医療機器メーカー求人の仕事内容やおすすめのポイントを紹介していきたいと思います。

医療機器メーカーのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

医療機器メーカーとは、病院やクリニックなどの医療機関で行われる検査や治療などの医療行為を行う際に使用される「医療機器」を製造および販売をしている企業を総称したものになります。

医療機器メーカーは概ね以下のような部門に分かれています。

開発部門

新しい医療機器の製品や技術の開発を行う部分で、メーカーにおける中枢部門となります。

製造部門

主に工場などで医療機器そのものを製造する部門になります。

販売営業部門

製品化された医療機器の販売に関するマーケティング活動や営業活動を担う部門となります。

その他バックオフィス部門

主に人事、総務や経理などといった社内における管理業務などを担う部門となります。

これらの各部門において開発や営業、企画・マーケティング、人事総務といった仕事があります。

医療機器メーカーの仕事内容は、こちらの記事も参考に!

医療機器メーカーにはどんな種類があるの?

医療機器メーカーの種類は、概ね取り扱う機器の種類によって分類をされることが一般的です。

検査機器メーカー

病気や体の健康状態を「検査」するときに使用される「検査機器」を取り扱うメーカーになります。

主な検査機器には以下のようなものがあります。

  • CT
  • MRI
  • レントゲン
  • 心電計
  • 胃カメラ(内視鏡)

など

治療機器メーカー

手術などの「治療」をする際に使用される「治療機器」を取り扱うメーカーになります。

主の治療機器には以下のようなものがあります。

  • 電気メス
  • 医療用レーザー
  • 手術用内視鏡
  • 手術用超音波機器

など

その他の分類について

上記の取り扱い機器の種類による分類のほかに、対象としている医療の領域や臓器によって以下のような種類に分けることも一般的です。

循環器メーカー

「心臓」を中心とした全身の血管など血液循環に関わる臓器に関わる医療機器を取り扱うメーカーになります。

主な循環器系機器は以下の通りです。

  • 心臓ペースメーカー
  • 人工心肺
  • 血管用カテーテル

など

整形外科メーカー

「整形外科」は骨と関節の働きに対する故障や形状変化を対象とする診療科で、そこを専門とするメーカーが整形外科メーカーとなります。

整形外科メーカーが取り扱う製品には以下のようなものがあります。

  • 治療用ドリル
  • 人工関節
  • 骨継ぎ用プレート、ボルト

など

このほかにも、医療機関では多くの機器が使用されており、それらを支えているのが医療機器メーカーとなります。

医療機器メーカー求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

医療機器メーカーは基本的には「法人事業」となる。

医療機器メーカーの事業形態としては、基本的には「法人事業」として事業展開をしている企業が大半となります。

その理由としては、医療機器を開発、製造をして販売をし、さらには販売後のアフターフォローや修理対応などを数十年単位で継続していくことができるための大規模事業となるため、個人での事業展開が難しく、法人として事業経営する企業が多くなります。

また、その多くが「株式会社」として上場していることが多く、昔から安定した事業体のひとつとして人気があります。

ニッチな分野で活躍をする「個人事業」

前述の通り、医療機器に関する事業は大規模化する傾向があり、多くが法人事業となっていますが、個人事業で事業展開をする企業がないわけではありません。

ある特定の分野や領域、業務に特化をした個人事業も活躍をしています。

例えば、先端技術に関する研究開発のみを大手企業から請け負う企業などは、製造や販売を大手企業に委託することで独自の研究成果や機器開発などで存在感を示していたり、大手メーカーが採算性などの面で取り扱うことができない、特殊な機器などを受注生産で個別に対応する個人メーカーなども存在しています。

医療機器メーカー求人の募集でよくある職種

営業

医療機器メーカーに関する求人でよくある職種といえば、何といっても「営業職」になります。

仕事の内容としては、いわゆる営業ということで、自社製品をユーザーとなる医療機関に対して販売をしていく仕事となります。

また、営業活動と並行をして医療従事者の方に対する情報提供を行ったり、販売をした医療機器に対する修理などのアフターフォローを行ったりもします。

医療機器メーカーのユーザーに対する窓口的な役割を担う、重要な職として、常に多くの求人が出されています。

医療機器メーカーの営業職の特徴は、高収入で安定した職という部分となり、一般的な営業職に比べると専門性が必要となるといった面から給与待遇に優れており、且つ「医療」という景気などに左右されにくい社会ニーズに直結をしていることで比較的安定した企業経営が魅力的となります。

