食品加工の仕事はどんなものかご存知でしょうか。

食品加工という言葉は聞いたことあるけど、詳しくは知らないという人も多いと思います。

一口に食品加工と言っても、同じような仕事ばかりではなく、担当する役割や業務によって、様々な仕事があります。

今回は食品加工求人でよくある内容や、どのような人が食品加工に向いているのか、また食品加工の現場で働く際はどのような役割を求められているのかなどを、食品加工の工場で働くことに興味がある人に向けて、わかりやすく説明していきたいと思います。

「食品加工の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

食品加工のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

食品加工の仕事は、扱うものはすべて食品で、それを加工する業務です。

その業務に関わるすべての流れや、ラインに関わる人々の仕事が「食品加工」となります。

原材料の受け入れを行う人、食品を加工する人、さらには商品として出来上がった製品を出荷する人など、様々な業務があります。

また、食品加工の工場全体に関わる業務として、工場で使用する機械をメンテナンスする人も必要です。

全体的な取りまとめとして、工場全体の出荷量や予定数に応じて工場の稼働状況を決める、責任者という仕事もあります。

さらに、現場で作業を行うだけではなく、作業を行う人がシフトや勤務時間通りに勤務するために、それを支える事務の仕事もあります。

食品加工は会社でどういう役割を求められる?

食品加工で働いている人は、常に丁寧に仕事を行うよう求められます。

毎日同じような作業内容となってくると、どうしても自分の中で雑になってしまうことがあるかと思います。

しかし、食品加工の現場で働く場合は、同じ作業の繰り返しでも、すべての製品において一定以上のクオリティで製造を行わなければいけません。

ライン作業や流れ作業で業務を行っているため、自分一人が良ければ問題無いといった考えではよくありません。

このように、食品加工の工場で働く場合は、コツコツと丁寧に真面目に、仕事を行なうことが求められます。

食品加工の求人にはどんな種類があるの?

食品加工の求人の種類には、正社員またはパート、アルバイトなどがあります。

どちらの求人の種類が良いかは個人で異なると思いますが、正社員の場合は、食品加工の工場全体を統括したり管理する業務を行います。

パートやアルバイトの場合は、食品加工の現場で実際に作業を行う、作業員としての業務がほとんどかと思います。

非正規で働く場合は、待遇面なども事前にしっかりと確認する必要がありますが、大手の工場の場合は、福利厚生や休暇もきちんとしている場合が多いようです。

食品加工の求人募集でよくある施設や事業形態のパターン

コンビニのお弁当やサラダなどの食品製造ライン

コンビニのお弁当などは、多くの人によって作られています。

自分が担当する食材を詰めたり、のせたり、流れ作業によって業務を行います。

配置された場所によって行う作業は異なりますが、決まった量や大きさがありますので、その規格に沿った作業を行わなければなりません。

このような製造ラインは、自分と同じような業務を行う人が何人もいて、チームで作業しますので、最初は勝手が分からず戸惑ってしまっても、他の人とコミュニケーションを取りながら、迷惑をかけることのないようにしなければなりません。

飲料食品や缶詰の食品加工工場

飲料や缶詰等の加工工場の場合、ほとんどの業務が機械化されている場合も多くあります。

そのような工場では、商品のチェックや機械のメンテナンスなどが主な業務となります。

もちろん実際に手を動かして、加工や食品の処理を行う場合もあります。

機械化が進んでいる工場では、製品の製造ラインの全体の流れを確認しながら、製造から出荷まで計画に沿って作業を行い、機械のトラブルなどに適切に対処する必要があります。

