医療機器メーカーの仕事は、なんとなく医療とつくので理系のお仕事、また人のために役に立ちそうなど大まかにはイメージがつくと思います。

今回は、医療機器メーカーのお仕事について、様々な面から解説します。

医療機器メーカーの仕事の種類と大まかな仕事内容

医療機器メーカーでは文系の人も理系の人も、様々な人がそれぞれ専門性をもってチームとして一緒に働いています。

一言で医療機器といっても幅広く、扱う製品によっても異なりますが、ここでは代表的なお仕事について解説していきます。

医療機器営業

会社の顔ともいえる。

直接病院やクリニックなどの各病院へお伺いし、担当する営業です。

その仕事内容は?

製品がどのように患者様の役に立つか、トータルでソリューションを提供するお仕事です。

単純に自社の製品の良い点をお伝えすることだけが仕事ではありません。

現在の日本の動向、お客様の状況を把握し、どのようにすればより患者様へ最適な医療を提供できるかを提案します。

また、製品群によって営業がわかれていることもあり、専門性とお客様とのコミュニケーション能力、さらに提案力が求められる仕事です。

医療機器開発

最先端の医療機器を開発します。

ハードウェアやソフトウェア、製品群によって分かれています。

その仕事内容は?

ソフトウェアやハードウェアの開発を行います。

開発の方針は、医療の現場で現在求められている製品や、時にはこのような製品があればより医療の未来がより良くなるのではと予測しながら開発の方向性を定め、チームで製品を開発します。

さらに実際の現場にも行き、医師や技師の方と協力しながら研究開発も進めていきます。

アプリケーションスペシャリスト、クリニカルスペシャリスト

診療放射線技師や臨床検査技師の資格を持ち、製品の使用方法の説明や提案を現場で行う仕事です。

呼び名は会社により様々です。

その仕事内容は?

製品を病院やクリニックに納品しただけでは、機器のもつ能力を全て発揮することは難しいです。

そのため臨床に対して深い知識を持つ、アプリケーションスペシャリストがメーカーと医療現場の架け橋となります。

装置の使用方法の説明や、特に臨床的な質問に関して回答します。

また実際に病変に対してどのように設定すれば効果的な使用方法となるのかを説明します。

またアプリケーションスペシャリストの仕事は、現場で使用方法を説明することだけではなく、開発へ要望をあげることも大切な仕事です。

臨床知識を持つアプリケーションスペシャリストの視点から、このような機能が今後必要なのではないかということを開発へフィードバックします。

技術営業

各製品に対して知識が特化している営業職です。

全国を飛び回り仕事をすることもあります。

その仕事内容は?

アプリケーションスペシャリストは臨床に関しての専門家ですが、営業技術は製品に対しての専門家です。

その製品がどのような特徴を持っているのか、他社に対してどのように優れているのか説明します。

特に、機器を購入するかどうかの意思決定のときに病院担当の営業とともにお客様の前でプレゼンをし、重要な役割を果たします。

製造

医療機器メーカーの製品は、正確性が重要です。

実際にラインで機械や手を動かして製造します。

その仕事内容は?

医療機器を製造します。

機械を操り、ときには手作業で作業を行うこともあり、器用さも求められます。

また、医療機器という製品の性質上、正確性が求められる仕事でもあります。

出荷前に製品検査し、丁寧に梱包することも仕事の一つです。

製造工程管理

医療機器の製造や製造工程の管理を担当します。

その仕事内容は?

製品の製造工程の管理や改善を行います。

より早く質の良い製品をお客様のもとへ納品するために、日々改善を行っています。

また、歩留まりが悪いと業績悪化にもつながるため、その理由の解明なども仕事です。

新製品や技術的に難しい製品をどのように製造することで改善することができるのか、日々努力が必要な仕事です。

また工場に見学にくる病院関係者の対応をすることもあります。

サービスエンジニア

購入していただいた製品を常に最高の状態で使用していただくために、病院やクリニックへの製品の据え付けから保守メンテナンス、保守契約などを行います。

その仕事内容は?