営業企画・マーケティング

営業に次いでよくある求人には「営業企画」や「マーケティング」の職があります。

これらの職は、営業職と同じ「販売部門」に属する職となるのですが、直接的な販売活動ではなく、市場調査や販売戦略の企画などといった間接的な販売活動として、営業職をサポートする業務となります。

どちらかというと、営業職は未経験者などでもエントリーが可能な間口の広い職となりますが、営業企画・マーケティング職の場合には、ある程度の業界に関する知識や経験が必要となるために、経験者が対象となる場合がありますが、必ずしも医療機器に関する経験だけではなく、他業界などで企画やマーケティングをした経験などがあればエントリー可能となっています。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

基本的には「法人事業」として東証一部などの大手市場に上場をしているような大手企業のほうが有利だと思います。

大手企業のほうが、開発や製造に関する資産を多く保有していることから、製品開発力に優れており、また販売に関しても大きな流通網や多くの自社ユーザーを確保しているなど、多くの点で競合優位性を持っていることが多いからです。

職種としては、営業職が一般的となると思います。

基本的な給与水準が高いことに加えて、営業成績に応じたインセンティブなども期待ができるので給与面に関しては他の職種よりも高く設定されている企業が多く存在します。

また、営業企画やマーケティングなども営業職からのキャリアチェンジが一般的となるため、営業職というのは全ての職に対する入口としての側面があり、営業職を経験しておくということには多くのメリットがあります。

医療機器メーカー求人でよくある募集内容とは?

医療機器メーカー求人の中身について給与関連や勤務体系、各種条件に関する解説をします。

給与相場

職種に関係がなく給与水準が高いことが医療機器メーカーの魅力となります。

給与水準については個人差が大きくあるために一概には言えませんが、基本給としての相場は360万円~500万円ぐらいです。

給与算定に影響する要素には下記のようなものがあります。

  • 年齢
  • 経験、経歴
  • 資格、スキル

年齢としては30歳がひとつの区切りになると思います。

また、前職の経験が募集されている職種に対して直結するものか否かが重要となります。

30歳を超えていて、営業経験がある、もしくは医療関連での就業歴がある場合などは給与水準が高めとなります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間については企業によりますが、大体9時~18時までの間で8時間前後の条件となることが一般的です。

休日と残業については特徴があります。

先ず休日ですが、比較的休日出勤が多い業界となります。

理由は以下の通りになります。

  • 営業やサービス部門の場合、CTやMRIなどの大型機器は納品が休日となる。そして、休日でも故障などの対応をする必要があるため。
  • 学会や研究会など、医療従事者が集まるイベントなどが休日に開催されており、市場調査や営業活動のために参加する必要があるため。
  • 医療従事者との商談などを休日に行うケースがあるため。

医療機関という休みのない施設を対象としているために休日対応が必須となることや、ユーザーとなる医療従事者との接点強化のために休日を活用した営業活動が重要視されていることが特徴です。

そして残業についてですが、多くの企業が「みなし残業制」を採用しています。

これもユーザーが24時間体制で稼働している医療機関となることに起因しており、早朝や深夜の対応などが懸念されるために、みなし残業としてはじめから一定時間の残業代が支給される仕組みをとっている企業が多くなっています。

そのため、所定労働時間外での勤務が多くなり、残業代については発生しないのが医療機器メーカーの一般的な就業体系となります。

その分、「フレックス制度」を採用している企業も多いので、時間外労働が発生した際には、出勤時間を短縮することが可能であったり、緊急対応がないような場合には早めに帰ることができ、自分で就業ペースをコントロールできるメリットなども多くあります。

福利厚生

会社の事業形態や規模にもよりますが、日系企業で大手メーカーの場合には福利厚生が充実していることも人気の理由です。

交通費支給などは当然のこととして、家族手当や家賃補助などがある企業も多く、外勤手当や食事補助などがある企業も多くあります。

勤務場所

勤務場所については、所属する部門によって異なりますが、多くの医療機器メーカーは「全国展開」をしており、全国各地に拠点を構えている企業が一般的です。

そのなかで、営業職については担当するエリアが設定されますので、担当するエリアに応じた現地拠点に所属することとなります。

ただし、直行直帰を基本とするケースが多いため、あまり社内業務がないというのも医療機器営業の特徴となります。

その他の開発部門やマーケティング、バックオフィス部門は本社勤務となることが一般的です。

製造部門の場合には工場勤務となるため、地方勤務が一般的です。

求められる人物像

医療機器メーカーで求められる人物像にはどのようなものがあるのでしょうか?

