一つの会社で定年まで勤め上げるという神話は崩れつつあり、食品メーカーでも同様の流れになっています。

食品メーカーといっても様々な職種があります。

食品メーカーに勤めている方はどんな理由で転職をするのかに迫ってみます。

食品メーカーの離職率ってどれくらい?

詳細の離職率はわかりませんが実感として感じたことを書いてみます。

食品メーカーでは、本社勤務か製造工場のいずれかに勤めることになります。

工場では正社員よりもパート・アルバイトの比率が高い傾向があります。

その中でも男性と女性では、女性の割外が相対的に高いため、女性の離職率が高くなります。

人間関係や仕事の内容など様々な理由がありますが、ライフステージの変化のある20代〜30代半ばまでの離職率が相対的に高いです。

食品メーカーの転職理由には何がある?

転職の理由は人それぞれ千差万別ですが、ある程度他の業種と傾向が似ている部分があるかもしれません。

食品メーカーに限らず、良い環境、良い条件で働きたいという理由や、よりチャレンジできる環境に身を置きたいといった理由などが一般的には挙げられるでしょう。

ここではそのなかでも食品メーカーならではの視点から探っていきます。

同業種からの転身

商品力のある会社へ(営業)

食品業界に長く勤めている人は、転職をする際に同じ食品業界を選ぶ方が少なくありません。

ある営業さんは、過去に培ってきた取引先様がそのまま新しい会社の取引先様になる場合も多いとのことです。

また食品業界の営業では、同業種の営業さんと接する機会が多くあります。

例えば小売店は定期的に「棚割りの商談会」を行っています。

棚割りとはスーパーなどの棚に何をレイアウトして並べるかを事前に決定して、その計画通りに商品を並べていくことです。

ですので、所属する会社の商品を並べたい棚には、すでにライバル企業の商品が並んでいることが普通になっています。

ですので、安定的に置いている商品を取り扱っている企業の情報は否応無しに入ってきます。

そういったことからライバル企業の商品が魅力的に移ったり、ライバル企業の待遇と今の自分の待遇を比較した結果、相手企業へとそのまま転職してしまう営業さんもいます。

よりよい施設での勤務へ(製造・生産)

同じ食品関連メーカーで、長年現場で製造に携わってきた方は安全や衛生管理の知識があることから転職しやすいようです。

企業によって会社のどの部分に経営コストをかけるのかが違ってきますが、場合によっては生産設備にあまり投資をしない、できない企業も多くあります。

そういった企業では旧式の機械を長年利用しているために、故障が多発したり、老朽化によって生産効率が下がっている場合があります。

そういった工場では普通に生産していても、異物混入のリスクなども気にしなければなりません。

ですので製造、生産を管理する立場にある人は大変な苦労しており、そういった環境から、より設備環境の整った企業へ転職をしたいと思う方がいます。

より自由な環境で仕事をしたい(企画・開発)

大手企業から中小企業へ転職される方がいらっしゃいます。

一見すると損するイメージもあるかもしれませんが、一からの開発に携われる環境をもとめて転職を選択される方がいらっしゃいます。

大手企業では開発の一つをとっても仕事が細かく分業されていることから、自分がやりたいと思う開発に携わることができないこともしばしば。

中小企業においても、経営のコストの面からできないことも多くあるようですが、開発一つとっても様々なことを自分でこなさなければならない反面、多くの開発に携われることが魅力に感じるようです。

また、食品を開発してからリリースするまでの期間も短いことから、成果をすぐに実感できるそうです。

印刷会社からインハウスデザイナーに(デザイナー)