購入していただいた機器を実際に設置し、病院やクリニックにお伺いしてメンテナンスを行います。

購入後もずっとお客様とお付き合いすることになる会社の顔となる仕事です。

医療機器は患者さんへ使用中に故障することが最も問題になります。

定期点検を行い故障の予兆である小さなサインに気づき、予防策を行い、さらに製品の使用方法について提案することも重要な仕事です。

製品がどのようにしたらより良くなるか、開発へフィードバックをすることも大切な仕事です。

また医療機器メーカーの収益では、機器販売で利益がでるのはもちろんですが、保守メンテナンスの利益も非常に重要な割合を占めています。

お客様が安心して最高の状態で製品を使用するためにも保守契約をお勧めするのも仕事に入っているメーカーもあります。

営業がこの仕事を行うメーカーもあります。

リモートエンジニア

お客様が製品の異常に気付いたときや、質問がある場合はコールセンターへ電話をします。

そのときに、対応するスペシャリストがリモートエンジニアです。(会社により呼び名は異なります。)

その仕事内容は?

電話越しでお客様の状況を伺い、解決することが仕事です。

製品はネットワークでつながっていることが多く、コールセンターから製品の状況を知ることができます。

リモートで修理したり、操作方法を説明します。

また、リモートでできる範囲を見極め、必要に応じて現場のアプリケーションスペシャリストやサービスエンジニアへ仕事を依頼します。

サイトエンジニア

病院やクリニックに製品を納入する前に現地で建物を調査し、設置が可能か、また設置する場合どのように設置するとより使用しやすいか、また設置に必要な工程表の提案を行う仕事です。

その仕事内容は?

医療機器の中でもCTやMRIなど大型機器の場合、設置する建物についても十分な検討が必要になります。

その役目を担うのがサイトエンジニアです。

建築士などの資格を持つ人が行っていることもあります。

建物の強度、配線の検討、またCTやMRIなどでは遮蔽の検討、搬入可否について、工事業者との打ち合わせなど様々な業務があります。

これらを取りまとめ、安全にかつ工期を守り、機器を設置するための指揮を執る仕事です。

特に日本は狭い物件が多いため、この職種の方が重要な役割を果たします。

マーケティング

医療機器市場の調査や動向を調べ、どのように販売していくべきか、価格設定やキャンペーン、広報などを行います。

その仕事内容は?

医療機器だけではなくどの会社にもありますが、医療機器の市場や動向を調査、予測し戦略を立てていく仕事です。

サービスマーケティング

先ほど医療機器メーカーの利益は製品の販売もありますが、保守メンテナンスの利益も多くの部分を占めています。

そのマーケティングを行うのがサービスマーケティングです。

その仕事内容は?

保守メンテナンスは、他社との比較が難しい商品です。

情報を調べ、よりお客様へ役に立つことのできる保守メンテナンスプランを作成し、販売戦略を立てていくことが仕事です。

広報 コマーシャル

医療機器メーカーのブランド戦略を行います。

その仕事内容は?

製品を購入するときに重要なのは、やはり製品の性能ももちろんですが、印象も非常に重要です。

どのようにブランディングしていくか、戦略をたてていきます。

人事、経理、法務等

また、どの会社でも共通だと思いますが、人事や経理、法務という仕事もあります。

特に法務は薬事申請など様々な場面で重要な役割を果たします。

医療機器メーカーの仕事はどんな人に向いている?

命を扱う仕事のため、責任をもって仕事をやり遂げる人が求められます。

また協調力のある人、継続して地道な努力を続けることができる人が向いていると考えられます。

それぞれの項目について、解説します。

責任をもって仕事をやり遂げる人

これは最も重要です。

医療機器メーカーは医療現場という命を扱う場所での仕事です。

自分の発言や行動に責任を持ち仕事をしていることが大前提として求められます。

また、医療機器メーカーではどの職種でも、一つ一つの仕事が数年に及ぶことがあります。

最後までやり遂げること、またやり遂げることができない場合でも責任をもって次の人に引き継ぐこと、どのような場面でも責任感は重要です。

協調力のある人

医療機器メーカーでは一人で開発から製造、販売しメンテナンスまでできることは、大型の医療機器では困難だといえます。

そのため協調力が大切です。

また、社内だけではなく医師、技師など医療現場の人と協力することで、初めて患者さんに最適な医療を提供することが可能になります。

スタンドプレーではミスが生じる可能性も上昇します。

命を扱いますのでミスは許されません。

協調力がある人が向いているといえます。

継続して地道な努力を続けることができる人

医学は日々進歩しています。

継続して勉強し続け、最新の医学の情報、他社の情報にキャッチアップしていくことが大切です。

また、顧客との関係も一日では成り立ちません。

地道にコミュニケーションをとり信頼を得ること、製品を少しずつでも改善すること、それをチームで行うことで大きな力になります。

逆に医療機器メーカーの仕事に向いていない人とは?

