私たちの身近にある「薬」を作っている製薬会社。

とても身近なものを作っている製薬会社ですが、実際にどんな仕事かご存知ですか?

「薬を作って売る」と言っても、実は他の製造業とは違い少し特殊なお仕事なんです。

製薬会社に就職したい方のために製薬会社求人について解説します。

製薬会社の役割とは?

製薬会社の役割は大きく分けて3つです。

1つは病気の治療や予防のために新しい薬を生み出すことです。

2つ目は薬が必要な人にいつでも薬を届けられるように安定供給をすることです。

そして3つ目は薬の正しい情報を提供することです。

製薬会社にはどんな仕事があるの?

製薬会社には様々な仕事があります。

ここでは製薬会社特有の5つの仕事を解説します。

研究職

医薬品を開発する仕事です。

病気の予防や治療に効果がありそうな細菌を探し出したり、化合物を作り出して薬として効果があるかを調べます。

何千もの物質の効果をひとつひとつ確認していくことになるので、プロジェクトによっては十年以上かかることもあります。

製薬会社の根幹を担う仕事ですが、地道にコツコツと作業を進められる忍耐強さが必要です。

開発職

開発された薬の治験を行う仕事です。

開発職という名前から薬を開発する仕事だと思われがちなのですが、実はそのプロセスは研究職によって行われます。

では開発職はどんな仕事なのかというと、研究職が開発した薬の治験を行い製品化することです。

治験とは、患者さんまたは健康な人に薬を使用してもらい、データを集めて有効性や安全性を確認することです。

治験を行った後、国に医薬品として承認してもらうための申請を行うのも開発職の仕事です。

品質管理

原料や医薬品の品質をチェックする仕事です。

医薬品は品質を確保できなければ販売することができません。

そのために出来上がった製品の品質をチェックしたり、製品に使用する原料の安全性をチェックすることが品質管理の仕事です。

工場スタッフ

出来上がった医薬品のチェックや梱包を行う仕事です。

検品や梱包などいろいろな仕事がありますが、清潔で空調も保たれた工場内でのライン作業で力仕事はほとんどありません。

製薬工場は常に清潔でなければいけないので特別な作業着を着て作業することになります。

MR

自社製品の情報を医療関係者に提供する仕事です。

MRとは製薬会社における営業職のことです。

「Medical Representative」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと医薬品情報担当者です。

営業職の仕事といえば「売ること」なのですが、製薬会社の営業職の場合はあくまでも自社製品の有効性や安全性の情報を医療関係者に提供することが仕事です。

納品や代金回収は卸業者の仕事になるので、卸業者と連携をとることも必要です。

また、MRのもう一つの大事な仕事が医療現場での情報収集です。

医療現場から医薬品の新しい効能や副作用の情報であったり、こうしたほうが使いやすいといったような要望を集めて社内にフィードバックします。

製薬会社求人でよくある募集内容とは?

