今回は食品会社の求人について、採用の特徴や企業が求めていることなどを紹介していきたいと思います。

食品会社と一言で表しても、製造から小売まで食品に携わる会社は沢山あります。

今回は、それぞれの会社に共通している必要な能力や、面接などでよくある質問などを説明していきたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

食品会社の採用の特徴は?

食品会社の採用の特徴は、言うまでもなく食品に携わる適性がある人材を採用することです。

その適性を見極める手段は「面接試験」や「適性検査」などであり、学歴や出身大学、学部やゼミなどはあまり問いません。

あまり専門知識がなく始められる仕事ですし、どちらかと言うと幅広い分野から人を集め、その人の適性を見極めるといった手法をとっています。

専門性はあまり問われない

食物調理や栄養学など食品会社における専門性を活用できる学部や学科はありますが、多くの食品会社は入社にあたっての専門知識は不問という姿勢をとっています。

これは、食品というカテゴリーが多くの人にとって一般的なものであり、加工食品の製造にあたって特殊技術や専門的な技能を必要としないという理由から来ています。

食品製造のポイントは味や見た目であり、その商品の開発には金属加工業や自動車産業のように専門的な技術や高度な設備投資は必要ありません。

そのため、食品業界は多くの人に門戸を広げており、特に専門知識を持たなくても、採用試験などに比較的参加しやすい業界であると言えます。

人物評価中心

専門性を問われないため、その仕事に向いているかどうかという人物評価が採用活動の中心になります。

食品業界の主な仕事は、「食品の製造」「営業などを通じた販売活動」「小売における販売活動」の3種類です。

それぞれの仕事について、向いている人物かどうかという評価がなされます。

例えば製造業であればコミュニケーション能力はあまり必要とされませんが、栄養学など食品に対する専門知識や市場を調査しトレンドをつかむマーケティング能力、魅力的なパッケージを作るためのデザイン能力、加工食品にとって最も大切な「味」を見極める味覚や嗅覚などの鋭さなどが求められます。

営業職であれば、製品を小売業などに販売する際のプレゼン能力や顧客と信頼関係を築くためのコミュニケーション能力が求められます。

小売における販売活動であれば、天候や気温など外部環境の変化に合わせて売り場の商品構成を迅速に変えることのできる判断力や、試食販売や顧客との会話を通じてのオススメ商品を買っていただく販売力などが人物評価として見極められます。

企業研究度が重要視される

特に食品メーカーなどは取り扱う商品の社会的認知度が高いため、企業研究もしやすいという視点から、自社の企業研究度の高さを志望度の高さとして判断する場合が多いです。

食品メーカーは製造している商品が全てですので、入社後その商品に愛着を持ってもらえるか、他の商品に先駆けて小売業に販売していただけるよう熱意を持ってプレゼンできるかなどを、入社前の企業研究度合いを通じて判断しています。

そのため、食品メーカーに就職活動を行う場合は、その食品メーカーの商品がどれだけ好きかをアピールすることが入社に向けての近道になることがあります。

食品会社が求職者に求めていることとは?

それでは食品会社の採用について、まずは会社が求めている人材の特徴をいくつか挙げていきたいと思います。

見た目の清潔感

食品を取り扱う業界全般に言えることですが、見た目の清潔感は必須事項になります。

髪型がボサボサだったり、ヒゲが伸びていたり、爪が長かったり、服装がだらしなかったりするのは嫌われます。

どの業界もある程度の見た目は大切ですが、食品業界は特に見た目の清潔感にはこだわります。

まずは普段の生活習慣から気をつけて、身だしなみに対して常に清潔感を持てるように努力しましょう。

挨拶、会話などの爽やかさ

特に営業職や販売職などのお客様を相手にする職種に就く場合は、その食品を取り扱っている人のイメージが販売する商品のイメージとして受け取られることが多々あります。

ハキハキとした言葉遣いや元気な挨拶など、コミュニケーションを取る上で与える爽やかな印象は、食品を取り扱う仕事へ就くために特に大切なことです。

魚や野菜など生鮮食品を取り扱う仕事は、その人の「活きの良さ」が商品の鮮度感に繋がってきます。

お魚屋さんやお寿司屋さんで店員の元気が良いと、何となく魚の活きが良く感じたりしませんか?

