各業種の会社に志望する人は、その業種や企業に自分は向いているのか?という疑問を持つ方が多いと思います。

学生の方々の多くは、初めて正社員として働く職場で、その会社や職場が自分に合っているのか不安になる場合が有ります。

ここでは「製薬会社」であればどのような人に向いているのか、またどのようにすれば合うようになるのかなどを参考までにご紹介します。

また、製薬会社の仕事内容、向く人、向かない人、また製薬会社で働くことのやりがい等に分けてご紹介したいと思います。

製薬会社の仕事の種類と大まかな仕事内容

製薬会社と言っても、単に「薬を作って、売っている」と言う単純な組織ではありません。

その仕事の種類や大まかな仕事内容について以下にご紹介します。

現代日本では、幾多の薬害事件を経て各種の規制、課せられたルールが縦横無尽に張り巡らされています。

そのため、製薬会社でも多くの仕事に分かれ分業的に行われているのが実態です。

研究部門

研究部門は大まかに言って、新薬を創るための部門になります。

その仕事の内容は?

研究部門では、第一に「前臨床開発部門」でGLP(Good Laboratory Practice:「医薬品の非臨床試験の安全性に関する信頼性を確保するための基準」)に適合した施設での仕事内容になります。

「前臨床試験」とは、いわゆる動物実験段階までの研究開発になります。

色々な創薬(薬の種を創る)から、毒性試験や催奇形性試験など動物を使用した試験を行うことになります。

第二に、「臨床開発部門」で、GCP(Good Clinical Practice:「国際的に合意された臨床試験の実施に関する基準」)を基にして、日本の環境を踏まえ、日本で正しく治験を実施できるように定められたルールでの活動になります。

このルールに沿って臨床試験が実施されることになります。

この臨床試験とは、実際の健康成人や標的疾患を患った患者さんで試験することで、後者の方は「治験」と呼ばれる試験になります。

製造部門

製造部門は、完成した新薬物質を含む種々の薬剤を量産する仕事になります。

その仕事の内容は?

製造部門では、GMP(Good Manufacturing Practice:医薬品等の製造品質管理基準)があり、このルールに沿った製造を行う部門になります。

一般の化学メーカーのような、大きな化学プラントはあまり見られませんが、中には大規模工場を持っている製薬会社もあります。

仕事の内容は新薬の場合、製造ラインの設計から、構築、製造と行うことになります。

営業部門

営業部門では、自社の発売する医薬品に関して医療機関関係者に関して医薬品情報を伝達する部門になります。

その仕事の内容は?

営業部門は、GPMSP(Good Post-Marketing Surveillance Practice:「医薬品の市販後調査の基準」)に沿った試験を行う部門であり、単に販売目的の営業だけの仕事ではありません。

営業的には、「公益財団法人MR認定センター」が試験を行う MR(Medical Representatives)資格を持った営業マンが行います。

自社製品のみならず広範な医学薬学知識を有し、特に自社製品に関するメリット、デメリットを伝達できる営業マンになります。

なお、この「公益財団法人MR認定センター」は昔の「日本MR教育センター」になります。

薬事部門

薬事部門は医薬品に関する法務的業務を行う部門になります。

その仕事の内容は?

薬事部門は、臨床試験終了段階から市販後段階までの長い期間、自社薬剤に関する厚生労働省への報告を主とする仕事になります。

そのため、新薬の承認申請、薬価算定に関する申請、薬価掲載更新手続き、医薬品の市販後の安全性情報の収集、分析、報告、対応等の仕事がメインになります。

また、国際的な薬剤であれば、そうした薬剤の安全性に関する文献的情報収集も大きな仕事になります。

厚生労働省とのやり取りがメインになる事から薬事法制等を常に観察しておく必要のある部署になります。

データセンター部門

製薬会社によれば、収集される膨大な情報を管理するデータセンター部門を持っています。

その仕事内容は?

決められたプロトコルに従って、医薬品に関する試験が非臨床・臨床問わず計画され実行されます。

そうした試験に関しての膨大なデータを電子データとして収集・分析(解析)・結論を引き出す仕事になります。

グローバルコントロール部門

国際的な製薬会社になれば当然国境を越えた情報が必要になります。

そうした内容を取り仕切る部門になります。

その仕事内容は?

