ソフト開発関連の仕事に就きたいという方は、どのような求人を選ぶべきか悩むことでしょう。

今回は、ソフト開発関連の仕事で上手に求人を探す方法をお伝えします。

求人探しに不安を感じる方は、この記事をご参考にしてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ソフト開発のおおまかな仕事内容

ソフト開発とは、ユーザーや顧客の要求を調査した上でソフトウェア製品を作成する仕事で、設計から納品後のあらゆるプロセスが業務内容に含まれます。

開発するソフトの種類も膨大であるため、案件によって仕事の内容も大きく変わるでしょう。

培った経験が他のソフト開発案件に活きるとは限らないため、就職先は慎重に選びましょう。

ソフト開発の求人にはどんな種類があるの?

ソフト開発の求人には、どのような種類があるのかを確認してみましょう。

これからご紹介する項目を、求人探しの際の参考にしてみてください。

ソフト開発の求人募集でよくある施設や事業形態のパターン

自社開発型

自社製品を社内で開発する形態です。

入社する会社の商品の開発のみに集中することができるため、仕事が覚えやすいというメリットがあります。

自分のアイディアが採用されて社内の新しいソフトウェア開発に貢献することができた場合、出世に繋がる可能性もあるでしょう。

将来性の高さと仕事の覚えやすさから、人気を集めやすい求人です。

現場派遣型

自社ではなく、取引先の別の会社に派遣されて作業するパターンもあります。

自社製品を作る余裕がない中小企業に多く、大企業から仕事を貰う代わりに人材を派遣します。

給料が安い傾向があり、現場に派遣された従業員の気苦労も大きくなりやすいため、ソフト開発の求人の中では避けるべきであると主張する人もいます。

しかし、このような会社があるおかげで開発初心者がIT業界に参加できるという面もあるため、一長一短といったところでしょう。

業務委託型

業務を委託して作業する形態です。

客先に常駐して委託された仕事を行う場合もあれば、自社に持ち帰って作業をする場合もあります。

フリーランスとして会社に属さず活躍している人も多く、高給取りも多く存在しています。

正社員として経験を積みフリーランスに転向する人が多い業界ですので、最終的にフリーランスとして活躍することを目標に頑張ってみるのも良いでしょう。

ソフト開発の求人募集でよくある職種

システムエンジニア

システムエンジニアはSEと略され、顧客の要望に合わせてコンピューターシステムを設計することが主な仕事です。

IT関連の仕事に就いている人の総称としてSEという呼称を使う人もいれば、特定の上位のエンジニアに対してSEという呼称を用いる人もいます。

広義の意味で使われることの多い呼称であると覚えておくと良いでしょう。

プログラマー

コンピューターを動作させるために必要となるプログラムを作る仕事です。

SEが作成したシステムの仕様書通りにシステムが動くようコーディングを行い、プログラムを書き上げます。

開発の花形とも言える仕事ですので、非常に人気の高い仕事でしょう。

仕事によっては設計なども担当する可能性があるため、世の中のイメージよりも幅広い仕事に対応する必要のある職業でしょう。

システム運用・保守

リリース済みのソフトを運用し、動作を監視する仕事です。

画面を眺めている時間が多いため、初心者に任されやすい仕事が多いでしょう。

仕事内容によっては、専門的知識が必要となるものもあります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ソフト開発の求人でよくある募集内容とは?

