製薬会社で転職を検討中の方は必見です。

医薬品業界は景気に左右されず安定していると言われており、製薬会社は就職先として人気があります。

しかし医薬品という専門性の高い製品を扱うことから、転職にはハードルが高いと感じてしまう人もいるかもしれません。

ここでは、実際に転職を製薬会社でするとしたらどんなことに気を付ければ良いのか、その心構えや注意点、更には今よりも年収アップしたい方におすすめしたいやるべきことについてもご紹介させていただきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

製薬会社で転職する人は多い?

製薬会社は転職する人も転職してくる人も多いです。

求人情報サイトなどを見れば多くの製薬会社の求人を見つけることができます。

特に営業職であるMRと研究職、開発職は業界内での転職がとても多いです。

工場スタッフも転職は多いですが、未経験から転職してくる人も多くいます。

よくある転職理由とは?

製薬業界内での転職理由、製薬会社から他業種へ転職する理由、または他業種から製薬会社に転職する理由にはどんなものなのがあるのでしょうか。

それぞれ紹介していきます。

製薬会社から製薬会社へ転職する理由

給与

すでに実績を出している人であれば、給与アップのために転職するという手段を選びます。

MRであれば営業先で他社のMRと顔を合わせる機会が多くあります。

お互い情報交換をして他社MRの待遇などをそこで知ることができますし、優秀なMRであれば「うちに来ないか」と声をかけられることもあります。

中小企業から大企業への転職で年収が上がる場合が多いですが、中には大企業から中小企業に転職することで役職が付いて年収をアップをさせたという人もいます。

研究職や開発職であれば、成果を出せば他社にも名前を知られることになります。

良い研究者を確保することは医薬品の開発力、会社の競争力のアップに繋がりますので、他社からスカウトを受けることもあります。

他領域に興味が移った

製薬会社には様々な領域の医薬品を扱っている会社とある領域に特化した会社があります。

専門領域に特化した会社で働いていてもっと多くの知識を身につけたい、反対にもっと専門的な知識を活かして仕事がしたいという理由で転職を選択する場合もあります。

ある分野で自分の目標を達成して他の分野に興味が移ったり、これ以上発展が見込めないと見切りをつけて、ある分野に特化している他社に移るということもあります。

評価に納得できない

社内での評価に納得がいかないので転職するというパターンもあります。

評価制度がしっかりしている会社や、MRであれば数字のみで評価されるということもありますが、未だに評価制度が不透明であったり年功序列が残っている会社もあります。

思うように昇給できなかったり予想していたよりボーナスが少なかったりという給与に関する不満の他に、自分より仕事ができないと思うような人が裁量を与えられていたりすると公平に評価されていないと感じてしまいます。

また役職に関しては上司が異動、退職しない限りポストが空かないので昇格できないという場合に、他社に転職することでそれが叶えられる場合もあります。

社風が合わない

会社にはそれぞれ社風があります。

新卒で入った会社の雰囲気が自分が思っていたものとは違ったので他社に転職するという事例は多いです。

それは、新卒で入社した人は就業経験がないので自分にはどんな社風が合うのかまだ分かっていない人が多いからです。

実力主義の会社でキャリアアップしていきたいと思い入社したけれど社内競争にうんざりしてしまう人や、アットホームな雰囲気の会社で働きたいと思っていたのに物足りなさを感じてしまう人もいます。

