今この記事を読んでいるあなたは食品会社に興味があることでしょう。

その中でも、食品会社で働きたい!と具体的に考えている方もいるかもしれません。

今回は転職や新卒入社を目指している方のために、食品会社の求人について、募集内容やおすすめポイント、気になる疑問についてご紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「食品会社」の仕事例をチェック

食品会社の求人にはどんな種類があるの?

食品会社の求人の種類について、施設や事業形態のパターンをご紹介します。

食品会社求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

製造業(工場)

食品メーカーなど商品の製造を行う食品製造業では、就業場所は工場が中心になります。

基本的に施設は郊外にあるため、車などの移動手段を持っているほうが何かと便利です。

工場での勤務は製造計画による作業シフトがきっちりとしていますので、始業、終業時間が守られており、定時で仕事が終わることが多いため、働きやすい職場だと言えます。

しかし、衛生管理の側面により基本的に就業中は施設外へ出ることができず、昼食休憩なども施設内で過ごすことになるため、拘束感を感じる方もいるでしょう。

小売業(店舗)

スーパーマーケットやコンビニなどの食品小売業は、店舗での就業になります。

郊外型の店舗や都市圏の店舗など多岐にわたるため、通勤の圏内で職場を選ぶことができます。

お客様がいる仕事のため就業時間は不規則になりがちですが、休憩中は施設外に出ることもでき、あまり拘束感は感じない職場になります。

食品会社求人の募集でよくある職種

食品製造

工場などでの食品製造の業務になります。

いくつかの作業ラインに分かれて、製造計画に沿った商品製造を行います。

衛生管理は厳しく、全ての仕事を施設内で行い、また時間通りに製造をこなすために長時間決まった業務する必要があります。

しかし、始業や終業がはっきりしており、勤務時間は定時が守られることが多いです。

食品加工

製造業と比較すると店舗での勤務が多い、食品加工の仕事になります。

店舗内の加工場での勤務ですので、工場より勤務の自由度が高く、気軽にトイレや休憩などにも行きやすいでしょう。

しかし、お客様相手の商売のため勤務時間は不規則になりがちであり、また接客を行う必要があるため、製造だけに集中して仕事を行うことはできません。

食品販売

店舗に出て商品補充や商品発注などの売場管理、レジ打ちなどの接客を行う業務になります。

周囲には常にお客様がいるため気を抜くことはできませんが、常に人と接しながら仕事をしたい方にはおすすめの仕事になります。

勤務時間は食品加工と同じく不規則になりがちですが、店舗とバックヤード全体が職場であり、作業手順やスケジュールは自身で決めることができるため、自由度が高い仕事になります。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

この仕事が他と比べて良いというものはありません。

物作りが好きだから製造の仕事へ、人と接するのが好きだから販売の仕事へなど、あくまで自身の性格や適性に合わせて職種を選ぶことが大切になります。

食品会社の求人でよくある募集内容とは?

食品会社の求人内容について、待遇面などのポイントをいくつか紹介します。

給与相場

正社員での求人の場合は店長や製造課長などの管理職、部門チーフやライン長などの主任職、作業を受け持つ担当職に分かれます。

地域や企業規模により給与相場は様々ですが、担当職で年収300万円程度、主任職で年収350万円〜450万円、管理職で年収500万円〜700万円程度が一般的です。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は基本的に1日8時間、休日は完全週給2日の場合は年間105日を基本に夏休みなどの連続休暇が取れる場合もあります。

休日は年間115日以上あれば多いと言えるでしょう。

勤務時間が不規則な小売業の場合は残業が多くなりますが、日によって残業する日や早上がりをする日を予め決めておく「変形労働時間制」を導入し、残業時間を少なくしている企業も増えてきています。

福利厚生

健康保険や厚生年金などの各種保険は基本的に加入となります。

その他の財形貯蓄や企業年金、団体保険など企業によって資産運用におけるサポートがしっかりしているところもあります。

また社宅を完備していたり、人材育成のための資格取得のサポートが充実している企業もあります。

勤務場所

本社勤務または各営業所勤務となります。

各営業所とは製造業で言えば工場、小売業で言えば店舗になります。

基本的に各営業所勤務より始めて本社勤務にステップアップする場合が多いですが、前職で得たスキルを活かして転職する場合などは初めから専門職採用として本社勤務となる場合もあります。