ソフト開発の求人でよくある募集内容をご紹介します。

ソフト開発の求人に関するイメージを掴むために、順番に確認してみましょう。

給与相場

ソフト開発の年収は、200万円程度~1000万円程度までと非常に幅広いため、相場というものは存在しないと考えておきましょう。

ノースキルで新卒入社する場合は、通常は年収200万円程度からスタートとなります。

それ以降は本人の経験やスキルに給与額は依存しているため、スキルを高めるほど稼ぐことができるようになるでしょう。

平均年収は450万円程となっていますが、平均年収に辿りつくまでに数年ほどは現場経験を積む必要があります。

高給の人が平均年収を釣り上げている面もあるため、平均年収に自分の年収が達しなかったとしても不安に感じる必要はありません。

勤務時間や休日、残業

週休二日制を謳っているところが多く、実際に休みを取ることが可能な場合が多いです。

開発関係の仕事は元々残業や休日出勤が多くて問題になっていたため、意識的に従業員に休みを取らせる会社が増えています。

現在では従業員本人が休日出勤を望んでも断られることがあるくらいですので、休日に関して心配する必要はないでしょう。

残業に関しては、仕事の都合上避けることができない時もあります。

開発の仕事は忙しい時期は残業が当たり前になるため、ある程度の残業は覚悟しておいてください。

福利厚生

通常の会社であれば福利厚生はしっかりとしていますが、中には求人情報と実際のシステムが異なる会社もある点に注意しましょう。

例えば、ボーナスがあると求人に書いてあるにも関わらず、いざ入社してみるとボーナスが出ない会社もあります。

資金が潤沢ではない中小企業が、求人情報に偽の情報を書いている可能性があることを覚えておきましょう。

他には、交通費は出るものの、交通費に上限を設定している会社が多いため、遠い会社に通う場合は一部の交通費を自分で負担する必要が生じてしまう可能性もあります。

面接の際などに、福利厚生に関してはよく確認しておいた方が良いでしょう。

ネットで会社の評判を確認しておくことも大切です。

勤務場所

勤務場所に関しても、求人情報のみを信頼するのは危険です。

求人情報には勤務地として本社の所在地が乗っていることが普通ですが、人材派遣を行っている会社の場合は本社とは違うところに従業員を派遣します。

働くことができると思っていた場所とは全く異なる現場に派遣されてしまう可能性もありますので、応募する会社がどのような形態を取っているかはよく確認するようにしましょう。

IT関連の会社は都内に集中しているため、都内であればどこでも良いと考えている方は強く意識する必要はありません。

現場派遣型の会社に就職した場合、ほとんどの場合は都内のどこかに派遣されることになります。

求められる人物像

求人に載る人物像は基本的なものが多く、面接の際に人格を判断するという会社が多い傾向にあります。

未経験者歓迎

未経験でも歓迎するという会社は多いです。

中にはパソコン操作をほとんど知らない人でも採用してくれる会社があるため、自信がない人でも気軽に応募することができるでしょう。

しかし、未経験者歓迎の仕事は専門的なスキルを必要としない仕事が多いため、給与が少なくなる可能性は高いです。

関連スキルがある人

仕事に必要なスキルを元々持っている人は歓迎されます。

ソフト開発の仕事は人材不足ですが、専門的なスキルを求められる仕事が多いため、即戦力を求めざるを得ない事情があります。

新しい人材を育てる余裕のない会社は、即戦力としてすぐに働いてくれる人を求める傾向にあります。

責任感を持って仕事に臨める人

本人の経験に関わりなく、共通する人物像として責任感があることは必須の条件として考えられています。

ソフト開発は多くの工程を経て納品に至るまでの一連の作業をやり遂げる必要がある仕事です。

途中で仕事を投げ出してしまう人には向いていないため、責任感を持って仕事に臨める人は重宝されるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

