皆さんこんにちは。

夏休みも始まり、インターンシップなど、就職活動を控えた方々には企業研究のための機会が多く発生する季節になりました。

一生のうちでも唯一とも言える、非常に多くの企業に一度に接することのできる新卒の就職活動の時期を、ぜひ有意義なものにしていただきたいと思います。

その為には、しっかりとした企業研究と、自分がどんな仕事に向いているか、自分の性格や価値観を見つめ直す事が必要になります。

就職内定をもらう事が目的ではなく、いかに入社後、情熱を持って楽しく仕事を続ける事ができるか、10年後、20年後の未来を見据えた活動が必要になります。

真摯に自分自身に向き合っていただきたいと思います。

さて、今回はその様な就職活動を控えている皆様向けに、業界のお仕事研究シリーズとして、食品卸業の仕事についてご紹介していきます。

食品に携わる仕事の中で、特に卸売業とはどの様な業界で、どの様な仕事を行い、どの様な人が向いているのか、様々な角度から述べていきたいと思います。

どうか最後までお付き合い下さい。

食品卸とはどんな仕事?

食品卸の仕事は、食品製造、食品小売の仕事を並んで一括りに「流通業」と呼ばれる世界を構成している業界になります。

流通業とはその名の通り、商品の生産から消費までの流れ全てに携わる業界のことであり、一般的に川の流れに例えられます。

一番川上の業界が「食品製造業」であり、原材料を調達して様々な加工食品を製造する業界ですが、農業や漁業などの一次産業もこの川上の中に含まれます。

そして一番川下の業界が「食品小売業」であり、店舗を構えて消費者と直接接しながら商品を販売していきます。

消費者は産地直送など、直接川上から買い付ける場合もありますが、一般的には食品小売業の店舗で商品を買い、消費します。

この様にして生産と消費のサイクルが完成する訳ですが、食品卸はこの川上の「食品製造業」と川下の「食品小売業」をつなぐ役割をもつ業界として、川上から川下まで、商品の流れを円滑に保つ役割を担っています。

食品卸の大まかな仕事内容

食品卸の大まかな仕事内容として、「倉庫業」と「運送業」の2つの仕事があります。

倉庫業

商品を川上から川下に円滑に流す場合、最も重要なのは、その商品の「需要」と「供給」のバランスを取るということです。

商品の価格は市場原理により上下動を繰り返します。

例えば消費者の「需要」が高い時に、商品の「供給」が低いと、欲しがっている人は多いのにモノは少ないという状況になりますので、価格は上昇します。

逆に「需要」が低い時に「供給」が高いと、モノが多いのに欲しがっている人が少ないという状況になりますので、価格は低下します。

価格が高いと消費者の生活に影響しますし、逆に低いと流通業に関わる企業全体の収益が悪くなります。

この様に価格は高くなりすぎても低くなりすぎても良くありませんので、そのバランスを上手く取る事が必要です。

一般的に倉庫業は郊外に大きな倉庫を持ち、製造業より出荷された商品の在庫をストックし、小売業へ卸す物量を調整する事でバランスを取っていきます。

倉庫業は在庫を持つ役割

製造業にとって商品を大量に生産する事は、原材料などを大量に仕入れて消費することができる為、価格を安くできる事につながります。

また、小売業に取ってもその様に安い商品を多く仕入れれば仕入れるほど、原価が安い為、利益を稼ぐ事ができます。

この様に製造業、小売業に双方にとって「大量に製造し、大量に販売する」事はメリットがありますが、消費者が消費をする量は一定、もしくは年々下がっている為、製造し仕入れる事ができても消費者に全てを販売する事ができません。

食品である為、賞味期限があり、ある一定の期間を過ぎると廃棄しなければならず、売れ残った商品があると小売業に取ってロスとなってしまいます。

この様な問題を解決するために、卸売業は大量に製造した食品製造業の商品を一括で引き受け、それを複数の小売業の店舗に必要な時に、必要なだけ分配して出荷する事で、大量製造、大量販売におけるリスクを少なくし、安定的に安価な商品を供給する役割を担っています。