印刷会社や広告代理店などに勤めていた人が、食品メーカーの中にあるデザイン部へ転職する方がいらっしゃいます。

その理由には給料が安定していることが第一にあるようです。

印刷会社などは経済環境の変化によって仕事の波があるので良いときと悪いときの差が大きかったそうです。

ですので、デザインのこと以外に経済的な面などで精神的不安があって大変だったので、安定した環境でデザインを行えるインハウスデザイナーは魅力的に移ったそうです。

また、食品メーカーでは数多くのデザインを行うことができるのも魅力だそうです。

形状では袋型、箱型、筒型なども形状から、扱う素材も紙、プラ、ペット、ガラス瓶などと様々です。

ですので、表現の幅が広がることや新たなチャレンジをしやすいそうです。

店頭では商品を選ぶとき、まずはパッケージのデザインを見て選択することなります。

よって、お客様にまず手に取ってもらうまでには、デザインが重要な役割を担っています。

大変責任もありますが、大変重要な仕事を任されることもあって、やりがいを重視した形で仕事を選ぶ方もいらっしゃいます。

給料の差を目の当たりにしたとき

食品メーカーの中でも、大手企業から中小企業まで様々な規模の会社があります。

また所属している会社が親会社、子会社であるか、グループ企業であればグループのどの位置にある会社かによって待遇が変わってくるようです。

同じ仕事をしているのに、親会社から出向している社員の方が給料が高かったり、手当や待遇そのものに差があったりすることも。

そういった面を一度垣間見てしまうと働く意欲が無くなったり、バカバカしくなってやめてしまうということもあります。

実際には追っている責任が違うこともあるので同じ仕事をしているようで、同じ仕事以上のことをしていることがほとんどなのですが、働いている身からすると、とても意欲が削がれてしまうようです。

ヒット商品が生まれない

「この前リリースした商品。なかなか売れないね」そんな話が従業員の間に囁かれ始めたら注意が必要です。

扱う商品によって状況は異なりますが、やはり新しく発売した商品や、リニューアルした商品が売れているか売れていないかはすぐに社員に広まります。

製造であれば製造計画の中からしばらく消えている、棚卸しの際には資材がたくさん余ってしまっているなどからわかります。

出荷部門では出荷処理をなかなか行わなかったり、いつまでも在庫がはけていかない。

受注をしている事務員さんも新商品が出るときには身構えるものですが、それも初めだけでいつの間にか製品自体が終売の方向に向かっていった。

いくら苦労して開発したとしても、世の中のニーズにあっていなかったり、発売のタイミングが悪かったりするなど、商品力以外にも様々な要因が絡み合うので一筋縄では行きません。

ヒット出すのはどのメーカーも苦心しているのです。

しかし、新しく発売した商品がなかなか売れないことが続いていくと、不安に感じる従業員もいるようです。

将来性がないと判断した正社員の方。

特に若手から離れていく傾向があるようです。

食品メーカーの仕事でよく聞く不満

商品メーカーに関わらず、他の企業でも見受けられる不満が多くありそうです。

中には食品メーカーならではの理由もあります。

正社員とパートさんの仕事に差がない

特に製造現場でよくある話なのですが、同じ生産ラインで仕事をしている正社員とパートさんとの間に業務の差がなかったり、正社員の方があまり仕事をしていないといった例があります。

特に長年パートとして勤めていただいている方はとても手が早く、多くの仕事をこなすことができるので正社員であろうと関係ありません。

新しく入った新入社員や若手の社員の仕事の効率がとても目についてしまうようです。

勤務歴が長い社員がそのような様子であるのであれば、現場の士気が上がるわけがありません。

指示を出せない上長が多い

何か問題があったときには速やかに上長に報告をあげるように指示を受けていたが、実際に報告をあげてもなかなかその後の指示が降りてこない。

それどころか対策を講じなければならないのに決断をすることができず右往左往している、そうしている間にますます問題が大きくなってしまった。

場合によっては、しっかり報告をあげているのにも関わらず、現場の対応の遅さや対応などに責任転嫁している社員まで。

現在では食品業界を取り巻く環境は厳しいです。

不良品やクレーム、販売している製品によって事故や病気が発生すれば、経営にも深刻な影響を与えます。

そうしたことを一番に意識しなければならない正社員よりも、現場のパートさんたちの方が意識が高いことも往々にしてあるのです。

また、行っている仕事が予定より早く終わった際などに判断を上長に仰ぐのですが、その場で答えることができない。

その後の業務を把握してないなどの理由から指示出ないために、待ちぼうけになってしまった。

そんな話をよく聞きます。

繁忙期などは少しでも早く仕事をこなそうという意識で皆が動いているのにも関わらず、スムーズに次の仕事に移行することができないことに苛立ちを感じる方は多いようです。

グレーな対応をしている

いくら食品の製造を安全面や衛生面に細心の注意を払っていても、お客様に商品が届いた際に不良が出てしまう場合があります。

そういったときには食品の回収であったり、在庫品の廃棄などを行うことになります。

どういったクレームが発生して、どのように対応をしていくのかが上層部や所属してる上長から指示が回ってくるのですが、その対応について納得できないことや、ちゃんとした情報が回ってこなかったりすることが時折あります。