業務内容ごとに必須とするスキルは異なります。

関連業務に関する知識を持っていることは必須として、関連する資格を持っていれば優遇するという形を取っている会社が多いです。

IT関連の会社はCCNAやOracleといった資格を持っている人材を求める場合が多いですが、ソフト開発に限定するとこれらの資格を求められることは少ないです。

ソフト開発の場合は、資格を取るよりも自分でなんらかのアプリケーションなどを作り、成果物を直接会社に見せた方が評価に繋がるでしょう。

ソフト開発のおすすめ求人のポイント

ソフト開発の求人でおすすめのポイントをご紹介します。

求人を見ただけでは判断できないこともあるため、できる限り会社と話して確認を取るようにしましょう。

正社員採用

派遣社員などとして働くよりも、正社員として働く方が圧倒的に有利です。

福利厚生がしっかりしている上、会社側も正社員として自分を育てるために動いてくれます。

フリーランスとして活動しない限りは、正社員を目指すようにしましょう。

昇給制がある

会社に余力がない場合、自分がいくらスキルアップしても給与が頭打ちになってしまう可能性があります。

昇給制に関する規定がしっかりとしている会社を選択することによって、目標をもってスキルアップを目指すことができるでしょう。

自分がやりたい仕事を扱っている

ソフト開発という点のみを基準に仕事を選んでしまうと、自分がやりたかった仕事とは異なる仕事を任されてしまう可能性があります。

求人に応募する段階で、できる限り自分の希望に沿った会社を選ぶようにしましょう。

ソフト開発の雇用形態による違い

ソフト開発の雇用形態による大きな違いは、正社員かそれ以外かです。

基本的に正社員の待遇が厚く、契約社員などは契約期間のみの関係となるため、会社も振りやすい仕事のみを回すようになります。

会社の根幹に関わる仕事に携わりたいと思ったら、正社員になることを目指しましょう。

給与額のみを重視する場合は、フリーランスとして働いた方がお得です。

フリーランスとして働く場合、同じような難易度の仕事内容でも正社員の倍以上の給料をもらうことができます。

自分にあったソフト開発の求人の選び方や注意点

自分に合ったソフト開発の求人を選ぶ方法をお伝えします。

自分の希望をよく考えて、理想的な会社を選びましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

自分が働きたい雇用形態に基づいて探してみましょう。

特にこだわりが無い場合は、正社員採用してくれる会社を探すと良いでしょう。

【選び方②】職種から探す

ソフト開発の中でも様々なジャンルがあるため、自分の理想に近い案件を扱っている会社を選びましょう。

興味のあるプログラミング言語を基に探してみても構いません。

【選び方③】会社の業態から考える

会社がどのような業態をとっているかから判断しても良いでしょう。

ソフト開発の内容自体を見て会社を選ぶことも大切ですが、その仕事を通して会社がどのように社会に貢献しているかをチェックしてみるのも面白いです。

業態や理念に共感できる会社を選べば、プライドを持って仕事に臨むことができるでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

求人を選ぶ際に最も注目するポイントでしょう。

給与や雇用条件に関する情報は、求人情報からでもすぐに知ることができます。

【選び方⑤】エリアから考える

自分が通勤しやすいかどうかを基準に選んでみても良いでしょう。

前述の通り、本社と勤務先が異なる可能性がある点には注意してください。

注意点

求人情報のみを見て全てを判断してしまうことのないようにしましょう。

面接の際に疑問点をしっかりと確認して、納得した上で働くようにしてください。

一度正社員として入社してしまうと、辞めるための手続きも大変になります。

入社してから後悔してしまうことのないよう、事前情報はしっかりと調べましょう。

まとめ

ソフト開発の求人に関する情報をお伝えしました。

自分が入社したい会社像を明確にし、できる限り理想に近い会社に応募するようにしましょう。

また、面接の合格率を高めるためにも、常日頃からソフト開発に関する勉強をすることも重要になるでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



ソフト開発求人についてもっと深堀りした情報を見る

ソフト開発の就職・転職を成功させたい方必見!年収を上げるためにやるべきことも教えます

これからソフト開発の仕事に就きたいと考えていたり、既にソフト開発関係の仕事しているものの転職したいと考えている方もいるでしょう。この記事では、そんな方に向けてソフト開発の転職に関する情報をお伝えします。より良い転職先の選び方を知りたいという方は、是非チェックしてみてください。ソフト開発の転職で注意したほうが良い3個のことソフト開発の転職活動を行う際に注意しておくべきことをお伝えします。実際に転職活動を行う前に、注意点をしっかりと押さえておきましょう。自分のスキルを確認しておくソフト開発の仕事と一口に言っても、その種類は多岐にわたりますので、自分がソフト開発に関して「どのような強みを持っているか

ソフト開発が得意な人の6個の特徴や必要なスキル・適正とは?

IT関連の仕事の一つとしてソフト開発がありますが、「どのような人にこの仕事が向いているかが気になる」という方は多いでしょう。今回は、ソフト開発の仕事内容や得意な人に関してご説明しますので、ソフト開発を漠然としか知らないという方はご参考にしてください。ソフト開発とはどんな仕事?ソフト開発とは、顧客の依頼を受け、要求を調査した上でソフトウェア製品を作成する仕事です。プログラミングコードを打ち込むことによって、顧客が求める動作をさせることが目的となります。ソフト開発には設計からテストに至るまで様々な工程があるため、プログラマー以外の多くの人が携わる場合もあります。開発者のスキルに応じてソフトの質も大