運送業

食品卸のもう1つの重要な仕事は倉庫から小売業の各店舗へ商品を運ぶ「運送業」になります。

食品卸の運営する倉庫には、1社だけではなく、多くの食品製造業から商品が搬入されます。

もし食品卸が無かったとすると、食品小売が食品製造へ直接商品の発注をし、3つの会社から3つの商品を運ぶ場合は別々に3台のトラックが必要になります。

また通常トラックは4トン〜10トンの積載量がありますが、例えば1つの商品を一括で10トン仕入れる事は、どの小売業も販売する力はなく不可能です。

その為10トンより少ない物量でトラックを送ることになり、効率が悪くなってしまいます。

食品卸における運送業は、各食品製造業から10トントラックに満載で運ばれてきた商品をストックし、小売業の注文に応じて、1台のトラックにストックしておいた商品を小分けにして積み込むことで、運搬にかかるリスクを少なくしています。

わかりやすく言えば、同じ10トンでも、食品卸のトラックには1社の商品が10トン分入っているのではなく、10社の商品が1トンずつ入っている状態であるという事です、この様な、「集荷」と「分荷」が食品卸の運送業における主な役割になります。

食品卸が向いている人の3個の特徴とは?

体力のある人

製造業より運ばれてくる商品の検品と集荷、そして小売業に搬送する商品のピッキングによる分荷が主な仕事である為、商品を下ろしたり、積み上げたりなど体力を使う事が多く、また倉庫は郊外にあり広大なスペースを持っていることが多い為、一日に歩く距離も長くなります。

まずは体が資本となり、体力がある人が向いている仕事という事ができるでしょう。

自己抑制力のある人

食品卸の仕事は製造業ほど、一つの職場単位で従事している人数が多くなく、また小売業の様に不特定多数のお客様と接しながら仕事を行うという事はありません。

トラックのドライバーなどもそうですが、周囲の目が無い場所で仕事をする事が多い為、仕事のやり方や、段取りなど、自分自身で決めることになります。

人に言われないと仕事に身が入らないのではなく、常に一日の仕事に対して高い目標を持ち、自分を律しながら目標達成に向けて努力して頂くことが理想になります。

人に言われなくても自分に厳しくできる自己抑制力のある人には向いている仕事と言う事ができるでしょう。

細かい判断のできる人

食品小売業にとって、商品の発注ロットは少ない方が、販売結果によるロスを抑えやすい為、メリットが高く、理想は1個単位での発注ができる状態になります。

その様な小売業のニーズに対応した場合、食品卸の行う分荷作業は非常に煩雑なものになります。

1個単位で細かい発注データを確認して、商品を分荷し、梱包して出荷する為には、それぞれの業務に対して細やかな判断力が求められます。

決して雑にならず、一つ一つの注文に対して丁寧に対応できる人は、食品卸の仕事に向いている人と言えます。

食品卸が向いていない人の2個の特徴とは?

大雑把な人

食品卸の仕事は肉体労働の側面もある為、仕事自体も大雑把なイメージがあるかもしれませんが、実際には小売業からの受注データを集計し、1個単位の発注にまで対応して商品を分荷する、きめ細かい対応が必要な仕事であり、あまり繊細な仕事をしたくない人には向いていない仕事と言う事ができます。

食べ物に興味がない人

食品卸で取り扱う食品は、段ボールなどで梱包されており、それ自体では食品であるというイメージが付きにくいものです、但し中身は食品である為、温度管理や、集荷や分荷の際の取り扱いには、食中毒などの事故が起きないよう十分に注意する必要があります。

食べ物に興味がない人は、その様な時に取り扱いが雑になる可能性がありますので向いていないと言う事ができます。

常にその商品を消費するお客様の立場に立って、業務を行う事が必要です。

食品卸の仕事経験は、その後どんな職種・仕事に活かせる?