そんな時には不透明さを感じます。

実際に現場で生産している人たちはしっかりと指示通りに作業を行っていますし、何か問題があればその都度指示通りに生産を行っているはずです。

しかし、上長の判断が曖昧だと、問題の原因を転化させられたりすることもあり不満につながるようです。

忙しい時期とそうでない時期の差が大きい

生産現場や出荷現場でありがちなのですが、繁忙期と閑散期の差が大きい企業では、その調整を勤務する従業員によって調整をかけることがあります。

忙しい時期には毎日残業であったり、休日出勤を課している場合があります。

その反対に閑散期では有給などの消化を推奨したり、急に時短勤務に変更させられてしまったなどの話を聞きます。

出荷が減ってくると当然仕事量が減ってしまうために人員過剰になり、普段勤務していない別の工場の手伝いに回されます。

慣れない仕事を行うことなるので、とても神経を使います。

あまりにも仕事がない場合には終業までに時間を持て余してしまい、毎日同じところを掃除して過ごすなんてことも。

そのような日が続いてしまうと「うちの会社は大丈夫だろうか」と不安になってしまう従業員もいるようです。

身体的負担

食品メーカーでは一部をのぞけば、体全体を使って仕事をする例は少ないので肉体的に負担の大きい仕事はないかもしれません。

しかし、局所的に負担が集中してしまう仕事があることも事実です。

目を使う業務

現在では製造機械の導入が進んでいるために、負担が軽減されつつあります。

しかし、中小企業では導入コストの問題があったり、機械では取り除くことができないものも多くあります。

まだまだ人間の眼と手で異物を除去したり、不良品などを弾く作業が残っています。

検品作業の主なものは「目視検品」となるため、シフトや休憩によって負担の軽減が計られておりますが、「目視」とついているように、眼に多大な負担がかかるために慢性的な眼の疲れや、場合によっては視力の低下などに繋がるケースもあるようです。

重たい物を扱う業務

食品の中でも重量がある商品を扱っている場合には、ただの箱詰めや倉庫からの集荷においても一苦労なことがあります。

特に水物であったり、粉末状の商品だと一つの商品の重量が重くなりがちです。

ましてや箱に複数詰められているとなるとさらに重い。

慣れと言われればそこまでなのかもしれませんが、1日の業務が終わった後には腕がパンパン。

腰にも負担がかかっており、初めのうちは気にならなかったが急にぎっくり腰になってしまったなどの話を聞きます。

そうした業務においては、従業員からの声を反映して機械を導入したり、商品の企画の変更によって重量を減らす、入り数を減らすなどの対応をしてくれるかどうかによって、不満の目を摘むことができそうです。

キツい時もあるけど、でもやっぱりやりがいはありますよね!

仕事をしていく上で、精神的にも肉体的にもきつかったり、大変な部分もあるのは事実です。

実際に不満が多い部門もあるでしょう。

そういった中でもやりがいを感じる場面も多くあります。

新商品の開発や製造に関わったものが、試行錯誤の末に形になりお客様の初出荷されていく様子をみると、たくさん売れますように、お客様が喜んでもらえるようにという気持ちで送り出します。

そうしてその商品がヒットにつながった時には達成感や喜びがあったり、次への仕事の活力へつながっていきます。

まとめ

食品メーカーでの仕事は安定している業界だと言われていますが、外部環境は厳しくなってきています。

安全や衛生的な問題が起きないように社内ではたくさんのルールに従わなければなりません。

また工場ともなると、たくさんの従業員と同じ空間で仕事をこなすことになるので、人間関係などに苦労することもあるかもしれません。

しかし、「食」を提供している仕事はお客様に美味しいと言って食べてもらえたり、栄養となりその人のカラダをつくる意義のある仕事と言えるのではないでしょうか。

実際に食品メーカーに転職を考えている方、離れたいという方への何かのヒントになりますように。




食品求人についてもっと深堀りした情報を見る

食肉加工求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

スーパーやお肉屋さんの美味しいお肉屋加工品達はとても身近な存在ですよね。そんな食肉加工のお仕事やおすすめの求人について今回ご紹介していきます。食肉加工はどんな仕事?食肉加工とは大きなブロックのお肉をスライスしたり、加工したりするお仕事です。お肉屋さんやハム屋さんのイメージですね。最近は〇〇精肉店など肉屋が少なくなって、スーパーの中の精肉店だったり、加工肉店が増えました。スーパーや百貨店などの中に入っている食肉加工のお仕事と、地元に昔からあるお肉屋さんの作業場のお仕事と、大きな食肉加工工場のお仕事は内容は一緒ですがそれぞれ違いがあります。食肉加工の大まかな仕事内容仕事内容としては、豚肉・牛肉・鶏

