IT業界で働きたいと考えていても、「種類が多すぎてどの仕事を選べば良いか分からない」という方もいるでしょう。

この記事では、IT業界の仕事の中から、「システム監視」の仕事に焦点を当ててご紹介しますので、ご興味がある方はご参考にしてください。

システム監視とはどんな仕事?

システム監視の仕事は、すでに運用されているシステムの監視を行い、安全な運用ができていることを確認する仕事です。

画面を眺めているだけの仕事が多く、全体的に難易度の低い仕事が多い傾向にあります。

ただし、システムによっては、コマンド入力によるメンテナンスなどが必要となる場合もあるため、仕事内容次第では高いスキルが求められるものもあります。

システム監視の役割とは?

システムの安全性を確認する

システム監視をすることによって、システムが問題無く動作していることを確認する、という役割があります。

システムが何らかの異常を示したら、すぐに報告し、すぐにシステムが正常に戻るための手助けをする必要もあるでしょう。

システムが恒常的に安全に稼働するための環境を守ることが、システム監視の最大の役割であると言えます。

システムに精通する

システム監視をするためには、そのシステムに精通する必要があります。

システムの動作状況などについて質問されることもあるため、細かい動作を説明することができるように、システムに関する情報取集は怠らないようにしましょう。

また、システムの些細な異常も見逃さないために、システムが正常な時の動作も正しく理解しておく必要があります。

システムに関するマニュアルなどが用意されている場合は、しっかりと読み込んでおきましょう。

正社員、契約社員、バイト、派遣などで求められる役割は変わる

正社員以外には、責任の重くない仕事を任されることになりますので、システム監視の中でも簡単な仕事が回ってくる可能性が高くなります。

ほとんど画面を眺めているだけ、の仕事も多くなるでしょう。

正社員の場合は、責任ある仕事を任されることになりますので、システムを操作する機会が多くなったり、より深い知識を求められる可能性があります。

また、チームリーダーとして、他の従業員に指示を出す立場になる可能性もあるでしょう。

システム監視の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

監視業務

システムが問題無く動作しているかを確認します。

ただ画面を眺めているだけではなく、システムがいつもと違う動作をしていないかなど、注意深くチェックする必要があります。

システムによっては非常に重要なものもあるため、監視の際に大きな疲労を感じるシーンもあるでしょう。

単純な作業が多いものの、システムのバグなどを発見する重要な仕事であるため、責任は重大です。

品質管理

システム監視の仕事によっては、品質管理に関わる業務も行う必要が発生する場合があります。

コマンド操作などを用い、システムのログを確認するなどして、システムが問題なく稼働しているかを確認します。

そして、システムが正常に動作している証明として、なんらかの記録を作成することを求められる場合もあります。

状況報告

システム監視では、少しでもいつもと違う動きがあれば異常を疑うことになりますので、頻繁に管理者への報告を行うことになります。

報連相を意識し、少しでも気になることがあれば、すぐに報告を行うようにしましょう。

迅速な報告を怠ることで、システムに重大な障害が発生してしまうリスクもある点に注意が必要です。

仕事の流れ

監視画面を起動する

仕事を開始する際は、システムを監視するための画面を立ち上げるところからスタートします。

常に監視画面が稼働し続けている場合は、既に監視を行っている人からそのまま引き継いで監視を行うことになるでしょう。

システム監視業務のほとんどは、PC操作で行うことになります。

システム監視を行う

実際に運用されているシステムの監視を行います。

毎日同じ画面を見続けることになるため、仕事によっては退屈に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、思わぬ異常がいつ発生するかも分かりませんので、常に気を抜くことなく監視を行わなくてはなりません。

システムによっては、異常が発生した時だけアラームなどで知らせてくれる場合もあるため、ずっと画面に張り付いていなくても大丈夫な場合はあります。

アラームが設定されている場合は、アラームの種類ごとに危険性や重要性が異なりますので、アラームの種類については誤りなく理解しておきましょう。

報告を行う

システム監視をしている中で、異常を検知した場合は速やかな報告を行います。

異常が無い場合でも、勤務が終わる際に、異常が無かった旨の報告をする必要があるでしょう。

現場のマニュアルで規定されている報告方法などは必ず守り、気になることは漏れなく報告を行うようにしましょう。

システム監視はどういう人と仕事で関わるの?

システム監視の仕事をする中で、どのような人と関わることになるのでしょうか。

業界内の人に興味がある方はご参考にしてください。

システム開発者

監視対象となるシステムを実際に開発している人と、関わることになる可能性があります。

現場によっては、近くにいる開発者がリアルタイムに監視者からの報告を聞き、その場でシステムを修正する、という流れを採用している場合もあります。

多くの場合、監視者と開発者が直接関わることは少ないですが、場合によっては頻繁に関わることもある、と認識しておきましょう。

システム開発者から直接話を聞くことで、システムの構造への理解をより深めることができる可能性があるため、会話できる機会があれば、積極的に質問すると良いでしょう。

システム運用者

システムを運用している責任者などど接する機会は多いでしょう。

システム監視の仕事の多くは、システム管理者の指示に基づいて行われていますので、システムを運用している人が様子を見に来る可能性があるでしょう。

システム運用者は、そのシステムが実社会でどのように使われているかを詳しく把握している人物であるため、システムに関して解決できない疑問点は、システム運用者に報告しておけば間違いはないでしょう。

システムを運用している人と同じ目線でシステムを監視できる人は、非常に重宝されます。

システム監視者になるためにはどうしたらいい?

