食品メーカーの仕事は、人が生活していく上で必要な衣食住のなかの「食」を、様々な形にして世の中に届ける仕事です。

お客様の口に入るものなので、なによりも安心・安全なものを届けることが使命となります。

食品メーカーの仕事にはどんなものがあるの?

主食品と一口にいっても、生鮮食品や加工食品といった大きなカテゴリーがありますし、温度帯によって冷凍、冷蔵、常温など温度帯によってもジャンル分けすることができます。

近年ではより利便性を高めた商品が開発されています。

食品メーカーの大まかな仕事内容

食品メーカーにはさまざまな企業がありますが、アイデアをまず企画として形にし、企画に基づいて原材料を仕入れ、適切な資材で包装して商品を製造し、商品を流通に乗せて、店頭やお客様に販売していきます。

各工程ごとに、関わる部門が違うため様々な仕事があります。

企画・開発部門

食品メーカーの期間となる部署です。

新しい商品を生み出す新商品開発から、既存の商品のリニューアルまでを行う花形の部署と言えるかもしれません。

新商品の開発期間は短いもので3ヶ月〜半年程度、長いものでは1年以上かかります。

どのように商品が生まれてくるのか。

順を追って説明していきます。

企業の規模によっては企画部門と開発部門が分かれています。

市場調査・マーケティング

まずはどのターゲットに向けて商品を開発を進めていくのか、アイデアを取りまとめ、コンセプト(軸)になるものを決定し、企画を上げていきます。

例えば、過去から現在までの流行や他社メーカーの動向のリサーチなどを行い、実際に競合商品から流行っているものを試食をしてアイデアを出すことや、営業部門からの声(お客様の声)を拾い、それをもとにして商品化につなげていく方法もあります。

試作品作成(原材料の決定)