逆に医療機器メーカーの仕事に向いていない人はどのような人でしょうか。

考えられる二つのことについて解説します。

誠実に仕事へ取り組まない人

向いている人は責任感を持って仕事に取り組むことができる人ですが、その反対で誠実に仕事に取り組むことができない人は医療機器メーカーに向いていないといえます。

スピード感をもって仕事に取り組むことができない人

例えば営業やサービスエンジニアは、現地ですぐに対応してほしいと要望されることが多々あります。

そのときに瞬発力をもって対応できない人は命を扱う現場には向いているといえないと想像がつきやすいと思います。

製造や開発も納期が非常に重要です。

ある一つの部門が遅れたために、製品発表で他社に後れをとることもあるでしょう。

またその後の工程がすべて遅れていくことになり、最終的には医師や技師、患者さんへ迷惑をかけることになります。

そのことを意識できない人は向いているとは言えないでしょう。

医療機器メーカーの仕事のやりがいとは?

医療機器メーカーの仕事は多岐にわたり、やりがいが非常に大きい仕事だと思います。

その中でも人の命の役に立つことができること、チームで協力して仕事ができることの二つを解説します。

人の命の役に立つことができること

医療に関わる仕事で真っ先に思いつくやりがいは、人の命の役に立つことができるというものではないでしょうか。

実際に、それを感じることができる場面も多々あります。

治療装置では直接関わりますし、診断装置は正しく診断することができることで、その人の命を救う手助けをできます。

また患者さんの後ろにはさらに多くの家族や友人がおり、その人たちの幸せを守ることができたと感じることができます。

チームで協力して一つの目標に向かっていくことができること

医療機器メーカーの多く、は大勢でチームを組み、患者さんに最高の医療を提供することが目的です。

その一つの目標のために社内でもいろいろな人と相談し、医師や技師の方とも相談し、一つの目標のために向かっていくやりがいは非常に大きく感じることができます。

医療機器メーカーで働いた経験をどんな仕事に活かせる?

医療機器メーカーで働いた経験を生かす道は多岐にわたります。

職種ごとに専門性を生かして働いている人が多いため、医療機器という部門に限らず転職することが可能です。

例えばマーケティング能力を生かして異業種に転職、また営業の能力を生かしてコンサルタントとして独立、また医療開発という点から研究開発職へ転職や医師を目指して大学へ編入学する人もいます。

責任能力やコミュニケーション能力はどの業界や職種でも生かすことができるため、本人次第で様々な仕事に生かすことが可能な仕事と考えられます。

まとめ

以上、医療機器メーカーのお仕事についてまとめてみました。

医療機器メーカーでのお仕事は、命にかかわるためハードですが大変やりがいがある仕事です。

ぜひ挑戦してみてください。

医療機器メーカーの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

医療機器メーカー求人

医療機器メーカー求人についてもっと深堀りした情報を見る

医療機器メーカーの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

みなさんは、医療機器メーカーと聞いて、どういった会社名を思いつきますか?オリンパス?テルモ?ニプロ?といったところでしょうか?世界的に有名な会社なので、ご存知の方も多いと思います。では、日本国内に医療機器メーカーは何社あると思いますか?正解は、1100社以上です。医療機器のマーケットは市場規模が非常に大きく約2兆円、業績も右肩上がりです。この業界自体の裾野もいろいろな分野で広がっています。また、どんな仕事内容、イメージですか?例えば、『お仕事は何をしていますか?』と聞かれ、『医療機器メーカー』です。と答えると、だいたいの方は病院、お医者様とのやり取りと想像されます。もちろん、間違っていません。

医療機器メーカーの転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

今回は「医療機器メーカー」に関する転職の注意点などについて、詳しく解説をしていきます。医療業界は、昔から安定した業界として人気があるうえに、給与水準が高く、未経験者でもチャレンジができる業界としても定評があります。大切な転職活動を成功させるために、どの様な点に注意すべきかを解説したいと思います。医療機器メーカーの転職で注意したほうが良い3個のことメーカーであるか?販売代理店であるか?の見極め医療という業界は、税金や社会保険料などの公的資金が多く注入されている業界であるために、医療機関や医療従事者と関連業者とのお金のやり取りについて、非常にシビアなチェックを国や地方自治体から受けることになります