食肉の加工・製造の工場

食肉の加工や製造とは、大きなブロック肉を加工しやすいように切り分けることから始まります。

機械で切り分けるのですが、扱う大きさが大きいため、男性が行うことが多いです。

そこからブロック肉の成型やスライスなど、実際のスーパーに並んでいるような商品への加工を行います。

この様な業務は女性が行いますが、個人の技術や力量が求められますので、手先が器用であったり、普段から料理をされている方は向いているかもしれません。

決まった仕事をこなしていくことで全体の仕事が進んでいきますので、自分の担当作業には責任を持つ必要があります。

また、衛生管理上、冷蔵庫よりも寒い場所で数時間立ちっぱなしで作業することになりますので、健康管理には十分気をつける必要があります。

食品加工の求人募集でよくある職種

食品加工を行うラインや流れ作業での作業

食品加工の求人の中でもっともよくある職種ではないでしょうか。

誰にでもできる仕事として、未経験の人や学歴なども関係なく求人募集がされています。

原材料の準備や運搬・出荷に関する作業

食品加工を行う前の原材料の運搬や、出荷に関する業務など、大型の機械を操作する必要がある業務です。

そのためのスキルなどが必要ですので、誰でもできる仕事ではありませんが、食品加工以外の工場などでも同じような勤務経験があれば、自分の実績や経験を活かして取り組める仕事だと思います。

加工製造の計画を立て、推進させる管理職的な業務

食品加工の工場は、製品の製造や出荷までの計画が事前に組まれており、そのためにシフトを組んだり、必要があれば期間限定のパートやアルバイトを雇用したりします。

こういった全体的な工場の管理を行う仕事の求人もありますが、このような求人は正社員としての募集がほとんどです。

食品の品質管理を行う業務

食品加工の工場は、常に衛生管理に気を配り、食の安心・安全に務めています。

そのため常に製品の衛生管理を行い、細菌が繁殖していないかサンプリング検査を行ったりして、品質管理に努める業務があります。

このような業務は、大学や短大で学び、栄養士や調理師の資格を持っている人材を募集する場合が多いです。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

職場の規模や職種等は様々ありますが、自分自身の適性やどういった働き方をしたいのか、状況を考えてから選んだ方がよいでしょう。

大企業でも長時間労働が日常化している工場もあるかもしれません。

働く現場がどのような職場か分からない場合は、正社員ではなくパートやアルバイトから入って働き始める方が無難でしょう。

「食品加工の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

食品加工の求人でよくある募集内容とは?

食品加工の求人でよくある募集内容としては、軽作業やライン作業の募集があります。

その他に、主に正社員としての募集には、工場全体の管理職の求人があります。

給与相場

パートやアルバイトの場合は、時給1000円前後ではないでしょうか。

特別な技術や技能は必要ありませんので、あまり高くはありませんが、働いた時間によってしっかり給与は出ますし、福利厚生もしっかりしている場合が多いですので、条件の悪くない仕事と言えるかもしれません。

また正社員の場合は、管理職という立場であったり、工場長などの役職につけば給与は上がりますが、一般的な仕事での給与はそれほど高くありません。

しかし、時間外手当などはしっかり出る場合がありますので、忙しい時期などは、働いた分だけ給与はアップするでしょう。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は、基本的に8時ごろから17時頃までが一般的かと思いますが、お弁当やパンなどの製造は朝が早かったりします。

また、お歳暮やお中元などのギフト商品を扱っている場合は、その時期だけ忙しくなりますので、期間限定で人手を募集します。

時期的に忙しい際は残業もありますが、一か月単位でシフトは変わりますので、事前に自分の休みを申請しておけば、融通は利きやすいと思います。

福利厚生

福利厚生については、しっかりとしている場合が多いです。

健康保険や雇用保険といった保険関係も完備している所もあり、その他にも大きい工場では、食堂等もある場合もあります。

また、社内販売で自社の製品を安く購入できたり、B級品をもらえる場合もあり、自分の好きな食品の工場で働いている場合は、そのような点もうれしいポイントとなります。

勤務場所

勤務場所は工場となりますので、自分が通いやすいかどうかによって勤務のしやすさは変わってくると思います。

食品加工の仕事でも郊外にある工場もありますし、工業団地の中に工場がある場合もあります。

勤務場所によって通勤の方法などが変わってきますので、事前に自宅からの距離や勤務場所を検討しておく必要があります。

求められる人物像

食品加工の工場で働く際に求められる人物像は、コツコツ真面目に業務を行うことができる人です。

しかしそれ以上に、分からないことは分からないと周囲に素直に聞ける人物である必要があります。

全体での流れ作業の一端を担うことが多いですので、チームワークも必要です。

周りとコミュニケーションを取りながら、素直に仕事を覚えようと常に意欲的に行動していく人こそ、食品加工の現場では求められる人材だと思います。

食品加工の仕事に向いている人については、こちらの記事を参考に!