求められる人物像

では次に、食品会社において求められる人物像とはどんな人でしょうか。

いくつか紹介します。

食べることが好きな方

当たり前と言えば当たり前ですが、やはり食を取り扱う業界である以上、食べることに興味を持ち、常に美味しいものを食べたいという食に対する探究心を持っている方が求められます。

コミュニケーション力のある方

小売業などは特に不特定多数のお客様と接する仕事になりますので、声のトーン、表情、姿勢など、好印象を与える人物である必要があります。

また会話はもちろん、人の話を聴くという点でのコミュニケーション能力が接客をする際には必要となります。

自分が話すのではなく、お客様の話を親身になって聴くことができるかどうかも大切な能力になります。

主体的な行動ができる方

食品会社は変化のサイクルが早く、組織で働くというよりは、現場の個人の判断で変化に対応するという仕事力が求められます。

人に指示されながら働くほうが安心するという方よりも、自分の頭で考え自分で決めて行動したいという主体性の強い方のほうが現場での判断力に優れているため、食品会社向きと言えるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

食品会社はオペレーションマニュアルがしっかりしているため、初めての方でも仕事を始めやすく、専門的な資格や知識は事前に持っていなくても大丈夫な業界です。

パートタイムやアルバイトが多い業界でもある為、仕事に対するハードルは低く、初心者でも安心して仕事を始めることのできる、門戸の広さが特徴と言えるでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

食品会社のおすすめ求人のポイント

業務内容がしっかり明記されているもの

求人内容によっては販売業や製造業など業種名しか書かれておらず、仕事の内容が把握しにくいものもあります。

業務内容や配属先の部署がしっかりと説明されている求人は仕事に対するイメージがつきやすく、また面接などの際にも志望動機が形成しやすくなりますので、おすすめの求人ということができます。

キャリアステップの記載があるもの

ただ仕事をすれば良いというわけではなく、働く以上責任感のある仕事にステップアップしたいという思いを持っている方は多いですし、できれば給与も上げていきたいと思われる方がほとんどです。

資格や研修など、どの様な勉強をしてどの様な能力を身につければステップアップできるかを明示している求人は、目標が立てやすく、入社後のキャリアアップのイメージが持ちやすいのでおすすめと言えます。

食品会社求人の雇用形態による違い

食品会社は、パートタイムやアルバイトを多く採用していることが特徴の一つとなっています。

そのため求人数も非正規社員のものが多いですが、正社員の求人も数は少ないですが常に存在しています。

また、正社員と非正規社員の間である準社員の求人も最近は増えてきています。

自分にあった食品会社求人の選び方や注意点

【選び方①】雇用形態から探す

自分の人生において、仕事に割ける時間を判断して求人を選びましょう。

着実に安定して働きたい方は正社員を、生活の補てんやプライベートの充実を図るならパートタイムやアルバイトなどの短時間勤務を選ぶと良いでしょう。

【選び方②】職種から探す

大きく分けて製造業、食品加工業、販売業に分かれます。

仕事の内容を理解し、自身の適性や志望度から判断して選んでください。

【選び方③】会社の業態から考える

こちらも製造業、小売業、外食産業の三つから選ぶことになります。

会社の業態と仕事内容はリンクしていますので、職種で絞った後、その職種のある会社を選んでいくと良いでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与の金額、労働時間、休日数、残業の有無、福利厚生の充実、人材育成制度の充実などより選ぶと良いでしょう。

【選び方⑤】エリアから考える

地元で働くのか、都市圏で働くのかなど、自身の生活プランに合わせて選びましょう。

全国転勤の有無、転勤の頻度などもチェックしてください。

因みに製造業や小売業は全国転勤が少ないですが、地方の複数県に跨って移動することも多い業界です。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

小売業の場合は自分の好きな商品を売ることが仕事のステップアップだけではなく、ライフスタイルの充実にも繋がります。

食品だけでなく衣料品、DIY用品、生活雑貨なども一緒に扱うなど、自身の興味のある商品を扱う小売業に進むこともおすすめです。

注意点

大切なのは、待遇面だけで選ばないということです。

給与や休み、労働時間は、入社前にどんな良い条件であっても、入社後にはそれが当たり前になるので、その後の満足度には繋がりません。

自分が楽しく情熱を傾けることができる仕事であれば、入社後も充実した生活を送ることができます。

待遇はもちろん大切ですが、仕事内容をしっかりと確認することも必要になります。

食品会社求人についてよくある疑問

面接時によく訊かれる質問をご紹介しながら、求人に関する疑問点に対してお答えします。

入社前に勉強しておくことや取っておくべき資格がありますか?

