製薬会社には様々な職種の求人があるので、就職・転職活動の際に求人票を目にすることが多いです。

社会貢献度の高い仕事なのでやりがいがありますが、やはりやりがいだけでなく年収も気になりますよね。

今回は製薬会社のお給料事情について解説していきます。

製薬会社の給料の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

正社員として新卒入社した場合は月収20万円~30万円程度であることが多いです。

給与の差が大きい理由は製薬会社の職種の多さにあります。

入社時に専門知識の必要がないMRや工場スタッフは月収20万円~25万円程度で、大学院卒で薬学などに関する知識が必要とされる研究職や開発職は月収25万円~30万円程度の求人が多いです。

新卒で入社した場合は3ヶ月間の使用期間が設けられることが多いですが、その間の給与等の待遇が変わることはほぼありません。

もちろん会社の規模によっても給与が変わってきますが、新卒の給与としては少し高めに設定してあることが多いようです。

正社員で転職した場合

正社員として転職した場合、前職の給与と実績、能力によってかなり個人差があります。

工場スタッフであれば最初にチェックされるポイントは実際に任される業務の経験があるかです。

転職で給与アップを狙うのであればユニットリーダーの経験があると大きなポイントになります。

しかし工場スタッフは製薬会社の中では給与が伸びにくいので、年収300万円~400万円程度であることが多いです。

MR職であればMR資格の有無が初めにチェックされます。

MR未経験からでもOKという求人もありますが、その際は新卒と同じ程度の給与からスタートすることもあります。

未経験でも前職で営業の経験があり、なおかつ営業成績が良かった人であれば給与に加味されることが多いです。

経験者であれば前職の給与の他にインセンティブやボーナスも重視されます。

MRとして能力の高い人であれば30代で年収1千万円という人もいます。

研究・開発職は実は業界内での転職が多いです。

こちらも前職の給与の他にどんな実績があるのかが重要になります。

優秀な人であれば年収1千万円を超える人もいます。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与は会社によって支給額も決められ方も違います。