このように、食品に対するイメージはそれを取り扱う人の印象が大きく影響するため、常に良い印象を持たれるよう努力する必要があります。

取り扱う商品に対する愛着

食品は生活の中での消費頻度が高く、食品を取り扱う会社で働く社員は仕事でもプライベートでも密接に自社の商品と接することになります。

例えば、自社で開発したコーヒーの営業を担当している人が、家で飲むコーヒーが他社ブランドのものだったら、その人が勧める自社のコーヒーを買いたいと思いますか?

おそらく、どんなに勧められても説得力がないと思います。

このように食品に携わる仕事をしている人は、自身が仕事で取り扱っている商品に関して深い愛情を持ち、プライベートでもその商品を積極的に使用したほうが良いでしょう。

そうすることで、自分の営業トークにその商品に対する強い思い入れが付加され、説得力も増してきます。

食品業界で特定の食品を販売する仕事に就く場合は、その商品に対して強い愛着を持っている必要があります。

取り扱う商品に対する深い商品知識

自信が取り扱う商品に関しては愛着だけではなく、その商品をおすすめするために、顧客に対するその商品の特徴をアピールをしたり、その商品に対する質問に答えたりできるよう深い商品知識を持たなければなりません。

その商品に使用されている原材料はどこで採れたものか、どの工場で生産されているか、栄養成分はどのようになっているか、というような商品自体の知識から、どのような食生活のシーンでどのように食べたら良いか、また料理などにアレンジできるものならおすすめの料理は何かなど、その商品の活用に関する知識まで幅広く準備しておく必要があります。

セールストークやプレゼンテーション力

その商品に対して大きい愛着や深い知識を持っていても、それを顧客へ的確に伝えることができなければ意味がありません。

目の前の相手に対して、いかに簡潔に、要点をしぼって、且つその商品が魅力的に映るよう、時には自分自身の経験を加えながら熱意を持って伝えることが必要になります。

論理的な説明をする必要もあるでしょうし、時には感情的にお話することも効果的な場合もあるでしょう。

いずれにせよ、独りよがりにならず、顧客の反応に合わせながら、トークを進めていくことが大切です。

セールストークやプレゼンテーションが上手い人は、準備してきた情報だけを伝えるのではなく、相手の反応を見ながら時には情報を足したり、逆に間引いたりしながら説明を進めていきます。

このように相手の感情を読みながら、相手の立場に立ち、常に良いと思う方向に内容を変化させることのできる柔軟性を持ったプレゼンをできる人が、能力の高い人ということになります。

このようなスキルを身につけるためには、人間観察力やコミュニケーションはもちろん、商品に対する愛着や深い商品知識が必須となることは言うまでもないでしょう。

時代の変化に機敏に対応する力

食品会社は変化対応業と呼ばれるくらい、常に世の中のトレンドや嗜好の変化に合わせて商品やその販売方法、活用の提案内容などを変えていきます。

鉄鋼業や自動車産業などと比較して、取り扱う商品の改廃のサイクルは非常に早いと言えるでしょう。

食品会社に勤務する人間は、このような変化に対して機敏に対応することができる柔軟性が求められます。

常にアンテナを張り巡らし、現在の流行りは何か、次に流行りそうなものは何かをチェックしながら、変化に機敏に対応することが必要です。

ヒット商品を作り出すためには、その商品の企画、開発、販売まで全てにスピードが求められますが、商品の改廃が早い食品には特にその傾向が顕著です。

いかに他社に先駆けて顧客の嗜好に合った商品を作り出し提供できるか、担当者の変化に機敏に対応する力が必要になってきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

食品会社の募集で良い求人を探すための方法

ここからは食品会社の募集の内容で、良い求人を探すための、いくつかのチェックポイントについて紹介したいと思います。

1.給与で探す

食品会社の給与は地域により多少の違いがありますが、概ね初任給は大卒で月20万円〜25万円程度と考えれば良いでしょう。

最近では、残業手当を初任給に含めない場合が多いので、残業代は別として考えて良いと思います。

初任給の内訳は基本給と各種月額固定の手当ですが、明細が表記されていない場合もありますので、基本給はいくらか、手当はいくらかなど確認することも大切です。

全国展開している企業は、基本給の他にも赴任手当などが初任給に加算されている場合もあり、赴任する地域によっては表記された初任給の金額を支給されないこともあります。

また、残業手当は別途表記ですが、月に必ず残業を行う企業の場合その残業手当を固定残業代として初任給に加算している場合があります。

この場合は通常の初任給より残業代分が水増しされていますので、注意が必要です。

それぞれの手当の詳細を確認し、1日8時間働いた場合はいくらになるのか、地方転勤した場合はいくらになるのかなど、自身の生活に合わせて収入と支出のバランスを想像しておくことも、入社後に集中して仕事に取り組むために必要なこととなります。

