皆さんこんにちは。

今回は食品販売の転職について気をつけておかなければいけない事というテーマでお送りいたします。

好景気による求人数の増加で、転職市場は非常に活気付いており、仕事を見つけやすい状況となっていますが、その様な機会だからこそ、様々な角度から情報収集し、失敗しない転職を行なって頂きたく思います。

どうぞ最後までお付き合いください。

食品販売の転職で注意したほうが良い3個のこと

それまでのスキルが活かせるか

同じ業界からの転職の際はさほど気にすることはないですが、異業種からの転職の場合はこれまでの自分のスキルが食品販売の仕事に活かせるかどうか確認する必要があります。

幸い、食品販売業界は受け入れ間口が広く、異なった様々なスキルを活かすことのできる汎用性の高い業界です。

飲食業や調理関係の仕事だけではなく、倉庫業や運送業、接客の際の介護職などの経験も十分活かせますので、確認してみてください。

やりたい仕事が明確になっているか

折角の転職の機会です、自身のキャリアアップや、仕事の充実度など、転職によって自身の生活が向上するものでなければいけません。

食品販売の仕事と一口に言っても、食品加工から調理、仕入れや陳列、接客など、仕事の内容は多岐に渡ります。

自身のやりたい仕事は何か、充実感の得られる仕事内容が食品販売の中にあるかなどの確認を行う必要があります。

労働環境は自分にあっているか

単純な問題ですが、食品販売の仕事は立ち仕事であり、肉体労働的な側面が大きいです。

また店舗では不特定多数のお客様と接することになり、様々な人間関係が交錯する中で仕事を行わなければなりません。

それまでの仕事に対してギャップが大きくないか、労働環境に自身が耐えられるかなどの確認を怠ると、意外なギャップに体や心が悲鳴を上げてしまう事になります。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

仕事内容、職場環境などの確認

前述した様な仕事内容や労働環境、キャリアアップの方法など、なるべく多くの情報を集める必要があります。

企業ホームページや転職サイトの情報などは必ずチェックすると同時に、実際に店舗を見学し職場環境や従業員の働きぶりなどを確認することも大切です。

幸いにも食品販売は職場である店舗はお客様に向けて解放されていますので、見学などは容易に行う事ができるでしょう。

企業風土、待遇などの確認

仕事内容が良くても企業風土が自分に合わなければ働いても充実感を得られません。

面接など実際に企業の管理職と会う機会では積極的に質問し、企業風土の理解に努めましょう。

企業風土はそれぞれの企業のトップに会う事が一番理解しやすいです。

トップ面接がある場合は貴重な機会ですので最大限に活用してください。

また年収や休日、勤務時間や福利厚生制度など、待遇面も重要です。

いくら面白い仕事でも、待遇面が悪ければ長く続ける事はできませんし、逆も同じです。

仕事内容と企業風土、そして待遇面に関してバランスよく判断する事が大切です。

転職するに当たっての必要な心構え

攻めの転職を心がける

転職先でキャリアアップする、やりがいのある仕事で人生を充実させるなど、ポジティブな理由での転職を心がけましょう。

どんなに辛くても、現状が辛いなどのネガティブな理由での転職は、自身の人生に対して好影響は与えません。

常に前向きな攻めの転職を心がけてください。

近未来のビジョンを描いておく

転職後の自身の将来像について、まず最初は仕事に慣れてからという考えの人が多く、1年後〜3年後の近未来の姿について想像していない人がほとんどです。

近い将来こうなるという目標を持てれば、それに向けて具体的な行動計画を立てることもでき、仕事を覚える速さにも大きな差がつきます。

転職をする前には、転職先での数年後の目標を必ず立てる様にしてください。

食品販売の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

自分の長所をアピールする

キャリアアップの近道は、自分の短所を克服することではなく、長所をどう伸ばすかにかかっています。

自身がこの仕事でどの様な能力を活かしてどの様に貢献できるか、明確なビジョンを持って日々の仕事に向かう事が重要ですし、上司や周囲の人間にも、自分の長所は何かを常時アピールする事が大切です。