食品会社の特徴として、初心者でも仕事を始めやすい教育制度やマニュアルがしっかりしている業界ですので、入社前に準備することはほとんどありません。

情熱とやる気があれば、仕事をしながらどんどんステップアップすることができます。

あえて言うならば、日々の食事など食べることについて、従来よりほんの少しだけ興味を深めていただければと思います。

休みはどの様に決まりますか?

カレンダー通りの休みではないため、休みの決め方について不安を持っている方も多いです。

基本的にはシフト制になりますので、前月に希望休を出したり契約時に出勤する曜日を決めたりしながらシフトを組んでいきます。

カレンダー通りではないので不規則ですが、自分が休みたい日に休むことができるというメリットもあります。

また土日祝が絶対休めないというわけではなく、シフトの中で交代で休むことができる部署がほとんどです。

配属先や配属後の異動など、キャリアパスはどのように決まりますか?

配属先は入社前の雇用契約により決定します。

事前に希望がある場合は内定者研修の際や、中途採用なら労働条件の提示の際に希望を出していただいて調整することが多いです。

入社後の数年間は一定のプログラムによって育成を行いますが、その後は個人の能力や適性に応じてキャリアパスは変わってきます。

いずれにせよ、自分自身で目標を持ち、それを積極的にアピールしていくことが必要になります。

昇格試験の面接や半年に一度の人事考課による面談など、企業は従業員の声を聞く機会を常に設けていますので、効果的に使い、自身の目標を会社と共有してください。

まとめ

今回は食品会社の求人について述べさせていただきました。

食品会社はあまり組織が強くなく、従業員一人一人が自身の夢や目標を明確に持ち、自分から企業に対して働きかけていく、自由度の高い業界だと言うことができると思います。

早い時期に自分を出したい人、自分の努力による成長を実感したい人、あまり組織に縛られず自由に仕事をしたい人などには向いている業界です。

給与など待遇面も確かに大切ですが、最終的に自分の人生を充実させるのはその仕事の「やり甲斐」になると思います。

仕事内容と自分の適性をしっかりと掴み、食品会社が自分の情熱を捧げられる業界かどうかしっかり判断していただければと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



食品求人についてもっと深堀りした情報を見る

食品メーカーの転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的な辛さなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

食品メーカーの転職理由には何があると思いますか?昨今、一つの会社で定年まで勤め上げるという神話は崩れつつあり、食品メーカーでも例に漏れず同様の流れになってきています。食品メーカー勤務の方がどんな理由で転職を考えてしまうのか、その悩みについて今回は注目していきたいと思います。また、そのような状況でも再度見直しておきたい「やりがい」についてもお話しさせていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。食品メーカーの離職率ってどれくらい?食品メーカーでは、本社勤務か製造工場のいずれかに勤めることになります。工場では、正社員よりもパート・アルバイトの比率が高い傾向があります。その中でも男性と女性では女性の

食品メーカーの職種はどれくらいあるの?仕事内容や特徴とは?食品メーカーで働いていた私が解説!

スーパーマーケットからコンビニエンスストアまで、実に多くの食品が陳列されています。色とりどりのパッケージに梱包されて所狭しと並んでいる光景をよく目にすることでしょう。いつも買っているメーカーの商品に手を伸ばそうとすると、隣に魅力的な商品が並んでいることもあります。そうして、また隣を見ると…。このように、商品選びに迷ってしまったことがありませんか?魅力的なパッケージで商品の良さを伝え、お客様の手に取ってもらう、そしてようやく食べてもらいファンになってもらう、食品会社では様々な人が関わり世の中に商品を提供しているのです。この記事では、食品メーカーの職種や仕事内容について紹介します。食品メーカーの仕

食肉加工求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

スーパーやお肉屋さんで売っている美味しいお肉。今回は、そんな食肉加工の仕事や求人についてご紹介していきます。食肉加工とはどんな仕事なのでしょうか?よくある求人の募集内容や向き不向き、やりがいについてもお話ししたいと思います。この記事を読んで、お肉屋さんで働いてみたいと思うかもしれません!お肉好きの方は必見です。食肉加工はどんな仕事?食肉加工とは大きなブロックのお肉をスライスしたり、加工したりするお仕事です。お肉屋さんやハム屋さんのイメージですね。最近は〇〇精肉店など肉屋が少なくなって、スーパーの中の精肉店だったり、加工肉店が増えました。スーパーや百貨店などの中に入っている食肉加工のお仕事と、地

食品加工求人でよくある募集内容は?募集している職種やおすすめ求人のポイント教えます!