製薬会社での仕事の種類について説明したところで、次は就業形態について解説していきます。

給与や勤務形態など、項目別に見ていきましょう。

職種

医薬品を扱うので全体的に理学系の募集が多いですが、専門的な知識がなくても挑戦できる職種もあります。

研究職

専門的な知識が必要とされる仕事なので募集のほとんどの場合、応募条件として薬学系、理学系の大学院卒業レベルを求められます。

また、共同研究をしている大学の研究所からそのまま製薬会社に就職するというケースもあります。

転職する際も製薬業界内での転職者が多いため、他業種からの転職はかなりハードルが高くなります。

1つのプロジェクトに何年もかかるので、我慢強くコツコツと仕事を進められる人に向いています。

また、チームでの仕事となるので協調性も必要です。

開発職

研究職と同様に応募条件として薬学系、理学系の大学院卒業レベルを求められます。

治験を行うには病院との連携が不可欠なので、専門知識の他にコミュニケーション力も必要です。

また国への申請書類の作成も開発職の仕事なのでデスクワークも多いです。

フィールドワークとデスクワークをバランスよくこなせるアクティブな人に向いています。

品質管理職

専門知識が必要なので、理学系、薬学系出身者の募集が多いですが、未経験でも応募できます。

薬に関する様々な知識が必要なほか、基準を満たしていない原料や製品があった場合は原因を見つけて各部署への報告などを行うので、コミュニケーション力も求められます。

工場スタッフ

募集要項はマネージャークラスでない限り、経験不問のものが多いです。

主に検品、ピッキング、梱包のライン作業の募集が多く、どのラインに配属されるかによって仕事内容はかなり変わります。

雇用形態もアルバイト、パート、契約社員、正社員と様々です。

工場内は常に清潔に保たなければならないので、体調が悪い場合は工場に入ることも許可されませんし、昼夜交代のシフト制を取り入れている工場が多いのでしっかりとした体調管理が求められる仕事です。

MR

専門的な知識が必要な仕事ですが、入社後の研修があるため全学部卒業者を対象に募集していることが多く、文系出身者で医薬品業界で働きたい人に人気の職種です。

MRとして採用された場合、まずは研修を受けて毎年12月に行われる「MR認定試験」を受験することになります。

試験に合格し、なおかつ6ヶ月の実務経験を積むと「MR認定証」を取得することができます。

認定証を取得していなくてもMRとして営業活動はできますが、多くの病院が認定証を持っていないMRに対して病院内での営業活動を禁止しているので、事実上「MR認定証」はMRとしての必須事項となっています。