2.労働時間で探す

定時は何時から何時で、労働時間は1日あたり何時間かの確認も必要です。

食品製造など工場勤務の場合は概ね決まった時間に入退社することが多いですが、営業職や販売職の場合は勤務時間を顧客に合わせる必要があるため不定期になりがちです。

朝早く出なければいけなかったり、夜遅く帰らなければいけなかったりなど、現在の生活リズムとあまりにかけ離れた勤務の場合は、仕事を始めた後慣れるまでに負担を感じることが多いため、注意が必要です。

また、給与において固定残業代が手当に含まれている場合は、その時間は必ず毎月残業が生じているということですので、1日あたりの労働時間は長くなります。

残業は悪いことではないですが、仕事を始めると必ず現在の生活リズムに変化が生じますので、その変化に自分が対応できるかどうかの見極めを行うことが大切です。

労働時間は、そのようなギャップを判断するために確認すると良いでしょう。

3.休みの日数で探す

労働時間と同じ目的ですが、休みの日数も自身のプライベートと仕事のバランスを取る上で重要です。

時にはリフレッシュする時間も取らないと、仕事に集中して取り組むことができません。

年間休日の目安は、完全週休二日制の場合は52週×2日+1日で105日です。

この日数を基準として、多い場合は休日は充実している、少ない場合は充実していないと判断しても良いかと思います。

また、3連休以上の連続休暇制度があるかどうかもチェックしておきたいポイントです。

休みの日数が多くても飛び石がほとんどの場合、旅行などを計画することができません。

最近では、福利厚生の一環として連続休暇制度を取り入れている会社は多いですし、有給取得の義務化が国会審議されている現在、このような流れは今後増えていくことと思われます。

休みをチェックする場合は年間105日以上で、3日以上の連続休暇制度があるかどうかを基準として判断すると良いでしょう。

4. キャリアアップの制度で探す

前述したように、食品会社は入社の段階で専門知識を必要としない業界です。

言い換えると、素質だけで入社してもその後の育成環境によって差がつくということになります。

教育研修の種類や入社後のキャリアアップの計画、研修カリキュラムなど、自身が成長できる環境かどうかを確認することも重要になります。

最終的に成長するためには自己の努力が必要です。

例えば、資格取得の際に費用負担をしてもらえる制度や、年間に複数回、研修やセミナー、海外視察などに会社負担で参加できる制度など、会社によりキャリアアップのための制度には差があります。

求人票にはスペースの都合上、あまり明記されていない情報ですので、面接などの際に質問するなど積極的に情報を取りに行く必要があります。

また、そのような姿勢は面接の際にも面接官にプラスの印象を与えることができますので、ぜひ試してみてください。

食品会社の採用担当者が面接でチェックしていること

食品会社は入社にあたり専門的な知識をあまり必要とせず、人物評価で採用されます。

その人物評価はどのようになされているのか、特に採用試験で重要視される面接の際に採用担当者がチェックしているポイントについて紹介してみたいと思います。

第一印象

面接で第一にチェックするのはその人の第一印象、服装や髪型や表情、声のトーン、発言の際の姿勢などを通じて清潔感を感じられる人間かどうかです。

食品を取り扱う企業の社員にとってまず必要なことは見た目の清潔感です。

営業職や販売職においては特にその人の印象が商品の印象に直結しますので、顧客に好感を持たれるよう、清潔感のある人物かを第一に確認します。

具体的に言えば、長髪、髭はNG、服装はスーツですがシャツの色は白、男性の場合ネクタイの色は紺か黒、靴は革靴で汚れや傷が目立っていないかをチェックします。

挨拶や発言をする際の声のトーンは明るくハキハキしているか、そして緊張していることを前提にして、表情が豊かかどうかなどを、質問をしながら確認していきます。

志望度

食品会社は入社時に専門性が必要なく、ある意味だれでも応募できる業界ですので、内定辞退や入社後の同業他社への転職が多く起こりやすい特徴があります。

そのため、この会社に本当に入りたいのかという志望度を面接で確認していきます。

志望度を図る質問として多いのは、その企業自体や製造している商品に関しての質問です。

企業研究をどれだけ深く行っているかを問うことによって、企業研究を行っている=志望度が高いという判断をします。

採用の特徴の項目でもお伝えしましたが、その企業がメインで開発している商品をよく知っていたり、その商品のファンであることを公言したりなど企業研究度を積極的にアピールすることによって志望度が高いと判断され、採用内定を取りやすくなります。