必要なスキルや資格、経験

食品加工の現場の一作業員の場合は、必要なスキルなどはなく未経験でも問題ありませんが、工場の管理や運営を行う場合は、短大や大学で調理師や栄養士の勉強をしてきた人が有利になると思います。

品質管理や衛生管理などの仕事には直接活かせる資格となります。

また、食品の調理や食に関わる仕事に就いていた経験などもあれば良いと思います。

食品加工のおすすめ求人のポイント

様々な求人が出されているので、どのような求人がいいのか悩んでしまうと思います。

おすすめのポイントを説明します。

自分にあった働き方ができる職場かどうか

働こうと思っている食品加工の工場は、自分が思っている働き方ができるのか、働き始める前にきちんと確認する必要があります。

最初から求人にきちんと待遇や勤務時間が記載されているか、自分のシフトはどのように決まるのかなど、気になったところは必ず確認してください。

そのような質問や疑問に丁寧に答えてくれる職場であれば、それに値する人を募集しようとしていることの表れですので、おすすめの求人と言えます。

福利厚生や手当について記載があるか

どのような福利厚生があるのか、勤続が長くなると手当などはあるのか、時間外勤務の場合はきちんと残業代が支払われるのか、といった内容が事前に求人に記載されているかは、大切だと思います。

この内容がきちんと記載されており、自分にあった求人であればおすすめします。

「食品加工の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

食品加工の求人の雇用形態による違い

雇用の形態としては、正規勤務か非正規勤務かのどちらかが考えられます。

正規で働く場合は、工場全体の管理や生産・計画などすべての流れや状態を把握しておく必要があり、計画通りに製品を出荷できるよう多くの人を動かし管理していく仕事です。

非正規での勤務は、食品加工の現場にて作業員として働く実働部隊と言っていいでしょう。

与えられた仕事をこなしていけばよいので、一つの業務を集中して行いたい場合は、このような働き方もあると思います。

食品加工の求人についてよくある疑問

食品加工の工場や現場で働こうと思われている方にとって、実際にどのような人が採用されるのか、面接ではどのようなことを聞かれるのか、気になると思います。

特に初めて食品加工の求人に応募される際は、とっても不安だと思います。

応募する際に気をつけた方が良いことや、準備していくべき心構えについて、お話しさせていただきます。

不安を持たれている人にとって参考になれば幸いです。

応募はどこで行っている?

求人情報はハローワークや民間の仕事情報などに載っています。

その他にも、新聞の折り込み広告やフリーペーパーの広告欄にも募集情報が載っている場合がありますので、興味がある時は、地元の情報を集めるようにするとよいでしょう。

採用時の面接ではどのようなことを聞かれるの?

求人に応募した後は、食品加工工場の責任者や採用担当者との面接となります。

面接では、仕事に対して真面目にコツコツと取り組むことができるか、人柄や性格を確認するような質問があるでしょう。

食品加工の工場で働こうと考えている人は、自分でこの仕事に適性があって応募していると思いますので、自分の性格や長所をアピールすれば大丈夫です。

また、面接の際には、全体的な清潔感や爪の長さ、化粧や整髪料をつけているか、などを見られますので気をつけましょう。

食品加工の仕事では、どんな人を求めているの?

食品加工の現場で働く人は、気配りや周りのことを考えて行動できる人が求められます。

自分が与えられた仕事をこなすことも大切ですが、ラインでの業務や流れ作業となることが多い仕事ですので、作業全体を見渡し行動できれば、非常に重要な人材となるでしょう。

食品加工の仕事は初めて、未経験でも大丈夫?

食品加工で働きたい方は未経験でも問題ありません。

必ず、自分と同じ業務を行っている方がいますので、最初は教わりながら業務をこなしていけば大丈夫です。

まとめ

食品加工の仕事内容は、様々な形態の工場があり、それに伴って作業内容や勤務体系も異なります。

食品加工の現場で働くことに興味をもっている方々も、一人一人目指している働き方は異なると思います。

そのような中で、ぜひ自分に合った働き方が出来る求人を見つけて、食品加工の現場で働いてみてください。


関連キーワード

食品求人