世界各国における規制当局に発売が認められた医薬品に関しては、その国々の医薬品に関するマーケティングや処方動向等を調査する必要があります。

また、その国のオピニオンリーダー(主要な医療関係者)ともコンタクトを取りながら国際的なネットワークの構築に努める仕事になります。

マーケティング部門

医薬品の市場動向を主に調査する部門になります。

その仕事内容は?

国内外を問わず、自社製品の発売状況の確認、その位置付けや今後の販売方針の決定などを行う部門になります。

適応症拡大方針や適応症削除問題などもマーケティング部門で行われる場合もあります。

学術部門

市販後の薬剤に関する学術的な知見・報告データ等を取り扱います。

その仕事内容は?

仕事的には、MRを通じて医療機関に自社製品について分かりやすく解説する資料作り等をメインの仕事とします。

また、他社製品との比較などを行い、医療関係者に紹介する資料を作成します。

広報部門

広報部門は、一般薬(調剤薬局や薬店で販売できる薬剤)を製造販売している製薬会社には必ずある部門になり、製品の広告活動に従事します。

その仕事内容は?

クリーンなイメージ等を作り出す、社会的にも大きな役割のある部門になります。

ある一定の医学薬学知識を持っていることで十分ですが、一方では広告宣伝業界の知識やスキルも求められることになります。

間接部門

製薬会社の間接部門には、「経理部」「人事部」「総務部」「広報部」「法務部」「知財部」などが間接部門になります。

また、会社により、示した部門が無い場合もあったり、他の部門名があったりします。

その仕事内容は?

通常の会社組織における間接部門と何ら変わる事はありません。

当然、医薬品に関係する会社の場合は、その市場環境に依存した各種の特殊な処理が存在します。

製薬会社の仕事はどんな人に向いている?

製薬会社には、その社会的責任の上に立脚した会社組織になるため、クリーンなイメージが必要になります。

したがって、組織のルールであったり、業界ルールが随所に存在します。

この為、ある程度の規範に順応できる人が大きな意味でこの業界に向いている人と言えるでしょう。

では具体的にどのような人が向いているのかを以下にご紹介しましょう。

生真面目な人

日々勉強を必要とする業種になりますので、生真面目に会社から与えられた情報や知識を吸収して行かなければついて行くことが出来なくなります。

このように言えば、難しそうに聞こえるかもしれません。

与えられる情報は、比較的頭に入りやすいものばかりですので安心して下さい。

ただ、生真面目の程度は高い方がこの業界には向いているということが出来るでしょう。

倫理観の高い人

これは、医の倫理を代表とする一般通念上の倫理観を持っていれば大丈夫です。

しかし、一般的な倫理観と言っても千差万別になりますので、自分自身の尺度で判断するしかないことになります。

自分が倫理観が高いと言える人は中々いないと思いますが、あくまでも比較論ですので難しく考える必要はありません。

生物・化学に興味のある人

自分の経験ですが、文科系の学生でも、生物学や化学、自然科学を含めて理数系の学科に興味があったり、成績が良かった人は、製薬会社で働くことに向いていると思います。

筆者個人も文科系学生でしたが、理系科目が不得意では無かったことが功を奏したと思っています。

逆に製薬会社の仕事に向いていない人とは?