職種によっても違いがありますが、今回は職種の違いを超えて医療機器メーカー全体で求められる要素について解説をします。

品行方正で真面目な人物像

「医療」という領域での仕事となるため、いわゆる「お堅い」要素を備えていることが求められます。

もちろん、生活も含めてすべてが品行方正でなければいけないということではなく、ユーザーへの対応などにおいてしっかりとした対応ができるということになるので、オンとオフをしっかり切り分けられるということが重要になります。

誠実な人物像

医療機器というもののエンドユーザーは「患者さん」になります。

そういった観点で、医療機器メーカーは医療従事者の一部として捉えられる側面もあるために、その従業員としての姿勢については常に「誠実さ」を求められます。

勉強熱心

多くの医療機器メーカーで求められることとして「勉強熱心」ということがあります。

専門性の高い分野となるので、業界としての「医療」全体のことや、自分自身が取り扱う製品に関する「機械・工学」などの専門知識、また企業によっては「解剖」や「手術方法」といった高い医学知識の習得を求める場合もあります。

それらを積極的に学ぼうとする「勉強熱心」な姿勢については、多くの企業が求めています。

必要なスキルや資格、経験

医療機器メーカー特有に必要となるスキル、資格、経験というものはありません。

ただし、企業特性や職種によって必要となるものがあるので一部を解説しておきます。

英語

医療機器メーカーには「外資系企業」が多く存在をしており、その場合には「英語」ができるとキャリアパスの面で有利になります。

機械工学やプログラミング、エンジニアリングの資格およびスキル

開発部門に所属する際には、理系の専門知識やスキル、経験が必須となります。

医療機器メーカー求人のおすすめ求人のポイント

医療機器メーカーの求人でオススメとなるポイントを解説します。

給与水準

前述の通りとなりますが、医療機器メーカーの求人は給与水準が高めになるのが一般的です。

そのため、自分の基準として「低い」と感じる求人については避けることをオススメします!

転職で検討している場合には、現職よりも高くなる求人をチェックするようにしましょう!

勤務条件と福利厚生内容

福利厚生の内容によって実際に手にできる給与額が大きく異なってきます。

また、勤務条件などによって高い給与条件でも実際には労働条件が厳しいということもあり得ます。

残業代などが支給され、家族手当や家賃補助など福利厚生が多く、休日出勤に対する条件などが明確となっている求人をオススメとなるので、給与条件だけでなく、これらの条件とのバランスを鑑みて判断することが重要となります。

医療機器メーカー求人の雇用形態による違い

医療機器メーカーの求人については多くが「正社員」となります。

中にはパート社員や派遣社員などの求人もあるかと思いますが、その場合には限定的な業務内容となっており、いわゆるメーカーでの仕事ということにはならないのが一般的なので、先ずは正社員での求人を選ぶようにしましょう。

自分にあった医療機器メーカーの求人の選び方や注意点

失敗がないための求人選びのポイントを解説します。

【選び方①】雇用形態から探す

前述の通り「正社員」を選ぶことがポイントになります。

【選び方②】職種から探す

「営業」「マーケティング」「開発」「事務」などが主な職種となりますが、マーケティングや開発に関する職種は専門性や経験が必須となるために、選択できるケースは限定的だと思います。

先ずは、自分が望む職種を選ぶということと、自分ができることで選択するということになるかと思います。

【選び方③】会社の業態から考える

医療機器メーカーといっても対象としている領域や取り扱う製品などは各社大きく異なるので、自分自身の考えに応じて選択することが重要です。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

求人票を参考に、給与や雇用条件、福利厚生の内容などを比較検討することは非常に重要です。

【選び方⑤】エリアから考える

医療機器メーカーの多くは全国展開をしていますので、募集されているエリアや今後のキャリアパスのなかで予定されている就業エリアなどから判断することも重要となります。

医療機器メーカー求人についてよくある疑問

医療機器メーカーの求人でよくある疑問点について解説をしていきます。

応募方法は?

医療機器メーカーの求人については以下の2つの方法でエントリーが可能です。

  • 企業ホームページにあるエントリーフォームから直接エントリーする。
  • 各種就職・転職エージェント経由でエントリーをする。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

「志望動機」と「自分が考えるキャリアパス」が面接でのポイントになります。

なぜ、その企業を志望したのか、入社後にはどのような目標をもって仕事をしたいのかを明確に答えられるようにしましょう。

そのために、先ずは「企業研究」が重要となります。

ホームページなどから事業内容や事業計画などをしっかり読み込んで、自分なりの志望動機と求める将来像を語れるようにしましょう。

未経験でも応募できる?