我の強さ、積極性

食品会社は元々問屋や小売などから創業した企業が多く、企業風土の根底には「商売人」としての遺伝子が脈付いています。

どちらかと言えば組織の中で言われたことを完璧にこなすというよりは、自身でやりたい企画や販売方法を考え個人としての色を出しながら仕事をしたいという人が多い業界です。

そのため、面接では耳あたりは良いけどどこかで聞いたことがあるような回答より、突拍子もないけど独創的な回答が好まれます。

商売というものは、常に変化する顧客のニーズに合わせるために、それまでのやり方を常に変えていかなければいけない「変化対応業」と呼ばれています。

自分自身で素早く判断できる決断力のある人間が求められています。

そしてそのような決断力は、自分を出していきたいという自我の強さと積極性から育まれることが多く、それこそが商売人としての適正だと判断されています。

食べることが好きか

食品会社に就職し食に関わる仕事に就く人は、押し並べて食べることが大好き、つまり「食いしん坊」な人達です。

常に美味しいものが食べたいと思っているため、新しいレストランが近所にできたらとりあえず行ってみたり、コンビニで新商品が出ていたらとりあえず買ってみたりします。

旅行に行ったときは、ご当地グルメを必ず食べたり、お土産で買ってきたりなど、料理が得意ではなくても、食に対する探究心が非常に強い人たちが多いです。

面接では「最近食べた美味しいものは何か」とか、「自社の商品で好きなものは何か」といった質問を通じて、食に興味を持つ人間かどうかを見極めていきます。

仕事の能力とはなんら直結しない性格の部分での特徴ですが、やはりそのような食べることが好きな人達だからこそ、自分が食べて美味しかった商品に熱意を持って売り込んでいけると思います。

そのような人が食品会社に勤めると、自身のプライベートにおける食生活も充実してくるため、公私にわたって「食」という面で充実した生活を送ることができます。

食品会社に就職する際には、ぜひ自分が「食いしん坊かどうか」を問いかけてみてください。

まとめ

今回は食品会社の採用について、その特徴や求められる人物像などをご紹介させていただきました。

食品会社は全国や世界に展開している大企業も多いですが、どんなに大きくなっても、まだまだ根底に商売人としてのアイデンティティーを残している企業が大部分です。

商業とは製造業と違い「モノを作り出す」ことはあまりなく、モノを右から左に移して利ざやを稼ぐ業界です。

そのため、製造業のような周囲の変化にあまり固執せず、自身のモノづくりに集中するような風土ではなく、常に顧客のニーズを伺いながらその変化に対応していくことが義務付けられます。

食品会社はそのような変化に対応しながら、顧客のニーズと製造業のプライドをうまく仲介していく「商業」としての使命を持っている業界だと言うことができるでしょう。

全ての人間にとって「食べる」ということは生命維持の根源にある決して疎かにできないものであり、常に生活の中心にあるものです。

食品会社は人間にとって欠かすことのできない「食」というカテゴリーにおいて、常に消費者が満足する商品を提供できるように努力しています。

食品会社を志望する方は、このような特徴をしっかりと把握し「食」に対する知識を深めながら仕事をしていくことで、人間にとって最も大切な「食」を人生の中心に置いて生活していただきたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

食品求人 面接

食品求人についてもっと深堀りした情報を見る

食品メーカーの転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的な辛さなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

食品メーカーの転職理由には何があると思いますか?昨今、一つの会社で定年まで勤め上げるという神話は崩れつつあり、食品メーカーでも例に漏れず同様の流れになってきています。食品メーカー勤務の方がどんな理由で転職を考えてしまうのか、その悩みについて今回は注目していきたいと思います。また、そのような状況でも再度見直しておきたい「やりがい」についてもお話しさせていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。食品メーカーの離職率ってどれくらい?食品メーカーでは、本社勤務か製造工場のいずれかに勤めることになります。工場では、正社員よりもパート・アルバイトの比率が高い傾向があります。その中でも男性と女性では女性の

食品メーカーの職種はどれくらいあるの?仕事内容や特徴とは?食品メーカーで働いていた私が解説!

