これからソフト開発の仕事に就きたいと考えていたり、既にソフト開発関係の仕事しているものの転職したいと考えている方もいるでしょう。

この記事では、そんな方に向けてソフト開発の転職に関する情報をお伝えします。

より良い転職先の選び方を知りたいという方は、是非チェックしてみてください。

ソフト開発の転職で注意したほうが良い3個のこと

ソフト開発の転職活動を行う際に注意しておくべきことをお伝えします。

実際に転職活動を行う前に、注意点をしっかりと押さえておきましょう。

自分のスキルを確認しておく

ソフト開発の仕事と一口に言っても、その種類は多岐にわたりますので、自分がソフト開発に関して「どのような強みを持っているか」はよく確認しておきましょう。

今までの職場で頼られていたとしても、転職後に今まで培ったスキルが通用するとは限りません。

面接先の会社で求められるスキルを確認しておき、自分がどのような形で役に立つことができるかを、明確に説明できるようにしておきましょう。

ソフト開発未経験の場合は、この作業は難しいので、ソフト開発以外の経験をどのように活かすことができるかを考えておいてください。

給料相場を確認しておく

転職活動を行う前に、ソフト開発関連の仕事の「給料相場」を確認しておきましょう。

給料相場を調査しておくことで、転職先と給料について交渉を行う場合にスムーズに話が進めやすくなるでしょう。

給料相場を把握せずに転職してしまうことによって、入社してから給料額に不満を抱くことになってしまう可能性もあります。

会社とトラブルの無い契約を交わすためにも、事前にしっかりと相場調査を行い、給料額に納得した上で話を進めることが重要です。

先に将来設計をしておく

ソフト開発を通して、自分が最終的に「どのような生き方をしたいか」を考えておきましょう。

仕事の種類によって扱うツールや言語は大きく異なるため、自分の最終目標を達成するために「必要なスキルをつけることができる会社選び」をすることが大切です。

せっかく経験を積んだとしても、自分が最終的にやりたいことのために使えないスキルであれば宝の持ち腐れとなってしまうでしょう。

後で後悔してしまうことのないよう予め将来設計をしておき、自分が身につけるべきスキルを洗い出した上で、転職活動を行ってください。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職活動の成功率を上げるためにも、やっておくと良いことをご紹介します。

これからご紹介する方法をできる限り実践し、面接の段階で会社からの信頼を勝ち取りましょう。

面接先の会社の情報を調べる

転職活動をする際は、面接先の会社の情報はよく調べておきましょう。

その会社がどのようなソフトを開発し、どのようにして社会に普及させているかを把握しておくことで、会社の全体像を掴むことができます。

また、面接官の質問に対して答える際に、会社がどのような目線で自分に質問しているかが想像しやすくなるため、具体的に答えることができるようになります。

自分の発言に説得力を持たせるためにも、事前に面接先の会社の情報を調査しておくことは重要です。

その会社を選んだ理由を明確にしておく

面接先の会社の情報を調べながら、自分がなぜその会社に転職したいと考えたのかについても明確化しておきましょう。

面接の際には、ほぼ確実に転職を希望した理由が訊かれます。

転職をする人は以前いた会社を辞めて新たな会社を選ぶ、という立場であるため、他の会社を選んだ理由を明確に説明できない場合は不利になりやすいです。

面接官から見た場合にこちらの会社もいずれは辞めて転職されてしまうのではないか、という不安を抱えながら面接を行うことになるからです。

面接先の会社に対して自分がどれ程の魅力を感じて転職を考えるに至ったかを具体的に説明して、面接官が感じている不安を拭う努力をする必要があるでしょう。

どのような形で貢献するかを説明できるようにしておく

いくら「新しい会社に転職したい」という思いが自分にあったとしても、会社にとって役立つ人材でない場合には採用してもらうことはできません。

自分が採用されることによって会社にどのような貢献ができるかを、説明できるようにしましょう。

即戦力として貢献できるほどのスキルがない場合には、今後どのような努力をして貢献するための能力を得るつもりであるかを具体的に説明すると良いでしょう。

面接において曖昧な受け答えをすることはできる限り避けましょう。

いくら本人がやる気があることを主張したとしても、面接官が少ない時間で相手の本気度を察知することは難しいからです。

自分が採用された場合には具体的にどのような働き方をするかという分かりやすいイメージを提示することで、面接官からの信頼を短い時間で獲得することができます。

自分のセールスポイントを確認しておく

自分にとって強みとなる「セールスポイント」を、いくつか考えておきましょう。

何の取り柄もない人を、「採用したい」と考える会社はほとんどありません。

会社が欲しがっている強みを一つでも持っていれば、採用される可能性も大きく高まるでしょう。

どのような方向に話が展開しても、自分の強みを売り込むことができるように、複数のセールスポイントを考えておいてください。

スキルアップのための学習を行う

転職したい会社が決まれば、その会社がどのようなスキルを重視しているか、ということも見えてくるはずです。

面接を受けるまでの期間を利用して、「身につけておくと有利になるスキル」に関する学習を行っておきましょう。

必要なスキルを修得した状態で面接に臨むことができれば、即戦力として採用してもらえる可能性もあります。

例え面接までにスキルの修得が間に合わなかったとしても、ある程度知識を持っているかどうかで大きく評価は変わるでしょう。

面接先の会社で働くための知識が全くない状態で面接を受けても、「この人は何故この会社に面接を受けに来たのだろう」と疑問に思われてしまいます。

転職前から学習の努力をしておくことで、「採用後も努力をしてくれるだろう」という安心感を面接官に与えることができるでしょう。

転職するにあたっての必要な心構え

転職するために必要な心構えについてご紹介します。

転職は頻繁に行う機会がないため、不慣れゆえに苦労することもあるでしょう。

どのような心構えをしておくべきかを理解しておき、転職の際の苦労を軽減しましょう。

本当に今の会社を辞めるべきかを再確認する

転職をする理由として、現在働いている会社に対する不満があったり、更に良い待遇を求めている、といったことが多いでしょう。

しかし、転職を行うことで本当に自分が求めている環境を得ることができるかどうかは、改めてよく考えておく必要があります。

転職先で今の職場以上の待遇を受けることができるとは限りませんし、例え年収が上がったとしても面識のない人々と一から付き合い始めて信頼を積み重ねるのは非常に大変なことです。

