製薬会社と言えば、バブル当時は非常に悪名をはせた、「医師への接待攻撃」、「厚生労働省幹部への饗応」等あまり良くないイメージがありました。

また、高給を良いことに従業員へのパワハラ系業務命令、土日も無く働かなければならいイメージを持たれている方々も未だに多いと思います。

しかし、現代社会では、製薬会社の大半はホワイト企業として企業イメージをクリアにしている会社が多くなりました。

とは言うものの、言い換えれば、未だに製薬会社の中にはブラックかグレーな会社が存在することは確かです。

そこで、ホワイトである製薬会社の特徴を4個にまとめて見ました。

更に、求人内容や面接時にホワイトと判断できる見分け方も合わせてご紹介しますので、会社選択を間違いないようにしてください。

製薬会社にブラックな職場はまだ多い?

製薬会社のほとんどが、ブラックだった時代は確かにあります。

筆者は、その時代のど真ん中で就労していた経験があります。

最近では、ホワイトかブラックかは会社の従業員への処遇を中心に語られますが、その頃は、極端な商習慣によるリベート攻勢、昼夜分たない営業姿勢、等々数えきれないほどありました。

しかし、そうした異常とも言うべき商習慣は外資系メーカーなどの参入により漸減し始め、業界全体として自粛ムードやクリーンイメージの確立を目指すようになりました。

そのため、表立ってはホワイト企業が大半を占めるようになってきました。

そこで、以下に製薬会社で未だにブラックだと思う特徴とまとめましたので参考にしてください。

製薬会社でブラックだと思う職場の特徴

まず初めに、製薬会社がブラックになる産業構造について知らなければなりません。

製薬会社を含めて製造業では、「損益分岐点」があります。

つまり、製薬会社では薬剤に費やした開発費や製造コストを補うためには、最低どれだけの数量を販売すれば利益が出るのかという目標が設定されます。

医療用医薬品の場合、公定価格である「薬価」は厚生労働省から指定されてきます。

その薬価以上の価格では売れないのが実情です。

病医院や調剤薬局では、薬価分を患者負担(保険分含む)とし、その薬剤の仕入れ値(製薬会社の納入価格)との差(薬価差)で儲けを出すことになっています。

また、対象疾患を患う患者数は、全ての疾患で厚生労働省が調査し発表されているので、その薬剤が市場占有率100%になったとしても上限が見えて来ます。

そこで、できる限り市場占有率を上げるために製薬会社は容赦のない営業戦略を立てます。

結果、製薬会社としてブラックになってしまうことになります。

では、その特徴を以下に列挙しますので参考にしてください。

製薬会社の体制全体が営業本意である会社は要注意

前項でもご紹介しましたが、医薬品製造産業における利潤の出し方はご理解いただけたかと思います。

そこで、課題になって来ることは、いかにして多くの市場占有率を持つかと言うことです。

製薬会社が営利を追求するあまり、営業本意になることはよくあることですが、あまりにその傾向が強すぎれば、本来患者サイドに立脚すべき点も見過ごされがちになります。

結果的に夜討ち朝駆けの営業、過剰な接待、金銭の過剰使用等が蔓延するようになります。

全くのブラック企業の出来上がりです。

こうしたことから、当初は見分けにくいこともありますが、営業色を全面に押し出しているような会社は「製薬会社」に限っては要注意すべきだと言えます。

会社内が沈んでいる、汚い会社は要注意

製薬会社は、イメージ的にクリーンなイメージを重視するのが普通です。

しかし、一方「どんよりとした雰囲気」「社員に覇気・元気がない」「活き活きした雰囲気が無い」等のその会社独自の雰囲気も見てみることが重要です。

当然、騒がしすぎるのも問題であると思いますが、活気と言う側面ではWeb上でも確認することが出来ます。

つまり、その会社の福利厚生制度やSNSや募集サイトの内容などで同業他社比較できます。

ホームページの作り方等の問題は別として、内容的に元気があるのか、快活なイメージがあるかによって異なります。

製薬会社は、「沈んでいる」というイメージを持たれない場合が有りますが、そこを見極めることが大切です。

新薬が無いにもかかわらず、売り上げを維持又は増加している会社は要注意

この点は、①でも言及しましたように営業に過大な負荷がかかっているか、新薬以外の別部門の売り上げが好調のせいなのかと言うことになります。

前者の場合は、グレーからブラックに陥りがちな会社です。

後者の場合は、本業である医療用医薬品分野以外で利益維持ということで、相当その分野で力を入れない限り維持できないのが普通なので、これも問題があります。

せっかく製薬会社に勤めたのですから薬の分野で活躍できるホワイト企業を選べるようにしたいものです。

オーナー会社は要注意

現時点での中小零細の製薬会社を対象にした話です。

日本を代表する製薬会社の多くでは、創始した時には全てオーナー企業だったと言って良いでしょう。