基本的に相手先に合わせて行動することになるので、常にフレキシブルに対応できる柔軟性と体力が求められます。

また、自社製品だけでなく競合他社の製品や医療業界についても知識が必要なので、勉強し続ける必要があります。

給与相場

給与は職種によってかなり変わってきます。

研究職や開発職の場合、年収300万円~1000万円を超える人もいます。

結果を出せれば30代でも年収1000万円を超えることがあるようです。

品質管理の場合、年収300万円~500万円前後です。

成果が見えにくい部署なので、勤続年数とともにコツコツと年収が上がることが多いようです。

工場スタッフであれば年収300万円~500万円前後で、夜勤や残業の量によってかなり差が出ます。

アルバイトや派遣社員であれば時給900円~1500円です。

営業職は売り上げに応じてインセンティブやボーナスがもらえることが多く、優秀なMRであれば年収1000万円以上ということもあります。

もちろん会社の規模によって給与相場は違いますが、製薬業界は実力主義であることが多いので結果を出せばその分大幅に給与に反映されます。

外資系企業はとりわけ実力主義の傾向が強く、若手でも優秀な人は実力に見合ったお給料をもらうことができます。

ただ、実力主義であるがゆえに結果を出せない場合は評価が下がり、それに伴い子会社や関連会社への出向という形で年収が下がることもあるので注意が必要です。

勤務時間や休日、残業

会社によって異なりますが、業界全体として残業時間は多めです。

研究開発職は特許申請に間に合わせるため、品質管理職、工場スタッフは納期に間に合わせるためにどうしても残業になってしまうことが多くあります。

MRは朝早く卸業者へ出向いてミーティングを行い、昼から夕方までは医療機関を回ることになるので、夜に資料作りや自社製品の勉強などをする人が多いです。

多くの製薬会社はMRに見なし残業代をつけているので、残業をするのが通常の状態となっています。

福利厚生

会社の規模によって異なりますが、製薬会社の福利厚生は他業種と比べると充実しています。

特に住宅手当に関しては会社が5割~9割程度負担してくれることもあります。

求められる人物像

各職種における求められる資質は上で述べましたが、製薬会社のすべての職種に求められるのは責任感と高い倫理観です。

医薬品は人の命にかかわるものなので、様々なルールがあります。

それらを遵守し、自分が製薬業界、ひいては医療の一端を担っているという責任感を持って働くことが求められます。

製薬会社のおすすめ求人のポイント

たくさんの製薬会社がある中でどうやって自分に合った求人を選べば良いのか解説します。

雇用形態から探す

今後どういったキャリアを積みたいのかによって選びましょう。

腰を据えて長期で働きたいなら正社員の募集を探しましょう。

正社員であれば比較的安定した給与を得られます。

ただし職種によっては転勤があったり、部署移動があったりと自分の希望通りにはいかないこともあります。

経験を積みたいのなら派遣社員、契約社員も良いでしょう。

派遣社員であれば基本的に休みはきちんと取れますし、残業も少ないです。

正社員として就職することが難しい企業で、派遣社員として業務に携われる可能性もあります。

また契約社員であれば、契約期間中に経験を積んでそのまま社員登用を目指すこともできます。

ただ、派遣社員も契約社員も基本的には期間限定の雇用であるということは念頭に置いておきましょう。

アルバイトは責任の重い仕事を任されることはあまりなく、休みも取りやすいです。

ただしその分給与は低く設定されていることが多いです。

会社の雰囲気で選ぶ

離職理由で「人間関係」を挙げる人は多いです。

募集条件が良い会社でもギスギスした人間関係の職場であれば長くは続きません。

長く続いたとしても、ストレスで体調を崩してしまうこともあるでしょう。

また、アットホームな職場が良い人にとっては体育会系の雰囲気は息苦しいですし、逆に実力主義の会社で結果を出したい人にとってはのんびりした雰囲気の会社ではモチベーションが下がってしまいます。

自分がどんな働き方を望むのかを明確にして、説明会や面接で自分にあった雰囲気の会社なのか確認しましょう。

可能であれば職場を見学させてもらったり、実際に働いている人に話を聞いてみると良いでしょう。

会社の規模で選ぶ

どんな組織で働きたいかを考えたときに、会社の規模はひとつの目安になります。

一般的に大企業であれば社内規定やルールが整備されていてすでに働く環境が整っていますし、研修制度や勉強会も充実しています。

一方で、すでにあるルールを変えるのはとても難しかったり、何か新しいことを始めるのにたくさんの人の承認がいるので時間がかかるということもあります。

中小規模の企業であれば思いがけず責任のある仕事を任せてもらえたり、若手で新しいプロジェクトを立ち上げたりすることもあります。

社員同士の距離が近いのでアットホームな雰囲気の職場であることが多いです。

その反面、待遇面で大企業と差があったり、社員一人の負担が大きすぎてしまうこともあります。

ただし、大企業でもベンチャー気質であったり、中小企業でも完全にトップダウンな組織であったりすることもあるのであくまで目安と考えておきましょう。

製薬会社についてよくある疑問

ここで製薬会社について素朴な疑問を見てみましょう。

どうやって応募するの?

就職・転職サイトを通して応募できます。

製薬業界に特化したエージェントもあるので、自分にあった求人を見つけやすいです。

アルバイトであればアルバイト情報誌にも求人が載っています。

理系学部出身者ではないけど、応募できる?

研究開発職に関しては理学系、または薬学系出身者でなければ募集がありません。

しかし、工場スタッフやMRには文系出身者でも募集がよくあります。

未経験でもコミュニケーション能力や営業経験によっては採用されることもあります。

製薬会社はどんな雰囲気?

会社や部署によって様々です。

ただ、営業に関して言えば体育会系の雰囲気であることが多いです。

しかしこれはどの業種に関しても言えることかもしれません。

雇用形態はどうなっている?

新卒であればほとんどすべての募集が正社員です。

転職では、正社員としての募集も多くありますが、契約社員として何年か働いたのちに正社員として登用されることもあります。

そのほか繁忙期のみの派遣社員やアルバイトもあります。

必要なスキルまたは資格はあるの?