賞与は会社の業績によるものなので業績が良いときは支給額も増える傾向にありますが、業績が良くないときは支給額も下がります。

ほとんどの会社は年1回もしくは2回の支給になっています。

製薬会社は他業種と比べると賞与の支給額が多い傾向があります。

製薬会社の根幹とも言える研究開発職では多いときには年収の3分1程度がボーナスということもあるようです。

MRであれば営業成績によってかなり個人差があります。

数字の達成具合の他に上司評価、人事評価、同僚評価など色々な評価基準を設けている会社もあれば、数字のみで評価される会社もあります。

以前私が働いていた会社では数字の達成具合と上司評価で10段階評価を採用していて、新入社員でも最高評価で月給6ヶ月分のボーナスをもらっている人がいました。

一方で営業成績も勤務態度も悪く、最低評価でボーナスがゼロだった人もいます。

MRは高給取りと言われることもありますが、成績によって良くも悪くも給与が大幅に増減します。

特に外資系企業やベンチャー企業は成果主義の傾向が強いようです。

昇給

昇給に関しても会社ごとに基準が異なりますが、年に1回もしくは2回の昇給が一般的です。

勤続年数に応じて自動的に昇給する場合もありますし、前年の成績によって昇給する場合もあります。

役職に就くと大幅な給与アップが見込めます。

ただし会社によってはある程度の役職に就くとそれ以降あまり給与が上がらないということもあります。

残業代

残業手当も大きな収入源の1つです。

研究開発職や工場スタッフは残業が多いので給与の中で残業代の占める割合がかなり大きいです。

MRに関しては他の職種とは少し異なっており”見込み残業代”として最初から給与に含まれています。

各種手当

製薬会社は各種手当がしっかりしている会社が多いです。

工場や研究所は郊外にあることが多く、またMRは会社都合での転勤も多いので住宅手当がかなり充実しています。

家賃の半分以上の住宅手当が出る、または借り上げ社宅に格安で住むことができるという会社が多いです。

ただし住宅手当は年齢制限が設けられていることがあるので注意が必要です。

通勤手当は通勤手段によって規定が異なります。

地方の工場に勤める場合には自家用車で通勤する人が多いので、自宅から会社までの距離に応じて支給されることが多いです。

首都圏などで電車移動の場合は自宅から会社までの電車賃で計算されます。

上限額が決められていることが多いです。

役職手当がつく会社もあります。

工場であれば各セクションのリーダー、営業であればエリアリーダーなど小規模チームのリーダーにも手当が支給されます。

ただし役職手当が支給されて基本給はほとんど上がらないということもあります。

物価手当という制度もあります。

MRは各都道府県に配置され、エリアごとに支店があるので事務員も常駐しています。

地方に工場だけ置いて首都圏に本社機能がある会社も少なくありません。

そうなると物価の違いが生じるので、それを補うために物価手当が支給されます。

工場スタッフであれば夜勤を導入している会社もあり、その際は深夜手当もつきます。

MRは営業手当という制度があり、企業規模にもよりますが月に3万円~5万円程度支給されます。

そのほかにMR特有のものとして”日当”という制度があります。

これは外勤日1日につき2000円~3000円程度支給されます。

日当制度に関しては制度そのものが疑問視されることもあって一部の企業では廃止されているので今後どうなるかは分かりませんが、MRにとっては重要な収入源の1つです。

このほかにも会社ごとに皆勤手当てや出張手当など一般的な手当はそろっています。

給与が高い人は何が違うの?