武田薬品、塩野義製薬等もそのオーナーの名前を取って社名にしたほどですから、ここではそうした昔の場合は除きます。

ここで言う現代での「オーナー企業」と言うのは全決裁権、経営戦略、営業戦略を全て「鶴の一声」で変更できるオーナーと言う意味です。

筆者が経験した例で言うと、とある小規模製薬会社の持つパテント(特許)を借りる交渉を行った時のことです。

何をするにしても全てオーナーの意向を聞かなければどんな判断も出来ない会社だった経験が有ります。

そうした会社で働く方々と言うのは、全ての従業員がオーナー社長と1対1で結びつき指揮命令も一応は組織上作られているものの、社長命令が至上命令であったと感じました。

その会社の従業員の就業状態がブラックかホワイトかは分かりません。

しかし、オーナー社長の声一つで全てが変わるようなイメージは、やはりブラックとしておいた方が安全でしょう。

製薬会社でホワイトな職場の4個の特徴

それでは、逆にホワイトな職場の特徴を製薬会社に限って紹介したいと思います。

上述の「ブラック企業の特徴」の真反対と見れば良いのですが、それ以外の部分を紹介したいと思います。

しかし、どれも一見してそうと分かる内容ではありませんが、応募する際に質問事項の一つとして聞いてみる価値のある内容かもしれません。

ヒポクラテスの誓いを理解している会社はホワイト

現代社会でも今なお受け継がれている「ヒポクラテスの誓い」を医療用医薬品のメーカーでも通用する精神として受け継がれている所は完全ホワイトです。

「ヒポクラテスの誓い」とは、医学の父と呼ばれるヒポクラテスが残したとされる医学を志す人間が行う誓いのことです。

内容は、「金銭的報酬だけを目的に医療活動を行ったり医学を教えたりすることを戒め、人命を尊重し、患者のための医療を施す」ことについて述べています。

これを医薬業に置き換えることは容易であり、自身もその基本的姿勢を尊重すべきでしょう。

医師・薬剤師の直接購入者より患者本位にもの考える会社はホワイト

製薬会社でよく陥りがちな過ちとして、自社医薬品の購入対象者が医師・薬剤師だけであるとしてしまうことです。

医薬品の最終消費者はあくまでも患者さんであり、その疾患を克服するための一助として自社の医薬品があるというスタンスを忘れてしまっている訳です。

常に患者さんの健康回復を念頭に置いた企業姿勢であればホワイト企業とされます。

インセンティブのない会社はホワイト

これも売上至上主義を取らない製薬会社と言うことで、営業系社員に対してインセンティブを設けていない会社はホワイトと言えるでしょう。

目標売上ノルマがあってのインセンティブ等は、製薬会社にとって本末転倒とも言える制度であると思います。

つまり、売れる薬剤は自然と売れますが、売れない薬剤は人気が無いだけでは無く、何等かの問題があるから売れない場合が多く、ノルマを課すことで売上増を狙う姿勢は、まさしくブラックになります。

ホワイト企業では、そうしたインセンティブでは無く、真の意味でその薬剤がどういう患者さんに効果があったのか、無かったのかを分析し、常に正確で公正な情報を医療機関に配信しているような会社がホワイトと言えます。

その活動の為に営業系従業員が活用されると言えるでしょう。

社会貢献活動を積極的に行っている会社はホワイト

一般的に、企業の社会的責任(CSR:corporate social responsibility)を十二分に果たしている会社はホワイトであると言えるでしょう。

世界の緑化運動や地球温暖化対策への貢献、発展途上国への支援等がそれに当ります。

大規模な製薬会社では、専門部署が有りそれに従事している方々も日夜活躍しているところがあります。

製薬会社でホワイトな職場を求人で見分けるには?

以上のようなホワイト製薬会社を求人内容で見分ける方法についてご紹介したいと思います。

募集要項だけでは難しいと思いますが、その会社の持つホームページ等の内容も参考にすればある程度判断できますので紹介します。

募集広告が更新されていることは募集に真剣に取り組んでいる証拠

企業ホームページの採用募集の頁が、日々更新されている事が重要です。

色々なコンテンツがありますが、その内でいづれかのコンテンツに常に手が加わっている会社は採用に真剣で、真面目に募集活動を行っている証拠になります。

インセンティブ系の給与体系になっていないこと

既に募集要項でインセンティブを謳っている会社有ります。

製薬会社で、「実力本位」だとか、ボーナスインセンティブ等を前面に打ち出しているような会社は辞めておく方が良いでしょう。

詳細な募集内容になっていること

募集要項でも、「委細面談」と言うような曖昧な記載しかない場合が有ります。

こうした場合は「あやしい」と思わざるを得ません。

委細面談は「応募者によって様々ですよ」と言っているようなもので、確固たる基準が無いということになりますので注意しましょう。

製薬会社でホワイトな職場を面接で見分けるための質問とは?