設定した企画を商品コンセプトに合わせて試供品を開発していきます。

まずは原材料メーカーからサンプルなどを取り寄せ、原材料の配合を行い見た目、味、形、食感など決定していきます。

試作品が出来上がったら社内で試食、検討を行い、その後消費者へのモニター調査へと進んでいきます。

何度も試作品を作り、改善を繰り返しながら徐々に新商品が仕上がっていきます。

ただ作ればいいだけでなく、製造コストの調整から、製造部門で製造することができるのかを同時進行で確認をしていきます。

規格の設定

一口に規格と入ってもさまざまなものがあります。

内容量が決定すれば、それにあったサイズの商品パッケージが必要になります。

形状はどうするのか、袋、容器、箱などから選択していきます。

さらに、1つのダンボールにいくつ商品を収めて出荷するのか。

企画部・製造部・営業部と検討しながら、規格を設定していきます。

資材の設定

製造した商品をただ袋に詰めるだけではありません。

内容物によって適切な材質を選択する必要があります。

日光や酸化から内容物を守るフィルムを使用したり、また品質を保持するための乾燥材や品質保持剤が必要かどうかなど検討していきます。

製造部門への落とし込み

これまでで決定した内容を製造部とともに製造試験などを行います。

試作品と比べ、見た目、味、形、食感などをみたり、適切に材料が偏りなく混合されているかどうか。

また、生産ラインは順調に動いているか、従業員さんが製造しやすい設計になっているか。

様々な面でチェックを行い、問題点があれば改善していきます。

品質管理部門

商品の官能検査、各種試験を行い品質が規定通り保たれているかをチェックしたり、賞味期限の設定などに携わります。

製品に何か問題が起きてしまった場合の原因の究明や、従業員の衛生管理などを行います。

作業は地味に思える部門でも、安心・安全を守る縁の下の力持ちであるといえます。

お客様相談係

お客様からのご意見やクレーム、各種問い合わせまで様々な対応行います。

イメージとしては、お客様と各部門との橋渡しになるのがお客様相談係と言えます。

企業によって異なりますが、お客様から一報を受けた際にいち早く解決するために品質管理部門と連携しながら対応協議します。

例えば、販売した商品に万一問題にあった場合、原因究明を行い速やかに解決へと導きます。

製造部門

企画部門の試作品基づいて、実際に商品にするための生産方法の検討などを行います。

実際に生産ラインにて、初回生産を行うときには大小さまざまな問題が起こります。

企画開発部門と連携しながら、生産ラインを立ち上げていきます。

また販売計画や在庫数量を見ながら、生産計画を立てて、途切れることなく商品を供給することができます。

購買部門

生産計画に合わせて、必要な材料・資材の発注・在庫管理を行います。

多くの材料・資材から商品ができているので、必要なパーツが一つでも欠けてしまうと商品を生産することができません。

また仕入先との契約から、価格交渉なども行います。

近年では各種原料・資材の価格高騰が続いていますので、いかに価格を維持できるのか、場合によっては新たな仕入先の検討を行います。

営業・販売部門

工場で生産した商品をお客様へ売る仕事です。

スーパーなどの量販店から、飲食関係までの会社へ営業活動を行い、自社製品を棚に置いてもらうように交渉をします。

場合によっては、販促物やPOP等とともに、店頭での売り方の提案をしたり、営業自らが店頭販売を行うこともあります。

配送・物流部門

製造された商品をお客様に発送する仕事です。

お客様から直接受注をして商品を発送する場合や、各地域の営業から指示を受けてお客様へ発送をします。

発送する際には、いつ生産された商品をお客様へ発送したのかをチェックを受けます。

また、商品の在庫管理をする部門でもあります。

食品では賞味期限が設定されているため、商品によっては在庫として長期保管できないものがあります。

総務・人事担当

食品メーカーの総務の特徴といいますと、従業員数も多く、様々な部門の取りまとめをするため一般企業と比べて大変な面があるかもしれません。

その中でも特に徹底しているのが、従業員に対しての衛生面の管理です。

工場勤務の従業員にむけて、従業員の体調管理を始め、作業着や制服の手配から、衛生についての講習を行うなどをして常に万全な状態で製造できる体制の基礎作りを行います。

仕事上の役割とは?

食品メーカーでは定期的に、保健所さんなどから講師を派遣してもらい、衛生講習などを行い衛生への意識の徹底をしています。

誰か一人でも、意識が欠けていると必ずどこかでミスが起き、そのミスから商品に問題が起きて最終的にお客様にご迷惑をかけてしまいます。

どの部門に関係なく、安心・安全な商品をお客様に届けるという意識が必要です。

食品メーカーの仕事はどんな人に向いている?

食に関して興味・関心がある人

食品メーカーに勤める上でとても大切な要素です。

普段何気なくCMや店頭などで新商品を見かけたときあなたは手に取ってみますか?

「この前目にした商品だ!一度試してみよう!」

「いやいや、今日もいつも買っているものを買って帰ろう」

商品を新しく開発する仕事においては、前者のように新商品や流行っているものはまず食べてみるなど、様々な「食品」を食べることが欠かせません。

そういった「食べる」ことに関心がある方は企画開発の仕事が向いています。

味覚が鋭い

おいしいものを作ることはとても大切ですが、安定して品質が均一なものを生産できることが必要です。

そこで大事なのが味覚です。

安定した品質の商品を届けるために、必ず製造をした際に試食をします。

些細な違いについても気づくことができる味覚を持つ方は製造に向いています。

逆に食品メーカーの仕事に向いていない人の特徴は?