食品加工の仕事は、どんな内容かご存知でしょうか。食品加工という言葉は聞いたことあるけど詳しくは知らない、という人も多いと思います。一口に食品加工と言っても、同じような仕事ばかりではなく、担当する役割や業務によって様々な仕事があります。今回は食品加工求人でよくある内容や、どのような人が食品加工に向いているのか、食品加工の現場で働く際はどのような役割を求められているのかなどを、食品加工の工場で働くことに興味がある人に向けて分かりやすく説明していきたいと思います。食品加工のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容食品加工の仕事は、扱うものは全て食品で、それを加工する業務です。その業務に関わる全ての流れや

食品加工の仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験は何?働くメリットについてもご紹介!

食品加工の工場では、どのような人々が活躍されているか、知っていますか?食品加工と一口に言っても、扱う食品の種類によって作業内容は大きく異なります。今回は、食品加工の工場の働き方や、どのような人に食品加工の工場で働くことが向いているのかを紹介します。食品加工の仕事に興味のある人や、実際に働いてみたいと考えている人の参考になれば幸いです。食品加工はどんな仕事?食品加工とは、簡単に言ってしまうと食品を加工してスーパーなどで並ぶ商品にすることです。皆さんも買い物をする際に、様々な食品の加工品を目にしているかと思います。生鮮食品から保存食品まで、ありとあらゆるものが、どこかの食品加工の工場から製造・出荷

食品メーカーの仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴・メリット・活かせる経験について解説します

食品メーカーの仕事は、人が生活していく上で必要な衣食住の中の「食」を、様々な形にして世の中に届ける仕事です。お客様の口に入るものなので、なによりも安心・安全なものを届けることが使命となります。今回は、食品メーカーの仕事内容や、向いている人・向いていない人の特徴、メリットや活かせる経験などについて解説していきます。食品メーカーの仕事にはどんなものがあるの?食品と一口に言っても生鮮食品や加工食品といった大きなカテゴリーがありますし、冷凍、冷蔵、常温など温度帯によってもジャンル分けすることができます。近年では、より利便性を高めた商品が開発されています。食品メーカーの大まかな仕事内容食品メーカーには様

食品業界の転職サイトでおすすめは?サイトの特徴や評判をお教えします

今回は食品業界の転職に役立つお話として、食品転職サイトのおすすめを紹介します。転職の際に使用する媒体はハローワークや人材紹介などもありますが、おそらく最も多くの情報が選べて求人数も多いのがインターネット上で転職求人を掲載しているウエブサイトだと思います。今回はサイトごとの特徴や、掲載されている求人の選択方法などを紹介します。食品業界の転職サイトによくある求人や募集内容とは?転職サイトはハローワークの求人と違い、掲載に費用がかかります。人材紹介よりコストは安いですが、それでも数十万円単位での経費となることから、求人内容もそれだけのお金をかけても採用したい職種になります。そのため、担当職としての求

食品販売の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

皆さんこんにちは。今回は「食品販売の転職について気をつけておかなければいけないこと」というテーマでお送り致します。好景気による求人数の増加で転職市場は非常に活気付いており、仕事を見つけやすい状況となっていますが、そのような機会だからこそ、様々な角度から情報収集し、失敗しない転職を行って頂きたく思います。どうぞ最後までお付き合いください。食品販売の転職で注意した方が良い3個のことそれまでのスキルが活かせるか同じ業界からの転職の際はさほど気にすることはないですが、異業種からの転職の場合はこれまでの自分のスキルが食品販売の仕事に活かせるかどうかを確認する必要があります。幸い食品販売業界は受け入れ間口

食品メーカー営業の仕事内容4個の業務とは?