食品加工求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

食品加工の仕事はどんなものかご存知でしょうか。食品加工という言葉は聞いたことあるけど、詳しくは知らないという人も多いと思います。一口に食品加工と言っても、同じような仕事ばかりではなく、担当する役割や業務によって、様々な仕事があります。今回は食品加工求人でよくある内容や、どのような人が食品加工に向いているのか、また食品加工の現場で働く際はどのような役割を求められているのかなどを、食品加工の工場で働くことに興味がある人に向けて、わかりやすく説明していきたいと思います。食品加工のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容食品加工の仕事は、扱うものはすべて食品で、それを加工する業務です。その業務に関わるすべ

食品加工の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

食品加工の工場ではどのような人々が活躍されているか、ご存知でしょうか?食品加工といっても、扱う食品の種類によって作業内容は大きく異なります。今回は、食品加工の工場で働いている人々の働き方の紹介や、どのような人々が食品加工の工場で働くことが向いているのかをお話しせていただきます。食品加工の仕事に興味のある人や、実際に働いてみたいと考えられている方々の参考になれば幸いです。食品加工はどんな仕事?食品加工とは、簡単に言ってしまうと、食品を加工してスーパーなどで並ぶ商品にすることです。皆さんも日々買い物をする際に、様々な食品の加工品を目にしているかと思います。生鮮食品から、保存食品までありとあらゆるも

食品メーカーの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

食品メーカーの仕事は、人が生活していく上で必要な衣食住のなかの「食」を、様々な形にして世の中に届ける仕事です。お客様の口に入るものなので、なによりも安心・安全なものを届けることが使命となります。食品メーカーの仕事にはどんなものがあるの?主食品と一口にいっても、生鮮食品や加工食品といった大きなカテゴリーがありますし、温度帯によって冷凍、冷蔵、常温など温度帯によってもジャンル分けすることができます。近年ではより利便性を高めた商品が開発されています。食品メーカーの大まかな仕事内容食品メーカーにはさまざまな企業がありますが、アイデアをまず企画として形にし、企画に基づいて原材料を仕入れ、適切な資材で包装

食品販売の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

皆さんこんにちは。今回は食品販売の転職について気をつけておかなければいけない事というテーマでお送りいたします。好景気による求人数の増加で、転職市場は非常に活気付いており、仕事を見つけやすい状況となっていますが、その様な機会だからこそ、様々な角度から情報収集し、失敗しない転職を行なって頂きたく思います。どうぞ最後までお付き合いください。食品販売の転職で注意したほうが良い3個のことそれまでのスキルが活かせるか同じ業界からの転職の際はさほど気にすることはないですが、異業種からの転職の場合はこれまでの自分のスキルが食品販売の仕事に活かせるかどうか確認する必要があります。幸い、食品販売業界は受け入れ間口

食品販売求人でよくある募集内容・募集職種やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

皆さんこんにちは。今回は食品販売における求人について、よくある募集内容、募集職種やおすすめ求人情報などをご紹介させていただきます。食品販売のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容食品販売の仕事内容は店舗において商品を手配し、お客様がお買い物しやすい様に商品を並べた売り場を管理し、接客を通じて販売し、レジにて清算をしていただくという流れになり、「商品手配」「売場管理」「接客」の3つに分かれます。食品販売求人は会社でどういう役割を求められる?お客様が気持ちよく買い物をする為に、商品、売場、従業員の接客態度において最適なサービスを提供することが役割になります。商品の加工や陳列技術が求められたり、接客技

食肉加工の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

私たちの毎日の生活の中に必ずある「食」。とても大切なものですよね。美味しいものを食べることができるのは美味しい食品を作る人がいるからです。食卓を彩ってくれる様々な食品の中でもやはりメインとなる「肉」。そんなお肉を加工する食肉加工の仕事ってどんな内容かいざ考えてみるとわからないですよね。身近なようで知られざる食肉加工の世界についてご説明させて頂きます。食肉加工の仕事はどんな仕事?食肉加工の仕事は主にお肉を皆さんがスーパーで買うような状態に加工するお仕事です。例えば豚肉をスライスしてパックに詰めたり、ミンチにしたものを計って詰めたり、ハム・ソーセージを作ったりします。食肉加工の大まかな仕事内容食肉