安全・衛生への関心が低い人

異物混入、商品回収から食品偽装まで、食に関する問題を目にする機会が増えてきました。

一部で報道されたものであっても、今やあっという間にネットやニュースなどですぐに広まります。

たった一度の些細なミスが、その後の対応次第で積み上げてきた企業の信頼が損なわれてしまいます。

それだけに食というものはとても身近であり、人々の関心が多いと言えます。

どの食品メーカーさんでも、共通しているのは安心・安全な商品をお客様に届けるという使命があります。

それが意識できない方は向いていないでしょう。

自社商品を好きになれない人

自分たちで企画し、生産している商品を好きになれないようでは務まりません。

「この商品あんまし好きじゃないなぁ」と思いながらでは生産に身が入りません。

営業する際に「この商品売れるのかなぁ」と愛着を持てないようでは、自信を持ってお客様に販売することができません。

食品メーカーで働きたいと思った時には、まずはその企業の商品を購入して食べてみることをオススメします。

食品メーカーの仕事で活かせる経験

原料を仕入れて加工したものを販売するという面では、食品以外の製造メーカーと共通する部分が多くあります。

購買部門、営業部門などでの経験はそのまま活かすことができそうです。

その他、活かすことができそうな経験はどんなものがあるのでしょう。

貿易・輸入業

日本で販売されている加工品の原材料を紐解いていくと、そのほとんどが海外の原料が使用されています。

現在では原材料の価格が上昇傾向ですので、原料メーカーからではなく、新たな仕入先の開拓や直接原料の交渉ができる人材は重宝されるでしょう。

営業部門でも日本だけでなく、海外へ販路を広げていく際にも交渉役として経験が活きてくるでしょう。

観光・みやげ業界

日本では人口減少へと転じています。

ということは胃袋の数も減ってきているといいます。

現在では日本に訪れる海外の方へむけて商品企画・販売を目指している企業が増えてきています。

どのような商品が観光地で売れているのか、お土産で人気となっている商品は何か?

分析してみると、そこには商品開発につながるヒントが多くあります。

管理栄養士・栄養士

主に、開発、品質管理部門で栄養士の経験が役立ちます。

現在では、栄養成分表示やアレルギー表示の義務化となり、栄養機能食品、特定保健用食品などの機能を訴える商品が増えてきています。

原料開発や研究、栄養分析などの分野で活躍できるでしょう。

また、商品を企画する際に、栄養の視点からのアイデア発案などができます。

食品メーカーで働くメリットとは?

食品表示に詳しくなる

普段スーパーなどで何気なく手に取る商品に対しても意識が向くようになります。

原材料の表示のルールから、アレルギー情報についてなど自然と理解できるようになるので日常の生活のでも生かされるでしょう。

店頭で商品を取ったときに裏面の表示を見るだけで、その商品の構成がわかってしまう方もいます。

衛生面の知識がつく

食品メーカーでは特に衛生面が徹底されています。

初めて働くことになった時には、面倒臭いと思うほどに作業着の着方から、手洗いの励行、ローラー掛けまでを徹底して行います。

食品を製造するメーカー以外でも、食に関わる企業やお店に転職する場合にその経験が活きてくるでしょう。

社員価格で自社商品を購入することできる。

例外はあるかもしれませんが、自社で製造している商品を割引された価格で購入することができる企業は多いようです。

また、各種開発中の製品について一足先に試食することができます。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

就業した際に、初めに配属する部署によってキャリアパスが異なります。

製造部門の例を挙げると、工場内スタッフとしてキャリアをスタートします。

まずは、書く生産ラインに配置され、製造のイロハを学んでいくことになります。

その後、主任・リーダーとなり、各商品ごとの生産管理を任されるようになります。

従業員への指示なども行います。

課長クラスとなりますと、生産管理はもちろんのこと、製造フロア、工場ごとの生産計画から、生産工程の組み上げなど行身が多岐に渡ります。

部長・工場長となると、製造部門全体の管理から人員配置などのマネジメントまで行い、各種の問題などの対応をします。

他の部門とのやり取りを行います。

通常では所属する部門内でキャリアを積み、その部門の長へとキャリアアップしていくことになりますが、自ら異動を希望することも可能です。

製造部門から営業部門へと移動する場合では、生産現場で長年勤めてきた経験から商品の特徴をよく理解しています。

それが、営業を行う際にお客様へアピールするための強みになります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

企画開発の経験を活かす

企画・開発で培ってきた経験は、食品メーカーに関わらず他業種の企画開発の分野でも活きるでしょう。

生産現場での経験を活かす

お客様がおいしく、安心・安全に召し上がれるためには、製造のノウハウが必要になります。

生産ラインの立ち上げから、コストダウン、生産をする技術の他、生産管理などを行ってきたスキルは、転職の際に有利に働きます。

近年では、海外に生産工場を設ける企業も増えてきていますので活躍の場が広がっています。

まとめ

自分たちが企画して作り上げた商品が店頭に並び、お客様が手にとり「おいしい!」と言って食べていただいている姿を想像すると、食を通じて人々を感動させる力があるのではないでしょうか。

食に対して関心が高まるなか、安心安全を責任を持って届けるということは、とてもやりがいのある仕事と言えます。

食品メーカーのどの部門で活躍したいのか。

まずはそこを考えることからスタートされたらいかがでしょうか。


関連キーワード

食品求人