食品加工の工場ではどのような人々が活躍されているか、ご存知でしょうか?

食品加工といっても、扱う食品の種類によって作業内容は大きく異なります。

今回は、食品加工の工場で働いている人々の働き方の紹介や、どのような人々が食品加工の工場で働くことが向いているのかをお話しせていただきます。

食品加工の仕事に興味のある人や、実際に働いてみたいと考えられている方々の参考になれば幸いです。

食品加工はどんな仕事?

食品加工とは、簡単に言ってしまうと、食品を加工してスーパーなどで並ぶ商品にすることです。

皆さんも日々買い物をする際に、様々な食品の加工品を目にしているかと思います。

生鮮食品から、保存食品までありとあらゆるものが、どこかの食品加工の工場から製造・出荷されたものです。

その製品を製造して出荷するまでの工程を食品加工といい、そのような食品加工を行う場所を食品加工工場と言います。

食品加工の内容は、扱う食品によって異なりますが、大きな食材を加工するところから、最終的な包装業務のような細かい作業まで、作業内容は多岐に渡ります。

食品加工の大まかな仕事内容

食品加工の仕事内容としては、食品加工の多くの仕事が流れ作業となっているものが多く、それらは全てをラインにのせて作業を進めます。

そうして、流れ作業で食品を受け入れから加工、包装までを行い、製品にして出荷を行います。

食品加工として働く際は、実際に食品を加工する作業的な業務がほとんどだと思います。

このような場合、自分が担当する場所が決まると、同じ作業を何度も繰り返すことになります。

最初は戸惑うことも多いですが、慣れてくると同じような作業の繰り返しですので、自分の力量が仕事が行えるようになります。

流れ作業での業務となりますので、作業には一定の正確さや素早さも求められます。

また、実際に食品を加工する業務を行う他に、その業務をきちんと行えるように作業の段取りを行う裏方的な仕事もあります。

仕事上の役割とは?

食品加工の仕事上の役割は、自分が担当する業務の内容によって異なります。

食品加工の仕事として、流れ作業で業務を行う人については、自分が担当する業務の内容を確実に行うことが求められます。

なぜならば、自分が担当している業務を確実に行わなければ、作業全体が進まなくなってしまい、工場全体に迷惑をかけてしまうからです。

きちんと自分に与えられた仕事をこなしていくことが、食品加工の仕事を行う上では大切な役割です。

食品加工の仕事はどんな人に向いている?

食品を扱うという点や、自分が作業を行う業務が一度決まってしまうと、あとは毎日同じような作業の繰り返しとなる点から、向いている人のポイントいくつかを挙げてみます。

コツコツと真面目な人

食品加工の仕事は、毎日同じような作業の繰り返しを抵抗なく行える人が非常に向いています。

仕事内容は、一度覚えてしまえば、誰でも行うことができる単純なものが多いですので、そのような単純な作業でも嫌がらずに繰り返し行うことができる人が求められます。

どんな仕事でも真面目さは求められますが、食品加工の仕事は自分に与えられた仕事をコツコツと、ずっと続けて行える真面目な人が、非常に重要な人材となるでしょう。

仕事を同じクオリティで行える人

先ほどの仕事の真面目さと重なる部分もありますが、商品として食品加工の製品を出荷する必要がありますので、自分が与えられた仕事においては、一定の水準で食品加工を行わなければなりません。

その一定のクオリティを満たした製品を、常に製造しつづけることが大切です。

もちろん最初のうちは、先輩や上司と同じような作業をこなしていくことは難しいでしょう。

しかし、作業自体は単純なものが多く、機械化されていることも多いですので、自分がまかせられた業務をきちんと理解し、仕事を覚えて実践できる能力も求められます。

コミュニケーション能力のある人

食品工場での作業は、担当する役割ごとにチームで作業することもあります。

みんなと一緒に同じような作業を行いますので、チームワークやコミュニティケーション能力も大切です。

衛生的で身だしなみがきちんとしている人

食品を扱いますので、きちんとした身だしなみができていない人は、まず採用されないでしょう。

一般的に小ぎれいな清潔感があれば、採用されると思いますが、常日頃から身だしなみに気を使い、衛生的な環境での仕事経験や理解がある人が向いています。

化粧が濃すぎたり、バッチリメイクじゃないと無理という人は、あまり向いていません。

最低限の身だしなみさえきちんとしていれば、マスクや作業服は支給されますので、最悪、すっぴんでもOKでしょう。

女性が活躍している職場ですが、女性でも化粧がちょっと面倒だなと思っている人に、とっても向いている職場です。

男性も爪の長さや髪の毛をきちんと整えて、清潔感があれば問題ありません。

整髪料などの使用を禁止している場合もありますので、実際に働く際はきちんと確認を行う必要があります。

食品加工の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

食品加工の工場で働くために活かせる経験として考えられるものは、調理経験があったり、衛生的な知識や理解が求められる職場での仕事経験ではないでしょうか。

また、立ち仕事の作業が多いですので、体力に自信のある人は向いています。

このように、食品加工の仕事を行う際は、何かしら食と関わる仕事をしていれば、自分の経験を生かせると思います。

食に関係する職場で働いていた経験

これまでの仕事で、食品を扱っていたり、食品に関する業務を行っていた人は、その経験を生かすことができると思います。

食品加工の仕事は、非常に衛生管理に厳しく、常に清潔で安全安心が求められる職場です。

そのため、一度でも食に関する仕事をしていれば、食品の扱いやどのような点で衛生管理に気をつければいいのかを理解している方がほとんどだと思います。

そのような経験は、食品加工の仕事を行う上でとても役に立つ経験となります。

衛生的な環境や安全面について勉強していた経験

食品加工の仕事を行う際は、学校や職場などで衛生管理や食の安心、安全に関する学習を行っていればその経験を生かせると思います。

具体的には、調理師や栄養士などの食に関わる資格です。

自分自身が専門学校や短大、大学などで食品の安全や衛生管理について学んでいれば直接生かすことができると思いますし、衛生管理に関する知識があれば、食品加工の作業的な業務だけではなく、食品加工の工場全体の衛生管理や責任者として働くことが出来ます。

食品加工の現場は衛生面や安全が徹底されており、掃除や整理整頓などが求められる職場です。

そのような環境での仕事も、事前に学んでいればスムーズに自分の中に取り入れることができると思います。

そして、実際の現場で働くことで、学んだことを活かしさらに向上させることができるでしょう。

食品加工で働くメリットとは?