また人事部が現場のことをよく分かっていない会社では、求人の情報や面接での回答と実際の現場の雰囲気が異なる場合があります。

そのような場合、第二新卒として扱われる内に早めに同業他社へ転職してしまいます。

人間関係

どの会社でもあることですが、会社の人と折り合いが悪くなり転職を選ぶこともあります。

多くの人と一緒に働くのでどうしても合う合わないが出てきます。

ある程度の我慢は必要ですが、ストレスによって体調を崩してしまうこともあります。

人間関係のトラブルはとてもデリケートな問題のため、解決策として転職を選択するという場合もあります。

特に製造スタッフは黙々と工場内でライン作業に従事するので、人間関係のトラブルが起こりやすいです。

研究職もプロジェクトチームを作って何年も一つのプロジェクトに取り組むので、一度人間関係でトラブルが起きてしまうと改善がとても難しいです。

製薬会社から他業種へ転職理由

自分のやりたいことが見つかった

他の業界で働く友人と話をしたり転職エージェントに登録することで、今まで知らなかった仕事に興味がわいて転職するというパターンです。

他業種では未経験からスタートできる仕事も多くあります。

自分のキャリアを形成していく中で、未経験の仕事に挑戦するならなるべく早い内にと考える人が多いので、20代~30代の人の転職理由として多いです。

就職活動している時に希望していた業界で内定が貰えずに製薬会社に来た人は、やはり志望していた業界で働きたいという想いが強くなり転職することもあります。

仕事が忙しすぎる

MRは高給取りである一方、激務であることでも有名です。

MRであれば医薬品卸や医療機器メーカーなど医療に関わる様々な職業の人と人脈を作ることができます。

その中には元MRという人も実は多く、その多くは激務や数字のプレッシャーに疲れて転職しているので過去の自分と同じ状況の人を見ると転職を勧める人もいます。

収入が下がったとしても将来のことを考えたり、家族との時間を大切にしたいという理由で転職する人も少なくありません。

他業種から製薬会社への転職理由

収入アップ

製薬会社は給与面で待遇の良い会社が多いです。

業務量が多かったり専門的な知識を求められたりもしますが、他業種で業務内容の割に給与が低いと感じながら働いている人にとっては魅力的な転職先です。

福利厚生

製薬会社は福利厚生が充実しています。

給与だけ考えた場合はそこまで差がなくても、各種手当や今よりも良い労働環境を求めて製薬会社へ転職する人もいます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

製薬会社で狙い目な会社の3個の特徴とは?

実際に転職するならどのような会社を狙っていけば良いのでしょうか。

何を求めて転職するかによって狙う会社は違ってきます。

大手企業

収入アップが狙いで他業種から転職する場合は、大手企業をおすすめします。

大手企業であれば中途入社の社員にも対応した研修制度が整っています。

また様々なキャリアパスが用意されているため、何年後かにキャリアチェンジを考えたときに他部署への異動も可能な場合があります。

再度転職するという時にも、ネームバリューがあるのでプラス材料となります。

急成長中の若い企業

他業種からの転職、または評価に納得できずに転職するという人には若い企業をおすすめします。

まだ社内のルールや慣例が確立されていないので、転職してきた人にもチャンスが多くあります。

他業種からの転職でもスタートラインがほぼ一緒なので、気後れすることなく挑戦することができます。

経験者であれば裁量のある仕事に就けるチャンスでもあります。

ある領域に特化している企業

製薬会社での勤務経験がある人には、専門領域に特化した企業がおすすめです。

製薬業界は安定していると言われてはいますが、現在は大手企業でも吸収合併や買収の対象になっています。

そしてその度に本社から子会社への出向、早期退職者の募集などが行われています。

今後は自分の市場価値を高めていかなければ競争に負けてしまいます。

自分の価値を高める手段として専門的な知識や経験は大きな武器になります。

製薬会社の転職で注意したほうが良い2つのこと

会社の雰囲気

転職する際に業務内容と給与は必ずチェックしなければまらないポイントですが、会社の雰囲気も重要です。

特に前職で会社の雰囲気が自分に合っていた人にとっては見落としがちな点ですが、合わない雰囲気の中で働くのは精神衛生上好ましくありません。

雰囲気というのは仕事でのパフォーマンスに大きな影響を及ぼしますので、就職する前にしっかり確認しましょう。

同じ業界でも仕事のやり方は違う

同業他社から転職した場合、経験がある分仕事の進め方が違うと困惑してしまいます。

扱っている製品が同じなら仕事の進め方に大きな違いはないだろうと思い新しい仕事に取り組んでみると、思わぬトラブルが発生したりします。

転職する際の面接は新卒の面接とは異なるので、入社してからのギャップを減らすためにも細かいところまで確認した方が良いでしょう。

製薬会社で転職を成功させるためには何をすれば良い?

