食品販売の求人とは、一体どのような仕事内容や募集内容があるのでしょうか?

食品販売というと、スーパーや百貨店の食品売り場、街の商店など食品を販売しているお店は沢山ありますよね。

今回はそんな誰もが身近な食品販売の仕事についてよくある募集内容・募集職種・おすすめ求人のポイントや疑問をお教えいたします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

食品販売の大まかな仕事内容

大まかな仕事内容

食品販売の仕事内容は、店舗において商品を手配し、お客様がお買い物しやすいように商品を並べた売り場を管理し、接客を通じて販売し、レジにて清算をして頂くという流れになり、「商品手配」「売場管理」「接客」の三つに分かれます。

食品販売求人は会社でどういう役割を求められる?

お客様が気持ち良く買い物をする為に、商品・売場・従業員の接客態度において最適なサービスを提供することが役割になります。

商品の加工や陳列技術が求められたり接客技術が重要視されたり等、部署によって求められる役割が違ってきます。

食品販売求人にはどんな種類があるの?

食品販売求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

スーパーマーケット

食品小売業として代表的な産業であるスーパーマーケットは、売り場面積も広く商品の品数も多い為、いくつかの部門に分かれて求人を行います。

採用者はそれぞれの部署で「商品手配」「売場管理」「接客」のいずれかの役割を中心に仕事をします。

コンビニエンスストア

食品小売業として最も店舗数が多いコンビニエンスストアも、代表的な食品販売求人の事業形態です。

スーパーと比較して売場が狭く従業員数も少ない為、「商品手配」「売場管理」「接客」の全ての役割りを行って頂く求人が基本です。

生鮮食品が少なく、仕事内容もあまり複雑ではありませんが、一人で全てのことができるようになるまで多少努力が必要になります。

食品販売求人の募集でよくある職種

それでは、ここからは代表的な職種である「商品手配」「売場管理」「接客」の3点について具体的に説明させて頂きます。

商品手配

商品の発注をしたり、入荷した商品を梱包から解いたりしながら、売場の棚に陳列を行う仕事です。

加工食品や野菜等はそのまま陳列をする為手間がかかりませんが、お肉やお魚等はかごに入れやすくする為切身やスライス等の加工を行いパック詰めをして商品化をする必要があります。

また、お惣菜のように初めから調理をしてしまう商品もあります。

一般的にお店の開店前に行う仕事になります。

売場管理

商品を陳列した後、お客様が買い物をされていく中で減っていく商品の補充をしたり、買い物がしやすくなるよう商品紹介のポスターを作成したり、売場のディスプレイを作ったりする仕事です。

買い物により売場が乱れた状態だと後から来るお客様が商品を手に取りにくく、欠品すると商品が買えない状況になります。

そのようなことが起こらないよう、定期的に売り場のメンテナンスを行います。

一般的にお店が開店した後に行う仕事です。

接客

レジ等を中心にお買い物された商品を清算する仕事です。

お客様が気持ち良くお買い物を終えて頂けるように、笑顔とテキパキとした行動でお客様をお見送りします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

食品販売求人でよくある募集内容とは?

それでは、ここからは求人の待遇面での内容について紹介させて頂きます。

給与相場

パートタイムやアルバイトの場合は時給制で850円~程度が一般的です。

日祝や夕方5時以降等の勤務には割増が付く場合もあります。

正社員の場合は部門の主任職は月給25万円~、担当職は20万円~が相場です。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は概ね正社員は8時間、パートタイムは4時間、アルバイトは3時間程度〜です。

休日は完全週休2日制の場合は105日ですので、この数値を目安にすると良いでしょう。

残業は営業時間と比例して多くなりがちです。

月30時間程度はあると思っておいた方が良いでしょう。

福利厚生

制服や長靴等は基本的に貸与してもらえます。

販売している商品等の従業員価格での購入ができたり等の優遇制度があるところも多いです。

勤務場所

一般的に店舗での勤務が中心です。

規模が大きくなると部門毎に分かれますので、勤務場所での人数は少なく、10名を超える場合はほぼないと言えます。

必要なスキルや資格、経験

特に必要なスキルや資格、経験はなく、誰でも気軽に始めることのできる間口の広さが食品販売業の特徴です。

働く中で食品に関する知識や、加工技術、接客技術等を覚えて頂くことになります。

食品販売のおすすめ求人のポイント

それではここからおすすめ求人のポイントについて、いくつか紹介させて頂きます。

シフトの融通が利く

小売業は労働集約産業ですので、アルバイト等の時間労働の方が多く働いており、シフトの変更も多く発生します。

そのような環境の中でシフトの融通を利かせてくれる職場は、従業員目線で物事を決めており、働きやすい職場ということが分かります。

求人募集の回数が少ない

人手不足の時代の中で求人募集が少ないということは、人が辞めないということであり、職場環境が非常に良いということが分かります。

滅多に出ない求人を見つけた時は、まず応募をしてみると良いでしょう。

食品販売求人についてよくある疑問

働くにあたって経験、資格等が必要か

食品販売は未経験者でもすぐに働くことのできる敷居の低い業界です。

マニュアル等も整備されていますので、働きながら仕事を覚えて頂くことになり、事前に資格等は必要ありません。

土日祝の休みは取れるか

イメージ的に土日祝は休めない印象がありますが、シフトは希望休が提出できますので、毎週でなければ土日祝も休むことは可能です。

また最近では平日勤務、土日祝勤務等の働き方によるシフトも増えてきていますので、確認してみてください。

働いている人の年齢層はどのくらいか

学生・フリーター・主婦(主夫)等、20代〜60代まで幅広い世代が活躍できる業界です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は食品販売求人について紹介させて頂きました。

食品販売求人の特徴は、何と言っても初心者でも気軽に始めることのできる敷居の低さです。

また、短い時間で決まった曜日に働ける等シフトの多様性も魅力の一つです。

社会生活の第一歩として仕事を経験したい方やとりあえずの収入を稼ぎたい方は、是非食品販売業に応募してみて下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

食品求人