システム監視の仕事に就くために、必要なことについてお伝えします。

求人に応募する前に、これらの事項を確認しておきましょう。

システム監視に就職するために

システム監視の仕事は難易度が低い仕事が多いため、仕事に就くことは簡単です。

特にスキルを要さないものも多く、派遣社員などであれば、すぐにでも働くことができるでしょう。

正社員として働きたい場合は、会社によって条件が異なるため、就職が難しくなってくる場合もあります。

システム監視の求人を確認し、条件を満たしていると感じた会社に応募すると良いでしょう。

資格は必要?

基本的には資格を必要としない仕事が多いですが、どのようなシステムを扱うかによって、状況は異なるため、場合によっては資格の取得を要求される場合もあります。

ソフト開発などとは異なり、システム監視は従業員の能力を判断できるような成果物などが無いため、資格を持っているかどうかで、本人の能力を判断しようとする会社もあるでしょう。

また、携帯電話の電波システムを監視する仕事には無線に関わる資格が必要となるなど、資格取得が義務づけられている仕事も存在します。

必要なスキルや資格、経験は?

仕事によって変わりますが、基本的には求められるスキルなどはありません。

監視するシステムによって、求められる知識も異なるため、現場に入ってから必要な知識を学ぶことになるでしょう。

必要なスキルなどがある場合は、会社の求人の条件欄に掲載されているため、そちらを参考にしてみてください。

システム監視で転職を成功させるために

システム監視の仕事に転職したいと考えている方もいるでしょう。

転職を成功させるために有効な方法をお伝えします。

開発関係の仕事を経験しておく

開発の仕事を経験していた人は、システム監視に転職する際には有利となります。

開発をしたことある人は、システムの根幹部分に触れた経験があるということですので、他のシステムへの理解も早い傾向にあります。

システムを作る側にいた人であれば、システム監視の仕事は非常に容易に感じるでしょう。

開発をした経験があるというだけで、システム監視の即戦力として雇ってもらえます。

関わるシステムに関する知識をつけておく

転職活動をしている段階で、勉強できることは積極的に学習しておきましょう。

特に、応募したいと考えている会社のシステムに関する知識は、つけておいてください。

面接の際に、どの程度会社のシステムを理解しているかを問われる可能性があるでしょう。

システムがどのように運用されているかまでは判断できなくても、社会においてどのような使われ方をしているかは、事前に調べることができますので、できる限り関連システムについて具体的に説明できるようにしておきましょう。

システム監視の将来性は?

せっかくシステム監視の仕事に就くことができたとしても、すぐに仕事が無くなってしまっては困ります。

システム監視という仕事には将来性はあるのか、について確認してみましょう。

システム監視という仕事自体の将来性はある

IT技術の発展が目覚ましく、AIなども発達してきているため、既存のシステム監視の仕事は徐々にAIに奪われつつあります。

システム監視の仕事は、基本的に画面を見ているだけの場面が多いため、AIで代替できるレベルの単純作業がほとんどだからです。

しかし、システム監視という仕事を大きな視点で見た場合、この仕事はこれからも残り続ける仕事であると考えられます。

システム監視の仕事がAIに奪われたとしても、今度はそのAIの動作を監視する仕事が生まれることになるからです。

システムそのものを監視する仕事は減っていくと考えられますが、システムを監視するAIをさらに監視する仕事は必要であるため、結局は人間の目によるシステム監視の仕事は必要となることが分かります。

しかし、AIがシステム監視の仕事の多くを担うことになった場合、そのAIの動向を監視する役目を担う人間は、少数で事足りることになります。

システム監視の業界が発達するにつれて、システム監視に携わる人の人口は減少するとみられるでしょう。

いつかは、一部の高度なスキルを持った人しかシステム監視が行えなくなる可能性がある、という点には注意が必要です。

今のうちからシステム監視のエキスパートになっておくことで、AIが発達した後もシステム監視の仕事で活躍できるようにしておくと良いでしょう。

特定の仕事における将来性はない

システム監視という仕事が残り続けるとはいっても、仕事のあり方は変わっていくと見られているため、現在ある仕事は無くなる可能性があります。

あるシステム監視の仕事に就いていたとして、その業務を自働化できるツールなどが開発されてしまえば、もうそのシステムを監視する仕事に就くことはできなくなるでしょう。

業務の効率化と称して、自働化ツールなどが至る所で開発されているため、ある日自分が携わっている仕事が突然無くなってしまう、という可能性も十分にあり得ます。

ツールなどに仕事を奪われてしまった場合に、身動きが取れなくなってしまうリスクが付きまとうのが、IT業界です。

一つの仕事にこだわりすぎず、IT業界の中を動き回れるくらい、広い知識をつけておく努力をした方が良いでしょう。

特にシステム監視は、IT業界の中でも単純作業の部類に入りますので、システム監視にこだわるメリットはあまりありません。

システム監視を始めとした様々な仕事を体験し、仕事の種類にこだわらずに、ステップアップを目指すと良いでしょう。

まとめ

システム監視について様々な情報をお伝えしました。

システム監視の仕事は、IT関連の仕事の中でも比較的簡単なイメージが強いため、ノースキルでも気軽に応募できるでしょう。

システム監視という仕事のみに限定すると将来性はあまりないため、ステップアップへの通過点として、システム監視の仕事を利用することをお勧めします。

最終的にはシステムを開発したり、運用する側に入ることを目標に頑張ってみてください。


関連キーワード

システム監視求人