ここまで解説したように成績や評価によって高収入が期待できる製薬業界ですが、実際に給与が高い人はどんな人なのでしょうか。

スキル

やはり給与が高い人はスキルが高いです。

職種によって求められるスキルは違いますが、必要とされるスキルがしっかりと身についているのが給与が高い人に共通して言えることです。

MRであれば高いコミュニケーション能力や正確な製品知識の他に、医療知識、プレゼン力など幅広いスキルが求められます。

工場スタッフであれば仕事の正確さや集中力が求められます。

研究職や開発職であれば忍耐強く研究を進める能力や日々勉強する姿勢などが求められます。

スキルが高いということは常に努力して勉強も欠かさないということなので給与が高いのは当然ですね。

役職

役職に就くと給与が大幅にアップすることが多いです。

業務量も責任も増すのでそれ相応の給与が支給されます。

医薬品は人の命にかかわるものなので、様々なルールや法律が定められています。

そしてそのルールは毎年改定されるのできちんと把握するのはとても大変です。

役職に就く人はマネジメント能力だけでなく医薬品製造にかかわるこれらの法律なども正しく理解し、なおかつ常にアップデートしていかなければいけません。

勤続年数

実力主義の傾向が強い製薬業界ですが、勤続年数に応じての昇給もあります。

勤続年数に応じての昇給率はあまり高くはありませんが、やはり長く勤めている人にはメリットがあります。

MRのように成果が目に見えて分かる職種でない場合には勤続年数の長い人は比較的給与が高いです。

ただしある程度昇給した後に勤続年数に応じた昇給はストップすることもあります。

そして中には完全実力主義という会社もあるので、一概に勤続年数にが長ければ給与が高いとも言い切れません。

部署

部署によっては残業がとても多いので給与は高くなります。

研究職や開発職は1つのプロジェクトに何年もかかるので、他社に先を越されてしまうと大変な損失になります。

後発品メーカーであれば新薬の特許切れのタイミングで後発薬を販売できるようにしなければなりません。

なのでどうしても残業しなけければいけない場合があります。

品質検査部門は会社によってはかなり残業が多い部門です。

検査が終わらなければ医薬品を製造することも出荷することもできないので、繁忙期は残業が多くなることがあります。

工場スタッフも繁忙期には残業が多くなります。

通常の残業の他に夜勤が増えることもあり、深夜手当プラス残業手当で給与がかなり高くなります。

稼ぎたい人は積極的に夜勤を希望することで収入をアップさせることができます。

製薬会社の給料の決まり方

月給

製薬会社の月給は大まかに3つで構成されています。

基本給・各種手当・残業代を合わせたものが月給です。

基本給は給料のベースとなるもので、勤続年数や昇級試験などで徐々に上がっていくことが多いです。

ここに各種手当が上乗せされます。

金額の大きなものとしては住宅手当や通勤手当など、営業であればこれに加えて営業手当と日当です。

求人票には手当込みで月給が表示されていることがあるのでしっかり確認する必要があります。

そして最後に残業代がプラスされます。

MRは見込み残業代として求人票にある月給に含まれていますが、MR以外の職種は残業した時間に応じて支給されるので求人票の月給には含まれていないことが多いです。

時間外労働分の給与なので毎月変動します。

年収

毎年昇給したとしても月給だけで考えれば年収1千万円を超えるのは無理です。

実際に年収が高い人はボーナスでかなりの金額を支給されています。

ただしボーナスは「月給の何ヶ月分」という計算の仕方をすることがあるので、月給が高い人の方が結果的に支給金額が高くなります。

新卒入社2年目のMRで簡単に年収のシミュレーションをしてみましょう。

基本給20万円+営業手当3万円+日当4万円(2000円×20日)+住宅手当3万円=月収30万円

これに加えて3ヶ月分のボーナスがあるとすると

30万円×12ヶ月+30万円×3ヶ月=年収450万円

何度か昇給して入社5年目で月給40万円、ボーナス月収6ヶ月分になったとすると

40万円×12ヶ月+40万円×6ヶ月=年収720万円

かなり簡単にシミュレーションをしましたが、このような形で製薬会社の年収は決まります。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

ボーナス支給時

以前勤めていた会社では、新卒で入社して2年目の夏のボーナス支給時に基本給が5,000円程度アップしました。

これは勤続年数に応じたものだったようで、同期社員は全員同額でした。

1年目の夏のボーナスは寸志という形で同期全員が同じ金額でしたが、冬のボーナスは各人評価によって支給額に開きがあったようです。

外勤を始めたタイミング

MRは外勤をするようになると営業手当と日当が支給されるので給与がアップします。

インセンティブ制を導入している会社であれば営業成績によってインセンティブも支給されます。

以前勤めていた会社では新卒で入社した同期社員は全員一律35,000円アップでした。

年間目標を達成したとき

工場スタッフや学術部、その他内勤スタッフは成果が見えにくいです。

そのため上司との面談で年間目標を設定し、その目標が達成できた場合は昇給に反映されました。

MRは個人での年間目標の他に支店ごとの年間目標もあったので、個人目標を達成した場合は給与がアップし支店目標を達成した場合はボーナスに反映されていました。

昇給試験に通った時

3年目のボーナスの前に昇級試験がありました。

同期社員は職種に関係なく全員に昇給試験の案内が来ていました。

試験内容は職種によって異なっていたらしく、それぞれ業務に関する基礎知識のようなものを口頭で質問されるという形式でした。

試験内容は分かりませんが入社5年目の社員も昇給試験がありました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

製薬会社でも職種によって給与水準は変わってきますが、他業種と比べると全体的に給与、手当ともに充実している会社が多いです。

基本給以外の手当によって年収が大幅に変わってくるので、ぜひこの記事を参考に自分に合った会社を探してみてください。


関連キーワード

製薬会社求人

製薬会社求人についてもっと深堀りした情報を見る

製薬会社の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

各業種の会社に志望する人は、その業種や企業に自分は向いているのか?という疑問を持つ方が多いと思います。学生の方々の多くは、初めて正社員として働く職場で、その会社や職場が自分に合っているのか不安になる場合が有ります。ここでは「製薬会社」であればどのような人に向いているのか、またどのようにすれば合うようになるのかなどを参考までにご紹介します。また、製薬会社の仕事内容、向く人、向かない人、また製薬会社で働くことのやりがい等に分けてご紹介したいと思います。製薬会社の仕事の種類と大まかな仕事内容製薬会社と言っても、単に「薬を作って、売っている」と言う単純な組織ではありません。その仕事の種類や大まかな仕事

製薬会社正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

製薬会社正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します。ここでは、「製薬会社」をテーマにその働き方や職種などを紹介したいと思います。製薬会社ってどんな会社?一口に製薬会社と言っても様々な専門性を持った会社があります。極端な例で言うと「○○製薬」という名称を標榜している会社でも、化粧品しか作っていない会社などは、本来的には「製薬」とは言わないような気がします。筆者は製薬会社に籍を置き、色々な製薬企業を見てきた経験から種々な情報をご紹介して行きたいと思います。ちなみに会社的な専門性についてもう少し詳しく紹介しますと、以下のようになります。① 新薬

製薬会社の転職を成功させるために!狙い目な会社の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

医薬品業界は安定しているといわれることもあり、製薬会社は就職先として人気が高いです。しかし医薬品という専門性の高い製品を扱うことから、転職にはハードルが高いと感じてしまう人もいるかもしれません。実際に製薬会社に転職するとしたらどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。製薬会社で転職する人は多い?製薬会社は転職する人も転職してくる人も多いです。求人情報サイトなどを見れば多くの製薬会社の求人を見つけることができます。特に営業職であるMRと研究職・開発職は業界内での転職がとても多いです。工場スタッフも転職は多いですが、未経験から転職してくる人もたくさんいます。よくある転職理由とは?製薬会社から製薬会