職種によって異なります。

MRは新卒の場合、未経験でも応募できることが多いですが、転職の場合はやはりMR認定証を持っているほうが有利です。

研究開発職であれば今までどんな研究をしてきたのかが重要になります。

品質管理であれば新卒でない場合、どれくらい品質管理の経験があるのかに重点が置かれます。

海外部門のある会社や取引先に海外の会社がある場合は英語が話せることはアピールポイントになります。

まとめ

製薬会社について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

製薬会社への就職を検討するにあたり、この記事を参考にしていただけると幸いです。


製薬会社求人についてもっと深堀りした情報を見る

製薬会社の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

各業種の会社に志望する人は、その業種や企業に自分は向いているのか?という疑問を持つ方が多いと思います。学生の方々の多くは、初めて正社員として働く職場で、その会社や職場が自分に合っているのか不安になる場合が有ります。ここでは「製薬会社」であればどのような人に向いているのか、またどのようにすれば合うようになるのかなどを参考までにご紹介します。また、製薬会社の仕事内容、向く人、向かない人、また製薬会社で働くことのやりがい等に分けてご紹介したいと思います。製薬会社の仕事の種類と大まかな仕事内容製薬会社と言っても、単に「薬を作って、売っている」と言う単純な組織ではありません。その仕事の種類や大まかな仕事

製薬会社正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

製薬会社正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。ここでは、「製薬会社」をテーマにその働き方や職種などを紹介したいと思います。製薬会社ってどんな会社?一口に製薬会社と言っても様々な専門性を持った会社があります。極端な例で言うと「○○製薬」という名称を標榜している会社でも、化粧品しか作っていない会社などは、本来的には「製薬」とは言わないような気がします。筆者は製薬会社に籍を置き、色々な製薬企業を見てきた経験から種々な情報をご紹介して行きたいと思います。ちなみに会社的な専門性についてもう少し詳しく紹介しますと、以下のようになります。① 新薬

製薬会社の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

製薬会社には様々な職種の求人があるので、就職・転職活動の際に求人票を目にすることが多いです。社会貢献度の高い仕事なのでやりがいがありますが、やはりやりがいだけでなく年収も気になりますよね。今回は製薬会社のお給料事情について解説していきます。製薬会社の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員として新卒入社した場合は月収20万円~30万円程度であることが多いです。給与の差が大きい理由は製薬会社の職種の多さにあります。入社時に専門知識の必要がないMRや工場スタッフは月収20万円~25万円程度で、大学院卒で薬学などに関する知識が必要とされる研究職や開発職は月収25万円~30万円程度の求人

製薬会社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

医薬品業界は安定しているといわれることもあり、製薬会社は就職先として人気が高いです。しかし医薬品という専門性の高い製品を扱うことから、転職にはハードルが高いと感じてしまう人もいるかもしれません。実際に製薬会社に転職するとしたらどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。製薬会社で転職する人は多い?製薬会社は転職する人も転職してくる人も多いです。求人情報サイトなどを見れば多くの製薬会社の求人を見つけることができます。特に営業職であるMRと研究職・開発職は業界内での転職がとても多いです。工場スタッフも転職は多いですが、未経験から転職してくる人もたくさんいます。よくある転職理由とは?製薬会社から製薬会


製薬会社求人に関するコラム

製薬会社でホワイトな会社の4個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

製薬会社と言えば、バブル当時は非常に悪名をはせた、「医師への接待攻撃」、「厚生労働省幹部への饗応」等あまり良くないイメージがありました。また、高給を良いことに従業員へのパワハラ系業務命令、土日も無く働かなければならいイメージを持たれている方々も未だに多いと思います。しかし、現代社会では、製薬会社の大半はホワイト企業として企業イメージをクリアにしている会社が多くなりました。とは言うものの、言い換えれば、未だに製薬会社の中にはブラックかグレーな会社が存在することは確かです。そこで、ホワイトである製薬会社の特徴を4個にまとめて見ました。更に、求人内容や面接時にホワイトと判断できる見分け方も合わせてご

製薬会社の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる7個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

人間の健康回復・維持・のための重要ファクターである薬剤を開発、販売、管理することが主な業務の製薬会社。人間の苦痛を和らげたり、疾病を持った人が日常生活に戻れるようになったりする為の起爆剤でもある薬。そうした薬剤を製造販売する従業員にとっての「やりがい」とはどんなものがあるのかをご紹介します。また、後半は、そのために何をすればやりがいを感じられるようになるのかを解説します。製薬会社の大まかな仕事内容について理解しておこうここでは、医療用医薬品メーカーの部類に属する製薬メーカーを取り上げます。その他には、一般大衆薬のみを取り扱う製薬会社や、ジェネリック医薬品だけを扱う会社等各種の製薬会社があります