製薬会社に応募して面接担当者との面接でホワイトだと見分ける方法についてご紹介したいと思います。

そもそも、人事担当者と言うのは、「社内人事系職の担当者」と、「採用担当者」では異なった人物が行います。

採用専門の担当者は社内事情を多く知らない場合が多く、新薬の開発計画であったり、現段階での営業系情報に疎い場合が多いようです。

採用担当者は、会社案内に書いてある内容の深堀はしている場合が多いですが、それ以外の内容は熟知していないのが現状です。

そこで、その採用担当者との面談を通じてその会社がホワイトと判断することは難しいことだと思います。

また、その人物の人柄にもよる所が大きいようにも思います。

一方、これだけ聞けばホワイトだと決め打ちできることがあります。

面談時には、100社あれば100社同じことを言う内容ですが、面談最後に「何か他に質問は無いですか?」という決まり文句です。

緊張した面談がいよいよ終盤を迎えホッとしている最後にこのフレーズを聞くと、面接慣れしている人は安心してしまうフレーズかもしれません。

しかし、ここで踏ん張りましょう。

以下に示す質問を行い、その返答により見極めることが重要なキーポイントになります。

「御社の経営方針が具体化された活動はどのようなことでしょう?」(全職種)

会社ホームページ掲載されている経営方針が具体的な活動としてどのようなことを行っているのかを聞くことは何ら問題も無く、かえってその会社に対して深い興味を持っているというアピールにもなります。

「御社での働き方改革は具体的にどういった内容で取り組んでおられますか?」(全職種)

最近の話題にもなっている政府主導の「働き方改革」と掛け合わせて、時流に乗って従業員処遇の改善をどの程度真剣に取り組んでいるかの質問になります。

時世についての感覚が優れているというアピールにもつながります。

「御社では開発系と営業系の連携は具体的にどのようにしておられますか?」(全職種)

多くの会社では、この部分がウィークポイントになっている場合が多いようです。

そこで、この質問は当を得た質問になっていると思われますので、全社的な動きを知りたいという姿勢が見せられるポイントとなります。

まとめ

以上のように、製薬会社にもホワイト企業、ブラック企業があります。

そこで、その見分け方を中心にご紹介しました。

最後には面談時で見分けるためのテクニックを紹介しました。

ブラック企業に就職してしまった場合は、いち早く転職を考えるべきですが、就職前に十分検討できることは検討しておくことが第一になるでしょう。


関連キーワード

製薬会社求人

製薬会社求人についてもっと深堀りした情報を見る

製薬会社の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

各業種の会社に志望する人は、その業種や企業に自分は向いているのか?という疑問を持つ方が多いと思います。学生の方々の多くは、初めて正社員として働く職場で、その会社や職場が自分に合っているのか不安になる場合が有ります。ここでは「製薬会社」であればどのような人に向いているのか、またどのようにすれば合うようになるのかなどを参考までにご紹介します。また、製薬会社の仕事内容、向く人、向かない人、また製薬会社で働くことのやりがい等に分けてご紹介したいと思います。製薬会社の仕事の種類と大まかな仕事内容製薬会社と言っても、単に「薬を作って、売っている」と言う単純な組織ではありません。その仕事の種類や大まかな仕事

製薬会社正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

製薬会社正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。ここでは、「製薬会社」をテーマにその働き方や職種などを紹介したいと思います。製薬会社ってどんな会社?一口に製薬会社と言っても様々な専門性を持った会社があります。極端な例で言うと「○○製薬」という名称を標榜している会社でも、化粧品しか作っていない会社などは、本来的には「製薬」とは言わないような気がします。筆者は製薬会社に籍を置き、色々な製薬企業を見てきた経験から種々な情報をご紹介して行きたいと思います。ちなみに会社的な専門性についてもう少し詳しく紹介しますと、以下のようになります。① 新薬

製薬会社の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

製薬会社には様々な職種の求人があるので、就職・転職活動の際に求人票を目にすることが多いです。社会貢献度の高い仕事なのでやりがいがありますが、やはりやりがいだけでなく年収も気になりますよね。今回は製薬会社のお給料事情について解説していきます。製薬会社の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員として新卒入社した場合は月収20万円~30万円程度であることが多いです。給与の差が大きい理由は製薬会社の職種の多さにあります。入社時に専門知識の必要がないMRや工場スタッフは月収20万円~25万円程度で、大学院卒で薬学などに関する知識が必要とされる研究職や開発職は月収25万円~30万円程度の求人

製薬会社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

医薬品業界は安定しているといわれることもあり、製薬会社は就職先として人気が高いです。しかし医薬品という専門性の高い製品を扱うことから、転職にはハードルが高いと感じてしまう人もいるかもしれません。実際に製薬会社に転職するとしたらどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。製薬会社で転職する人は多い?製薬会社は転職する人も転職してくる人も多いです。求人情報サイトなどを見れば多くの製薬会社の求人を見つけることができます。特に営業職であるMRと研究職・開発職は業界内での転職がとても多いです。工場スタッフも転職は多いですが、未経験から転職してくる人もたくさんいます。よくある転職理由とは?製薬会社から製薬会