皆さんこんにちは。

今回は転職に関する知っておきたい情報として、食品会社への転職について注意しておきたいこと、転職のポイントなどをご紹介させていただきたいと思います。

一般的に食品会社と言いましても、製造業、小売業、外食業など多くの業界があり、様々な職種が存在しています。

この記事では、食品会社に共通する点や、それぞれの業界の特徴的な点などに分類して説明していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「食品会社」の仕事例をチェック

食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと

食品業界に共通して言えることについて

それでは、まず食品会社の転職で注意したほうが良いこととして、食品業界全体に共通するポイントについて述べてみたいと思います。

清潔感、衛生に関する注意

食品業界は共通して食べ物を取り扱っている業界です。

食中毒など、お客様に対して提供する商品に害があった場合は、企業の存続が問われる大事件になってしまいます。

そのため、全ての食品業界に共通し、衛生面に関する管理は他の業界と比較して非常に厳しいものとなっています。

入社を志す人はその様な特徴を充分に理解し、まずは自身の身だしなみに清潔感を必ず印象付けれるよう注意しましょう。

基本的に長髪は禁止が多いですし、髭なども綺麗に剃ることが義務付けられています。

服装もあまり奇抜なものは忌避されますし、香水なども食べ物に匂いが移る為禁止されています。

また、アクセサリーや指輪なども雑菌が繁殖する原因となりますので、結婚指輪さえも付けることを禁じている企業も多いです。

このように、衛生面における制約は他の業界と比較しても非常に厳しいものとなります。

食品業界を目指す場合は、特に注意をしておく必要があります。

声の大きさ、挨拶に関する注意

製造業を除き、基本的に食品業界は接客を行う企業が多いです。

挨拶、声の大きさ、表情などは気持ちの良い接客を行うために必要とされ、できるように訓練されることとなります。

また、食品製造業においても、営業職は企業に対して商品を売り込むという観点から、接客と同様の能力を必要とされます。

お店などで元気な挨拶をされると、そのお店で提供されている商品の鮮度が良く感じたり、料理の味が美味しく感じたりすることがありませんか?

このように従業員の姿勢や態度はイメージ的に食品の品質を大きく上げることができますので、食品業界で働く上では必ず磨かなければいけない能力であると言えます。

勤務形態に関する注意

食品業界は製造業、小売業、飲食業に共通して「立ち仕事」であり、仕事をする上で通常の事務職より体力を使う仕事が多くなります。

事務職から転職する場合はまずこの立ち仕事による体力の消耗が大きな負担となりますので、体力に自信がない方は特に気をつけておきましょう。

また、製造業を除き、接客業の側面がある小売業や飲食業はお客様に合わせた勤務形態となるため、拘束時間が長くなりがちです。

通常の人が休んでいるときに忙しくなる業界ですので、カレンダー通りに休めることはありません。

ただし、業務の状況に合わせ自身で休憩時間を決めたり、月のシフトを自ら決めたりなど、勤務形態に関しては他の業界と比較して自由度が高いものとなっています。

このように自分の労働時間を人に決めてもらうのか、それとも自分で決めるのか、異業種から転職する場合はシフトの自由度が戸惑うポイントとなりますので注意しておいてください。

それぞれの業態の特徴について

それでは、ここから食品業界を構成するそれぞれの業界の特徴について述べていきたいと思います。

食品製造業

大手メーカーが多く、企業規模も大きく安定している会社が多いのが特徴です。

そのため福利厚生が充実しており、給与や労働時間などの待遇も良く、転職後も働きやすい業種であると言えます。

仕事は大きく分けて製造、開発、営業であり、新製品などの企画、開発、工場での生産、小売業への営業活動などにより成り立っています。

製造は工場勤務となるため、決まったシフトの中で働き、予定も立てやすいです。

しかし、企画開発や営業は決まった時間働くことにより成果が出るわけではないため、仕事の進捗状況によっては不規則な勤務になりがちです。

基本的には小売業など企業相手の営業活動となるため、接客を行う機会は少ないですが、プレゼン能力や提案力など企業に対する営業能力が必要になります。

食品小売業

スーパーやコンビニなどを中心とする店舗を構えて、お客様に直接食品を売る業態になります。

接客を行う機会が多く、お客様に合わせて営業活動を行うため、シフトが不規則になりがちです。

また決められた仕事を決められた時間で行うのではなく、日々の変化に対応しながら自身の判断で仕事の内容を変えていくことが求められ、とかく現場の判断力が重要になってくる仕事です。

そのためシフトも含めて仕事の自由度が高く、自身でお店を経営したいなど、自分の色を出しながら仕事をしたい人には向いています。

一方、人に指示をされて働くほうが良い人や、日々の業務にあまり変化を求めない人には働きにくい業種となります。

外食産業

店舗を構え、直接お客様に料理を提供する業種になります。

その場でお客様が召し上がるため、衛生面では最も気をつけなければいけない業種であり、手洗い、うがいなど衛生面での管理が徹底されています。

また接客に対して最も力を入れている業種であるため、元気な挨拶、キビキビとした動きが求められます。

拘束時間は食品小売業ほど長くはなく、アルバイトによるシフトの運営が中心となるため正社員数は食品業界の中で一番少なくなります。

店舗の改廃が大きく、仕事の内容や責任のある仕事を任せられる時期など、最も変化に富んだ業種になります。

店長など早い段階で店長など経営に深く関わる仕事に就きたい方には、おすすめの仕事になります。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

