが大切です。

【選び方④】エリアから考える

自分が通いやすいエリアにあるかどうかも見逃せない要素ですが、会社によっては、本社とは異なる所に派遣される可能性もある点に注意しましょう。

求人に掲載されている所在地で働くことができるかについては、面接の際によく確認しておいてください。

注意点

求人を見ただけで内容を信用しないよう、注意してください。

会社によっては応募数を集めるために、あえて事実とは異なる情報を掲載している場合があります。

ボーナスが出ない会社であるにも関わらず「ボーナス有り」と書いてあるなど、求人内容と実態が異なる会社は少なくありません。

IT関連の会社は数が多く、会社によって質が大きく異なるため、面接の際に疑問に感じる点は全て質問するようにしましょう。

システム監視についてよくある疑問

システム監視についてよくある疑問をお伝えします。

求人に応募する前に、疑問点を解消しておきましょう。

どのように監視するの?

システム稼働中に、異常が発生しないかを確認します。

異常が発生した際にはアラームが鳴るように設定されているが多く、一目で分かる場合がほとんどです。

ずっと画面に張り付いて見ていなくてはいけない、ということではありませんのでご安心ください。

異常を知らせるアラームが発生した場合にログを確認して原因究明を行う仕事である、と考えておきましょう。

責任は重い?

監視するシステムによって、非常に重大な責任を問われる仕事もあります。

異常を見逃してしまうことで何千万人もの人に影響を与えてしまうシステムもあるため、気の抜けない仕事です。

ワンクリックのミスで取り返しのつかない障害を発生させてしまう場合もあるため、簡単な仕事だからといって油断はしないようにしましょう。

身につくスキルは?

システム監視の仕事に就くことによって、IT技術が社会の中でどのように活かされているかを知ることができます。

また、システムを扱う中で、ネットワークに関する知識や、プログラミングコマンドに関する知識を得ることもできるでしょう。

システム監視によって得られる経験はあるものの身につくスキルは少ないため、覚えた知識を深堀する学習を別途行うようにすると良いでしょう。

まとめ

システム監視の求人に関する情報をお伝えしました。

システム監視はIT関連の仕事の中でも簡単な仕事ですので、仕事探しに迷った場合に選ぶと良いでしょう。

ただし、本文でも書いていますが、システム監視の仕事のみで年収を上げていくことは難しいため、働きながらスキルアップに向けた勉強を行うようにしましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



システム監視求人についてもっと深堀りした情報を見る

システム監視とはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

IT業界で働きたいと考えていても、「種類が多すぎてどの仕事を選べば良いか分からない」という方もいるでしょう。この記事では、IT業界の仕事の中から、「システム監視」の仕事に焦点を当ててご紹介しますので、ご興味がある方はご参考にしてください。システム監視とはどんな仕事?システム監視の仕事は、すでに運用されているシステムの監視を行い、安全な運用ができていることを確認する仕事です。画面を眺めているだけの仕事が多く、全体的に難易度の低い仕事が多い傾向にあります。ただし、システムによっては、コマンド入力によるメンテナンスなどが必要となる場合もあるため、仕事内容次第では高いスキルが求められるものもあります。

システム監視の仕事内容をサーバー監視など役割に分けてご紹介!この仕事の面白いところは?

ITの仕事の中には、システム監視という業務が存在します。エンジニアの卵として一歩を踏み出した方が、最初に経験する仕事としても有名ですね。動いているシステムを監視するという単純な業務ですが、その責任は重大です。今回は、システム監視の仕事内容など様々な情報をお伝えします。システム監視の仕事は大きく4個の役割に分けられるシステム監視と一口に言っても、いくつかジャンルが存在しますので、それぞれの特徴をご紹介致します。自社のコンピューターのハードウェア監視システムを動かすハードウェアの監視を行う業務です。ファン、メモリ、プロセッサ、温度、電圧など、コンピュータの物理面を監視します。ハードウェアに不具合が