いざ転職してから後悔してしまう可能性も充分にあり得るため、本当に自分が転職をしても後悔しないかということを再確認しておきましょう。

転職を決意した瞬間は気分が盛り上がってしまっているため、冷静な判断力を欠いてしまいやすい状態でもあります。

落ち着いて考えることができる時間を設けて、後悔のない判断を下すことが大切です。

採用されなくても気に病まない

いざ転職活動を開始しても、面接に落ちてしまって転職先が決まらない場合もあるでしょう。

もしなかなか採用してもらうことができなかったとしても、気に病まないようにしてください。

落ち込んだまま転職活動をしても、暗い顔で面接に臨むことになるため、何度面接を受けても落とされてしまうということになりかねません。

採用されなくて気分が沈みそうになった時は、一旦転職活動を中止してリフレッシュすることも必要です。

前の会社は綺麗な形で退職する

転職する際は現在いる会社を辞めることになりますが、できる限り後を濁さない辞め方をしましょう。

問題を抱えたまま会社を辞めてしまうと、転職活動に悪影響をもたらしてしまう可能性があります。

会社は社員を登用する際に本当に信用ができる人材であるか確認するために個人情報を調べるので、過去の仕事まで知られてしまうからです。

また、ソフト開発の業界は意外と狭く、転職後も前の会社の知り合いと一緒に仕事をすることになる可能性もあるので、後味の悪い辞め方をしてしまうと気まずい思いをする可能性もあります。

転職する際はできる限り後を濁さない辞め方をして、転職後も胸を張って働くことができる環境を作っておきましょう。

ソフト開発の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

ソフト開発の転職を行う際、できる限り年収を上げるためにやるべきことをお伝えします。

せっかく転職するのですから、少しでも高い年収を目指しましょう。

交渉を行う

少しでも年収を上げてもらうために、提示された条件よりも更に良い待遇にしてもらうことができないか交渉してみましょう。

自分を採用することで得られるメリットをアピールすることで、より高い年収で採用してもらうことができる可能性があります。

期待以上のスキルを備えておく

採用する側が期待している以上のスキルを備えている人は、通常の転職希望者よりも高い年収で採用してもらえる可能性があります。

転職先が定まっているのあれば、プラスアルファの学習を行っておくことで一歩進んだ人材として採用してもらえるかもしれません。

面接官の予想を上回るような強みがないかを、まずは考えてみましょう。

人材不足の会社に応募する

人材不足で困っている会社に応募することで、年収を上げる交渉に応じてもらえる可能性があります。

いくら会社の資本金があっても、働く人材がいないと会社が回らなくなってしまうため、高いお金をかけてでも人材が欲しいという会社が存在するでしょう。

人気のある会社は応募者が殺到するため競争率が高まり、知名度の高い会社に入社したがる人ほど年収も上がりにくくなります。

年収を高めることに集中したい場合は、あえて知られていない会社を選んでみるのも有効でしょう。

自分にあったソフト開発の求人の選び方や注意点

自分に合ったソフト開発の求人を探す方法をご紹介します。

自分の状況と照らし合わせて、より良い条件で採用してくれる会社を探しましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

ソフト開発の雇用形態は、自由が利きやすいというメリットがあります。

正社員として会社の発展のために尽くすことも可能ですし、フリーランスとして自由に必要な時だけ働くという労働形態を選択することも可能でしょう。

自分がどのような働き方をしたいかを、まずは明確にしておくと良いです。

【選び方②】職種から探す

ソフト開発という一つの職種の中にも、専門分野の違いによって、細かい分類は異なります。

自分がソフト開発を通して、どのような業界に関わりたいかを意識しておくと、目指すべき会社も自然に定まるでしょう。

ソフト開発の仕事によって扱う言語も変わってくるので、自分が得意なプログラミング言語を基に転職先を考えてみることも有効です。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態によって考えてみるのも良いでしょう。

会社の名前を広く認知してもらうことを目的に自社製品を作っている会社もありますし、様々な現場に人員を派遣して縁の下の力持ちのような働きをしている会社もあります。

自分が最も働きやすい環境を提供してくれる会社を考えてみましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

会社によって重視するスキルは異なりますので、自分のスキルに対する評価も会社によって千差万別となります。

自分のスキルと照らし合わせてみて、より良い待遇で迎えてくれる会社を探してみると良いでしょう。

数々の会社の面接を受ける中で、自分を重宝してくれる会社に出会える可能性もあります。

求人情報を見るだけではなく、気になった会社には自分の方から積極的にアプローチをかけてみる姿勢も重要となるでしょう。

まとめ

ソフト開発の就職や転職を上手に行う方法をご紹介しました。

転職したい会社の情報を事前にしっかりと調査しておき、採用される可能性を高める努力をしましょう。

常日頃から学習を欠かさず、より良い環境で働くことを目指しましょう。



関連キーワード

ソフト開発求人