皆さんこんにちは。今回は食品メーカーの仕事紹介という事で、数ある食品メーカーの仕事の中でも、特に営業部門における仕事内容に対して紹介させていただければと思います。食品メーカーは、流通業を形成している業界群の中では一番川上に位置し、消費者のニーズを集積しながら商品を企画、開発、製造し、卸売業者や小売業者に出荷している企業のことを指し、営業部門は完成した商品を各取引先に販売することを役割とする仕事になります。食品メーカー営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる自社製品の売り込み自社で企画、開発、製造した商品に対し、その特徴やセールスポイント、希望販売価格などの情報を取引先に紹介し、売り込みを行う仕

食品販売求人でよくある募集内容・職種をご紹介!どんな求人がおすすめ?ポイント教えます

食品販売の求人とは、一体どのような仕事内容や募集内容があるのでしょうか?食品販売というと、スーパーや百貨店の食品売り場、街の商店など食品を販売しているお店は沢山ありますよね。今回はそんな誰もが身近な食品販売の仕事についてよくある募集内容・募集職種・おすすめ求人のポイントや疑問をお教えいたします。食品販売の大まかな仕事内容大まかな仕事内容食品販売の仕事内容は、店舗において商品を手配し、お客様がお買い物しやすいように商品を並べた売り場を管理し、接客を通じて販売し、レジにて清算をして頂くという流れになり、「商品手配」「売場管理」「接客」の三つに分かれます。食品販売求人は会社でどういう役割を求められる

食品卸が向いている人の3個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

インターンシップなど、就職活動を控えた方々には企業研究のための機会が多くあります。一生の内で唯一とも言える、非常に多くの企業に接することができる新卒の就職活動を、ぜひ有意義なものにしていただきたいです。そのためには、しっかりとした企業研究と、自分がどんな仕事に向いているか、自分の性格や価値観を見つめ直すことが必要になります。就職内定をもらうことが目的ではなく、入社後いかに情熱を持って楽しく仕事を続けることができるか、10年後、20年後の未来を見据えた活動が必要です。真摯に自分自身と向き合いましょう。さて、今回はその様な就職活動を控えている皆様向けに、食品卸業の仕事についてご紹介していきます。食

食肉加工の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

私たちの毎日の生活の中に必ずある「食」。とても大切なものですよね。美味しいものを食べることができるのは美味しい食品を作る人がいるからです。食卓を彩ってくれる様々な食品の中でもやはりメインとなる「肉」。そんなお肉を加工する食肉加工の仕事ってどんな内容かいざ考えてみるとわからないですよね。身近なようで知られざる食肉加工の世界についてご説明させて頂きます。食肉加工の仕事はどんな仕事?食肉加工の仕事は主にお肉を皆さんがスーパーで買うような状態に加工するお仕事です。例えば豚肉をスライスしてパックに詰めたり、ミンチにしたものを計って詰めたり、ハム・ソーセージを作ったりします。食肉加工の大まかな仕事内容食肉

食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと

皆さんこんにちは。今回は転職に関する知っておきたい情報として、食品会社への転職について注意しておきたいこと、転職のポイントなどをご紹介させていただきたいと思います。一般的に食品会社と言いましても、製造業、小売業、外食業など多くの業界があり、様々な職種が存在しています。この記事では、食品会社に共通する点や、それぞれの業界の特徴的な点などに分類して説明していきます。食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと食品業界に共通して言えることについてそれでは、まず食品会社の転職で注意したほうが良いこととして、食品業界全体に共通するポイントについて述べてみたいと思います。清潔感、衛生に関する注意食品業界は

食品会社の採用の特徴は?会社が求めていることや面接でチェックしていることを採用担当者が教えます

今回は食品会社の求人について、採用の特徴や企業が求めていることなどを紹介していきたいと思います。食品会社と一言で表しても、製造から小売まで食品に携わる会社は沢山あります。今回は、それぞれの会社に共通している必要な能力や、面接などでよくある質問などを説明していきたいと思います。食品会社の採用の特徴は?食品会社の採用の特徴は、言うまでもなく食品に携わる適性がある人材を採用することです。その適性を見極める手段は「面接試験」や「適性検査」などであり、学歴や出身大学、学部やゼミなどはあまり問いません。あまり専門知識がなく始められる仕事ですし、どちらかと言うと幅広い分野から人を集め、その人の適性を見極める