自分が求める条件をしっかり把握する

これはどんな業種へ転職する時にも必要なことですが、転職する理由や転職先でどんな仕事をしたいのかをしっかり把握することが転職成功の鍵となります。

給与面であれば入社時の給与だけでなく5年後10年後の年収も想定しましょう。

業務内容であれば何をメインに仕事をしたいのか、裁量はどれくらい欲しいのか等できる限り明確に条件を決めることが大事です。

そして製薬会社に転職すると決めたのなら、更に細かく条件を把握できます。

MRであればチームワーク重視なのか個人主義なのか、幅広い製品知識を活かしたいのか専門的な知識を活かしたいのか等もしっかり整理しておきましょう。

自身が転職で何を叶えたいのかよく考えた上でそれらに優先順位をつけていけば、転職を成功させられる可能性が高くなります。

見学やOB訪問

いくつかの会社に絞り込む段階や複数社から内定をもらった場合には、可能であれば職場を見学させてもらったりOB訪問などをして会社の雰囲気を知っておくことが大切です。

もちろん会社のウェブサイトを確認したり転職エージェントから情報を教えてもらうのも大切ですが、実際にオフィスを見せてもらったり働いている人に話を聞くことで入社後の自分が想像しやすくなります。

また様々なことを確認していく過程で自分でも気づいていなかった大事な条件について気づいたりもします。

製薬会社で転職するにあたっての必要な心構え

責任感を持つ

医薬品は人の命に関わるものなので、多くのルールが決められています。

また、製品知識だけでなく医療に関わる幅広い知識も求められます。

工場スタッフであれば特殊な作業着を着てエアシャワーなどのいくつかのプロセスを経てようやくクリーンルーム内に入って作業することができます。

異物混入を防ぐためにアクセサリー類は全て外さなければなりませんし、メイクも禁止です。

MRであれば過剰な接待は禁止されていますし、製品に関する正しい情報を提供しなければなりません。

常に医療の一端を担っているという責任感を持って仕事に取り組む必要があります。

常に学ぶ姿勢

医薬品に関する法律で薬事法というものがあります。

これは毎年改定されるので、毎年しっかり勉強して知識を更新していかなければなりません。

MRや学術部などでは新しい製品が出たらその製品の効能や副作用、疾病に関する知識を医師に説明できるレベルにする必要があります。

研究職であれば常に新しい知識を取り込んで研究に活かす必要があります。

製薬会社で働くならばどの職種であっても常に新しい知識が必要になりますので、自ら学ぼうとする姿勢が大切です。

製薬会社での転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

アピールできる実績を作る

転職する前に実績を作っておくことはとても重要です。

MRであれば営業目標を達成する、新規営業に成功したといった実績は転職の際の大きなアピールポイントになります。

チームリーダーや支店長であれば支店として売り上げが前期と比べて何パーセント増えた、部下全員の売り上げが増えたなどの具体例があると良いでしょう。

他業種からの転職であれば初年度から年収を増やすのは難しいかもしれません。

人脈を広げる

人脈は広げておいて損はありません。

実際転職によって年収が上がるような人の中には、スカウトされて条件が良いから転職したという人が多いです。

優秀な人であればいくつかの会社から声をかけられることもあるので、条件交渉をする際にも他に転職先の候補があるというのは有利に働きます。

また、スカウト以外にもどこで人が足りていないといった情報や転職するならこの会社がおすすめというような情報を教えてもらえることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事を参考に、ぜひ製薬会社への転職を成功させてください。

製薬会社のホワイトな会社を見分けるには、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




製薬会社求人についてもっと深堀りした情報を見る

製薬会社の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う8個の理由

ここでは、製薬会社の将来性について紹介したいと思います。就職活動中の皆さんも、将来性が高く、また発展的な会社を望まれているはずです。今勤めている会社さえ良ければ良いと思われる方がいないという大前提で話を進めさせていただきます。筆者は、製薬業界はこの先大丈夫なの?どういう形で発展していくの?という質問を多く受けます。結論から申し上げると、製薬会社の将来性は明るいです。国内産業としてもそうですが、世界的な産業としても将来は明るいと考えられます。2019年現在、世界人口は70億人、2050年には90億人、2100年までには110億人という国連の人口推計が発表されています。この統計データはあくまでも推