率先垂範して物事に当たる

転職先では自身が一番新人である可能性が高く、最初は何事にも遠慮して控えめになりがちです。

しかし上司を含め周囲との信頼関係をより早く築くためには、人が嫌がる仕事や、躊躇する仕事を率先して請け負い、行動する事が大切です。

上司もまだあなたがどの様な人間で、どの様な能力があるかは見極めれていません。

失敗してもいいので多くの仕事を率先して行う事で、自身に合った仕事を依頼しやすくなります。

食品販売で人気な職種や業界とその理由

食品スーパーマーケット

業界全体で異業種からのスキルを転用しやすく、様々な能力を活用して働くことのできる汎用性の高さで人気です。

調理経験を活かして惣菜や水産、畜産部門で働いたり、介護職の経験を活かしてレジでの接客業で能力を発揮したりなど、多種多様な人材が活躍しています。

コンビニエンスストア

食品販売業界でも最も仕事を覚えやすい業界であり、未経験者でも1週間程度で戦力になる即時性が魅力です。

24時間営業であり、店舗数も最も多い為、多くの人手を必要としており、シニア層や学生、外国人などの登用も多いですが、マニュアルが整備されており、どんな人でも戦力化する事が可能です。

初心者には最適の業界という事ができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は食品販売への転職について紹介させていただきました。

食品販売の仕事は肉体労働的な面が多く、シフトも流動的で労働環境はあまり良くない業界です。

しかし多くのお客様と仕事を通じて接したり、食品を通じて仕事だけでなく自身の食生活も充実させる事ができたりなど、魅力も多い業界です。

業界分析や企業研究、そして自己分析をしっかりと行い、自身に合った食品販売における「天職」を見つけて頂ければと思います。


関連キーワード

食品販売求人

食品求人についてもっと深堀りした情報を見る

食品加工求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

食品加工の仕事はどんなものかご存知でしょうか。食品加工という言葉は聞いたことあるけど、詳しくは知らないという人も多いと思います。一口に食品加工と言っても、同じような仕事ばかりではなく、担当する役割や業務によって、様々な仕事があります。今回は食品加工求人でよくある内容や、どのような人が食品加工に向いているのか、また食品加工の現場で働く際はどのような役割を求められているのかなどを、食品加工の工場で働くことに興味がある人に向けて、わかりやすく説明していきたいと思います。食品加工のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容食品加工の仕事は、扱うものはすべて食品で、それを加工する業務です。その業務に関わるすべ

食品加工の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

食品加工の工場ではどのような人々が活躍されているか、ご存知でしょうか?食品加工といっても、扱う食品の種類によって作業内容は大きく異なります。今回は、食品加工の工場で働いている人々の働き方の紹介や、どのような人々が食品加工の工場で働くことが向いているのかをお話しせていただきます。食品加工の仕事に興味のある人や、実際に働いてみたいと考えられている方々の参考になれば幸いです。食品加工はどんな仕事?食品加工とは、簡単に言ってしまうと、食品を加工してスーパーなどで並ぶ商品にすることです。皆さんも日々買い物をする際に、様々な食品の加工品を目にしているかと思います。生鮮食品から、保存食品までありとあらゆるも

食品メーカーの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

食品メーカーの仕事は、人が生活していく上で必要な衣食住のなかの「食」を、様々な形にして世の中に届ける仕事です。お客様の口に入るものなので、なによりも安心・安全なものを届けることが使命となります。食品メーカーの仕事にはどんなものがあるの?主食品と一口にいっても、生鮮食品や加工食品といった大きなカテゴリーがありますし、温度帯によって冷凍、冷蔵、常温など温度帯によってもジャンル分けすることができます。近年ではより利便性を高めた商品が開発されています。食品メーカーの大まかな仕事内容食品メーカーにはさまざまな企業がありますが、アイデアをまず企画として形にし、企画に基づいて原材料を仕入れ、適切な資材で包装

食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと

皆さんこんにちは。今回は転職に関する知っておきたい情報として、食品会社への転職について注意しておきたいこと、転職のポイントなどをご紹介させていただきたいと思います。一般的に食品会社と言いましても、製造業、小売業、外食業など多くの業界があり、様々な職種が存在しています。今回は食品会社に共通する点やそれぞれの業界の特徴的な点などに分類して説明させていただきます。食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと食品業界に共通して言える事についてそれでは、まず食品会社の転職で注意した方が良い事として、食品業界全体に共通するポイントについて述べてみたいと思います。清潔感、衛生に関する注意食品業界は共通して食