スーパーマーケットからコンビニエンスストアまで、実に多くの食品が陳列されています。色とりどりのパッケージに梱包されて所狭しと並んでいる光景をよく目にすることでしょう。いつも買っているメーカーの商品に手を伸ばそうとすると、隣に魅力的な商品が並んでいることもあります。そうして、また隣を見ると…。このように、商品選びに迷ってしまったことがありませんか?魅力的なパッケージで商品の良さを伝え、お客様の手に取ってもらう、そしてようやく食べてもらいファンになってもらう、食品会社では様々な人が関わり世の中に商品を提供しているのです。この記事では、食品メーカーの職種や仕事内容について紹介します。食品メーカーの仕

食肉加工求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

スーパーやお肉屋さんで売っている美味しいお肉。今回は、そんな食肉加工の仕事や求人についてご紹介していきます。食肉加工とはどんな仕事なのでしょうか?よくある求人の募集内容や向き不向き、やりがいについてもお話ししたいと思います。この記事を読んで、お肉屋さんで働いてみたいと思うかもしれません!お肉好きの方は必見です。食肉加工はどんな仕事?食肉加工とは大きなブロックのお肉をスライスしたり、加工したりするお仕事です。お肉屋さんやハム屋さんのイメージですね。最近は〇〇精肉店など肉屋が少なくなって、スーパーの中の精肉店だったり、加工肉店が増えました。スーパーや百貨店などの中に入っている食肉加工のお仕事と、地

食品加工求人でよくある募集内容は?募集している職種やおすすめ求人のポイント教えます!

食品加工の仕事は、どんな内容かご存知でしょうか。食品加工という言葉は聞いたことあるけど詳しくは知らない、という人も多いと思います。一口に食品加工と言っても、同じような仕事ばかりではなく、担当する役割や業務によって様々な仕事があります。今回は食品加工求人でよくある内容や、どのような人が食品加工に向いているのか、食品加工の現場で働く際はどのような役割を求められているのかなどを、食品加工の工場で働くことに興味がある人に向けて分かりやすく説明していきたいと思います。食品加工のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容食品加工の仕事は、扱うものは全て食品で、それを加工する業務です。その業務に関わる全ての流れや

食品加工の仕事に向いてる人の特徴は?活かせる経験は何?働くメリットについてもご紹介!

食品加工の工場では、どのような人々が活躍されているか、知っていますか?食品加工と一口に言っても、扱う食品の種類によって作業内容は大きく異なります。今回は、食品加工の工場の働き方や、どのような人に食品加工の工場で働くことが向いているのかを紹介します。食品加工の仕事に興味のある人や、実際に働いてみたいと考えている人の参考になれば幸いです。食品加工はどんな仕事?食品加工とは、簡単に言ってしまうと食品を加工してスーパーなどで並ぶ商品にすることです。皆さんも買い物をする際に、様々な食品の加工品を目にしているかと思います。生鮮食品から保存食品まで、ありとあらゆるものが、どこかの食品加工の工場から製造・出荷

食品メーカーの仕事内容と向いている人・向いていない人の特徴・メリット・活かせる経験について解説します

食品メーカーの仕事は、人が生活していく上で必要な衣食住の中の「食」を、様々な形にして世の中に届ける仕事です。お客様の口に入るものなので、なによりも安心・安全なものを届けることが使命となります。今回は、食品メーカーの仕事内容や、向いている人・向いていない人の特徴、メリットや活かせる経験などについて解説していきます。食品メーカーの仕事にはどんなものがあるの?食品と一口に言っても生鮮食品や加工食品といった大きなカテゴリーがありますし、冷凍、冷蔵、常温など温度帯によってもジャンル分けすることができます。近年では、より利便性を高めた商品が開発されています。食品メーカーの大まかな仕事内容食品メーカーには様

食品業界の転職サイトでおすすめは?サイトの特徴や評判をお教えします

今回は食品業界の転職に役立つお話として、食品転職サイトのおすすめを紹介します。転職の際に使用する媒体はハローワークや人材紹介などもありますが、おそらく最も多くの情報が選べて求人数も多いのがインターネット上で転職求人を掲載しているウエブサイトだと思います。今回はサイトごとの特徴や、掲載されている求人の選択方法などを紹介します。食品業界の転職サイトによくある求人や募集内容とは?転職サイトはハローワークの求人と違い、掲載に費用がかかります。人材紹介よりコストは安いですが、それでも数十万円単位での経費となることから、求人内容もそれだけのお金をかけても採用したい職種になります。そのため、担当職としての求