どんな仕事でも段取りよく行うようになる

食品加工の工場で働く場合、実際の現場で行う加工業務内容はある程度決まっています。

加工の工程によって、大変さや仕事の辛さは異なると思いますが、基本的には同じことの繰り返しです。

そのため、自分自身がどのように作業を行えば段取りよく、さらに手早く行うことができるのか、毎日考えることが出来ます。

実際にその業務を工夫しながら実践することが出来る経験は、実生活のいろんな場面においても、段取りよく対応できるのではないでしょうか。

単純作業なので、パートやアルバイトでも働きやすい

食品加工の現場で働く場合は、単純な作業の繰り返しがほとんどです。

行う業務も特別な技術や技能が必要では無いものが多いです。

そのため、正社員以外のパートやアルバイトの求人募集も多くあり、大規模な工場の場合は福利厚生などもしっかりしています。

また、時間的にも決まった時間で働くことができますし、一度仕事を覚えて、自分自身の技術を身につけることができれば、働きやすいと思います。

立ち仕事なので、体力が身につく

食品加工の仕事は基本的に立ち仕事が多く、最初のうちは、肉体労働で非常に疲れます。

しかし、徐々に体が慣れてくると体力がついてきますし、作業自体は軽作業と呼ばれる業務ですので、こなしていけると思います。

健康な人で、体力に自信のある人にとっては、楽な仕事と感じることもあると思います。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

食品加工の現場作業だけを行っているうちは、キャリアアップの道は難しいかもしれません。

このような業務は、ほとんどの人が行うことができる業務だからです。

しかし続けていくにつれ、工場全体の衛生管理や機械のメンテナンス作業などのスキルも身につけられるようになってきます。

そのため、工場全体の流れや作業内容がわかってくれば、責任者としての業務を求められるようになります。

工場の管理や作業計画などを行うような管理職の職に就くことは、正社員として働くことになりますので、キャリアアップとなっていきます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

食品加工での仕事の経験は、すべての作業において作業手順や内容が決まっています。

そのため、決まった作業内容であっても段取りよく作業をこなしたり、自分なりに工夫して作業を行うなど、常に見通しを自分なりに考えながら業務を行うことができます。

他の仕事でも、仕事の見通しを考えて自分なりに業務に取り組むことは多々あると思いますので、そのような場面で、食品加工での経験は活かすことができると思います。

自分にあった食品加工の求人の選び方や注意点

食品加工の求人は、正社員からパート・アルバイトなど様々な業種の仕事があります。

業務内容は、求めている人材によって異なるため、自分にあった働き方ができるように、求人の内容をきちんと確認する必要があります。

【選び方①】雇用形態から探す

食品加工の求人で求められている人材を大きく分けると、正規雇用か、非正規雇用と呼ばれるパート・アルバイトなどに分けられます。

正社員であれば、食品加工の現場で働くのではなく、工場全体の取りまとめや生産・製造・出荷の計画や品質管理が大きな仕事となります。

パートやアルバイトの場合は、現場の一作業員として働きますので、責任の大きさなどが異なります。

【選び方②】職種から探す

食品加工の現場での仕事も様々あり、食品の加工業務の他に、原材料の受け入れや出荷業務に従事する人、商品の品質管理や問題がないかチェックする業務の人など、様々な業種があります。

自分が考えている業種に就くことができるのか事前に確認を行い、ミスマッチが無いようにしましょう。

簡単な軽作業を行うつもりが、出荷業務に回されて大きな機械業務をしなければならない場合などは、働き続けることが難しいかもしれません。

【選び方③】会社の業態から考える

食品加工の工場も大規模から小規模なものまで色々あります。

また、実際に製造している製品によっても作業内容は異なります。

自分が働いてみたいと思える作業内容かどうか、求人の中身を確認する必要があります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

食品加工の工場で働く場合、正規雇用か非正規雇用によって給与は異なります。

しかし、非正規雇用といっても一概に給料が低いわけでなく、しっかりと働いた金額の給料は出ますし、大きな食品加工の工場であれば、福利厚生などがしっかりと整っている場合も多いです。

どちらの求人が良いかは、自分自身の働き方を考えて検討されたら良いと思います。

また、非正規雇用でも働き方が優秀な場合は、正社員への打診もあるかもしれません。

その際も、他の社員の働き方や管理体制などきちんと把握し自分が納得した上で、働き続けるべきだと思います。

【選び方⑤】エリアから考える

食品加工の工場は全国にありますので、みなさんが住んでいる地域の近くにもなにかしらの食品加工工場はあるのではないでしょうか。

工場によっては送迎などがある職場もありますので、自分が働きやすい地域での求人を探してみてください。

まとめ

今回は、食品加工の仕事内容や食品加工の仕事に向いている人について、お話しさせていただきました。

食品加工の仕事内容や求人は多岐に渡っていますが、自分にあった働き方を行うための参考になれば幸いです。

食品加工の業界に興味を持たれた方はぜひ、求人を探してみてください。


関連キーワード

食品求人