製薬会社の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

各業種の会社に志望する人は、その業種や企業に自分は向いているのか?という疑問を持つ方が多いと思います。学生の方々の多くは、初めて正社員として働く職場で、その会社や職場が自分に合っているのか不安になる場合が有ります。ここでは「製薬会社」であればどのような人に向いているのか、またどのようにすれば合うようになるのかなどを参考までにご紹介します。また、製薬会社の仕事内容、向く人、向かない人、また製薬会社で働くことのやりがい等に分けてご紹介したいと思います。製薬会社の仕事の種類と大まかな仕事内容製薬会社と言っても、単に「薬を作って、売っている」と言う単純な組織ではありません。その仕事の種類や大まかな仕事

製薬会社でホワイトな会社の4個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

製薬会社と言えば、バブル当時は非常に悪名をはせた、「医師への接待攻撃」、「厚生労働省幹部への饗応」等あまり良くないイメージがありました。また、高給を良いことに従業員へのパワハラ系業務命令、土日も無く働かなければならいイメージを持たれている方々も未だに多いと思います。しかし、現代社会では、製薬会社の大半はホワイト企業として企業イメージをクリアにしている会社が多くなりました。とは言うものの、言い換えれば、未だに製薬会社の中にはブラックかグレーな会社が存在することは確かです。そこで、ホワイトである製薬会社の特徴を4個にまとめて見ました。更に、求人内容や面接時にホワイトと判断できる見分け方も合わせてご

製薬会社の仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる7個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

病からの回復や健康の維持のための重要な要素の一つである薬剤を開発、販売、管理することが製薬会社の主な業務です。薬剤は様々な苦痛を和らげたり、病を患う人が日常生活に戻れるようになるために重要なものです。そのような薬剤を製造販売する製薬会社の社員にとっての「やりがい」にはどのようなものがあるのでしょうか。また後半では、何をすればやりがいを感じられるようになるのかを解説していきます。製薬会社の大まかな仕事内容について理解しておこうここでは、医療用医薬品を取り扱う製薬会社を取り上げています。その他OTC医薬品のみを取り扱う会社やジェネリック医薬品のみを扱う会社など様々な会社がありますが、「医薬品」を製

製薬会社正社員求人でよくある募集内容は?働き先の種類や雇用形態の違いも解説します!

製薬会社の正社員の方々は、どのような業務を普段行っているのでしょうか?ここでは「製薬会社」をテーマに、その働き方や様々な職種などを紹介したいと思います。筆者も製薬会社での勤務経験があるので、自身の経験を踏まえて製薬会社の求人でよくある募集内容や勤務先の種類・おすすめ求人のポイントなど、この業界で働いてみたい方が気になる疑問についてしっかりと解説します。就職・転職活動中の方の役に立てる情報になれば良いなと思っています。製薬会社ってどんな会社?一口に製薬会社と言っても、様々な専門性を持った会社があります。極端な例で言うと「○○製薬」という名称の会社でも化粧品しか作っていない会社などは、正確には「製

製薬会社の年収はどのくらい?研究職や開発職の場合は?給料の相場についても知っておこう!

製薬会社の年収っていくらぐらいもらえるのでしょうか?製薬会社には様々な職種の求人があるので、就職・転職活動の際に求人を目にすることが多いかと思います。社会貢献度の高い職業なのでやりがいがありますが、やはりやりがいだけでなく年収も気になりますよね。今回はそんな製薬会社の給料事情について解説していきます。実際に経験者が給料をアップさせた方法もお教えしちゃいますので、気になる方は最後までぜひご覧ください。製薬会社の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員として新卒入社した場合は月収20万円~30万円程度であることが多いです。給与の差が大きい理由は製薬会社の職種の多さにあります。入社時に