食品販売の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

皆さんこんにちは。今回は「食品販売の転職について気をつけておかなければいけないこと」というテーマでお送り致します。好景気による求人数の増加で転職市場は非常に活気付いており、仕事を見つけやすい状況となっていますが、そのような機会だからこそ、様々な角度から情報収集し、失敗しない転職を行って頂きたく思います。どうぞ最後までお付き合いください。食品販売の転職で注意した方が良い3個のことそれまでのスキルが活かせるか同じ業界からの転職の際はさほど気にすることはないですが、異業種からの転職の場合はこれまでの自分のスキルが食品販売の仕事に活かせるかどうかを確認する必要があります。幸い食品販売業界は受け入れ間口

食品メーカー営業の仕事内容4個の業務とは?

皆さんこんにちは。今回は食品メーカーの仕事紹介という事で、数ある食品メーカーの仕事の中でも、特に営業部門における仕事内容に対して紹介させていただければと思います。食品メーカーは、流通業を形成している業界群の中では一番川上に位置し、消費者のニーズを集積しながら商品を企画、開発、製造し、卸売業者や小売業者に出荷している企業のことを指し、営業部門は完成した商品を各取引先に販売することを役割とする仕事になります。食品メーカー営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる自社製品の売り込み自社で企画、開発、製造した商品に対し、その特徴やセールスポイント、希望販売価格などの情報を取引先に紹介し、売り込みを行う仕

食品販売求人でよくある募集内容・職種をご紹介!どんな求人がおすすめ?ポイント教えます

食品販売の求人とは、一体どのような仕事内容や募集内容があるのでしょうか?食品販売というと、スーパーや百貨店の食品売り場、街の商店など食品を販売しているお店は沢山ありますよね。今回はそんな誰もが身近な食品販売の仕事についてよくある募集内容・募集職種・おすすめ求人のポイントや疑問をお教えいたします。食品販売の大まかな仕事内容大まかな仕事内容食品販売の仕事内容は、店舗において商品を手配し、お客様がお買い物しやすいように商品を並べた売り場を管理し、接客を通じて販売し、レジにて清算をして頂くという流れになり、「商品手配」「売場管理」「接客」の三つに分かれます。食品販売求人は会社でどういう役割を求められる

食品卸が向いている人の3個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

インターンシップなど、就職活動を控えた方々には企業研究のための機会が多くあります。一生の内で唯一とも言える、非常に多くの企業に接することができる新卒の就職活動を、ぜひ有意義なものにしていただきたいです。そのためには、しっかりとした企業研究と、自分がどんな仕事に向いているか、自分の性格や価値観を見つめ直すことが必要になります。就職内定をもらうことが目的ではなく、入社後いかに情熱を持って楽しく仕事を続けることができるか、10年後、20年後の未来を見据えた活動が必要です。真摯に自分自身と向き合いましょう。さて、今回はその様な就職活動を控えている皆様向けに、食品卸業の仕事についてご紹介していきます。食

食肉加工の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

私たちの毎日の生活の中に必ずある「食」。とても大切なものですよね。美味しいものを食べることができるのは美味しい食品を作る人がいるからです。食卓を彩ってくれる様々な食品の中でもやはりメインとなる「肉」。そんなお肉を加工する食肉加工の仕事ってどんな内容かいざ考えてみるとわからないですよね。身近なようで知られざる食肉加工の世界についてご説明させて頂きます。食肉加工の仕事はどんな仕事?食肉加工の仕事は主にお肉を皆さんがスーパーで買うような状態に加工するお仕事です。例えば豚肉をスライスしてパックに詰めたり、ミンチにしたものを計って詰めたり、ハム・ソーセージを作ったりします。食肉加工の大まかな仕事内容食肉

食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと

皆さんこんにちは。今回は転職に関する知っておきたい情報として、食品会社への転職について注意しておきたいこと、転職のポイントなどをご紹介させていただきたいと思います。一般的に食品会社と言いましても、製造業、小売業、外食業など多くの業界があり、様々な職種が存在しています。この記事では、食品会社に共通する点や、それぞれの業界の特徴的な点などに分類して説明していきます。食品会社の転職で注意したほうが良い3個のこと食品業界に共通して言えることについてそれでは、まず食品会社の転職で注意したほうが良いこととして、食品業界全体に共通するポイントについて述べてみたいと思います。清潔感、衛生に関する注意食品業界は