食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと

皆さんこんにちは。今回は転職に関する知っておきたい情報として、食品会社への転職について注意しておきたいこと、転職のポイントなどをご紹介させていただきたいと思います。一般的に食品会社と言いましても、製造業、小売業、外食業など多くの業界があり、様々な職種が存在しています。今回は食品会社に共通する点やそれぞれの業界の特徴的な点などに分類して説明させていただきます。食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと食品業界に共通して言える事についてそれでは、まず食品会社の転職で注意した方が良い事として、食品業界全体に共通するポイントについて述べてみたいと思います。清潔感、衛生に関する注意食品業界は共通して食


食品求人に関するコラム

食品メーカーの職種はどれくらいあるの?仕事内容や特徴とは?食品メーカーで働いていた私が解説!

皆さんが日頃買い物に行く機会のあるスーパーマーケットから、身近なコンビニエンスストアまで意識してみると、実の多くの食品が陳列されていることに気がつきます。陳列された棚をみると色とりどりのパッケージに梱包されて、所狭しと並んでいます。いつも買っているメーカーの商品に手を伸ばそうとすると、隣に魅力的な商品がならんでいます。そうしてまた隣をみると・・・。こうして商品選びに迷ってしまったことありませんか?お客様に魅力的なパッケージで商品の良さを伝え手にとってもらう、そしてようやく食べてもらってファンになってもらう、食品会社では様々な人が関わり世の中に商品を提供しているのです。この記事では、食品メーカー

食品メーカー営業の仕事内容4個の業務とは?

皆さんこんにちは。今回は食品メーカーの仕事紹介という事で、数ある食品メーカーの仕事の中でも、特に営業部門における仕事内容に対して紹介させていただければと思います。食品メーカーは、流通業を形成している業界群の中では一番川上に位置し、消費者のニーズを集積しながら商品を企画、開発、製造し、卸売業者や小売業者に出荷している企業のことを指し、営業部門は完成した商品を各取引先に販売することを役割とする仕事になります。食品メーカー営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる自社製品の売り込み自社で企画、開発、製造した商品に対し、その特徴やセールスポイント、希望販売価格などの情報を取引先に紹介し、売り込みを行う仕

食品卸が向いている人の3個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

皆さんこんにちは。夏休みも始まり、インターンシップなど、就職活動を控えた方々には企業研究のための機会が多く発生する季節になりました。一生のうちでも唯一とも言える、非常に多くの企業に一度に接することのできる新卒の就職活動の時期を、ぜひ有意義なものにしていただきたいと思います。その為には、しっかりとした企業研究と、自分がどんな仕事に向いているか、自分の性格や価値観を見つめ直す事が必要になります。就職内定をもらう事が目的ではなく、いかに入社後、情熱を持って楽しく仕事を続ける事ができるか、10年後、20年後の未来を見据えた活動が必要になります。真摯に自分自身に向き合っていただきたいと思います。さて、今

食品メーカーの仕事内容5個の役割と業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは。夏季のインターンシップも始まり、新卒採用の企業研究もスタートしつつありますが、いかがお過ごしでしょうか。今回は企業紹介として、人気業界でもある食品メーカーの仕事内容や面白いポイント、就職する為に覚えなければいけない事などについて紹介させていただきます。皆様の就職活動のお役に立てれば幸いです。食品メーカーの仕事は大きく5個の役割に分けられる商品企画食品メーカーで取り扱うのは、一般的に「加工食品」と呼ばれる、お菓子や飲料、調味料、冷凍食品、パンなどの、生鮮食品以外の食品であり、調理加工、梱包を既に行われている商品になります。商品としては完成している為、店頭においては陳列するだけで

食品会社の採用の特徴は?会社が求めていることや面接でチェックしていることを採用担当者が教えます

皆さんこんにちは!今回は求人情報シリーズといたしまして、食品会社の求人について、採用の特徴、企業が求めている事などを紹介していきたいと思います。食品会社と一言で表しても、製造から小売まで、食品に携わる会社は沢山あります。今回はそれぞれの会社に共通している必要な能力や、面接などでよくある質問などを説明していきたいと思います。食品会社の採用の特徴は?食品会社の採用の特徴は、言うまでもなく食品に携わる適性がある人材を採用すると言うことであり、その適性を見極める手段は「面接試験」や「適性検査」などであり、学歴や出身大学、学部やゼミなどはあまり問いません。あまり専門知識がなく始められる仕事ですし、どちら