可能です。

ただし、開発やマーケティングなど経験が必要な職種もありますので、注意が必要です。

会社の雰囲気は?

企業によって異なりますが、概ね明るく活気があります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

ほぼ正社員のみです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

雇用形態の違いがないために、給与体系にも違いがありません。

残業って多いの?

早朝や深夜までの勤務などもありますが、その分短時間勤務などが可能なので、全体としての残業時間は1日1時間~2時間程度になります。

資格って必要なの?

必要ありません。

まとめ

医療機器メーカーの仕事について解説をしました。

医療機器メーカーは、安定的な事業経営が期待される企業であるとともに、そこでの仕事については給与水準が高いことが魅力です。

営業職などについては特別な資格や経験も不要なことが多いので、先ずはエントリーからはじめてみることをオススメします!


医療機器メーカー求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療機器メーカーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

医療機器メーカーの仕事は、なんとなく医療とつくので理系のお仕事、また人のために役に立ちそうなど大まかにはイメージがつくと思います。今回は、医療機器メーカーのお仕事について、様々な面から解説します。医療機器メーカーの仕事の種類と大まかな仕事内容医療機器メーカーでは文系の人も理系の人も、様々な人がそれぞれ専門性をもってチームとして一緒に働いています。一言で医療機器といっても幅広く、扱う製品によっても異なりますが、ここでは代表的なお仕事について解説していきます。医療機器営業会社の顔ともいえる。直接病院やクリニックなどの各病院へお伺いし、担当する営業です。その仕事内容は?製品がどのように患者様の役に立

医療機器メーカーの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

みなさんは、医療機器メーカーと聞いて、どういった会社名を思いつきますか?オリンパス?テルモ?ニプロ?といったところでしょうか?世界的に有名な会社なので、ご存知の方も多いと思います。では、日本国内に医療機器メーカーは何社あると思いますか?正解は、1100社以上です。医療機器のマーケットは市場規模が非常に大きく約2兆円、業績も右肩上がりです。この業界自体の裾野もいろいろな分野で広がっています。また、どんな仕事内容、イメージですか?例えば、『お仕事は何をしていますか?』と聞かれ、『医療機器メーカー』です。と答えると、だいたいの方は病院、お医者様とのやり取りと想像されます。もちろん、間違っていません。

医療機器メーカーの転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

今回は「医療機器メーカー」に関する転職の注意点などについて、詳しく解説をしていきます。医療業界は、昔から安定した業界として人気があるうえに、給与水準が高く、未経験者でもチャレンジができる業界としても定評があります。大切な転職活動を成功させるために、どの様な点に注意すべきかを解説したいと思います。医療機器メーカーの転職で注意したほうが良い3個のことメーカーであるか?販売代理店であるか?の見極め医療という業界は、税金や社会保険料などの公的資金が多く注入されている業界であるために、医療機関や医療従事者と関連業者とのお金のやり取りについて、非常にシビアなチェックを国や地方自治体から受けることになります


医療機器メーカー求人に関するコラム

医療機器メーカーとはどんな会社?仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

就職や転職をする際の仕事選びのなかで、比較的よく目にするジャンルとして「医療」の領域でのお仕事があるかと思います。日常生活に深く関わる医療の分野だけに、何となく親近感がある一方で、実際にどのようなお仕事があるのかよく分からない業界でもあるのが、この医療という分野になります。いくつかある医療業界でのお仕事の中で、今回は「医療機器メーカー」とはどのような仕事なのか解説をします。「医療機器」と言っても、一体どのようなものを取り扱うものなのか、なかなか分かりにくいと思いますので基本的な部分から、メーカーでの仕事の特徴などを詳しく解説していきます。医療機器メーカーとはどんな仕事?先ず「医療機器」について

医療機器メーカーの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

知っていますか?日本の医療機器業界はアメリカに次ぐ世界2位の市場と言われています。国内市場をみても右肩上がりで、近年では3兆円近い数字となっています。そうです。一言で言うと景気が良いです!医療機器業界だけに限りません。健康産業と言われる、サプリメントの販売や健康食品を扱っている業界も右肩上がりです。ここまで書くとお分かりだと思います。こんなに小さな日本ですが、世界でもまれに見る高齢化なので、これらの業界は大変景気がいいです。医療機器業界といっても大きく3つに分けることができます。治療系医療機器診断系医療機器その他の医療機器(歯科用機器、衛生用品など)この中で、もっとも伸びているのは治療系医療機