上に、製薬会社に向いている人として、「生真面目な人」と「倫理観の高い人」を上げさせていただきました。

しかし、一方ではこの製薬業界に向かない人は、これらとは真逆の方々と言うことが出来ます。

しかし、数多くの退社者を見てきた経験上、以下に示すような人はこの業界に向いていないと言えますので参考までに列挙しておきます。

金銭感覚の無い人

特に、人数的に大量採用される営業色に就いた方々にの中でも金銭感覚が無い人は、この業界には向かないと言えるでしょう。

営業職の場合、医師等を相手に営業活動を行うことになりますが、そうした人たちの金銭感覚に囚われることが重要になります。

障がい者の方に偏見のある人

勤める製薬会社によっては、障がい者の方々に対して処方される薬剤などを販売する会社もあります。

また、今は販売されていなくとも将来的に開発され、発売される場合もあり得ます。

そこで、こうした障害を持たれている方々に対す偏見を持っている人は製薬会社に向いていません。

ここで言う障がい者は一般的に精神障害の範疇に入る「うつ病」等に対しても同じになります。

転勤出来ない人

ある程度、製薬会社で出世や責任のある地位を築こうとされる場合には、全国どこでも転勤可能な人でなければなりません。

自身は転勤したくないので・・・と言う方は、明らかに不向きな人と言うことにあります。

更にグローバル展開しているような製薬会社になれば、地位が上がれば上がるほど、海外赴任の可能性も出てきますので、事前によく考えておくべき事だと思います。

製薬会社の仕事のやりがいとは?

製薬会社に勤めることに対する向き、不向きを上にお示ししました。

向いている人は恐らく無意識のうちに仕事に対するやりがいを見つけることが出来ます。

また、逆に不向きな人でも製薬会社において少なからずやりがいを見出すことは可能だと思います。

全くやりがいも楽しみも持てないくなってしまうような人は、それこそ「不向きな人」と言うことになるでしょう。

以下に製薬会社で勤める場合に、感じるやりがいを大きな意味で捉えた場合にどのようなものがあるのかをご紹介しましょう。

人類永遠の苦悩である「病」を癒す仕事

日々会社に勤めている方にとって、その多忙さから大局を見ることが中々出来なくなってしまうということは、どの産業にもあります。

しかし、大局で仕事を見つめる機会、チャンスが多いことも製薬会社に勤める人にとって良い面でもあります。

そんな時、自社の医薬品に対する効果が人の悩み、痛みを緩和できていて、人に癒しを与えていることが理解できた時の喜びは、やはりやりがいを感じることになります。

最先端医療に関する情報がいち早く入る仕事

製薬会社の仕事の中でも、自社製品のみならず医学知識の最新情報を入手する仕事があります。

そうした仕事を行っている部門から、発せられる最先端情報等を一般の方よりもいち早く入手でき、更にはその内容を熟知できるという「知的欲求」を満たせることにやりがいを感じます。

日々、医療の最前線で患者さんと立ち向かっている医師、薬剤師、看護師、パラメディカルの方々よりもそうした情報は早い場合が多くあります。

その情報を提供することにも大きなやりがいを感じることが出来る要因になります。

製薬会社のやりがいは、こちらの記事も参考に!

製薬会社で働いた経験をどんな仕事に活かせる?

どのような仕事にも向き、不向きがあると言うことは既に述べました。

自身が、製薬会社に向いていると思い就職したのだけれど、どうも向いていないということが分かり、転職する場合があります。

向き、不向きだけで転職は決められるものではありませんが、製薬会社での経験は色々な場面で役立ちますのでご紹介したいと思います。

臨床検査会社

外注の臨床検査会社では製薬会社出身者を優遇して迎い入れている会社が多いようです。

疾病や治療についての知識が身についていれば、なおさら仕事には有利に働きます。

医療全般を見渡すという意味ではこうした会社への転職もお勧めに入るかもしれません。

化粧品メーカー

零細から大手の化粧品メーカーまで、皮膚に対する刺激性や各種内服薬(ビタミン剤、栄養補助食品など)するものを取り扱うケースも多くあります。

このことは、医薬部外品ではあるものの医薬品に近い性質を持っていることから、製薬会社経験者はその経験を買われることがあります。

医療機関事務

安直と考えられますが、売り手から買い手に変わるというパターンになります。

当然売手であった製薬会社から買い手である医療機関では、立場が異なるだけで内容はほぼ理解しあっている場合が多くあります。

そのため、製薬会社で培った経験、知識、スキルを高い確率で活用させることが出来る業種になります。

まとめ

以上、製薬会社に勤めたい、あるいは勤めようと考えている方々に、製薬会社の仕事の内容を部門別にご紹介し、経験者だから言える、製薬会社に向いている人、不向きな人を具体的に紹介しました。

更に、製薬会社で培った経験がどのような業種で活用できるのかをご紹介しました。

製薬会社へご希望される方は是非熟読して頂きたいと思います。


関連キーワード

製薬会社求人