食品製造業、食品小売業など他の流通業

食品を取り扱う業務として共通点のある流通業内の他の業界には、違和感なく移動することができますし、製造業の様に商品を出荷する立場、小売業の様に商品を入荷する立場のどちらに立っても、食品卸としての経験が十分に活かせる仕事ができるでしょう。

運輸業全般、通販事業

商品の集荷と分荷という業務が共通している運輸業全般にも、仕事経験を活かすことができると言えます。

郵政や宅配便などの業界のみならず、最近ではインターネットによる商品販売が大きく成長をしていますから、ネット通販などの業界でもその経験を活かして仕事をすることができます。

これから食品卸の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

ここまで読んでいただいて食品卸の仕事に興味を持たれた方に、食品卸の仕事に就職する為のいくつかの方法について紹介させていただきます。

新卒採用

食品卸業界も新卒採用を盛んに行っていますので、採用サイトやホームページなどによりアクセスする事により、新卒採用として入社することは一般的に行われています。

食品メーカーやスーパーマーケットと比較して知名度が低い企業が多いので、丁寧にサイトをチェックしながら自分に合った会社を見つけてください。

中途採用

食品卸業界全体での中途採用者数はあまり多くなく、例えば大型2種免許が必要など、専門資格を必要とする求人など、小売業や食品メーカーと比較して敷居が高いと言う事もできます。

お中元やお歳暮などの期間アルバイトは大量に採用しますので、まずアルバイト形態で入社し、社内での存在感を強めながら正社員登用を目指すという手段もあります。

いずれにせよ、正社員の人数としては流通業の中でも最も少ない業界ですので、入社する為にはある程度の努力が必要となってくるでしょう。

他の流通業会からの転職

先ほど申し上げました様に、流通業を構成している食品製造、食品卸、食品小売の3つの業界は、食品を取り扱う仕事であるという他にも、商品自体の知識や商品の取り扱いの際の注意点、発注と受注、商品手配など、多くの点で共通項が多く、相互間の転職がしやすい業界であるという事ができます。

例えば食品卸より多くの求人を出している食品小売や食品製造の仕事に一旦就職し、それぞれの企業で経験を積んでから食品卸に転職するという道もあります。

仕事を通じて各企業間の人脈も形成されており、転職の際に能力や性格を把握されている為、採用試験などにも合格しやすくなります。

求人数が少なく直接応募が難しい場合は、他の流通業会を経由したルートを考えてみても良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は食品卸のお仕事について紹介させて頂きました。

食品卸の仕事は他の業界と比較して、テレビCMやマスコミなどの露出度が低い為、仕事の内容を理解する機会が少なく、また元々の募集人数も少ない為、あまり就職活動における選択肢に入り辛い業界であるかもしれません。

しかし、主たる仕事である倉庫業と運送業を通じて、種類、物量ともに多くの食品に触れる事ができますし、製造業や小売業など、沢山の取引先と接することにより、多様な人脈を作る事ができる業界でもあります。

また郊外の倉庫が職場であったり、トラックなどのドライバーの仕事に携わったりなど、周りに人が少ない環境の中で、自分のペースで集中して仕事をする事ができる為、食品に関係する仕事に就職を希望しているが、小売業の様に店舗で不特定多数のお客様に接したり、製造業の様に流れ作業で同じ製造ラインの人に合わせながら製造を行ったりなど、周囲の人間関係に気を使う事が苦手な人には、向いている仕事であると言う事ができます。

その仕事を通じて、人が生活していく上で必要な「食」を、安定的に、安価に提供する事を使命とする食品卸は、消費者が豊かな食生活を送り、製造業や小売業が収益を確保し安定的に発展していく為に、無くてはならない業界であると言う事ができます。

食品に携わる仕事に就きたい方は、是非選択肢の1つに入れていただければと思います。


関連キーワード

食品求人