企業研究と自分研究

入社するだけではなく、その企業で楽しく仕事ができ、活躍することができて初めて転職は成功したということができると思います。

自分にその企業の仕事や風土が合っているか、企業研究と共に「自分に合う仕事は何か」という、自分を見つめ直すことも必要となります。

効果的な自己アピール

自分がどのような能力を持ち、その企業でどのように貢献できるかというアピールをすることが、面接の際に最も効果的です。

その為には、前述した企業研究と自分研究をしっかりと行っている必要があります。

いくら上手なプレゼンをしても、その内容が中身のないものなら意味がありません。

また、そのようにして企業研究をしていくと企業に対する志望度が上がり、それが面接の際に「この企業に入りたい」という熱意に繋がります。

効果的な自己アピールとは、自分の能力の仕事への適性、そしてその企業に入社したいという熱意の二つで構成され、それを行うためには前述した企業研究と自分研究が必要不可欠となります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

転職するにあたっての必要な心構え

「逃げ」の転職はしない

前職の仕事が「嫌だから」他の企業に転職するという「逃げ」の転職は極力避けましょう。

転職とはあくまで自身の収入アップやキャリアアップを目的として行うものであり、企業を退職するというリスクを背負って、前職と同じ収入や役職ではあまりメリットはありません。

あくまで自身の「やりたい仕事」や「収入の良い仕事」など、より良い環境にステップアップするという目的で転職を行ってください。

「腰掛け」の転職はしない

転職先の企業を腰掛けにして、次の企業にステップアップするという前提での転職は避けましょう。

例え将来的にそうなるにしても、転職先の企業で全力で会社に貢献するという意思を持たないと、その企業に入りたいという熱意が薄れ、面接などで不利に働いてしまいます。

最低でも転職先で3年間は精一杯頑張る、という意思を持つようにしてください。

食品会社の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

専門性をつける

包丁技術や調理技術などの専門技術、食品表示管理者や調理師、登録販売者などの専門資格の取得を通じ、専門家としてのキャリアアップを行いましょう。

食品業界はアルバイトなどが多く、労働集約型の産業なので、作業は初心者でもできるようマニュアル化されています。

しかし、そのような従業員が多いからこそ、専門性のある人物は重用されます。

管理職を目指す

食品業界は店舗や、店舗内の部門単位で管理を行っています。

他の業界と比較して、非常に早い段階で一つの管理単位での管理職になることができます。

現場での判断力が売り上げに大きく直結する食品業界では店長や部門長などの裁量権が多く、また売り上げに関する責任も大きくなるため、必然的に収入も多くなります。

食品会社の転職で人気な業種とその理由

それでは、ここからは業種をしぼって食品会社の中で人気な仕事とその理由について述べてみたいと思います。

食品メーカー

調味料やお菓子、パンなどの製造販売を行う業種です。

テレビCMなどで紹介される全国的に有名な企業から、地方に根ざした長い歴史を誇る企業など多種多様な企業が存在します。

人気な理由

大手企業が多いため、給与や休日、労働時間、福利厚生などの待遇面が充実している点も人気の理由です。

また、知名度の高い企業が多いため、家族や親戚縁者などにイメージを受け入れやすく、転職の際にも好印象を持たれやすいことも魅力となります。

食品スーパー

ここでは全国展開している企業ではなく、地方で店舗展開している、いわゆるリージョナルチェーンを前提に説明します。

店舗を構えて生鮮食品を中心に商品を販売する、いわゆるスーパーマーケットになります。

人気な理由

まず全国展開がないため、一つの地域で腰を据えて仕事できることが魅力になります。

結婚や育児、マイホーム、そして両親の介護など、ライフプランが立てやすく、生活を安定させることができます。

また早い段階で店長など管理職に就きやすく、自分の色を出しながら仕事ができる裁量権の大きさも人気の理由です。

カフェ、コーヒーショップ

外食産業は、居酒屋やファミリーレストランなどはあまり人気がありません。

カフェやコーヒーショップなどのチェーンは人気が高く、求人数に対して応募も多い業種になります。

人気な理由

清潔で落ち着いたお洒落な職場環境で働けるというイメージがあるという点と、コーヒーやスイーツといった女性に人気のある商品を取り扱っているという点が人気の理由です。

また、なんとなくのんびりと仕事ができるという印象や拘束時間が短いといった印象も持たれがちですが、最近はモーニングサービスを含めて長時間営業している店舗も多く、この点は入社前のイメージとギャップとなってしまう場合が多いでしょう。

将来は自分の店を持ちたいなど、キャリアアップに繋がる印象が強いのも人気がある理由となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は食品会社の転職で注意したほうが良いこととして、業界の特徴や転職の際の注意点などをご紹介させていただきました。

食品業界には大きく分けて、食品製造業、食品小売業、外食産業の三つがあります。

どの業界にも共通して言えることは、食品という分野を取り扱っているせいか、非常に変化が早い業界であるという点です。

何十年にわたって製造され続けている商品というのは稀です。

また、小売業は天候や気温などの外的要因によってお客様の嗜好は簡単に変化しますので、柔軟に対応しなければいけません。

外食産業は競争率が高く、年間を通じて多くの店が開店し、また閉店していきます。

このような変化に対応し、変化を楽しめる人間でなければ食品会社には向いていないと言えます。

半面、素早く変化に対応しなければいけない理由により、例えば食品小売業などは現場の裁量権が大きく、会社組織という体裁を取っています。

限りなく自営業に近く、経営そのものに対する判断を現場の従業員が行っています。

このような「仕事に関する自由度の高さ」が食品会社における最大の魅力であり、書類と会議で物事を進め、多くの人物との調整により人間関係に疲れてしまうといった状況はあまり生じません。

個人の力で仕事を進めたい人、あまり周囲に気を使わず物事を進めたい人にはおすすめの仕事ですので、是非挑戦していただければと思います。

実際に食品会社の求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)